ワンダーウーマンのネタバレレビュー・内容・結末

ワンダーウーマン2017年製作の映画)

Wonder Woman

上映日:2017年08月25日

製作国:

上映時間:141分

3.7

あらすじ

主人公は人間社会から孤立した女性だけの一族のプリンセスとして生まれながら、圧倒的な強さを誇る美女戦士へと育ったワンダーウーマン。好奇心旺盛だが外の世界を一切知らず、男性を見たことすらない世間知らずの彼女の運命は、ある日、浜辺に不時着したパイロットを助けた事によって大きく動き出す─。故郷を離れ、プリンセスという身分を隠し、人間社会で暮らし始めるのだが・・・。

「ワンダーウーマン」に投稿されたネタバレ・内容・結末

ちょっと前に見たんだけど、DC派の私が「あーーーワンダーウーマンってアマゾネスやったんか!!!」と序盤からワックワクしてたところに、人間界のおちゃらけとか入れてきてイラついてしまって途中で見るのやめた残念
スティーブ😭😭
ウルウルした!

敵がルーピン先生の人で辛かったww

ダイアナ強いし綺麗

まあまあでした☺︎
話は面白くなかったけどワンダーウーマンの毒ガスドクターのビジュアルはとてもよかった。
ダイアナ、美しすぎますよ...
それに強くて、気品もあって、気さくで、お茶目で、可愛い!
ガル・ガドットさん自身がまさにダイアナそのものでした

クリス・パイン氏目的だったので、入浴シーンは鼻血モノ...(//∇//)

"真実の投げ輪"欲しいかも

外界から遮断され、外の世界を知らずにいたワンダーウーマンことダイアナが、不時着で思いがけずこの国を見つけたスティーブを助けたことで外の世界へと赴き、戦争の真っ只中人間の"悪い面"を知ったり、スティーブから人間の"善い面"を知ったりして、苦悩しながら自分のすべき事を見つける映画

終戦にはなるが1番大事な人を失うダイアナに涙
それから時が経ち、バットマンことブルースウェインから送られた、当時の仲間たちと愛しい人との写真を見ながら思い返すのはグッときた

今回、復活のない自己犠牲だったけど満足
(大体がそうかもしれないが...)

"僕は今日を救う、君は世界を救え"

続編はどうなるんだろ〜???
2017年。第一次世界大戦中の欧州が舞台。アマゾン族の女性だけが住む島、セミッシラ。女王の娘ダイアナは、強い戦士になることを願い、叔母の将軍アンティオペに訓練を受ける。ある日、異世界からアメリカ人パイロット、スティーブがやってきて、ドイツと交戦中であると告げる。軍神アレスが暗躍し戦争を起こしていると確信したダイアナは、彼を倒すためにスティーブとともに島を出る。人間界のことを何も知らない初心な娘のカルチャーギャップ劇として演出していないのはいい。同時代の女性参政権運動についてはもっと描いて欲しかった。
マーベルは良くも悪くも王道で、安心して観れる作品が多い。
本作に関しても、安心して観れるアクション作品だったと思う。
個人的にはもっとおふざけがあっても良いとは思うが、マーベル好きはどう思うのだろうか。

ただ、ガルガドットが綺麗で見てて飽きない。
公開時も気になってたんだけどDC全く分からずスースク以外未見のためスルーしていたがこの度Netflixに入ってくれたため鑑賞。
ふと思うんだけどワンダーウーマンの格好セーラームーンみない?てかえっちすぎでは???(超好き)
ガルガドットが美しくて髪がなびくたびさまになる…惚れ惚れ…。

そしてクリスパインがかっこいい…。なんておめめが綺麗なの…。

とにかくひたすらに可愛くて初めての"男"と触れ合うシーンはにやにやが止まらなく…。
ブラックパンサー的な感じで島の女性がみんなで戦うのかと思いきやそうではなくてちょっと残念。

ただラストが泣けまくってしんどい…。
そんな気がしてたよ…。
僕は今日を救うから君は明日を救え!みたいなセリフが切なすぎました(´・ω・`)
ガル・ガドットが
美人ですな〜。

ハッピーエンドではない。
ラストバトルで大きく失速している(勝つ理屈の積み上げがなく、気合いで逆転勝利は昔の少年漫画的でちょっと…)以外は、パティ・ジェンキンス監督の目指してたものにきっと近い内容で満足。
それもガル・ガドット姐さんあったればこそ、という感じ。

狙撃手が最後まで役に立たなかったのがチームものとしてどうなん?みたいに初見時は思ってたけど「人間の価値・尊厳は今役に立つとか立たないとかそういうこっちゃない」がちゃんと描かれててたのに自分が見落としてただけ(マチズモの呪いにかかってだけ)だったのは、監督さすがやのーと思った。
WW1時代の英国が舞台とはつゆ知らず…観てよかった、素晴らしかった。続編もたのしみ

“I could save today. You can save the world. ”
“I love you. ”
私がパインさんに恋に落ちた瞬間
>|