あゝひめゆりの塔の作品情報・感想・評価・動画配信

「あゝひめゆりの塔」に投稿された感想・評価

めっちゃ知識不足だったというか認識不足だった
小中高であんだけ習ったのにサイパン陥落の意味を記号でしかわかってなかったんだなって感じです
悪いけどメル・ギブソンの『ハクソー・リッジ』(沖縄戦)は日本兵を卑怯者に描いたあくまでもアメリカ側のプロパガンダ映画であって、日本人ならば真っ先に『ひめゆりの塔』を観ていただきたい。次々に同胞が死んでいくシーンよりも何故か笑い合って歌いながら水浴びするシーンの方で泣いてしまうのだ。合掌。沖縄本土復帰50周年。
順慶

順慶の感想・評価

3.8
沖縄戦を知りたくて再生。
現代(といっても映画の公開が1968年)のダンスホールから始まる。若い男女が踊るのを見ながら、渡哲也が沖縄戦で命をおとしていった同年代の男女に想いを馳せる。

そして沖縄。
玉砕することを知っていて見るのは辛い。
徐々に激しくなる空襲。それがなかなかの迫力で、残酷で、一瞬で何人も死んでしまう。
それでも吉永小百合はかわいかった。小さな恋もある。

生き残る見込みのない負傷者を青酸カリを牛乳に入れて飲ませた(望んで飲んだ)とか、厳しいシーンだった。
戦う軍人はあまり出てこない。基本は女子学徒隊、いわゆる“ひめゆり部隊”。なんとか生きようとしながら、負傷した人たちの看護にあたる。

誰かは生き残るのだろうと思わせてるが、笑顔も束の間という残酷な展開。ドキュメンタリーではないし、希望と絶望の連続は、映画としてもおもしろい。
しかし誰がこの悲劇を伝えたのだろうかと疑問も残る。
きの

きのの感想・評価

4.2
沖縄返還50年を記念して観賞。

吉永小百合、輝きがすごい、
戦争映画なのに、輝き(オーラ)が半端ないっ、💦
目が真っ白、まさに日本人形、
日本の宝ですね。

今、日本があるのは、先人達のお陰
守るべき物を守り、変えていくものを変えていくのが我々の使命。

歴史をしっかり今に伝え
2度と同じ過ちを犯さぬよう
残していきたいと思う。
先人達よありがとう!

沖縄よ!返還50年おめでとう‼️
今年、コロナが落ちつけば、夏こそ
改めて、ひめゆりを訪れます!
ありがとう。
N

Nの感想・評価

4.0
先日ひめゆりの塔に行ってきた。生存者が語る当時の状況をこの映画は忠実に再現していたと思う。
目の前で撃たれる友達、麻酔の無い手術、青酸カリのミルク、終戦直後に響く米兵の声…
今の平和な日本は多くの犠牲があり成り立っていることを忘れてはいけない。沖縄に行き綺麗なビーチを観光できるのは当たり前なことじゃないなと。
ねぎま

ねぎまの感想・評価

3.3
沖縄戦の話。当たり前なんだけど最後の1秒まで救いがなかった。

集団疎開、牛乳、そしてラストのシーンがとにかく辛すぎる。
これ何回も書いてる気がするけど、本当にこんなことが100年以内に起きてたってことが信じられない。

なんも関係ない一般国民が易々と銃で撃たれ、爆弾で吹っ飛び。ありえないよね。

後は絶望的な状況下なのに、ちょっとでも希望が見えると奇妙なくらい明るくポジティブにみんなが振る舞ってたのが印象的だった。映画上の演出なのかもしれないけど、逆に、人間ってこうなるのかもなってリアルに感じた。


話の内容は言わずもがな、というか見てください。って感じなんですが、
白黒映画ってなんとなく食わず嫌いで避けてきたんだけど普通に良かった。

(2022年67本目)
日常を破壊した戦争の悲惨さが伝わる。

白黒の描写や市民目線の会話、容赦ない爆撃の様子が入り込みやすい。

このレビューはネタバレを含みます

戦争映画は、戦争に反対するための映画。僕は、そう思ってる。第二次世界大戦時の日本は、狂っていた。この沖縄の地で、多くの若者が、死んでいった。狂った日本の出した犠牲だ。『天皇陛下万歳』の、スローガンの元。もう繰り返しては、ならないはずだ。男子学生は、兵士に。女子学生は、ひめゆり部隊に。戦争による、悲惨な状況。戦争の辛さを、後世に伝えなくてはならない。そんな気がする。古い戦争映画は、それを、更に、リアルに伝えてるのではないか?カッコつけてない、赤裸々な表現ではないか?僕は、そう思う。この映画の中の、女子学生達は、恋愛も、ロクにできなかった。戦争のためだ。この戦争は、日本から、始めた戦争。権力者の都合で、多くの若者達が、犠牲になった。この若者達は、犠牲にならなくて、よかったはずの、犠牲のはずだ。
太平洋戦争末期の沖縄線の悲惨な歴史を、我々現代に生きる日本人は決して忘れてはいけません。
沖縄に観光に行く多くの若者逹には、青い海や白いビーチといった華やかな沖縄だけではなく、ひめゆりの塔の他にも南部エリアに点在する戦争の爪跡を是非訪れて欲しいと思います。
今の平和な日本は沖縄戦に於ける多くの民間人の尊い犠牲の上に成り立ったのだということに、今更ながら胸が痛みます。
yugo

yugoの感想・評価

4.0
戦争がリアルに描かれていて感心した。
冒頭のゴーゴーのシーンは不要と思う。
>|

あなたにおすすめの記事