ワンダーウーマンのネタバレレビュー・内容・結末

ワンダーウーマン2017年製作の映画)

Wonder Woman

上映日:2017年08月25日

製作国:

上映時間:141分

3.7

あらすじ

主人公は人間社会から孤立した女性だけの一族のプリンセスとして生まれながら、圧倒的な強さを誇る美女戦士へと育ったワンダーウーマン。好奇心旺盛だが外の世界を一切知らず、男性を見たことすらない世間知らずの彼女の運命は、ある日、浜辺に不時着したパイロットを助けた事によって大きく動き出す─。故郷を離れ、プリンセスという身分を隠し、人間社会で暮らし始めるのだが・・・。

「ワンダーウーマン」に投稿されたネタバレ・内容・結末

結局アレスおるんかいってなった。
話がこじつけ感がつよかった。

結果話としては面白かった。
人間は誰のせいでもなく、いい面と悪い面を持っている。
最後は泣くよ〜
好きな人救えないのは泣くよ〜
時代が時代だからね、
そこで死なないと現代で強く生きれないよね、ワンダーウーマンですもの、
ワンダーウーマンがこっちの世界にきたのがその時代である意味を考えると難しい
メイキングでは言ってたけど
なるほど、と思う
アメコミって夢あるなあ
期待以上にすばらしく、感動した。とにかくダイアナ役の女優の美しさが常に光っていた。
今までのいわゆる「スーパーマン」のような男性の強さを前面に出したものではなく、慈愛を持った女性の力強さがよく表現された映画だったように思う。
ナチスドイツのマル博士の毒ガス開発のシーンは、人間の内に潜む恐怖をうまく表現しており、怖かった。
またスティーブとの恋愛も、外の世界を知らないダイアナの純情さを織り込みつつうまく表現されていた。最後にスティーブが死を覚悟してダイアナに「I love you」というシーンは思わず泣いてしまった。
ほかの作品にもメインではないものの、ダイアナが出演しているものもあるらしいので、機会があれば観てみたいと思う。
終盤の別れシーン、狂おしく好きです

僕は今日を救う。君は世界を救え。
…と言った後の、照れたような嬉しそうな顔が愛おしい!
クリス・パインの彼氏力5億点くらいない?

サヨナラのシーンは心に沁みた。
ガルガドット超かっこよかったし、綺麗だし、可愛かった!

スティーヴが素敵人間すぎて惚れちゃうからやめてほしい笑笑

物語前半のセミッシラVSドイツ軍の戦いが好き。
男の人のワイルドでいかついアクションもすきだけど、あのセミッシラでの戦いは、しなやかで爽やかなのに、豪快さとかかっこよさもあって…とにかく本当にパラダイスだわ笑笑

音楽がやっぱりいいね。
あのカッコイイBGM流れたらちょっとだけ強気になれそう。

この映画の登場人物の個性の出し方がいいなぁって思った。
少しだけマイノリティに関すネタ(?)があったような感じがした気がするからかな?
役者を目指していたサミーアが、ダイアナ達にお酒を渡すシーンが好き。



でも、内容がちょっと薄いような気がした。
パトリックがアレスつていうのは割と早い段階で気がつくし、スティーヴの死亡フラグがかなり強すぎる。
ダイアナの弱点とかがもう少し欲しかった。頑張れって応援しながら観れる映画だと思っていたから、ダイアナのあまりの強さに少し驚き笑笑
「僕は今日を救う 君は世界を救え」

---あらすじメモ---
人間を正しい道へと導く為に生まれたアマゾンの戦士、
その女王の娘、ダイアナ。

ひょんな事故から人間の男と出会い
ダイアナは第一次世界大戦中のヨーロッパへと旅立つ。

男はイギリス軍のスパイで、ドイツ軍の新たな化学兵器(毒ガス)の秘密を握っていた。
いずれ休戦協定を結ぶとの事だが、ドイツ軍はその兵器で、確実なる勝利へと密かに準備を進める...
ダイアナ達は真の平和の為、動き出すー
---

