ワンダーウーマンのネタバレレビュー・内容・結末

ワンダーウーマン2017年製作の映画)

Wonder Woman

上映日:2017年08月25日

製作国:

上映時間:141分

3.8

あらすじ

主人公は人間社会から孤立した女性だけの一族のプリンセスとして生まれながら、圧倒的な強さを誇る美女戦士へと育ったワンダーウーマン。好奇心旺盛だが外の世界を一切知らず、男性を見たことすらない世間知らずの彼女の運命は、ある日、浜辺に不時着したパイロットを助けた事によって大きく動き出す─。故郷を離れ、プリンセスという身分を隠し、人間社会で暮らし始めるのだが・・・。

「ワンダーウーマン」に投稿されたネタバレ・内容・結末

思ったよりしっとりしてた!
剣と魔法のファンタジー!!かとおもいきや、思ったより現実を見てるパートも多かった。
人は救うに値する存在かっていう問いが重いなと思いました。でも最後はファンタジーだったけど笑笑
超覚醒するきっかけも辛かったね……。
ジャステイスリーグ楽しみです。
ひたすら美しい…@機内
完璧すぎる。
そして強すぎて。規格外。
まじかまじかの連続でした。
こりゃ戦争も終わりますわ。
アマゾネスと大戦っていう、こう来るかーという感じですが。
軍神必要だった?感も。
難しいですね。
本作について言えることはただ一つ!ガル・ガドットは素晴らしい役者だということです。それは既に「バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生」で曇天模様の空の下でバットマンとスーパーマンがウジウジと戦っていた中にガル・ガドット演じるワンダーウーマンがジャンキーXLのゴキゲンなメロディ乗せて颯爽と登場した時点で解りきっていたことだけど、やはり、ヒーローとは人の期待を背負って戦うもので大いなる責任には大いなる犠牲が伴うなんていうヒーローの存在意義でウジウジと悩むヒーローなんて誰も観たくない!それを見事に体現してくれたガル・ガドット彼女こそスターなんだと思わせてくれました。それは本作でも黄金の戦闘装束に身を包んだダイアナがためらう男達の先陣を切って塹壕から飛び出し、その凜々しさに思わず兵士達が続くまるでドラクロアの名画「民衆を導く自由の女神」を彷彿とさせる気高さと美しさに彩られた名シーンに集約されている。考えるのでは無く、まずは行動し、そのアクションに人々は感化される。演説でも思想でもなく行動によって人を動かす、まさにこれこそがヒーローでありそれを見事に体現させたガル・ガドットは素晴らしい役者なんです。しかし、肝心の物語はどうだったかというと正直なところ期待値が高かった分少し残念な感じがしました。本作はアマゾネスが住む島ですくすくと元気に育つダイアナの幼少期から始まるのだけれど、正直言ってこの下りは必要だったのかな?パティ・ジェンキンス監督としてはアマゾネス達の王国で母や姉達との平和な日々と戦争に明け暮れる暗い人間界との対比を伝えるために描きたかったのかもしれないけれど後の物語に関係してこないのなら冒頭でサラッと紹介すれば良いだけで1時間近くもかけて描く必要は無かったかなと思います。とにかくダイアナが島を出るまでが長くて物語が転がり出すのがダイアナがロンドンに渡ってからで俄然面白くなってくるのが西部戦線の激戦地に移ってからって回りくどすぎじゃないの?ってくらい長く感じましたが、クライマックスに向けて急加速で物語が進んでいきダイアナとラスボスが遂に合間見えて一大バトルアクションが展開するぜ!!!ってテンションMAXで期待してたら????まさか曇天模様の空の下でDC映画お馴染みの爽快感の無いアクションが披露されるとは正直ガクッときちゃいました。監督の作家性を完全に殺して誰が撮っても一定のクオリティを保った作品を提供しているMCU映画と違いDC映画は監督の独自性を十二分に生かせる環境にあるはずなのに何故ザック・スナイダー監督やパティ・ジェンキンス監督はクリストファー・ノーラン監督が描いたダークでシリアスな路線を踏襲しようとするのか不思議でならないです。あの世界観はノーラン監督のものであって両監督とも自分のカラーを思い切って出して行けば良いのに勿体ないです。まぁ、これがDC映画のカラーだというなら仕方がないけれどパティ監督には壁をブチ破って欲しかったですね。まぁ、単純に自分がDC映画のカラーが合わないということだと思うので、批判的なレビューになってしまったことは申し訳ないと思います。
女性キャラが主人公のアメコミ映画は初めてみた。

