ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!の作品情報・感想・評価

ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!2013年製作の映画)

The World's End

上映日:2014年04月12日

製作国:

上映時間:109分

3.5

あらすじ

1990年6月22日―イギリス郊外の街、ニュートン・ヘイヴン。思春期真っ盛りの5人の少年達は、高校卒業を祝って、飲酒マラソン“ゴールデン・マイル”を決行する。これは大量のビールを飲み干しながら、パブをハシゴしていくゲームだったが、リストの最後に記された12軒目のパブ“ワールズ・エンド(世界の終わり)”に辿り着く前に、脱落者が続出し、あと3軒というところで、彼らはギブアップすることとなった。それか…

1990年6月22日―イギリス郊外の街、ニュートン・ヘイヴン。思春期真っ盛りの5人の少年達は、高校卒業を祝って、飲酒マラソン“ゴールデン・マイル”を決行する。これは大量のビールを飲み干しながら、パブをハシゴしていくゲームだったが、リストの最後に記された12軒目のパブ“ワールズ・エンド(世界の終わり)”に辿り着く前に、脱落者が続出し、あと3軒というところで、彼らはギブアップすることとなった。それから約20年後―アラフォー世代になった彼ら“五銃士”は、それぞれ故郷を離れ、今や家庭を持つ夫や父親、そしてビジネスマンになっていた。だが、たった1人だけ例外がいた。かつてのリーダー、ゲイリー・キングだ。ゲイリーは、旧友の1人で、法律事務所で働くアンディ・ナイトリーとの疎遠ぶりを痛感し、故郷での“ゴールデン・マイル”のリベンジを実行!しかし、彼らは4軒目のトイレで様子がおかしい若者達に襲撃される。それを機に、街も住民も“何者か”に乗っ取られ、人類が滅亡へ向かっていることに気付き始める。果たして、これはゲイリー達の人生のリベンジ戦なのか?それとも、人類の未来の為の戦いなのか?彼らは無事にゴール地点である“ワールズ・エンド”に到着し、“ゴールデン・マイル”を達成することが出来るのか!?

「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!」に投稿された感想・評価

「宇宙人ポール」が好きだったので、同じコンビの脚本に期待して観て、途中までは最高に面白かったが、終わり方が好みじゃなかった。
エドガーライト作品
まあ、ホットファズの方が好きだったかなー個人的には
飲み行きたい日にこれ見るとさらに飲みに行きたくなる、、
fujyu

fujyuの感想・評価

3.5
初見時、最後の15分くらいが意味わからなさすぎて睡魔に襲われダウン。
もう一回その部分を見直してみたけど、やっぱり分からん!笑
いや、わかるけどまって、どうしてこうなるの?!って感じ。そういうことは考えたらダメなやつですね笑

基本コメディだけど、前2作と比べるとあんまり笑えなかった。登場人物たちの年齢が上がって、中盤にかけての友人たちのいつまでも大人になれないゲイリーを見る冷静な目に、どこか居た堪れない気持ちになるからかな…。
終盤で明かされるゲイリーの心情を思うとけっこう胸がキュッとなった。

…まあいろいろ書きましたが、地球は大惨事だけど彼にとってはイキイキできる世界になって良かったんじゃないでしょうか!
otom

otomの感想・評価

3.8
エドガー•ライト+サイモン&ニックって事でかなり期待して観に行った訳だが、前2作に比べるといささか笑いが足りなかった気もしなくはない。が、あの二人が動いてるだけで面白いから良し。ジョン•カーペンターと90年代の音楽愛がヒシヒシと伝わってくる。良作。
コメディかなと思ったらSFでした イングリッシュパブ巡りてぇ〜 スタバ化
natsumi

