この世界の片隅にの作品情報・感想・評価・動画配信

この世界の片隅に2016年製作の映画)

上映日:2016年11月12日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「この世界の片隅に」に投稿された感想・評価

戦争の悲劇を主題にした映画は沢山あるけど、当たり前の”すず”の日常の中に突然現れる戦争の現実はとても悲しい。映像も音楽もとても美しく、優しい気持ちになれる作品。世界中の人たち、みんなに観てもらいたい。
Kiko

Kikoの感想・評価

3.7
記録用
煙巻

煙巻の感想・評価

5.0
絵のタッチ、作品のテーマ、ノンさん
全部が相まって奇跡のような素晴らしい映画になっている 
chihiro

chihiroの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

戦争で被害に遭われた方々もこのように何気ない日常のなかだったんだなとおもった。それを奪った戦争というものがいかにあってはならないものなのか、いろいろ考えることができた。
丘

丘の感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

おもしろかった!
こんなに日常に寄ってる戦争映画は初めて見た。戦争をモチーフにした作品は戦争のシーンをメインに描かれると思っていたけど、たとえ戦時中でもそうでなくても人々は生きているし日々は続くんだもんね。
すずさんの仕草がとにかく愛らしいし何気ない生活の描写にほっこりする、そのぶん、それが崩されたときの悲しさと喪失感が大きいなって思う。これが戦争なんだな。
saku

sakuの感想・評価

4.3
2017年観賞
めちゃめちゃ大切な映画
もう一回見たい
第二次世界大戦という激動の時代に広島県広島市に生まれ育ち、終戦の前年となる1944年に軍港のある同県呉市へ嫁いだ主人公・すずが、抗えぬ理不尽な現実に振り回されながらも懸命に生き抜く様を描いた、こうの史代の同名漫画を原作とするアニメーション映画作品です。

難しく考えることは何一つなく、素直にただただ素晴らしい作品です。能年玲奈が声優を務めるすずの、戦時中という深刻な状況にあっても前向きで明るいほのぼのとした雰囲気に心温まり、そんな彼女にも訪れる悲劇に胸が締め付けられます。

「木を見て森を見ず」ということわざがあります。それはひとつの真理であり、対してこの作品で描かれるひとりの女性の生活というのは、戦争や国家という巨大な『世界』に比べると、あまりにちっぽけな『片隅』ですが、しかしそれは平和という人類が希求してやまない青々とした森林を育むにあたって、決してないがしろにすべきでない尊い枝葉なのです。
とても優しい絵と色合い、ほのぼのという言葉が似合いすぎる主人公
自分は日本人でありながら。2回も広島に行ったのに。なんの歴史も知らなかったんだなと気付かされた。時限爆弾なんてあったのか

知らない土地にひとりぼっちで嫁ぎ誰よりも早く起きて家事を始める。真冬でも水で洗濯物を洗う。物資不足だから雑草でもおかずにする。女性はどの時代でも強いよな。

それから戦時の日本はあんな感じだったのかって知れるいい機会だった。ピカドンの時、呉の人たちはああだったのかって。
広島と長崎にミサイルが落ちたらしいよ〜でそれだけ。そうだよね。
いつも通りの日常の中でいきなり視野全部が真っ白になるくらい光るの不気味すぎる。ほんで爆風がきて見上げたらあのきのこ雲。何が起きたかわからんよな。

誰かが亡くなった、当たり前すぎて慣れてしまっているのがほのぼのした絵だったからこそ残酷だった
終盤に近づくにつれ残酷さが増していき苦しかったが2人の出会いやさらに孤児の女の子が新しい家族になれて良かった


不謹慎かもしれないが、アメリカはこの頃カサブランカを上映し”君の瞳に乾杯”とか言ってたのすごいよな
みき

みきの感想・評価

4.5
とてもとてもよかった。

気軽に見れる感じではないけれど、だからこそしっかりと見て受け止めるべき大切な作品だと思いました。
>|