ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:126分
    監督
    デイミアン・チャゼル
    脚本
    デイミアン・チャゼル
    キャスト
    ライアン・ゴズリング
    エマ・ストーン
    J・K・シモンズ
    フィン・ウィットロック
    ローズマリー・デウィット
    ミーガン・フェイ
    ジェイソン・フックス
    ジェシカ・ロース
    ソノヤ・ミズノ
    ジョン・レジェンド
    キャリー・ヘルナンデス
    ヘムキー・マデーラ
    あらすじ
    夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功したことから二人の心はすれ違い始める……。

    「ラ・ラ・ランド」に投稿された感想・レビュー

    はる
    はるの感想・レビュー
    5分
    -
    彼がアステアシューズを1度(多分)だけ
    履き替えたワケが気になって気になって…

    どなたか訳知りのかたがおみえでしたら
    おしえてください。

    アトモスで観れて良かった。
    あと
    鞭打つ人のにこやかな笑顔も…
    ryutalos
    ryutalosの感想・レビュー
    6分
    4.2
    昔から「夢」の話は苦手だ。
    当たり前だが、その夢の重さ、デカさを2時間やそこらで描くというのは無理がある。
    「夢を諦められない!」なんて涙声で言われても冷めるし、そもそも応援しづらい。
    そこで、何かしらの手法に頼らなければならないわけだ。

    ヒーロー映画だったら一度破れた敵に立ち向かうための修行編、ハートフルドラマだったら失った家族愛を取り戻すための何かしらの機会、、、
    「挫折」を乗り越える「努力」を描くのはもはや型になっている。

    ララランドの場合、セブはメジャーで自分のやりたくない音楽を演らされる天才ピアニスト、ミアは不運な女優の卵だったわけだが、彼らの夢への障壁が「金」と「運」て。

    は???

    才能は持ってるベースですか、そうですか。

    全てがその型通りになるべきというわけではないが、この映画は「挫折」があまりに弱い。
    というより、主人公の努力が見えない、初めから努力させる必要がない、という設定のせいで、肝心の「夢」が矮小でチープな装置になってしまっている。

    甘いわ、そんな簡単に成功するかハゲ。

    これは多くの「夢追い人」だった大人にとって納得のいかなかった点なのではないか。
    おそらくこの映画の評価が低い人は、もっとシビアで非情な現実を知っているがために、この嘘の現実に耐えられないのだろう。

    ミュージカル映画にしたことで、恋愛の掘り下げもさほどできず、
    自分の好きなことをやる夢、
    好きな人と一緒になって家庭を持ってという夢、
    良くも悪くも、欲張りすぎてどちらも中途半端になってしまった。
    それをララランド、という架空の、理想郷を作り上げることで煙に巻く、というのがずるい気もするけどそれもあっての不思議な高揚感なのは間違いない。

    とはいえ、映画としてはとても素敵で最高で、好きなシーンがいっぱい。
    一番好きなのは、
    冒頭ミアがパーティーに出かけるシーン。
    4人の女の子が4色の原色のワンピースを翻がえしダンスするシーンは、やっぱ映画ってええなー!ってなってウルっとした。
    その後の「うぉー!いい男とコネ見つけたるんやー!」って走って行くのも自然で良い。
    マジックアワーを背景に丘でダンスするシーンは、ディズニー的で言わずもがな素敵だし、色んなシーンで使われるスタビでワンカットで追い回すカメラワークも気持ちいい。

    ファッションが最高だね、オールディーズというか、古めかしいファッションが新しくて超可愛い。
    エマストーンはちょっとアップがきついけど、カメラ引いたときの存在感はさすがでグッとくる。

    メインテーマはやっぱめっちゃテンション上がるし、音楽もすごく良かった。
    黒人のジャズかっこいい。
    けど、繰り返し披露されるピアノの曲と、「スターの街」はあまり好きじゃなかったなあ。
    全然良くない。