激しい前線を突き進むダイアナのシーンはとても格好良かった。
しかしながら戦争の中でヒーローの力を使う事に少々アンバランスさを感じてしまったが、神の奇跡という描写なのかもしれない。
それまで暗闇の中だったアレスの存在が露わになるシーンにはゾクゾクさせられた。
その後は人同士の戦い、神同士の戦いとして分けられていたので良かったと思う。

「僕だって戦争を誰か悪者のせいにしたいさ!」「僕だってわからない!」
とこれまで冷静に任務を果たしてきたスティーブの悲痛な叫びも心に響く。

良くも悪くも世間(人間世界)知らずで無垢なダイアナが、人の業の深さに触れ、神として覚醒する流れが胸打たれた。
(そんで前半のお洋服着たりアイス食べたりダンスを教わるダイアナ、カワイイ。)

2人の別れのシーンはやっぱ涙腺に来た...ストレートな純愛ストーリーでもあった。

ジャスティス・リーグも観たが、
ワンダー・ウーマンの強さと愛らしさ、人間の光と闇の側に在り続けるヒーローの存在を改めて思い知らされた。
良かったです。
とにかくワンダーウーマンのかっこよさが半端ない!!
元々ワンダーウーマンの戦ってる時のかっこよさやスピード、足さばきや腕の交差攻撃とか好きだったんだけどさらに好きなった!!!
まさしく、美しくぶっ飛ばす!戦場の女神とはこの事かと。
あのダイアナのまっすぐさがとてもいい。
ガルガドットの綺麗さにウットリ。
そして今回とても重要なクリスパイン様。
スタートレックの時も好きだったけど今回のスティーブ…素敵だった…。
かっこいいのはもちろんなんだけど終盤あたりのダイアナにガス爆弾を止めにいこうと説得しているシーンでの演技に心をつかまれた。
そして極めつけは自らを犠牲にし、ダイアナに最後に想いを伝えるところ。
思わず泣いてしまった。
「僕は今日を救う。君は世界を救え。もっと時間が…愛してる」と言って時計を渡すシーン。
さらにパイン様に惚れました。
私こそ愛してます←
そして、毎度おなじみの気になる点は何で守られてるはずの島が見つかっちゃうのか、なぜドイツ軍があっさり入れちゃったのか、どうして1度出たら戻れないのか。
島から出れないなら元々アマゾネスは世界救えないじゃんって思いつつ。笑
母親や他のアマゾネスがダイアナに伝えなくてもいいの?という謎の心配。
ダイアナが神でゴッドキラーの何が心配なのか。
ダイアナとスティーブ以外は特に目立っていない周りのキャラの薄さ。
まぁでもそんな気になる点をはねのけちゃうワンダーウーマンのかっこよさとクリスパインのかっこよさ最高です。
2人のちょっとくっつきそうでくっつかないあのもどかしいかんじドキドキしました。
惹かれていってるなぁっていうのがすごい良かった。
それだけに、スティーブの死はとても悲しく最後の写真でバッドマンに「また彼に会えた」っていうダイアナの言葉にも涙してしまった。
どちらかというと、MARVELっぽいなと思うワンダーウーマンやけどDCではすごい好きなヒーローです。
強い女性はカッコイイ!!2も楽しみ!!
女の人なのにかっこよかったに尽きる…

最後死んじゃってありきたりだとは思ったけど戦闘シーンが見応えあってよかった!
何となく女性が戦うことでフェミニズムを主張する映画かと思ったら、全く違った。
もちろん当時の女性の状況を知らない主人公がそういう状況に置かれて困惑するシーンはあるが、それがメインではなくー

武闘派ローマの休日という評を読んだのでローマの休日を観たあとまた観たいなー
その評に書いていたのは、個人への愛から大いなる使命への昇華。
>|