もちろんワンダーウーマンがメインで戦闘もかっこいいのだが、ワンダーウーマンと共にする普通の人間スティーブも良いキャラ。

普通ならば主人公を女だから、自分は男だから、と少しは言いそうなのだが、スティーブは言わず主人公を信じてくれる珍しいキャラだと思う。

耳鳴りで聞こえなかったセリフが後々分かってくる演出。「僕は今日を救う 。君は世界を救え」たまらなくかっこよくて切ない。
思っていたより面白かった。
ダイアナ、かわいい。

フェミニストの間では露出過多の衣装と問題になったようだが、神話ネタ活劇としてはお色気重視に陥らず、よく出来てたと思うのですがね。

場違い過ぎるお衣装で戦場に出ちゃうとこなんか、もう、ファンタジーですから。

アレスさえ滅ぼせば世の中良くなると思ってるダイアナの無垢とそうはならない非ファンタジーとか。

スコアが伸びないのは、単にわたくしがクリス・パインが趣味じゃないからです、スミマセ〜ン
先ずこれだけは言っておきたい‼︎
ワンダーウーマンこと主人公ダイアナを演じるガル・ガドットがね、美人過ぎてヤバイ💖
そしてその天真爛漫さは、ローマの休日のヘップバーンに匹敵する‼︎
闘えばグラディエーターのマキシマス、いや300のレオニダス‼︎と言わんばかりの無双‼︎
この美貌でこんな役されたらたまんない!

もうね、ガル・ガドットが美人過ぎて至福の2時間半でしたわ。
特に前半は最高に面白かったです。
ダイアナの幼少期から、修行を経てワンダーウーマンとしての力を自覚し始めるまで。
アマゾネスの故郷セミッシラ島での物語は本当にワクワクしました。
スティーブ・トレパー中尉を追ってセミッシラに来たドイツ軍との戦闘。
これ、女性が観ても全然カッコイイと思いますよね。
いや、女性にこそ観てもらいたい‼︎
フェミニズムまっしぐら‼︎
まさに女の人の為の作品とも言えます。

パティ・ジェンキンス監督は、2003年発表のモンスターでも、女性の持つ権利に対してかなりシビアに向かい合い、浮き彫りになった問題点を鮮烈な描写で描いていました。
なので、女性キャラが男に屈しないというワンダーウーマンの設定なども、監督にとっては得意な分野だったんでしょう。



彼女は低迷するDCコミックスユニヴァースの救世主となるか?

ワンダーウーマン初登場となったスーパーマンVSバットマン。

作品自体は嫌いではないし、やろうとしていた事も評価できたんですが、脚本や演出があまりにも弱かったせいで、映画全体の趣旨や内容がグダグダになってしまっていました。
そこへ颯爽と現れたガル・ガドット扮するワンダーウーマン。
彼女の存在感が、映画全体に流れていたモヤモヤを一気に斬り裂く
あのKISSを彷彿させるワンダーウーマンのテーマ‼︎
盾と鞭で闘う、鮮烈なまでのアクション描写‼︎
そして圧倒的な美しさ‼︎
「コレ、ワンダーウーマン主役でいーじゃん」
誰しもがそう思えるような完璧な登場シーン。
前作にあたるスーパーマンVSバットマンの美味しいところを、全部掻っ攫っていったのが本作の主役であるワンダーウーマンなんですね。


兎にも角にもガル・ガドットの美しいこと美しいこと。開いた口が塞がらない美しさ。
これで二児の母だってんだから凄いよなー。



さて、肝心の映画の感想ですが。

ネタバレありです。


何度も同じ事ばかり書いてますが、兎に角ガル・ガドットが魅力的過ぎる‼︎
圧倒的な美を全身に纏って闘う姿に、男のみならず、女性も胸が踊るのではないでしょうか?

