ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:126分
    監督
    デイミアン・チャゼル
    脚本
    デイミアン・チャゼル
    キャスト
    ライアン・ゴズリング
    エマ・ストーン
    J・K・シモンズ
    フィン・ウィットロック
    ローズマリー・デウィット
    ミーガン・フェイ
    ジェイソン・フックス
    ジェシカ・ロース
    ソノヤ・ミズノ
    ジョン・レジェンド
    キャリー・ヘルナンデス
    ヘムキー・マデーラ
    あらすじ
    夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功したことから二人の心はすれ違い始める……。

    「ラ・ラ・ランド」に投稿された感想・レビュー

    koo
    kooの感想・レビュー
    2日
    5.0

    このレビューはネタバレを含みます

    冒頭から度肝を抜かれた、カラフル、カメラワーク、シビれる演出

    器のデカい男

    頷いて語る
    relychoris
    relychorisの感想・レビュー
    2日
    4.8

    このレビューはネタバレを含みます

    Filmarksさんと青山シアターさんのオンライン試写会に当選して、自宅のPCで鑑賞。

    ありがとうございます。

    『ブルーバレンタイン』では作詞・作曲した曲を弾きながら歌ったライアン・ゴズリングが主演で、『セッション』の監督作と聞いて、昨年秋から楽しみにしてた。

    恋愛を軸にしているだけでなく、ジャズや、古い映画、映画館への愛に溢れた映画でした。

    冒頭の高速道路で踊るシーンから、「どうやって撮ったんだ?」が連続で、観ていて飽きない。

    正直なところ、ストーリーは予想どおり、最悪の出会いから始まる最高の恋の終わりまでなんだけど、それを飽きさせず最後まで引っ張る映像と音楽に包まれる幸福感。

    この映画との恋に落ちた。

    PCのモニタで観たので迫力が削がれているから、あらためて劇場のスクリーンで観ます、ぜったい。

    その時は評価が5.0になるかも。

    あ、もちろんサントラCDは購入済み。
    聴きながら各シーンを順に思い出せるので、Blu-rayが出るまで楽しめそう。

    そして、超個人的『2009年から続くライアン・ゴズリング主演作にハズレなし記録』が更新されました。
    chak
    chakの感想・レビュー
    2日
    4.5

    このレビューはネタバレを含みます

    踊りの上手い下手がわからないけれど、ゴズリングがエマストーンをリードしたり、息の合ったタップダンスのシーンで2人の圧倒的な格好良さを見せつけられた。
    “理由なき反抗”、劇中で話題になるだけでなく実際に天文台で撮っている所にも興奮。
    ふわふわとしたミュージカル調かと思えばラストはしっかりハマって終わる。切ないのにスッキリと終わるのは、夢が叶った2人の堂々とした表情に魅せられたから。
    オープニングの爽快感のある始まりといい、色彩や音の効果もあり何度でも観たいと思う映画。面白いです。
    すえ
    すえの感想・レビュー
    2日
    4.5

    このレビューはネタバレを含みます

    ほんま良かった。OPから これぞミュージカルって感じでドキドキした。全編とおして音楽と色味がオシャレやったね、衣装とか全部可愛いかった。付きおうてからのsummer期間とか幸せやったわぁ。ただエマストーンの顔のアップが少しきつかったな… 。セッションのハゲの人なんやっけ、あの人のバーが撮影場所一緒なんは笑った。そんでラストよ、なんなんあれ。ハッピーエンドちゃうんかいな…。衝撃的すぎるわ。まぁ雨に歌えばとかろーまの休日とか、古き良きを踏襲してる感じは序盤から出てたね、は〜 百億回見たい
    木三もと
    木三もとの感想・レビュー
    3日
    4.0

    このレビューはネタバレを含みます

    思い出すたびにうわぁぁぁとなって
    なかなか感想がまとめられそうにないので、
    雑感をつらつらと書きます。

    観てる途中に
    「こんな夢醒めて欲しくないよなぁ」
    とちらっと思ったんだけど、
    最後のセブの妄想のシーンは、
    画的にはロマンチックなんだけど
    実現することはもう出来ないって事実を
    知っているからこそ、痛々しかった。

    この感じ前もあったなと思い出したのが
    「ブルー・バレンタイン」のエンドロール。

    予告だけ見て
    ハッピーな気持ちになりた〜〜〜い!
    って軽いノリで見に行くと
    エライ目に会うやつでした。
    Ruchan
    Ruchanの感想・レビュー
    3日
    4.1