    そういうのもあって、見終わったあとに持った「まとまりに欠ける、完璧でない映画」という感想は間違っていなかったけど、それがこの映画の魅力でもある。
    完璧ではないのが人生ではないか、映画の中の話はおとぎ話だよ、と。
    そんなわけで、私たちは現実と夢の世界を行ったりきたりさせられるわけである。
    大作でありながら、手作りの自主映画のような感覚を覚えるのは、その箱庭的世界観だけではなく、アナログな手法にこだわった「懐古」主義によるものなのだ。

    理想郷からの現実。
    あのラストはなんとも味わい深い。
    あの結末のおかげで、私たちはあの世界観の虜になり、映画館を後にしたあと夢の世界に思いを馳せ、お風呂の中でこの映画への愛着を高めていくのだ。
    デイミアンチャゼル恐るべし。
    Mebaie
    Mebaieの感想・レビュー
    12分
    3.5
    残念すぎ!!!!!
    なんで?!なんでこうなった?!
    ストーリーってか主人公たちの努力が中途半端に見えてしまった。なぜかっていうと恐らく女優、店経営の夢が叶ってなくても充分楽しそうにしてるように見えたから。
    だからこそケンカの場面は、やっと来たかって感じだった。割に激しくなかったけどなぁ。
    最後の方は、結局話についていけず、意味わからん!って終わった(笑)

    主役2人が人気の人で、歌も楽しい感じで楽しかったです
    RihoTakashima
    RihoTakashimaの感想・レビュー
    57分
    3.6
    古き良きアメリカな雰囲気を出しながら、ケータイはスマホだったりすることにもこの映画においては意味がある。(多分
    細部までとことん懐かしく、綺麗な映像が印象的。
    oht
    ohtの感想・レビュー
    1時間
    4.0
    夢のようなお話、こんな恋愛したい!綺麗な画、素敵な音楽に包まれて夢見心地でした。
    ラーメン
    ラーメンの感想・レビュー
    1時間
    4.3
    (公開初日の鑑賞)
    夢見心地とはこのことか。
    ライアン・ゴズリングのピアノが、全編吹き替えなしという事実にただただ驚嘆。

    劇場で目にする「本予告」には致命的なネタバレが含まれていると思うんですが…。下記「オリジナルmusicPV」にはそれがありませんのでご安心を。
    https://youtu.be/uQ7aNUxvDv8

    本作の試写会場に仕事仲間を迎えに行った際、冷めやらぬ興奮とともに話す感想が、ラストのシーンっぽかった。
    「それ、ネタバレじゃないの…?」とドキドキしたのですが、やはり、思いっ!きりネタバレでした。
    (ㆆ_ㆆ)チーン…
    映画はロマン
    映画はロマンの感想・レビュー
    1時間
    4.0
    忙しいすぎてレビュー
    ほっちっち状態/(ToT)\

    やっと時間が合って観れました。!うん、冒頭シーンから素晴らしかった!
    柄物なく単色で作られる色とりどりの車や洋服の映像のまとまり、配色センスに魅力されました。!

    セバスチャンとミア、2人の心の変化や環境の変化を四季を通して描かれてたのも観やすかったです\( ˆoˆ )/!

    ファーストキスまでのじれったさも好き。

    個人的に印象に残ってるのは、やっぱりラストのセバスチャンのピアノ演奏。名シーンでしょ。!
    観た後より、こうしてレビュー書いてる今の方がグッとくるものがある。ジワジワ系。←
    ピアノの音色が伝えた空想は切なさで胸がいっぱいになる。

    ミュージカル感も濃すぎずコメディな演出もあるのでオススメ。ぜひ。!

    そしてサントラに浸る。←今ココ
    こっとん
    こっとんの感想・レビュー
    1時間
    3.2
    日常は音楽で彩るなぁ〜なんでもない風景もドラマチックに感じるし
    過去の選択について思い返すことはあるけどどれも最善だったと思いたいね
    あ
    の感想・レビュー
    1時間
    3.2
    個人的には少し期待はずれだった。
    1つ1つのシーンはお洒落で
    センスがあって良かったが、
    ストーリー性は内容薄く感じた。
    KENTADOMAE
    KENTADOMAEの感想・レビュー
    1時間
    4.0
    音楽が素敵。
    ライアン・ゴズリングとエマストーンの息がぴったり。
    2人の空気感と音楽がより世界を夢中にさせる。
    >|