ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:126分
    監督
    デイミアン・チャゼル
    脚本
    デイミアン・チャゼル
    キャスト
    ライアン・ゴズリング
    エマ・ストーン
    J・K・シモンズ
    フィン・ウィットロック
    ローズマリー・デウィット
    ミーガン・フェイ
    ジェイソン・フックス
    ジェシカ・ロース
    ソノヤ・ミズノ
    ジョン・レジェンド
    キャリー・ヘルナンデス
    ヘムキー・マデーラ
    あらすじ
    夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功したことから二人の心はすれ違い始める……。

    「ラ・ラ・ランド」に投稿された感想・評価

    夢追い人のミアとセブ、いつしかすれ違い始めた2人の道がラストシーンで少しだけ重なった。
    ハイウェイを走っていたミアは気まぐれに下道に降りる。女優としてのキャリアも平和な家庭も持った、まさにハイウェイな人生。
    下道には、ささやかな夢を叶えたセブの小さな店がある。
    ミアを切なそうに見つめるセブの表情、かなりグッときた…
    ハッピーエンドではなかったけれど、良い終わり方だったと感じる。
    後から考えれば考えるほど、素敵だなぁと感じる作品。サントラ買っちゃった♬
    ラブアゲインの2人ってところが最高。歌も良い。ストーリーは普通。最後ハッピーエンドじゃないところが良い。
    夢追い人と友人の姿が重なった。
    情熱に影響されて周りにはいつも人が集まる。
    辛いことあって恥をかいても自分の夢を追っていく人になりたい、だけど私はやってない、できない、逃げてる?やりたいこと見つけてない。
    やりたいことを押し通すだけでなく、まずは人に認められないとという考え方もわかる。今やってるのはそれかも。

    やりたいことをやってない自分の不甲斐なさに泣いてるのか、愛してくれて受け入れてくれる存在のいない自分のさみしさに泣いてるのか、音楽と映像の美しさに泣いてるのかわからない。多分全部。

    そして恋人の夢を応援する、お互いが刺激しあって認め合う存在の大きさよ。
    でも、その人を愛するということは、夢を追うその人を認めるということは、必ずしも自分が横にいることでもない。
    2回観たのに
    やっぱり抜け出せないラ・ラ・ランド🎶
    サントラがリピートしっぱなしです😂

    1回目より笑ったし泣いたしウキウキしたし🎶
    一つ一つの言葉とか表情とか視線とか…
    観る度に新しい発見がある作品ですね!
    オープニングから惹き込まれました~🎶

    一緒に行った主人は5年後の展開がどうも納得いかない様子😅
    貫いてほしかった…と。
    でも私はハッピーエンドだと思ってます!
    最後のふたりの視線のやりとりやセブが頷いた時の表情がたまらなくせつないけど…😭
    冒頭の車のシーン、パーティーに行く前のダンスのシーンは、大好き。

    理解が足りなかったのか展開が分かりにくかったのと、オチが予想外っていうのは観る前から聞いていたからどんなもんかと思ったら、そうゆうことなのね。
    セバスチャンがセブズでピアノを弾いているシーンでのあれは思い出が美化されて蘇っているミアの記憶なのか、もしくはこうだったら良かった…というミアの空想なんだろうか。

    観ている時より、観終わった今の方が好きです、この映画。
    ダンサー最高ジリアン最高

    うんもうjazzって決まるね
    幸せになってほしい、、かった、、
    最初のダンスも可愛いけど車探すところのダンスも好き!

    狂気か勇気かはこれからわかるっていう訳?がすごいいいなって思って覚えてた。

    話の流れだけで考えると切ないのに見終わってもやっとしないのはすごいなって思った。
    パキッとした色の洋服たちが綺麗!
    「ええっ」と最後にがっくりした。それは面白い面白くないではなくて「ええーそうしたの?」という肩透かしというか、自分の勝手な期待を大きく裏切られた悔しさというか。
    そこ以外がとっても楽しくて、ウキウキして、夢がたくさん詰まっていた分勝手に期待が膨らみ過ぎたという事なのだろう。魅せ方も作り方もワクワクと観ていた分、とにかく「それ」を期待したのだけど…。あのラストに賛成か反対かで受け取り方が大きく違うかな。
    でも、映画としてはとてもいい映画だった。
    ミュージカルや恋愛ものは普段見ないけど、「セッション」が良かったので見てみました。まず出だしのシーンから凄かったです。音楽がいろいろと良くて、足でちょっとノッて見てました。ミュージカルシーンも素敵でした。映像もカラフルで綺麗でした。

    ストーリーは「痛いなぁ」と思いながら見てました。これは2人とも夢かなわないか、片方だけ叶うかな?と考えてたら2人とも叶うエンドで驚きました。ハッピーエンドだけどバッドエンドのようにも感じて、数日モヤモヤしてました。(考えた末、あれは文句なくハッピーだと思いました)

    ヒロインは女優になって結婚するけど、その相手が最初に付き合った人に似てるのが気になりました。ああいう感じがやっぱりいいのかな?

    シナリオとしてはいろいろ説明不足に感じたけど、楽しめたので良しです。
    冒頭からミュージカル全開な内容で、とてもワクワクした。
    車から全員降りて、いきなり息の合ったダンスと歌を繰り広げる。
    衣装もカラフルで、観ていて引き込まれた。

    主演2人の演技も素敵でした。
    所々である2人の歌唱シーンはうっとり聴き入ってしまいます..。
    もともとエマ・ストーンさん好きでしたが、ますますファンになりました。

    ラストまさか2人が別れて別々の道を歩むとは思いませんでした。
    最後にはまた巡り会ってくれるかな?と少し期待していましたが、切なすぎました...。
    エマが店を出て行く時のライアンの顔...忘れられません。
    >|