前半パートのセミッシラ島編


がね、素晴らしかったことは先に述べているのですが、もう少しだけ詳しく言いますと、まずアンティオペ将軍ですね。
僕の大好きなロビン・ライトが、ワンダーウーマンことダイアナの師匠役アンティオペ将軍を演じていて、これがまたカッコイイ‼︎
上陸して来たドイツ軍と闘うアマゾネス軍。
機関銃相手に弓や剣で闘うアマゾネス達ですが、
闘い方があまりにも華麗なもんで、南斗水鳥拳かよ‼︎と見惚れてしまいます。

スティーブ中尉役のクリス・パインも、スター・トレック・シリーズのカーク艦長より好感の持てる初心な漢を演じていて良かった。
初心なダイアナとスティーブ。
2人の中学生並みのやりとりを観ていて、あぁローマの休日っぽいなぁと。


なのでセミッシラ島から出航した後、フェミニズム無き世界とファシズムの跋扈する世界に出たダイアナがどう生きていくのか?
とても楽しみにしてたんですが...。

スティーブがDr.ポイズンことマル博士の手記を議会に提出したにも関わらず、上官達が彼の発言に耳を傾けなかった場面でのダイアナの行動や、その後仲間集めをしていく過程での面子の緩さには笑いました。

でも、正直後半は物語のテンポが一気に悪くなり、掘り下げる場面があまり掘り下げられなくて、どうでもいいような事ばかり掘り下げられてた気が。

途中何故か、劣化版ローグワン観てるような錯覚にさえ陥ってしまいました。
確かにダイアナが出てきて、盾で機関銃の乱射に耐えて耐えてからの無双‼︎となると全部許せちゃうんですけど、問題なのは最後のアレスとの闘い。これは流石にCGのクオリティ低くない?と思いました。
闘い方一つとってみても、アイディアがあまり盛り込まれていないせいもあって、何の驚きも興奮もない。


劇場の空調も良くなかったのもあるとは思いますが、約2時間半、特に後半は辛かった。

ワンダーウーマンがDCシリーズを救えるか否か?

今回の作品だけで評価すると、それはやや難しいかも知れません。

確かに興行面の大成功や巷の評価の高さ等、既にDCシリーズを救ってはいるし、充分に救世主となってはいるんだけど、個人的には期待値を超えてなかったのが非常に残念。

但し、ガル・ガドット観てるだけでお金払う価値はありますし、やっぱりガル・ガドット💖



ガル・ガドットが出てたから観れる映画。
これで彼女が出てなかったらと思うと、恐ろしや恐ろしや。
思ってたのと違った。長いから映画を見たという満足感があるかと思ったけど全体的にテンポ悪く雰囲気も暗くさらに監督の価値観が透けて見える押し付けがましい展開にモヤモヤしてしまった。
日本のプロモーションでフェミ云々荒れていたがまさしくフェミ映画ではないか?ワンダーウーマン以外の女はドクターポイズン含めて守られるべき弱い存在として描かれていたと思う。
ワンダーウーマンが純真無垢すぎて激しい思い込みによる行動が危険すぎるしそもそもなぜ突然現れた男の言うことを聞いてアメリカ側に着くのか謎。賢いはずなのになぜなんだ。顔がイケメンだから?最初にドイツ側についてからアメリカ側に寝返るとか自分にとっての正義が誰かにとっての悪であることに葛藤する展開ならまだ面白かったかも。
最後に悪を挫き必ず愛が勝つという王道の終わり方なのかもしれないが最初から最後まで悪を倒すの一本槍で冷めます。そもそも戦争に悪ってある?正義の味方が公平じゃないってあり?まあそれをわかりやすくするために絶対悪の象徴としてラスボス神を用意したのかもしれないけど。スーパースロー多用のドヤ感に対する苛立ちもありラスボスの方が正しい気にすらなってくる。
クリスパインとガルガドットの見た目は美しいがスティーブの自己中っぷりもなかなかひどかったな〜。もう見ねーぞ!
大好きです。あの一人で戦場を行くシーンが大好き。
時代物だなあと思ったら結果が…涙
私も強く生きて生きたいです。
次回作?現代でのワンダーウーマン楽しみ!
(バットマンVSスーパーマン)よりは10倍マシなぐらい面白かった。いや、
(スーサイドスクワット)より良かった。
主演のガル・ガドットがとてもカッコよく
話も前2作よりはハッピーエンドでしたね
僕は、2作目が楽しみです。
>|