natsumiの感想・評価

3.7
田舎にきたらなんか変だった、という意味ではホットファズに割と似てる。ナイトビフォア的な呑んだくれ映画だと思っていたから急にぶっ込まれるSF要素にびっくり。元ネタとかあるのかなーわからなかった。あとはゲイリーがクズだし、登場人物たちの友情がもっと強ければもっと話に乗れたと思う。とは言え相変わらず音楽に合わせた編集とカメラワークから生まれるテンポの良さは神がかっているし、フェンス飛び越えようとしてぶっ壊すシーンとか過去のコルネット作品を思わせる要素があり面白かった。あとサイモンペッグのイケボナレーション良い。これで完結かぁ、もっと3人で作品撮ってほしいなぁ。Spaced観よ…
イングリッシュパブをはしごしてぶっ倒れるまではしごするという男のロマン心を刺激する入りからは想像つかない展開に…
あいも変わらず面白かったのですが、小生はホットファズの監督の作品だ!とある程度ジャンルを想定した上で鑑賞したのでSF要素が入り込みカオスな展開に置いてけぼりにされてしまいました。
最初から何かを求めて映画を見てるところがあるので、映画という物を楽しめるようになりたいですわ。
なな

ななの感想・評価

3.6
完全にマーティン目当てだったけどぶっ飛んでて面白かった。
一瞬の舌ペロとウィンクがかわいい。

でも一体なんの話だったんだ?
梅酒8杯飲みながら観たのであんまり覚えてないけどなんかおもろかった気がするー、またシラフで見直してからちゃんと感想かこ
Kou

Kouの感想・評価

3.8
【○○○にすら呆れられるサイモン・ペグ】


マイオールタイムベストの『ベイビードライバー』
レンタルも開始されたためか、最近観てる方が増えてきましたね。多様な感想を共有できて嬉しいかぎりです。



さて、以下レビューです。

視聴者のレビューを見ると、他のエドガー・ライト作品よりきつい評価が多いですね。
あれ…?本作、そんな面白くなかった?
結構面白かったことないですか?
(※お酒を飲みながら観たことによる思考の停止からだと思いますが…)



同じエドガー・ライト監督の『ベビドラ』を例にとってみると、エドガーの良いところだけを集め“大衆的”にした映画が『ベビドラ』

エドガーの良いところも悪いところもギュッと凝縮しすぎて文字通り“爆発”した映画、それが本作。



同監督作品である『ショーン・オブ・ザ・デッド』なら「ちょい社会派」、『ホットファズ』なら「ちょいホラー」と、エドガー作品は、途中から流れが変わってくるのが魅力であり、そこが評価される所以でもありましたね。

しかし、1作目・2作目があまりにも「面白い!」と評価されるから、調子乗って本気出しちゃったエドガー。おかげで独特の世界観が全開です。



というのも本作。
おかしい、おかしすぎるんです。
唐突に○○○が出てきてアクションするんですよ?
それでいて、世界に危機が迫っているのに
パブの飲み歩きを続けるんですよ?
その理由が主人公曰く
「飲み歩きを続ければ怪しまれない!」



…???
この人頭おかしい(褒め言葉)



正直、後半のハチャメチャ感は好き嫌い分かれますが、相手は酔っ払いです。
いちいち突っ込んでアラを探すのはナンセンス。
主人公たちと同じく『酔っ払って観る』のに適した映画だと自分は思いましたね。



もちろんこの映画、
変なとこばかりじゃないですよ。

ラスト、主人公の武器の構え方が『ショーン・オブ…』のQUEENのとこそのままだったりとか、今では持ちネタとなった「柵越え」など、セルフオマージュも多いんですよね。

「俺の作品が好きならきっとニヤニヤ出来る!」
そういう作品に仕上がってます。
エドガー監督にハマった人なら楽しめるはずです!もちろん音楽は言わずもがな。
ぜひ観て感想をお聞かせください!

───────────────────────

自分を置いて簡単に変わってしまう周囲の世界。
そこから逃げ出そうとお酒を煽り、楽しかった過去に思いを馳せる主人公。
自分も、今を昔のように楽しめないからこそ、主人公の気持ち、ちょっとは分かる気がします。



2018年2月4日 23本目
>|