ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!の作品情報・感想・評価

ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!2013年製作の映画)

The World's End

上映日:2014年04月12日

製作国:

上映時間:109分

3.4

あらすじ

1990年6月22日―イギリス郊外の街、ニュートン・ヘイヴン。思春期真っ盛りの5人の少年達は、高校卒業を祝って、飲酒マラソン“ゴールデン・マイル”を決行する。これは大量のビールを飲み干しながら、パブをハシゴしていくゲームだったが、リストの最後に記された12軒目のパブ“ワールズ・エンド(世界の終わり)”に辿り着く前に、脱落者が続出し、あと3軒というところで、彼らはギブアップすることとなった。それか…

1990年6月22日―イギリス郊外の街、ニュートン・ヘイヴン。思春期真っ盛りの5人の少年達は、高校卒業を祝って、飲酒マラソン“ゴールデン・マイル”を決行する。これは大量のビールを飲み干しながら、パブをハシゴしていくゲームだったが、リストの最後に記された12軒目のパブ“ワールズ・エンド(世界の終わり)”に辿り着く前に、脱落者が続出し、あと3軒というところで、彼らはギブアップすることとなった。それから約20年後―アラフォー世代になった彼ら“五銃士”は、それぞれ故郷を離れ、今や家庭を持つ夫や父親、そしてビジネスマンになっていた。だが、たった1人だけ例外がいた。かつてのリーダー、ゲイリー・キングだ。ゲイリーは、旧友の1人で、法律事務所で働くアンディ・ナイトリーとの疎遠ぶりを痛感し、故郷での“ゴールデン・マイル”のリベンジを実行!しかし、彼らは4軒目のトイレで様子がおかしい若者達に襲撃される。それを機に、街も住民も“何者か”に乗っ取られ、人類が滅亡へ向かっていることに気付き始める。果たして、これはゲイリー達の人生のリベンジ戦なのか?それとも、人類の未来の為の戦いなのか?彼らは無事にゴール地点である“ワールズ・エンド”に到着し、“ゴールデン・マイル”を達成することが出来るのか!?

「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!」に投稿された感想・評価

イモリ

イモリの感想・評価

3.2
しょうもないアル中が引きずる輝かしい過去に悲しくなる。今作でも、エドガー・ライト×サイモン・ペッグの ハイテンション編集、世界が滅亡しかけようとも変わらない愛すべきマヌケ達がてんこ盛り。
mssssn

mssssnの感想・評価

4.5
序盤の印象と観終わった後の印象がぜんぜん違って、めちゃくちゃおもしろい。
Takashi

Takashiの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ただの30代後半のおっさんたちの飲んだくれの話なのかなって思ったら途中からのどんでん返しに驚き。
おいおいSF行くんかい!という感じで、さらにさすがエドガーライトって感じでの適当さがよかったです。
ショーンオブザデッドやホットファズみたいなコメディー感もあって、最高に面白かった。
もうこんな適当な感じな監督がベイビードライバー作ったかと思うと、意外で仕方ない。
外は雨

外は雨の感想・評価

3.3
プライマルスクリームのローデッド!友達は大人になったのに、自分だけ変わらないダメさ。実はダラダラパブ回りだけを見せてもらっても良いんですが、押し付け善意の地球平均化全スタバ化計画をぶっ壊すべくやっぱりパブで飲むんだぜ。

プライマルスクリームがニュース・オーダー同様にまるで老成しないってのがw 素敵です素敵です素敵ですw
きたの

きたのの感想・評価

4.8
「ゴールデンマイルがそんなに大事か!?!?」

「俺にとって全てなんだよ!!!!」
マイク

マイクの感想・評価

3.6
"五銃士"達がビール飲んで侵略者相手にパブで大暴れ!な映画。なのだが……
過去にとらわれ、学生時代に達成できなかったパブ12軒制覇に執着する主人公ゲイリーは観ていて悲しくなった。
かつては親友だったアンディとの終盤のやりとりも悲哀を誘う。
次郎

次郎の感想・評価

3.6
くっだらねー。エドガー・ライト監督がサイモン・ペグとニック・フロストと組んだ。スリー・フレーバー・コルネット三部作、というかチビハゲデブ三銃士のラストはアル中賛美とみせかけたSFパロディ。異星人侵略者ってさっぱり観たことないためか後半部分はいまいちノリきれない感じがあったけど、本作の主役はむしろ音楽。
主人公たちがはイケてた20年前俺達を回想するということで、惜しみなく使われる90年代前半のブリットポップの名曲たち。開幕からプライマル・スクリームのLoadedが鳴り響き、その後もブラーやスウェード、パルプ、ストーン・ローゼスとあの時代の代表曲がてんこ盛り。しかも調べれば調べる程、歌詞とストーリーが一々リンクしているのだからたまらない。愛すべき映画馬鹿であり、音楽馬鹿でもある監督によるくっだらなくも愛おしい酔っ払い賛歌。
AiSanada

AiSanadaの感想・評価

3.3
なんかふと思い出せる映画。
>|