ラ・ラ・ランドのネタバレレビュー・内容・結末

ラ・ラ・ランド2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:

上映時間:126分

4.0

あらすじ

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功…

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功したことから二人の心はすれ違い始める……。

「ラ・ラ・ランド」に投稿されたネタバレ・内容・結末

久しぶりのミュージカル映画でワクワクして行ったが、

ハッピーエンドが好きな私は、心の中がムヤムヤした状態になった。

でも劇中での歌はずっと耳に残り、いつも口ずさんでいました。演出やエマストーンの可愛さにはアカデミーものです。

でも、ラストシーンの終わり方が~。。。
好きな映画ベスト3に入る映画。
ミュージカル映画はもともと好きなので、最初から引き込まれた。
衣装もダンスも音楽も全てが最高でした。
最後の仕掛けに涙が止まらなかった。
人生って何が起こるか分からないし、どの選択をするのかが正解かも分からない。
違った選択を想像してしまう。
夢を実現することの難しさなど色々と考えさせられた。
1回目に観たときは期待しすぎたせいかスコアを4にしていたけど、2回目に観てやっとこの映画の良さがわかった。そのままブルーレイコレクターズエディションを買った。

1回目は言い争ってばかりで自分勝手な二人だと感じたけど、2回目ではお互いの夢を一番に考えていたことを理解できた。夢を諦めかけたときに救ったのはお互いで、苦しいときを一緒に乗り越えてきた。でもそれと同時に、すれ違いお互いに傷つけあった。

ずっと愛していると言ったのは本心だろうけど、別々の道を歩んでいる間にもう戻れないことはわかっていたはず。

ラストは悲しさだけが残って嫌だったけど、2回目以降に観たら最高だと思った。二人の最初のSUMMERを思い出すと切なくなるけど。
20歳一本目の映画。大正解

実写にCGを組み込んだ映像、
ロマンチックでミュージカル的な音楽、
こういう幻想的な演出の映画を最近めっちゃ見たい
City Of StarsとAnother Day Of Sun良い歌詞

色んな人と話したけど、描かれていない5年と二人の関係性の解釈は結構人によりけりだったな…
別れても友達であってほしかったな…
思っていたエンドじゃなかったのがまた、この映画の魅力だと思う。
キラキラとほろ苦い感じ。
映像もストーリーも演者もすべてが、その瞬間瞬間で輝いている作品だった。
結末を知った上でもう一度観たいと思う作品。
ずっとポップで楽しい雰囲気。でも最後は切ない。

女優を目指すミアと、ジャズバーを開きたいと思ってるセバスチャンの恋の話。
生きていくのにはお金がいると、好きではないバンドをするセバスチャンと、
お金がなくても夢を追いたいと自分の書いた脚本で舞台をやるミア。
同居するも忙しくどんどんすれ違って、、、
お互い愛し合っていたからこそ一緒にはいられなかったふたりの物語。

人生とはこういうことなんだなぁと切なくなってしまった。

曲がすごくよくて、今年一番といってもおかしくないほどの衝撃がある作品でした。
評価の分かれる『ラ・ラ・ランド』、私は見事にハマりました。
「ライアンが歌っている!」と公開2か月前からサントラを聴き楽しみにしていて、
公開初日から3日連続観に行きました。(そして3度とも号泣する怪しい客。泣きすぎて目が腫れた…)
自分も楽器やお芝居をやったことがあり(中高の部活動ですが)、役者やミュージシャンの葛藤を描いた話には弱いのです…
「夢を見ている過程」を描くために、(あとはLAらしさを出すために?)日常を描いている割に非現実的なところがあるので、そういうのが気になる人はダメかと。

「舞台」ミュージカルの映画化ではなく映画オリジナルのミュージカル。
舞台の迫力を期待すると肩すかしを食らいます。
その代わり、雑踏、ざわめき、スピーカーから流れる音、バーで流れる音楽や部屋で流れるレコードの音、すべての音をひっくるめて「ミュージカル」になっている、珍しい作品です。
(だからか、歌は極端に少ない。)
車のクラクションの意味も季節ごとに変化があり、2回目以降の鑑賞では
「セブ、なんていい彼氏なの!」と笑ったり泣いたり。

音楽に関しては
「同じモチーフなのに、編曲、曲調でこうも変わるのか、映画音楽作る人スゴい!」
と思いました。

個人的にはエマよりライアンの方が熱演だったと思うのですが…(最後の最後の表情とか。編集上あそこでカットする監督も凄い。)
エマ・ストーンがオスカーを受賞したのは、歌やダンスの効果だけでなく、
「恋や夢を追うのに疲れた可愛くないミア」
をあの可愛いエマが演じきったからだと思っています。
2回目
最後のIFのシーンに救われてる🙏🏻
あんなぽっと出の知らん男と結婚して終わりだったら叫んでたから良かった…

まるでセブ×ミアfanの二次創作ムービーってくらい満足させられる数分間。

彼と一緒になるには沢山のターニングポイントでの選択がズレすぎていたのね。でもこれを理解し上手く飲み込める人は半分程度だと思う😭部外者にはただつらい…

それよか夢追い人って素敵な翻訳、大好きな詩です。
春夏秋冬(物語は冬からスタート)のそれぞれの季節を起承転結で表してる。
映画を見てる時は色々思ってたけど、青春だなーって。この一言につきるかな。曲がいい
想い出の曲は2人の夢を叶えてくれる。
でも、曲が終われば夢も終わってまた現実と向き合うしかない。
叶えた夢と夢の終わりの映画ですな。
>|