ラ・ラ・ランドのネタバレレビュー・内容・結末

ラ・ラ・ランド2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:

上映時間:126分

4.0

あらすじ

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功…

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功したことから二人の心はすれ違い始める……。

「ラ・ラ・ランド」に投稿されたネタバレ・内容・結末

最初喧嘩してたのに、惹かれ合っていくのがめちゃ可愛すぎて苦しかったです。
最後の回想で号泣。そんなこと考えるなら付き合ったままでいてくれよ~現実はそうかもだけど、映画じゃないですか...

ハッピーエンドが好きなのでこの展開は、なるほど思ったけど、二度目はないと思いました。ダンスはかわいい。色はきれい
ラストのシーンまでは退屈で、なぜこんなのがアカデミー賞??と思ってた。ダンスも揃ってないしジャズも古臭い。最後になってすべての場面が自分の中で輝き出してこの映画の素晴らしさが分かったのは、自分が人生に後悔があるからだ。完璧に行かない、でも幸せ、それも人生だよねっていう思いがあるから、とても苦しく切ないラストだった。愛し合いながらも2人の相性には何かが微妙に足りないことが全編通して伝わってくる、だからこそあのラストであの始まり方だったんだと思う。
【私が人生で見た映画の中で堂々の1位!】
最初の道路でのダンスシーンでまず度肝を抜かれました!
あれだけ大人数が複雑なダンスを踊ってる中、まさかのカットなし!

楽曲もレベルが高い!
ストーリーも良い!

主人公の男と女がそれぞれ夢を追い、夢を追う似た者同士の2人が惹かれ合い、最後は別れてそれぞれの道を歩みます。

人間生きてると、どこかで挫折を味わうものですが、この映画は夢を追うことの辛さと素晴らしさを教えてくれます。

ラストシーンは賛否が分かれると思いますが、あそこで2人がよりを戻すのはあまりにも都合が良すぎるので、むしろあそこでよりを戻さなかったからこそ、名作になったのではないでしょうか。
オープニングのワンカットの流れるようなダンス素晴らしい!

最後の もし こうだったら、、
というの 残酷すぎる

ライアン・ゴズリングの下がり眉が切ないっ!
うーん、やっぱ歌ったり踊ったりを道端でし出すの、慣れないんだよな〜。

自分が映画見てる最中に目の前で立たれて邪魔されたらめっちゃキレる自信あるし、お店の看板とか壊すの最低だから嫌でした。

一時間半過ぎるまではなんとなく観てたけど、最後まで観て納得。切ない。二人セットのハッピーエンドがよかったので、脳内変換する…
衣装のワンピースがどちゃくそかわいい
この映画はグリニッジ天文台のシーンを頂点とした、逆V字(∧)型のストーリー構成をしてる!
例えば
・店員だったミアは女優としてコーヒーを買う
・ミアが地下に降りたことで始まり、地上へ上がろうとするシーンで終わる
・ララランドポーズで描かれるハートは左右対称
そして頂上がグリニッジ天文台。天文台自体も、山の頂上に存在する。

あとは撮影。わずか数分しか写せない朝日をバックにタップダンスをしたり、長回しのシーンも多かった。

それと個人的に好きな曲が多かった。♪Someone in the Cloud♪が一番好きです。

そうした細かな構成、見事な撮影方、圧巻のミュージカル、見事な演技力、夢へのメッセージなど…良いところを挙げればキリがない。大好き!作品賞取ってほしかっなァ笑
女優になることを目指すミアと、古き良きジャズの店を持ちたいセブ。夢を叶えようとする二人を中心に、物語が進んでいく。

夢を目指す過程や夢の方向性の違いから最終的には結ばれないものの、セブの店で偶然再会し、「もし二人が一緒にいたら」ということを想起させるシーンで締めくくり。

ストーリーが冗長で、あまり深みも感じられなかった。
後半に入るに連れて、ようやく二人の価値観の違いや苦悩が表面化されてきたものの、よくある恋愛映画をお金をかけてミュージカル調にしたとしか思えなかった。
セブはミアが幸せならそれでいいって感じかな。

セブはカッコいい。
すっごく踊りたくなった
けどラストのシーンが少し分からなかった
シネマ・コンサートで鑑賞。
モヤモヤが残るラストで、鑑賞後しばらくは気持ちが低空飛行してしまった。
何故待ってると言ったのに数年すら待てないのか。普通はそういうものなのか。
どこにも共感ができなかった。
>|