カフェ・ソサエティの作品情報・感想・評価

カフェ・ソサエティ2016年製作の映画)

Café Society

上映日:2017年05月05日

製作国:

上映時間:96分

3.7

あらすじ

もっと刺激的で、胸のときめく人生を送りたい。漠然とそんな願望を抱いたニューヨークの平凡な青年ボビーがハリウッドを訪れる。時は1930年代、この華やかなりし映画の都には、全米から明日の成功を目指す人々が集まり、熱気に満ちていた。映画業界の大物エージェントとして財を築いた叔父フィルのもとで働き始めたボビーは、彼の秘書ヴォニーの美しさに心を奪われる。ひょんな幸運にも恵まれてヴォニーと親密になったボビー…

もっと刺激的で、胸のときめく人生を送りたい。漠然とそんな願望を抱いたニューヨークの平凡な青年ボビーがハリウッドを訪れる。時は1930年代、この華やかなりし映画の都には、全米から明日の成功を目指す人々が集まり、熱気に満ちていた。映画業界の大物エージェントとして財を築いた叔父フィルのもとで働き始めたボビーは、彼の秘書ヴォニーの美しさに心を奪われる。ひょんな幸運にも恵まれてヴォニーと親密になったボビーは、彼女との結婚を思い描くが、うかつにも彼はまったく気づいていなかった。実はヴォニーには密かに交際中の別の男性がいることに……。

「カフェ・ソサエティ」に投稿された感想・評価

MURANO

MURANOの感想・評価

3.0
あれ? う〜ん、、、って感じで、ウディ・アレン作品の中でもビミョーな1本に思えてしまった。

ニューヨークとハリウッドでの生活。そこで出会うふたりのヴェロニカ。東海岸と西海岸の土地柄の違いも含め、男女がすれ違っていく…。

ってことなのだが、ウディ・アレンのような90分で軽快に描いていくリズムだと、壮大な恋愛叙事詩にもなりそうな題材はやや描写が浅いなと感じた。

そのくせ、ジェシー・アイゼンバーグがかなり序盤で出会う女優志望の娼婦とか、特に何の伏線にもならず…という無駄もあったり。

僕の好きな『ミッドナイト・イン・パリ』や『それでも恋するバルセロナ』のようにひとつの都市に密着していたり、最新作の『女と男の観覧車』のように箱庭での舞台劇だったり、ウディ・アレンはスケールが小さい方が絶対良いなと実感しました。
いは

いはの感想・評価

3.6
心地よいジャズとオシャレなファッションといいロケーションとユダヤ人でウッディアレン
KanKawai

KanKawaiの感想・評価

3.5
2016年 ウディ・アレン監督作品。ハリウッドの映画業界で働く叔父を訪ねるニューヨーカーのボビー。叔父の事務所で働く女性と恋に落ちるが相手は不倫関係にある。恋と仕事の選択がその後の人生を左右する。余韻を楽しむような作品。
Mayu

Mayuの感想・評価

3.6
服が可愛くて雰囲気がおしゃれで音楽よくて目の保養な映画。さらっと観れる。女々しい男の人のサクセスストーリーみたいなもんかと思ったけど、なんだか切なかったなあ〜。何が成功といえるのか。考えさせられる。なんだかちょっとララランドぽさを感じた。
Machi

Machiの感想・評価

3.7
アメリカの富の象徴。
大きな家、高級車、そして美しい妻。
テンポが良く、華やかなファッションで観ていて飽きない。2人のヴェロニカがうっとりする程美しい✨
ManaMarks

ManaMarksの感想・評価

3.0
ジャズ?音楽が素敵〜お上品な世界観でしたな〜
終わりはスッキリしない…吹っ切りたいのに親族になっちゃったら一生会っちゃうから嫌だね
ウディアレンの中ではかなり好きな方。
1930年代の衣装と女優たちが豪華だし、音楽も最高。
ストーリーは切ないけど、これは贅沢なやつ。
セントラルパークのシーンがとても良い。NYは80年前も夜明けに馬車に乗れたんだろうか?とか考えてしまう。
RawNaked

RawNakedの感想・評価

3.7
ウディアレン作品、2作目。前回のミッドナイトインパリに続きクラシカルな時代背景を持つ作品。今回は出演者名で見ても豪華だ。ジェシーアイゼンバーグにクリステンスチュワートそしてブレイクライブリー。どの面子もオールドトリップ出来そうな癖のある顔で実に上手くハマっている。取り分け三人の顔並びは素晴らしく、衣装や画のトーン、セットに馴染む様は芸術的とさえ思えた。ジェシーアイゼンバーグの演技にその、人としての落ち着きは滲み出てていてクリステンスチュワートはルードな雰囲気を上手く隠し、更にブレイクライブリーはあの優美な雰囲気をお茶目にアレンジしていた。話は親戚のコネを使って社会勉強に出てきた田舎の青年がいつしか恋や世渡りを覚えて一人の男として生きる姿を何処と無く、そしてさりげなくコンテンポラリーに描いている。衣装、美術、装飾はアーカイブに困った様子が無いし、タキシードやドレスなどのフィッティングも素晴らしい。モデル出身のクリステンスチュワートは自分の土俵と言わんばかりのオーラを放ちジェシーアイゼンバーグも素養があったのか衣装を上手く着こなせていた。ブレイクライブリーに関してはお見事の一言に尽きる。概ね評価できる作品であり、脚本も若干ブラックなところがチラつくが飽きを感じさせないものだった。テンポの良い映画は観ていて疲れない。私的第3作目のウディアレン作品を観るのが待ち遠しい。
Yuri

Yuriの感想・評価

3.0
ウディアレンの世界観、色彩、ジャズ、本当に好き。ほろ苦いストーリーだからこそ彼らしい。最新作も見たいんだけどなあ〜
Naoko

Naokoの感想・評価

2.0
ブレイク・ライブリーが無駄遣いされとる。
クリステン・スチュワートってこんなに可愛かったのか。
最近は本当にやりたい放題やっておられる
>|