ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」に投稿された感想・評価

こふぐ

こふぐの感想・評価

3.6
こないだ小田原とか箱根に行ってきたので、エヴァンゲリオンが観たいと思って鑑賞。

ストーリー展開も良く、映像もやはりカッコ良い。

シン・ゴジラが好きでレンタルでも何度か見返しているのですが、
久々に観たエヴァはシン・ゴジラっぽかったです!
ennea

enneaの感想・評価

3.5
2010/07/30 映画館にて鑑賞。
エヴァシリーズが大好きなので多少贔屓目があったとしても、かなりおもしろかった。序盤の戦闘シーンは特にテンポが良くてよかったなあ。
これ『序』と繋がってる?笑

なんか ヱヴァンゲリヲン❗️ってゆーシリーズの中の1話完結モノを見てる感覚。

名探偵コナンの映画とかみたいな😅


『序』に比べると、ヱヴァンゲリヲン初心者からすればアクション度上がってるし 高クオリティのアクション見れるから楽しい✨

ちゃんと理解して見れてるんかって言われると
うーーん…笑


『序』より主人公シンジがロボ乗りこなしてるし成長してるから数年経ってる?って感じやし笑


誰か教えて欲しいレベル笑笑



細かい事気にせずアクション物のアニメとして見たら普通にオモロいよ👌笑


次は『Q』か笑
レイちゃんが好きなら『破』が1番好きなはず!

本作を通してレイちゃんが人間らしく成長する過程が好き過ぎて何度観たことか!
それなのに『Q』の衝撃ね…。
CHIHIRO

CHIHIROの感想・評価

3.0
神話といわれるとわかるような。
やりたいこと詰めました感がすごくて悟ってって感じ。
空気読んでって感じがシンジ君の境遇を体感する(笑)
観てから結構時間が経過しているので簡単に
結構楽しめた印象があります
でもちゃんと完結するのか心配です
深夜アニメ版は救いのない感じが受けたのかと思ってたけど、本作はレイが割と気さくだったり、全体的に媚びてる所があるように感じた。世間的にはこのシリーズも受け入れられてるようなので、自分の感覚がおかしいのかもしれない。
いろ

いろの感想・評価

3.5
アスカの性格あんま好きじゃないんだけど可愛いからオールオーケー
jojo

jojoの感想・評価

4.8
この作品を先に観た友人達に感想を聞くと

「すごい」だの「ヤバかった」だの「とにかく絶対に観ろ!」だの
あまりに抽象的なコメントばかり。

もっと他に言う事無いのかね?君達?ん?とあきれた次第です。

さて!そんな私のこの映画の感想はズバリ!

「すごい!ヤバイ!とにかく絶対に観ろ!」です!

いや~本当にそれ以外言う事無し。
だってマジでそうなんだもん。

とにかく映像にしてもストーリーにしても凄まじいクオリティなのです。

今回の新劇場版は過去の続編でもなくリメイクでも無い
監督いわく「リビルド(再構築)」の映画です。

この新劇場版の一作目にあたる「序」を観た時は確かに全体のクオリティは格段に上がってましたがわざわざ「続編でもなくリメイクでもない」と宣言するほどの「リビルド」の意味をあまり感じる事は出来ませんでした。

ところが!今回の「破」を観てその「リビルド」の真意を思い知る事となったのです。

この作品における「リビルド」の物凄さを簡単に説明すると

ダ・ヴィンチの歴史的名作「モナリザ」の絵を一度バラバラにして並び直した後にその上から、さらに絵の具で色を塗り、その出来上がった作品がオリジナルを超える作品なった!!

それぐらいの凄さがあるのです。

もはやアニメ界だけでなく日本の歴史に残る作品となった「エヴァ」を監督自ら解体してさらに作り直す。

私も規模は小さいながらも一応「作品」を作っているクリエーターです。

もし私が作った「最高に出来の良い」と評価されている作品を一度全部ぶっ壊して前以上の出来に作り直せと言われても正直怖くて自分は出来ない。

でもこのエヴァの監督、庵野秀明監督は恐ろしいぐらいの気合でそれをやっている。

何のために?

新劇場版制作前に発表された監督の声明文にこうある。

「我々の仕事はサービス業でもあります」

つまり作品を観てくれるすべての人々の「サービス」ために歴史的名作を「破壊」して「再構築」したのである。

まさに今作のサブタイトルである「破」のごとく。

この新劇場版は絶対にTVシリーズと旧劇場版を観ていないとその「リビルド」の物凄さは味わえません。

その「手間」はありますがその「目標」を達成すれば極上の作品を観る事が出来るのです。

しかしそれでもまだこの作品は途中です。未完成の作品です。

次回作の完結編「急」で果たして「ヱヴァ」という名の「モナリザ」が
新時代の傑作になれるのか?それをぜひとも見届けたい。

それがまたこのjojoの一つの「目標」となった次第であります。

追記

監督の庵野さんは我が地元山口県宇部市出身で作品には毎回
必ず「宇部ネタ」出てきますが今回の「破」にも我々宇部市民にしか
解らないネタが出てきました。同じ地元民として嬉しい限りです。
これはまさにピンポイントの「サービス」なのであります。
rena

renaの感想・評価

4.2
エヴァンゲリオン;破

新キャラ登場。
アスカよりも早く出て来るとは思わず前作でアスカが出てきたか不安になった。自分がアスカを見落としていたのかと…そんなことなった、安心。
新キャラの重要性があまりわからず出すならアスカよりも後に出して欲しかった…
次で重要になってくるのかしら?
そしてアスカの安定な可愛さGOOD
カオル君謎。カオル君なんですか?何者ですか?あゝ続きが見たいはやくサービスされたい…



エヴァの魅力ってかっこよさよりも「怖さ」とか「グロさ」とかの中の美しさだと私は思ってるんだけど、今作ではそれがかなり多くとても美しかった。
反対の良さがとてもよかった。
戦闘シーンのBGM「翼を下さい」とか抜群にかっちょいい。

サードインパクトか…
あゝもっと深くまで知りたい…
漫画買おうかなぁ…