巴里のアメリカ人の作品情報・感想・評価

「巴里のアメリカ人」に投稿された感想・評価

Masa

Masaの感想・評価

3.9
ミュージカル素晴らしい。

何て言うか、感情的で喜びも悲しみも表現する崇高な芸術。

ジーンケリーの表情、動き全てが素晴らしい。
リズとの情事も美しい。
ラストのダンスシーンは屈指の完成度。
YO

YOの感想・評価

4.5
ララランドのラストシーンは絶対に影響を受けたであろうジーン・ケリーの壮大なラストは何度も見ているほど最高なアート・エンターテインメント。またストリートからの叩き上げのジーン・ケリーのパワフルかつ独創的なダンスやロマンスを堪能できる素晴らしい映画。もしララランドが気に入ったら、こちらも見て欲しい。
Saki

Sakiの感想・評価

4.0
レスリー、観たことある!どこで観た!ってだいぶ悩んだけど『Gigi』やな!!ちょっと見え方が違うな~。私は『Gigi』派😅

ラストのダンスが圧巻なのは勿論だけれど……。アンリ役のジョルジュ・ゲタリとジェリー役のジーン・ケリーが見せるナンバーの数々が本当に本当に素晴らしいです!!2人が歌い踊る、カフェでのシーン……。顔を寄せ合って歌う場面がいくつかあるんだけど、その表情よ!!心がほんわか温かくなる笑顔……💓 そして心から楽しそうなの!あぁ素敵……💓

この作品は全体を通して、「うわ、いいなぁ!」って思っちゃうシーンが多かった。リズがどんな人かっていう説明のダンスの入りがめっちゃ好きだったな。鏡に映ったアンリとアダムから、その鏡に映るのがリズにすり変わるの!
ジェリーが子供たちに囲まれて英語を教えたりタップを教えたりしてるシーンも凄く可愛らしくて大好き!

ラストのダンスシーンにはあえて触れず、その後に戻ってきたアンリとリズについて。いやぁ、あのアンリの表情!!良い顔してんのよ!!リズの幸せを心から願う笑顔……。尊い……。二人の車の中でのやりとりは一切ないけれど、想像できちゃう。こういう、観客に自由に想像させてくれる映画、いい!!
ぺ

ぺの感想・評価

3.8
ラスト20分のダンスシーンが素晴らしすぎて見終わってすぐリピート。
ストーリー事態は特に面白く無いけどミュージカル部分の熱量でお腹いっぱにさせてくれる。タップダンスをちょっとやってみたい。
n

nの感想・評価

3.5
フランスを感じさせるカフェや街角で挨拶を交わすシーンから始まる。ロシュフォールの恋人たちでは、異国人としてでもそうだが、彼のスマイルは見ているだけで幸せになる。巴里のアメリカ人でも、素敵な笑顔を終始見せてくれる。とてもハッピーで楽しい映画。
アンズ

アンズの感想・評価

2.5
かわいいシーンいっぱいあるけど、ダンス回想シーン長いよね〜〜〜
まっ、この時代の作品みんなそうだけど
だりあ

だりあの感想・評価

3.7
ジーン・ケリーのミュージカル映画。

売れない画家というキャラの割にガタイが
良いのが違和感を感じる(笑)。
「時代が僕に追いつかないと」

アカデミー賞作品、流石に…
戦争の影が残る時代背景に絵の中での
ダンスシーン、見所は数多い。
何度見てもジーン・ケリーの神業に心奪われる。話は暗く、むしろ嫌な話に取って付けた結末なのだが、それがなんなの?というミネリ組の美学炸裂作品。『バンドワゴン』もそうだが、ラストに組み込まれたダンスシーンの見事さは再現不可能。特に子供の前で道化けてみせるシーン、ドレスコード白黒のパーティーと、絵の中に入る美術は文句なし。ただやってるとつい見ちゃって二時間が消滅してしまうので罪作りではある。
eri

eriの感想・評価

4.5
ジーンケリーの天才っぷりが際立つ作品。ラストはミュージカル映画史に残る名シーンだと思ってる。
Qちゃん

Qちゃんの感想・評価

3.3
モダンバレエの要素を入れたのか、想像してたよりはダンスがスノビーで、他のミュージカル作品ほど大好きというわけではない作品。ヘプバーンのパリの恋人もだけど、パリのダンスというと、モダンバレエのイメージがあるんだろうか。。パリの街並みは相変わらず素晴らしい!
>|