ラ・ラ・ランドのネタバレレビュー・内容・結末

ラ・ラ・ランド2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:

上映時間:126分

4.0

あらすじ

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功…

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功したことから二人の心はすれ違い始める……。

「ラ・ラ・ランド」に投稿されたネタバレ・内容・結末

ラストがまさかのバットエンド
挿入歌がすごく良かった。
話の内容が薄かったかなと思った。
映像がほんと綺麗。
最初の道路でみんなが踊るところだけでも何回も観れる。
恋愛の部分のストーリーとしては、なんか、現実味があって人生こんなもんだよなーとか思った。

配色とか原色を使ってる感じがとにかく綺麗。
あと、これどうやって撮ったんだろみたいなのがあって、これは大きい画面で見るべき。作品だと思う。
初めは楽しそうな恋愛映画と思い見始めましたが、最後の方で畳み掛けるようなストーリー展開が素晴らしく、男性が最後にピアノを弾き、もし女性とお互いの夢も叶えつつ結婚したり、子供が居たりしたらどういう人生を歩んでいたのか考えるシーンに涙が止まりませんでした(>_<)
とにかく曲がいい。映画を観てサントラで余韻に浸ってまた映画を観て、のエンドレス。ミアはセブと離れて成功して幸せな人生を歩んでいるのに対し、セブも夢を掴んだように見えるが、独身の様だし自分よりも上手い演奏者を雇っていたり店名にミアの提案した“セブズ”を使っていたりとミアの成功には及ばないし未練タラタラです。最後の演奏シーンの表情が切な過ぎる。劇中に同じ曲が繰り返し使われているところや最初のハイウェイシーンの歌詞などにも現れている。
初見時は予告編とのあまりのギャップやほろ苦さにとまどいの方が強くそこまでハマらなかったものの、サントラを聴き、歌詞の意味を吟味し、2度目の鑑賞で完全に主演の2人に心を奪われてしまい、以来大好きで大切な作品となってしまいました。

スマホで映画が観れる時代に映画館で観る作品を撮りたいという監督の思い通り、本当に全編にわたって色彩豊かで夢のような世界が広がっている。音楽はミュージカル映画にしては少なめに感じる部分もありますが、この映画の場合は、無闇に本筋と関係ない歌やダンスシーンがあるのではなく、「恋をすれば歌わずにはいられない」「天に昇ってダンスをせざるをえない」という演出や演技の延長上にあり、そこがまたいい!

ラストのミアのオーデイションシーンは鳥肌ものですが、その後のエンディングが更に素晴らしい。誰もが感じる、あの時こうしてれば?という苦く切ない思いを音楽に乗せる9分間のエンディング、誰もが自分の人生と重ね合わせてしまうのではないでしょうか。
また、エンディング後も2人の主人公がしっかりと前を向いて歩いており、人生は続くということを暗示させる、優しい、最後の最後の数秒のエンディング。
「夢を、見ていた」という日本版のキャッチコピーにふさわしく、2時間強、まるで夢を見ていたかのような幸福な映画体験でした。

天才と賞賛される若きデミアン・チャゼル監督、この一作だけで完全に降伏します。ありがとう、デミアン・チャゼル監督。
ご縁があり梅田のアバック座(レンタルプライベートシアター)にて鑑賞。

すっっっごい好きな作品だ〜〜😂😂💓
とにかく曲が頭に残ってしょうがない。
何度でも頭の中に鳴り響いちゃう〜〜!!!

服装も撮りかたもカラフルですごく可愛い。(宣伝のせいで)見たことあるシーンが多かったけど良かったなあ、、、
ルームメイトと出かける前のシーンがカラフルですっごくかわいいし最初の車のシーンもいいけど(中指立てるエマがすきw)やっぱりあの沈むとこ?朝焼け?みたいなシーンが好きだなあ、、、
タップダンスがほんとに好きで履き替えるところわくわくした〜〜!!!!

あとグリニッジ天文台行ったことあるから撮影してて感動した😂😂😂
あの覗き込む振り子見たよ〜〜😂😂😂

楽しいシーンがたくさんあるんだけどやっぱりつらい、、、別れるシーンよりも視線が混じり合うところが辛すぎる、、、優しい視線…
ミュージカル向いてないのかも。出会い、ラブラブ、すれ違い、別れ、切ない再会のよくある恋愛物語ミュージカル仕立て。
良かったのは、オーディションで女優の叔母さんの話しを歌ったところ。
あと衣装がとっても素敵✨
映画館で観た方が、良かったのかなー
どうかなーっていうところ。

期待してた作品の分、ちょっと惜しかったような。
でも、ミュージカル映画らしい部分と映画作品の部分との調和が少し微妙なところだった。

冒頭からいきなりミュージカル感をフルで出してきたので、完全ミュージカルかと思えば、ジャズのライブやピアノ演奏も出てくるので、少し戸惑いも生んだ気がしたのかもしれない。

脚本としては、途中若干だらついた感があった気がしたが、最後は
セッションがあまり自分には向いてなかったので、こちらを見るのかなり構えてたんですけど漸く見ました。

音楽いいですね!ミュージカル映画って言うにはちょっと物足りないですけど…。
あのラストは私にはじゅうぶんハッピーエンドでした。
『こうなればよかったのに』っていうのは、実際そうならなかったから今より都合のいい想像をする訳で、中盤のやりとりを見てるとあの二人が仮にあのまま一緒になったとしても長くは続かないだろうなあって感じがしたので…。
私はミアよりセブのほうに感情移入してしまいました。
ラストのライアン・ゴズリングの微笑がとてもよかった〜!よかった…。
冒頭の高速道路での群舞からメインタイトルが出る流れだけで思わず拍手しそうになりました。
グリフィス天文台前での街灯に掴まって踊り始めるシーンやネオンサインが次々重なるといった大好きなミュージカル「雨に唄えば」に影響受けてるであろうシーンはもちろん、どこのシーンも良い意味でこれまでの様々なミュージカルの影響が見えて実に楽しい映画でした。
ストーリーはセブとミアがなぜ惹かれ続けるのかが少し分かりにくい印象がありましたが、ミュージカルで120分強の上映時間にまとめる限界がそこにはあったかなぁ…という気はしました。
ラスト20分、僕も号泣でした。
あの「訪れなかった未来」が冒頭の明るいインストで展開していくシーンは近年のミュージカルでも突出して好きなシーンになりました。
人生はきっと、その「訪れなかった未来」に支えられている。だからセブとミアが出会った頃のお互いの夢は叶えられたのに切ない。
それはきっとスクリーンのこちら側でも同じで、だからこそ生きることや人を好きになることは切なくも美しいのだと改めて思いました。
>|