ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!の作品情報・感想・評価

ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!2013年製作の映画)

The World's End

上映日:2014年04月12日

製作国:

上映時間:109分

3.5

あらすじ

1990年6月22日―イギリス郊外の街、ニュートン・ヘイヴン。思春期真っ盛りの5人の少年達は、高校卒業を祝って、飲酒マラソン“ゴールデン・マイル”を決行する。これは大量のビールを飲み干しながら、パブをハシゴしていくゲームだったが、リストの最後に記された12軒目のパブ“ワールズ・エンド(世界の終わり)”に辿り着く前に、脱落者が続出し、あと3軒というところで、彼らはギブアップすることとなった。それか…

1990年6月22日―イギリス郊外の街、ニュートン・ヘイヴン。思春期真っ盛りの5人の少年達は、高校卒業を祝って、飲酒マラソン“ゴールデン・マイル”を決行する。これは大量のビールを飲み干しながら、パブをハシゴしていくゲームだったが、リストの最後に記された12軒目のパブ“ワールズ・エンド(世界の終わり)”に辿り着く前に、脱落者が続出し、あと3軒というところで、彼らはギブアップすることとなった。それから約20年後―アラフォー世代になった彼ら“五銃士”は、それぞれ故郷を離れ、今や家庭を持つ夫や父親、そしてビジネスマンになっていた。だが、たった1人だけ例外がいた。かつてのリーダー、ゲイリー・キングだ。ゲイリーは、旧友の1人で、法律事務所で働くアンディ・ナイトリーとの疎遠ぶりを痛感し、故郷での“ゴールデン・マイル”のリベンジを実行!しかし、彼らは4軒目のトイレで様子がおかしい若者達に襲撃される。それを機に、街も住民も“何者か”に乗っ取られ、人類が滅亡へ向かっていることに気付き始める。果たして、これはゲイリー達の人生のリベンジ戦なのか?それとも、人類の未来の為の戦いなのか?彼らは無事にゴール地点である“ワールズ・エンド”に到着し、“ゴールデン・マイル”を達成することが出来るのか!?

「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!」に投稿された感想・評価

Sugi

Sugiの感想・評価

4.0
WTF!!

このメンツの映画では安定の内容。また新作出るみたいな話聞いたので楽しみ。

1番最後は蛇足な気がしたけど。
英国的センスが光る作品。友達を連れて劇場に観に行った中3の春…。
今だからわかるつらさのあるお話。ドアーズが流れるギャグ。好きな某映画評論家が公開時にジョンカーペンターの映画を引き合いに出してたから、そのままゼイリブを見てどハマりしたのもいい思い出です
きのこ

きのこの感想・評価

4.1
ワールズエンドという映画について綴る。


学生時代のある夜、ゲイリーキングは友達と酒を呑んで12軒のBarをハシゴするというツアーを決行する。
しかし当時は途中でギブアップするという結果になってしまった。

どうしても目標を達成したい!と諦めきれなかったゲイリーキングは、かつての友人を集めて再度12軒のハシゴに挑戦する。

しかし、その道中で明らかに様子のおかしい若者に襲われたことから世界の終わりが近いことを悟る、、、

という感じだ。


ハチャメチャだな!と思う方もいるかもしれないが最近観たコメディ映画の中ではかなり好きな部類だった。

コメディ映画として勿論面白いけれど、それだけじゃなくストーリーもしっかりしていてかなり楽しめる!

気楽に観られる内容なのでダラダラしながら映画を観たい時にオススメ!

ショーンオブザデッドやホットファズなどを手掛けたエドガーライト監督の作品なので彼の映画が好きな人は絶対に好きだと思う。
Michael

Michaelの感想・評価

3.4
エドガーライトとサイモンペッグという最強コンビのオタクに捧げる映画。

本当にしょーもない親父たちが昔の仲間と再会するとどんでもないことが起きることは誰がみてもわかること!笑笑

意外とゴア描写あるし、ちゃんと世界滅ぶし!!笑笑

オチもしょーもないんだけど憎めない映画。

夢や少年の心をを忘れていない男と現実を知った男たち。

人っていつのまにか大人になってしまっているんだよね。
大大大好きな「インサイドヘッド」でも言ってたけど、
人はいつのまにか子供の頃にもっていた夢やイマジネーションを捨ててしまっている。
サイモンペッグはそれを持ち続けていただけのこと。

だけど時にはその心が大きな力を発揮することだってある!!

