巴里のアメリカ人の作品情報・感想・評価

「巴里のアメリカ人」に投稿された感想・評価

やっぱりミュージカル映画は観てて楽しい♪
好きな音楽のオンパレード!
みっき

みっきの感想・評価

3.3
1951年アメリカ映画。ジーン・ケリーとレスリー・キャロンの恋物語を描くミュージカル映画。ルソー、ルノワール、ロートレック等の名画をバックに美しい衣装で登場し、ジョージ・ガーシュインの「パリのアメリカ人」に合わせて踊るクライマックスは必見。

ジーン・ケリー繋がりで見たこの作品。
最後の18分間のダンスシーンは圧巻でしたね〜
たのしいミュージカル、モンマルトルの画家たくさんいる広場とかセーヌ川とかおさんぽしてジャズ喫茶に立ち寄りたくなる
私に夢を与えてくれたはじめての映画です。
終盤はダンスシーンが多く、ミュージカル映画が苦手な人は少し見づらいと感じるかもしれません。
ですが、今はもう見ることのできないジーン・ケリーのダンスシーンだけで見る価値ありな一作です。

もしあなたが平凡な毎日に飽き飽きしているなら、是非見ることをお勧めします。
きっと勇気と夢をもらえますよ。
HiroEire

HiroEireの感想・評価

3.5
ジーン・ケリーの創り出すエンターテイメントを存分に味わえる映画。彼の映画を観る度、あぁこんなユニークな男になりたいって思ってしまう。

ラストシーンに言及されている方が沢山いらっしゃるけれど、僕は冒頭の寝起きのシーンをお勧めします。彼の無駄のないスムーズな動きが堪らなく素敵です。

真面目に内容に触れると、男も女も勝手な映画。
Hommy

Hommyの感想・評価

-
「雨に唄えば」同様、ジーンケリーのタップダンスかっこいい!
冒頭のスーパーキュートな原色ダンスや陽が落ちてからのペアでのタップはララランドにまんま引き継がれたわけですな!笑
はなしはパリを舞台にした三角関係。ミュージカルなんで、やっぱりダンスシーンが凄い。エンディングの妄想シーンは特に。ララランドでは結末異なるけど、最後の妄想シーンはこのオマージュがやりたかったから挿入したのかな?っていうくらいだったね。笑笑
Nashi

Nashiの感想・評価

4.0
I got rhythmやるならやっぱりタップじゃないとね!
IO

IOの感想・評価

3.7
やっぱりこの時代のミュージカル映画はいい!ジーンケリーのダンス見てるだけで幸せな気分になれる🎶
KaoriPku

KaoriPkuの感想・評価

4.0
雨に唄えばみたら興に乗って
こちらもまた。
ジーンケリーのステップすごいよー。
これはまた3月OSKの舞台の
復習のような。
やっぱりアンリが気の毒。
ぬる

ぬるの感想・評価

2.5
服装、背景の色や柄の使い方がおしゃれで素敵。

物語や登場人物にはそこまで魅力を感じなかったけど、踊っているリズはかわいかった。ダンス、音楽のみのシーンが長過ぎて退屈してきてしまった。
>|