ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!の作品情報・感想・評価

ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!2013年製作の映画)

The World's End

上映日:2014年04月12日

製作国:

上映時間:109分

3.5

あらすじ

1990年6月22日―イギリス郊外の街、ニュートン・ヘイヴン。思春期真っ盛りの5人の少年達は、高校卒業を祝って、飲酒マラソン“ゴールデン・マイル”を決行する。これは大量のビールを飲み干しながら、パブをハシゴしていくゲームだったが、リストの最後に記された12軒目のパブ“ワールズ・エンド(世界の終わり)”に辿り着く前に、脱落者が続出し、あと3軒というところで、彼らはギブアップすることとなった。それか…

1990年6月22日―イギリス郊外の街、ニュートン・ヘイヴン。思春期真っ盛りの5人の少年達は、高校卒業を祝って、飲酒マラソン“ゴールデン・マイル”を決行する。これは大量のビールを飲み干しながら、パブをハシゴしていくゲームだったが、リストの最後に記された12軒目のパブ“ワールズ・エンド(世界の終わり)”に辿り着く前に、脱落者が続出し、あと3軒というところで、彼らはギブアップすることとなった。それから約20年後―アラフォー世代になった彼ら“五銃士”は、それぞれ故郷を離れ、今や家庭を持つ夫や父親、そしてビジネスマンになっていた。だが、たった1人だけ例外がいた。かつてのリーダー、ゲイリー・キングだ。ゲイリーは、旧友の1人で、法律事務所で働くアンディ・ナイトリーとの疎遠ぶりを痛感し、故郷での“ゴールデン・マイル”のリベンジを実行!しかし、彼らは4軒目のトイレで様子がおかしい若者達に襲撃される。それを機に、街も住民も“何者か”に乗っ取られ、人類が滅亡へ向かっていることに気付き始める。果たして、これはゲイリー達の人生のリベンジ戦なのか?それとも、人類の未来の為の戦いなのか?彼らは無事にゴール地点である“ワールズ・エンド”に到着し、“ゴールデン・マイル”を達成することが出来るのか!?

「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!」に投稿された感想・評価

tento64

tento64の感想・評価

-
ハングオーバーみたいにゲラゲラ笑える酔っぱらい映画かと思ったら、前半は青春の輝きを引きずりまくりの主人公に嫌々付き合う旧友とのやりとりが気まずくて、後半の超展開にもそこまでノリきれず消化不良なかんじ。ラストは、これでほんとに世界を救ったことになるの?と。敵はマネキンくらいの耐久性。

このレビューはネタバレを含みます

ストーリーは、ある学生の仲良し5人組がいて、街を仕切ってたりして輝かしい青春時代を送ってた。それぞれ大人になり定職に就いて、今を生きていた。しかし、サイモンペッグ演じるゲイリーは、アルコール依存症になり、過去の栄光に囚われたままだった。そんなとき、ゲイリーが仲間を連れて、昔成し遂げられなかった、故郷でパブ12軒はしごすることを計画する。しかしその故郷で奇妙な得体の知れない雰囲気が漂う。そしたらその街はエイリアンに侵略されていて───────?

内容は、幼い頃読んだ筒井康隆の『緑魔の町』を思い出させる、ホラーではない怖さがあった。夜に1人で見たけど少し後悔したくらい。
サイモン・ペッグ目当てでこれまで、ホットファズ、ショーンオブザデッドを観てきて、最後に観たのがこの作品。
ぶっちゃけ、サイモン・ペッグの演じるキャラ(ゲイリー)が唯一好きになれなかったのもこの作品。

最初は、ゲイリーうぜえ〜〜〜(失礼)と思ってたらだんだん面白くなってきておおおおお!!って思ったら、最後の辿り着く酒場、ワールズエンドに行ったあたりから意味がわからなくなり始め、オチもは????って感じだった。

まぁサイモン・ペッグの泣いてる可愛い顔が見れたので満足です☺️
Rikako

Rikakoの感想・評価

4.0
脚本が二重人格かってくらい途中で調子が変貌するのが面白い。自分も酔っ払いながら見るとちょうどいい。
ヒルコ

ヒルコの感想・評価

2.8
期待しすぎたのかな?起承転結それぞれの振り幅激しくてたじろぐ。確かにそれがこのチームの売りではあるけど・・・。もう少しおっさんたちをはしゃがせても良かった気もするし、ロボの皆さんの魅力に欠けるところもあるし、なんかちょっと物足りなかったなぁ。でもサムのドリフト能力はすごいと思うよ。もっと出してやれば良かったのに、ヒロインなんだし。
tanaka

tanakaの感想・評価

3.5
最早鉄板のエドガー、サイモン、ニックのトリオによる、酔っ払いSFヒューマンコメディ。

バーをはしごしながら、知らぬ間に街を侵略していた宇宙人と戦っていく話。軽いノリのドタバタ劇なのかなーと思ってたけど、実はサイモン・ペッグ演じる主人公には隠された闇があり、ラストもお約束とは一味違う終わり方。
観てて全然飽きないし、ショーン~やホット・ファズ程はないが勢いも充分で一気に観れる。

前2作が気に入った方は観て損は無い。
おこめ

おこめの感想・評価

3.9
過去に囚われた中年男が青春を取り戻そうと奮闘するお話。なんですが、タイトルとビジュアルからも分かるように、ぶっ飛んだハチャメチャ展開が待っている。
過去の栄光に縋り付きながら生きるのは苦しいけれど、楽しかった青春をもう一度やり直したいと思う気持ちは共感できますね…ゲイリーはあまりにもその思いが強すぎて痛々しいのだけれど、それもまた良い…
まさにワールズエンドなお話でした。
birdy

birdyの感想・評価

3.6
サイモンペッグがすっとジャックニコルソンみたいです
ニックフロストももったいない感じ
前2作よりも後半のまくり方が雑になったのが残念。
ちぃ

ちぃの感想・評価

3.5
「ホット・ファズ」から続いて鑑賞。
こっちはすごーく「スコット・ピルグリム」撮った人の作品だなぁ〜という感じ。つまり意味分かんねぇ!
「ショーン・オブ・ザ・デッド」とのリサイクル感もあり。

お酒は飲めないけどパブの雰囲気には憧れる私もこんなパブは嫌だ(笑)

18-93
うに

うにの感想・評価

3.8
酔っぱらい中年たちの軽いヒューマンコメディかと思いきや、どんどん斜め上に超展開していって若干置いていかれたまま壮大?なラストを迎えてしまいました。すごい。笑
はちゃめちゃなのに飽きさせない作り方とスピード感はさすが。予備知識なく観たので、そのはちゃめちゃっぷりを存分に楽しむ事ができました。
すまる

すまるの感想・評価

3.8
エドガー・ライト監督作にハズレなし。
中年の危機を壮大に描いた快作。

成功体験が学生時代しかなくそれをひきづり続けている中年が、あの日やり残したことを口実に昔の仲間を集めたが… ていうイタさ満載の内容を、うだうだした反省とか気づきとかをすっ飛ばして、アクセルベタ踏みで駆け抜けたエドガー・ライトはポップスターでありつつ現代版ジョン・カーペンター説を激推しするものである!
>|