ラ・ラ・ランドのネタバレレビュー・内容・結末

ラ・ラ・ランド2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:

上映時間:126分

4.0

あらすじ

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功…

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功したことから二人の心はすれ違い始める……。

「ラ・ラ・ランド」に投稿されたネタバレ・内容・結末

夢を追う2人が恋に落ちるも、
夢のために一緒にいることを諦め、
そのお陰でお互い夢を叶えることができるも、代償として愛し合っていたのに結果、一生結ばれない運命を辿ってしまうストーリー。

ストーリーとしては王道で、
あまり捻りはないけど、
音楽、ダンス、衣装、映像の見せ方。
そしてラスト10分のただのハッピーエンドで終わらせない感じが好感。

もしあの時こうしていれば、こんな人生もあったのではと出会いのシーンから遡る切ラストシーンは、とても切なくて涙がでてきた。

でもきっと何かを得るためには
大事な何かを捨てなければ叶えられないこともあるということを改めて教えてくれた映画。
この作品は賛否両論あるって聞いて見てなかったんだよね。基本的にミュージカルものは好きなんだけど、私にはちょっとあんまりだったかな。主人公2人いけてないのと、物語も少し退屈だった。
それぞれ女優、Jazピアニストを目指している卵だった頃に出会い夢を叶えるために別れる。お互いに夢が叶った後に再開するけど、それぞれ別々の道へ進んで行く話。映画の演出は凄く凝ってるとは思ったけど、SF要素が強くて映画館で観れば感動したかもね。
よかった!!!!!!
でもいかんせん、期待しすぎたのと、ラストは絶対ハッピーエンドと思い込んでたもので見終わったあと切なすぎた。
やっぱりミュージカルはハッピー!な感じがいいな..。
でも、歌もダンスも素敵だし、主演ふたりが素敵!!
視聴後、すぐにサントラをiTunesにダウンロードしてしまうくらいにはのめりこんだ。
ミュージカル映画としては半端な気はする。
夢追い人の不安とそれを覆い隠すための自信。なければ夢を実現できなかったであろう人間関係。だがその関係は必ずしも続くわけではない。なぜだろう。
支え合うことのできる人が欲しくなるね。

冒頭のシーンは楽しめたしラストもきれいにまとめたなとは思う。ライアン・ゴズリングの表情が素敵。
最初から最後までテンポの良い素敵な作品。

ミュージカル物は得意でないと感じていたのだけど、そんなことなかった、映画を観ながら踊り出してしまいたくなるような、そんな気持ちの良い音が散りばめられている。

セブはそんなに女慣れしてないのか!?と思うような女性への失言はどうなの?
優越感に浸るため?なんだよそれー、そんなわけないじゃんか。

ミアも女優を本気で目指してるなら100回くらいオーデイション落ちたくらいでめげんなよ!!!
ほんまもんのプロだってオーデイション数十回落ちるんだぞ!

とか色々感じながら、
ちょっとイライラしながら、
勝手に出てくる涙をぬぐいながら、

とても気持ち良く観させて頂いた。

素敵な映画だなあ...
また時間をおいて改めて観たいと思う。
すばらしい映画、音楽が本当にいい。
ただの恋愛映画だと思って見たら大間違いで、最近失恋したばかりの人が見ると上映後再起不能になるくらい最後の五分間はエグい展開になるから、一リットルは上映中に泣く覚悟で見た方がいい。特に男性はもう絶対に耐えられないラスト。
HAPPY ENDじゃないのしんどい…

ミュージカルが好きなので主人公の服と季節と絵が素晴らしかったです!
明るい曲がとても刺さる。
切なくて途中から胸が小さくズキズキくるなぁ。

映画として幸せを思うと
ああしてれば、まだ間に合う、2人が一緒なら幸せになれると思うけど、そうはいかない。

運命のような出会いだけどお互いがお互いの夢、人生を歩んでるんだなぁと。

夢を追う大人だなぁと。
カッコよく、大人だわ。
セッションのデイミアン チャゼル監督で好きになり、鑑賞

音楽が素敵!ポップな色使いがオシャレ!
高速での歌とダンスがいい!

ミュージガルはこれまで苦手だったけど、すごく良かった

特に最期のもしもの場面がすごく切なかった
J K シモンズの笑顔で、涙した

映画館で観てはまって、DVDまで購入してしまった
レイトショー
予約した!

オープニングよかった!
ずっとあんな感じなら楽しめたな。
最後切なかったよ。
曲がはなれない!
>|