大人の中の子供心を掻き立ててくれる、そんな映画。
一晩に12軒のパブをハシゴする5人。

トイレのシーンから思わぬ方向へ。

いつもと違って設定が逆になってたんも斬新やったが やはりサイモン・ペグとニック・フロストのコンビは最高って事やね。
流星

流星の感想・評価

4.5
コメディー三部作の三つ目。ゾンビ、アクションとときてSF。
アルコール依存のゲイリーが昔の友人を集め達成できなかった12軒のはしご酒を達成しようとする話。
主演はサイモンペグ。ダメ男を熱演しております。最近ヤフーニュースで鬱とアルコール依存に苦しんでいたというのを目にしこのときどんな気持ちで撮影に挑んでいたのか考えてしまいました。
それはさておき、この作品はコメディーなのでずっと笑いっぱなし。とんでもSF設定だしオチはえっ?てなるかもしれないけどこの緩い感じが好き。
poem

poemの感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

過去に縋った薬物中毒者が、その嘗ての過去の仲間を集結させ地元に戻り、思い出を辿るという設定まで本当に大好きだった。しかし、無論事態は思いもよらぬ方向に転がっていき、破茶滅茶な展開を迎えてから私の個人的な好みに合致せず消沈してしまった。
友情の描き方や、セリフの伏線回収などは観ていて爽快な気分にさせられたが、どうもこの設定はイマイチ自分にはハマらず。あくまでも好みの問題だが、当初の設定のまま物語が進んでいく作品を観たいと思ってしまった。笑
うめ

うめの感想・評価

3.6
サイモンとニック・フロストのコンビ最高。けど、個人的に「ショーン・オブ・ザ・デッド」「ホットファズ」の方が好き。
当然ビール片手に鑑賞しましたが、観る順番間違えましたね。

フォロワーの皆さんから期待値低めで、と言われていたので低めにしたつもりでしたが、おそらくどっかで期待してた自分。
3部作の中では1番合わなかったです。

とりあえずサイモンペッグが老けてる!
古いのから彼の作品を観ていたので、ちょっとびっくり(。-∀-)

そしてこの作品1番のびっくりポイントは、あらすじ通りの店をハシゴして酔っ払うだけの話かと思いきや、途中からおかしな方向に。
フロムダスクティルドーンを思い出しました。
たしかにこれぐらいの変化球持ってこないと最後までもたなかったかなとは思います。

基本的には、笑い 友情 喧嘩と、好きなテーマなんですが、全体的に中途半端な印象でした。
後半ようやくキャラ立ちしてきましたが、やはりニックフロストはツッコミ入れたくなるぐらいのバカな役じゃないと…。

お酒と言えば、良いのか悪いのかボクは比較的お酒が強いので、よほどムリな飲み方をしない限り酔わないタイプでして。

今日もさっきまで会社の懇親会がありまして、こういった場のボクの立ち位置は周りの介抱役か人間観察(だいたいこっち笑)
飲んだら面倒くさい人は苦手ですが、陽気になる人は好きです💓普段とのギャップがある人になればなるほど、なお大好き❤ホントうらやましい(((o(*゚▽゚*)o)))♡

ボクも一度でいいから記憶をなくす一歩手前まで飲んで、陽気な記憶のまま次の日を迎えたいです(。-∀-)
natsu

natsuの感想・評価

4.2
パブ巡りだと思って見始めたら、途中から方向性が変わってきて、ストーリーめっちゃ面白った。
けっこうアクションあって好き。

エドガー・ライト監督とサイモン・ペッグ&ニック・フロストのタッグで作られた映画(ショーン・オブ・ザ・デッド、ホット・ファズに続く今作)がある意味三部作になっていて、今作が最後、完結編って監督とサイモンが言ってたので、3作全部見るのめっちゃオススメしたい。
>|