    このレビューはネタバレを含みます

    音楽が良かった!
    全体的な色彩も綺麗だし、演出もユニークで終始観ていて飽きなかったです。
    散々挫折を味わった末の、「夢追い人に乾杯を」のシーンには涙が出そうになりました。
    二人の恋の行方は、思っていたのと違う結末でした。賛否両論あるかもしれません。
    ビターな結末でしたが、音楽がとても合っていて、浸ることができました。
    「もしもこうしていたら…」と二人で想像をするシーンもとても良かったです…
    mari108ma
    mari108maの感想・レビュー
    3日
    4.1

    このレビューはネタバレを含みます

    上海の映画館で見ました。
    音楽はワクワクしました。
    最後は私はちょっとウルウルしました。
    MoMa
    MoMaの感想・レビュー
    3日
    4.3

    このレビューはネタバレを含みます

    この映画のタイトルは”LA LA” LANDですが、これがLA(=ロサンゼルス)とのダブルミーニングだということは自明でしょう。
    つまり、この物語はLAという舞台におけるストーリーだということを念頭に置いて考えなければならないということが分かります。
    LAというのは、エンターテインメントの街、すなわち'City of Stars'です。
    様々な人が’スター’としての成功を夢見る一方、全て人間がサクセスストーリーを歩める訳はではないはずです。

    Miaはオーディションの中で、'夢追い人(dreamer)'は'愚か(fool)'だと述べ(歌い)ます。
    ここでの愚かさは'fool'であることであり、'stupid'であることではありません。
    愚かであることと馬鹿であることは違います。
    Steve Jobsの引用したStay foolish, Stay hungryのくだりはあまりにも有名ですが、恐れ知らずのthe "fool'とでも呼ぶべき人々だけが、途方もない夢を叶えることが出来るのかもしれません。

    夢を追うということは一つの重要な選択です。
    選択は何かを選ぶことであると同時にその他の選択肢を排除するということである以上、時に夢を追うことは痛みなくしてできないのでしょう。
    特に、愚かな選択は時により大きな痛みをもたらすものかと思います。
    MiaとSebastianが結ばれるという夢は、'if'の世界にだけ存在し、決して実現することはありません。
    しかし同時に、失ったものの大きさが成功を決定づけるわけでもないでしょう。
    そして彼らは、その痛みを抱いて、抱くことによってこそ前進できるのかもしれません。

    p.s. キャスティングだけじゃなくて映画の雰囲気もバードマンに似てませんか?
    IK
    IKの感想・レビュー
    3日
    4.5

    このレビューはネタバレを含みます

    オンライン試写会にて。Filmarksさんいつもありがとうございます。
    主人公は夢を追う2人。最初の出会いは最悪だけれどそこからお互いの夢や目指すものや好きなことの話をしていくうちに恋に落ちる。前半の2人が恋に落ちるまでの流れで見入ってしまって、音楽の使い方にグッとくる。何よりもピアノの旋律が儚げでだけど力強い。そして、夢の描き方が素晴らしい。セリフがなくたって音と映像があればこんなにも伝わるものがあるのだと、映画の素晴らしさとミュージカルの素晴らしさを感じた。
    最後の演出はとことん2人に夢を見させて、観客にまで夢を見させて、このまま終わってくれれば!と誰もが思うのだろうけど、やっぱり現実は変わらない。儚い夢かも知れないけれど、誰もが夢を見たことはあってそれを叶えたとしても、どこか犠牲になってる部分があって。全てがうまくいくわけじゃない。いろいろ考えさせられる。
    本当は考えるような映画じゃなくて見て、聞いて、ワクワクするような単純なミュージカルなのかも知れないけど、最後のシーンを見てしまったら考えずにはいられないし…。
    とにかくものすごくいい映画だったことは間違いない。
    ライアン・ゴズリングは「きみに読む物語」のときからすごくかっこよくて好きだし、エマ・ストーンのアメリカ人らしいジェスチャーの仕方や大きな目と表情豊かな顔が大好き!
    途中で「理由なき反抗」のシーンが出てきてその曲まで!本物の映画のシーンまで!ここが1番興奮した!思い出す〜!昔の映画をちょくちょく摘んだりしていておしゃれ!
    オンラインで見ただけでは物足りなかったのでぜひ劇場に見に行きたいです!
    馬子
    馬子の感想・レビュー
    3日
    3.8

    このレビューはネタバレを含みます

    前作「セッション」のような驚きの展開を期待していたので、はっきり言って何か拍子抜け…
    しかしながら、色鮮やかな衣装や情景と“観るもの全てが恋に落ちる、極上のミュージカル エンターテイメント”のキャッチコピーに相応しい歌とダンス
    ワンカットで見せるシーンが多く、おとぎ話のような演出にうっとりした

    空白の5年間を埋める演奏と、ラストシーンの2人の笑顔
    それが道は違えど 2人が夢を叶えた証なんだと余韻がじわじわ残る
    切ないなぁ:( ;´꒳`;):
    >|