ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:126分
    監督
    デイミアン・チャゼル
    脚本
    デイミアン・チャゼル
    キャスト
    ライアン・ゴズリング
    エマ・ストーン
    J・K・シモンズ
    フィン・ウィットロック
    ローズマリー・デウィット
    ミーガン・フェイ
    ジェイソン・フックス
    ジェシカ・ロース
    ソノヤ・ミズノ
    ジョン・レジェンド
    キャリー・ヘルナンデス
    ヘムキー・マデーラ
    あらすじ
    夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功したことから二人の心はすれ違い始める……。

    「ラ・ラ・ランド」に投稿された感想・レビュー

    ロラン
    ロランの感想・レビュー
    1日
    5.0

    このレビューはネタバレを含みます

    この映画は面白い! そして、途方もなく感動する。エマ・ストーンとライアン・ゴズリング、この二人の出会いやキスが何度も「遅延」する映画。恋も夢も一筋縄ではいかないといったように。歌とダンスを含め、この二人の掛け合いを見ているのが楽しい。

    オープニングのクラシカルな色彩に対し、撮影は『バードマン』のような現代的な長回しで最初はどうなるかと思ったが、二人が出会ってしまえば、そんなことは関係なくなる。

    二人の会話が口論に発展すると、切り返しが外側から内側に変わったり、二人が別れた後のエマ・ストーンの髪形が変わったりと細やかな演出が良かっ
    た。オープニングの歌が終わり、役者たちが車に戻るタイミングも完璧だった。

    そして、エマ・ストーンの歌よりもさらに感動的なのがラスト。一年後の冬、二人はそれぞれの夢を叶えたのにもう一緒にはいない。そんな二人をこの映画は時空を越える演出で結ばせてみせる。一年前のバーで出会った時とは違うキス、その速さに泣く。星空のような水上でのダンスにホームビデオ。ステージと客席に隔てられた彼らをその空間で二人きりにしてしまう照明も素晴らしかった。現実ではもう一緒にはいないけど、それでも夢は見せてくれる、まさに映画。このラスト10分のプレゼントに涙が止まらなかった。

    ラスト、視線に賭けた二人の切り返しに心の底から感動した。素晴らしい!
    Nippolin
    Nippolinの感想・レビュー
    3日
    3.9

    このレビューはネタバレを含みます

    映像技術がピカイチ!光彩、色彩、ブラックアウトの使い方、音楽、ダンスどれも素晴らしいミュージカル映画!

    展開や台詞に変わった物はないかも知れませんが、その分王道というか、人生ってこんな感じだよなぁと思ってしまいました。
    夢を追いかける2人のラストの展開には涙…でも最後のMiaの笑顔で終わってくれたところがホントに忘れられない…!!

    エマ・ストーンが素敵すぎ…!Miaは夢を大切にするけどちょっとところどころ不器用で、感情が素直で、わたしの感情移入しちゃうタイプのヒロインそのものでした。

    セバスチャンはピアノメンの王道ね~
    かれん
    かれんの感想・レビュー
    4日
    4.5

    このレビューはネタバレを含みます

    フランスの試写会だったから何にもわからないかと思ったけど、ミュージカルらしいわかりやすい展開と素敵な素敵な音楽に踊り出しそうなくらい楽しい時間だった。雨に唄えば、ロシュフォールの恋人、シェルブールが好きなのでそれらを彷彿とさせるこの映画は好きだし、本場のフランスではみんな楽しんでたけど、日本ではどうかなーゴズリングカッコいい!エマカワイイ!で終わるのかな
    ChikaYoshimoto
    ChikaYoshimotoの感想・レビュー
    5日
    5.0

    このレビューはネタバレを含みます

    ロシュフォールや雨に唄えばを彷彿とさせる音楽とダンスと色で、さらに妄想シーンがマンガみたいで面白かった。映像を見ているだけで楽しくて、喜びのシーン、切ないシーン、全部底からブワ〜ッてなった。
    ジャズや古い映画の雰囲気が好きな人には最高やと思う。それにしても、切ないなあ。
    HarukaInomata
    HarukaInomataの感想・レビュー
    5日
    4.5

