• Filmarksトップ
  • ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!の感想・評価

ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!(2013年製作の映画)

The World's End

上映日:2014年04月12日

製作国:
  • イギリス
  • / 上映時間:109分
    監督
    エドガー・ライト
    脚本
    サイモン・ペッグ
    ニック・フロスト
    キャスト
    ロザムンド・パイク
    サイモン・ペッグ
    マーティン・フリーマン
    ビル・ナイ
    ピアース・ブロスナン
    ニック・フロスト
    エディ・マーサン
    デイビッド・ブラッドリー
    パディ・コンシダイン
    マーク・ヒープ
    ジュリアン・シーガー
    あらすじ
    1990年6月22日―イギリス郊外の街、ニュートン・ヘイヴン。思春期真っ盛りの5人の少年達は、高校卒業を祝って、飲酒マラソン“ゴールデン・マイル”を決行する。これは大量のビールを飲み干しながら、パブをハシゴしていくゲームだったが、リストの最後に記された12軒目のパブ“ワールズ・エンド(世界の終わり)”に辿り着く前に、脱落者が続出し、あと3軒というところで、彼らはギブアップすることとなった。それから約20年後―アラフォー世代になった彼ら“五銃士”は、それぞれ故郷を離れ、今や家庭を持つ夫や父親、そしてビジネスマンになっていた。だが、たった1人だけ例外がいた。かつてのリーダー、ゲイリー・キングだ。ゲイリーは、旧友の1人で、法律事務所で働くアンディ・ナイトリーとの疎遠ぶりを痛感し、故郷での“ゴールデン・マイル”のリベンジを実行!しかし、彼らは4軒目のトイレで様子がおかしい若者達に襲撃される。それを機に、街も住民も“何者か”に乗っ取られ、人類が滅亡へ向かっていることに気付き始める。果たして、これはゲイリー達の人生のリベンジ戦なのか?それとも、人類の未来の為の戦いなのか?彼らは無事にゴール地点である“ワールズ・エンド”に到着し、“ゴールデン・マイル”を達成することが出来るのか!?

    「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!」に投稿された感想・評価

    何が世界を救うっていうの? ……ファッ! そういうこと?
    欧米版酔拳。酔えば酔うほどダメになるけど妙な説得力がある。つーか、なんかむちゃくちゃですわこれは。
    でもトイレからの急展開、わたしとしては酩酊の上の夢なのかなと思えば納得したり。

    エドガー・ライトの映画ってだいたいどれも80点くらいですけど、その上に色々乗っかって結果すごく楽しいって感じですね。
    不思議とビール飲みたい気持ちにはならない映画
    「ショーンオブザデッド」「ホットファズ」に比べるとジャンルの定義がしにくいのが影が薄い要因なのかな?
    でも同じくらい楽しみました!
    eg
    3.0
    記録
    あの
    -
    サイモンペッグのお茶目さ〜〜
    Teenage Fanclubがかかって良かった
    アラバマソングのタイミングね
    n
    -
    パブ巡りだけじゃ終わらないのは分かってたけどこの展開は予想外。ぶっ飛んでる笑。
    ちなみに三部作の中だと『ホット・ファズ』が一番好きです。
    Masa
    3.8
    地元の友達を誘って、飲みに行きたくなる映画!そして、確かに人類はバカだが、舐めんじゃねえ!という映画。
    主演のあの二人がキャッキャしているのを見るだけでも楽しい。笑

    クライマックスがレベルの低い口喧嘩というのも最高だったw

    ロザムンド嬢はヒロインとして綺麗なんだけど、アメイジング・エイミーにしか見えず、終始恐ろしかった、、!
    YukoKoike
    3.5
    男のロマンはわからんけど、笑えたからOK。
    >|