カフェ・ソサエティの作品情報・感想・評価・動画配信

カフェ・ソサエティ2016年製作の映画)

Café Society

上映日:2017年05月05日

製作国:

上映時間:96分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「カフェ・ソサエティ」に投稿された感想・評価

こまち

こまちの感想・評価

4.0
ウディ・アレンの皮肉なロマンス良い、、、
現実なら大変ドロドロした色恋沙汰であろうものも、ジャズとレトロチックな美しい映像でお洒落な雰囲気に変えてしまう。
こんなにオシャンなのに、ところどころというかストーリー自体滑稽なギャップがいい。

キャストもエージェントウルトラと同じ、ジェシー•アイゼンバーグとクリステン•スチュワート!個人的にめちゃ嬉しい共演。

ひとりの男と二人のヴェロニカ、というよりは、お互いに結局心のどこかに残り続けるのはあの人だけ…みたいな感じ。

落ち着く音楽とエンディングの余韻の相性が良すぎて、エンドロールに永遠に浸れそう。
麗

麗の感想・評価

3.8
この監督の作品は映像は物凄く綺麗なのにストーリーがつまらなすぎてリタイアしがちだったけど、今回は最後まで観れた。
たぶん美しい女優さんたちとおしゃれな挿入歌のおかげ。軽快なジャズ良すぎた。
MariaElena

MariaElenaの感想・評価

2.8
二度目の鑑賞。
今度こそちゃんと観ようと思ったのに、やっぱり退屈…🥱
ウディアレンがもともと自分に合ってないのもあるけど、雰囲気はオシャレやのに好きになれへんの悔しいなぁ。
インテリアとかも可愛い!きれい!
カフェのスクリーンで無音で流しておく作品としていいかも☕️✧︎

クリステンスチュワートがメインで、ブレイクライヴリーはちょっとしか出てこんからそこだけ注意⚠️
選ばなかった方に思いを馳せる話 年々そういうことしなくなったな
Chihiro

Chihiroの感想・評価

3.4
夢は夢。

どうしても忘れられない人っていますよね。
無意識でも夢に出てきたり。

映像も、シーンの切り替えもなんともウディアレンらしいお洒落な感じで楽しかった!
リズミカルでドラマチックな背景と音楽、映像。

なんとも切なくて、お互いに幸せだけどきっとこの先もずっと愛し続けるのだろう。
一緒にならなかったからこそ。

夢に見てしまって、それに意味を感じてしまうボビーの妻もきっと何かを察しているのだろう。

ラストも切なくて、だけど暗くなりすぎずな感じでした。
個人的にはもう一回観たい👏とはならなかったけど、面白かったです。
どちらか片方だけが幸せで、ではなくて、お互いに別の人と結婚して充実しててよかった!
2021年 319本目
相変わらずお洒落なウディ•アレン作品
鮮やかな色彩とムーディーな音楽♪
この独特な雰囲気はさすが✨✨

2人の女性と1人の男性のラブストーリー
ヴェロニカ2人とも綺麗すぎる〜
普通に考えたらドロドロの修羅場に
なりそうな展開もウディ•アレンの手
にかかればこんなサラサラに
なっちゃうんですね😂笑

ちょっと切ない余韻を残す
ラストの終わり方もとても好き💕
トン

トンの感想・評価

2.7
素人が何を言うって感じだけど、主演2人(特に女性)のキャスティングが何か違う気がして集中できなかった。演技の問題じゃなくて、もっと合ってる俳優がいた気がしてならない。たぶんクリステンスチュアートの女の子すぎる格好に見慣れてないだけだと思う。
でもレビューに同じ事を書いてる人がいないじゃないかw
1930年代。ニューヨークに暮らす青年ボビー(ジェシー・アイゼンバーグ)は、刺激にあふれた人生を送りたいと願いハリウッドに向かう。
そして彼は、映画業界のエージェントとして大成功を収めた叔父フィルのもとで働く。
やがてボビーは、叔父の秘書を務める美女ヴォニー(クリステン・スチュワート)のとりこになる。
ひょんなことから彼女と距離を縮められて有頂天になり、結婚まで考えるようになるボビー。
しかし、彼女にはひそかに付き合っている男性がいて……。


映像も音楽もロマンチックで素敵でした。
朝焼けに染まるセントラルパークでワインを飲み交わしながら過ごす時間はあまりもキラキラしていて、眩しかった…🍷🌃✨


「あのとき違う選択をしていたら…」とふと思うことは誰にでもあるけれど、叶わなかった恋だからこそ美しく輝いて見えるものなんでしょうね。
夢は、夢のままにしておくのが正しい選択なのかもしれないと思いました。


こういうお話は嫌いではないけれど、内容的にはちょっと浅いかな。
そもそも、ポスター画に「ひとりの男とふたりのヴェロニカ」などと書かれているけれど、ほぼ「ひとりの男とひとりのヴェロニカ」のお話です。
てっきり「同じ名前のふたりの女性と、ひとりの男の三角関係モノ」だと思っていましたが、どうやら勘違いだったらしい。


未練がましいボビーにも、優柔不断なヴォニーにも、どちらにもひとつも感情移入できず、ラストも「そりゃそうでしょw」としかなりませんでした。
もっと言うなら、シンデレラガール&アメリカンドリーマーのまま人生終わってほしくない。
べりす

べりすの感想・評価

3.3
✿1600レビュー✿

大人の恋愛だと思った。
これを10代のときに見てたらモヤモヤしたかもww

ヴェロニカが二人出てくるので①ヴェロニカと②ヴェロニカに分けてレビューw

①ヴェロニカを好きになって、他に好きな人がいたことを聞かされるけど婚約してうまく行くかと思いきや…なところがね。

②ヴェロニカはとてもいい人だし、でもキープ感漂う。

②ヴェロニカと結婚したけど②は家族だけど、②はいい人だけど、
結局は①ヴェロニカと結婚できなかったからもあるし、結婚したとて①が一番好きで、生涯忘れられないのは①なんだよなぁ…

こういうの身近で聞いて
なんや!結婚ってなんだ!
と思ったけど意外と多いっぽくて、この映画見てあーもうほんとに昔から「よくある人生」なのかなって納得しちゃった。
だからこそ10代に見なくてよかった。
そして私は結婚なんて望まないから、②のような存在として結婚したくはないから、だから①のようにちゃんと一番に思ってもらえる人と出会いたいと思いましたww
み

みの感想・評価

3.7
当時の時代背景気になる。淡々と進む感じ嫌いじゃない!随所がお洒落で素敵!台詞も!
>|

あなたにおすすめの記事