    このレビューはネタバレを含みます

    うちがエマストーンの役に入りすぎちゃって、途中泣きすぎて本当に辛かった😭
    最後のシーンも本当に本当に良くてみてて幸せな気持ちになったし、映画としては凄いいい終わり方だったけど、私はまだエマストーンの途中の方から抜けきれなかったからひたすら泣いて終わっても号泣😭😭😭 でもすごく良かった!Jazzかっこいいし2人ともダンスかっこよかったなあ
    MACHA
    MACHAの感想・レビュー
    5日
    3.8

    このレビューはネタバレを含みます

    ハッピーでキュートでカラフルでレトロ。そんなルンルンミュージカルムービーを期待してしまっていたものだから…切なくてとても苦しい…音楽と色最高。
    木津毅TsuyoshiKizu
    木津毅TsuyoshiKizuの感想・レビュー
    8日
    3.3

    このレビューはネタバレを含みます

    誰にだって一生に一度の恋とその歌がある。

    ♪夢なんて見るもんじゃない~語る~もんじゃない~叶えるものだから~

    と気持ちよく歌えたらいいんだけど、クリエイティヴに生きることとはかくも切ないことよ。

    もちろんおもしろいし、よく出来ている……んだけど、ちょっと破綻がなさすぎるのが気になるというのは言いがかりかな。どうもデイミアン・チャゼルがいまのところ、小器用な若手監督という印象が拭えません。次作かその次辺りで、ぎゃふんと言わせてください。
    音楽や配置もよく練られているけど、なかでも美術は本当によく出来ているなーと感心しました。
    ちーちゃん
    ちーちゃんの感想・レビュー
    12日
    4.5

    このレビューはネタバレを含みます

    ステキでした!

    英語で見るの不安だったので、少しレビュー拝見してから見ました。

    本当に圧巻のOPそして、途中に抱いた切なさほろ苦さをすべて回収していくED
    なんか、こういう終わらせ方があるんだ!
    と純粋に感心してしまった。

    そして季節の移り変わりのタイトルが可愛い。
    ミアの衣装が可愛い。部屋が可愛い。表情が可愛い。なんなの!すてき!
    何度も「わ、映画みたい♡(いや映画だよ)」って心で繰り返しました。

    夜景をバックにダンスする、このフライヤーにもなってるシーンは本当に暖かくて可愛くて、ずっとこの2人でいて欲しいって願ってしまいます。

    影響されすぎ?かもしれないけど
    今まで経験した色んな苦いこと、切ないこと、嫌だったこと
    それらを否定するなんてしたくない。それが今日のわたしにつながってるから。

    でも、思い出の中だけ、自分の頭の中だけでも、この映画のEDみたいに自分で違う結末を作って夢見て、そういう思いを解放して色付けて踊らせてあげることがあってもいいんじゃないかな?って思いました。

    現実に戻った時に悲しくなんてならない、なんだろう、目の前にあろうがなかろうが脳で認識したならどっちも同じだもん。
    どっちだって正解でしかないから。
    なら、カラフルなハッピーエンドを作ってあげてもいいじゃんね♪って思いました。
    Ysk
    Yskの感想・レビュー
    13日
    4.5

    このレビューはネタバレを含みます

    あっという間の2時間。導入から最後までの音楽、色彩、画の切り取り方など素晴らしく魅入ってしまいました。
    ライアン・ゴズリングのピアノもエマ・ストーンの迫真の演技もよいです。

    ベタなストーリーのようにも思えたけど、夢と現実を一気に突きつけられるような内容に心打たれました。
    じっくり余韻を楽しみたい、そんな感じ。
    Ayax
    Ayaxの感想・レビュー
    15日
    4.0

    このレビューはネタバレを含みます

    苦いねー。苦い。
    ちょっとブルーバレンタインの苦さと似てる。
    ライアン・ゴズリングがまた似合う。
    >|