思い出のマーニーの作品情報・感想・評価

思い出のマーニー2014年製作の映画)

上映日:2014年07月19日

製作国:

上映時間:103分

3.4

あらすじ

この世には目に見えない魔法の輪がある。 海辺の村の誰も住んでいない湿(しめ)っ地(ち)屋敷。 心を閉ざした少女・杏奈の前に現れたのは、青い窓に閉じ込められた金髪の少女・マーニーだった。 「わたしたちのことは秘密よ、永久に。」 杏奈の身に次々と起こる不思議な出来事。 時を越えた舞踏会。告白の森。崖の上のサイロの夜。 ふたりの少女のひと夏の思い…

この世には目に見えない魔法の輪がある。 海辺の村の誰も住んでいない湿(しめ)っ地(ち)屋敷。 心を閉ざした少女・杏奈の前に現れたのは、青い窓に閉じ込められた金髪の少女・マーニーだった。 「わたしたちのことは秘密よ、永久に。」 杏奈の身に次々と起こる不思議な出来事。 時を越えた舞踏会。告白の森。崖の上のサイロの夜。 ふたりの少女のひと夏の思い出が結ばれるとき、杏奈は思いがけない“まるごとの愛”に包まれていく。 あの入江で、わたしはあなたを待っている。 永久に――。 あなたのことが大すき。

「思い出のマーニー」に投稿された感想・評価

rinorino

rinorinoの感想・評価

3.9
映画の中の北海道の景色が現実の景色と重なって、いいなぁとぼんやり思いました
途中まで、「これはもしや私のちょっと苦手なジブリ的ファンタジー世界…!?」と一瞬心が離れかけたけど、エンディングに向かってきっちり筋が明かされていくところはなるほど!と思って、なかなか好きでした
TomNord

TomNordの感想・評価

5.0
自宅鑑賞。
なんて優しい話なのだろう。鑑賞後に残るこのあたたかさ、それがそっと心に寄り添いながら、この先の人生を共に歩んでくれるような、そんな作品ではないだろうか。

孤独や不安というのは誰もが出会うもの。そんな風に一般論で片づけてしまうことはとても簡単だし、実際のところ、弱い自分の内面よりも他者の外面に目を向けることが、この世界を生きていくことなのかもしれない。
12歳の女の子を主人公にした本作では、彼女自身の出来事として話が進んでいくが、時折入る彼女のモノローグ (あるいは、この映画ほとんどがモノローグという捉え方も出来るかもしれないが)、そこで語られる言葉の1つ1つは、実は年齢や性別も関係なく、誰もが心の内に持っている「弱さ」であるように感じられ、そこに共感できる人は上映中ずっと涙を堪えるのに必死になるかもしれない。
「この映画を観に来てくれる「杏奈」や「マーニー」の横に座り、そっと寄りそうような映画を、僕は作りたいと思っています」という監督のことばが、ただそのまま作品になった、ということか。

それ以外の部分でも、(例えば月夜の湖の場面など)この上なく幻想的で、忘れられないような美しい風景。そして映画終盤の「種明かし」、もちろんそんな事が重要な話ではないにしても、それを解釈した時、さらに心に迫るものがある。

人はもしかしたら誰もが孤独だが、それでも自らの力で生きていく強さは必ず備わっていて、でもその力は誰かが授けてくれたもの。そんなところだろうか。
誰もが「目に見えない魔法の輪」の、実は外側の人間であったらいいな、と思うのでした。
万人にはおすすめ出来なくても、個人的には☆5こでは足りない、とても心に残る作品。
もも

ももの感想・評価

4.2
期待以上!!
見ていて、マーニーに惹かれ恋してしまった。可憐で消えてしまいそうな妖精のよう。
小さな街と自然、いえの雰囲気、出逢う人々…こころに残るひと夏。
初恋の物語を見ているような初々しさと人生の切なさと混ざり合った素敵な作品‼︎

マーニーは寂しい子だったけれど、いつでも幸せになるため一生懸命生きてた。
このセリフすき。

声もよかった‼︎有村架純ちゃんで期待してなかったんだけど(←失礼)、マーニーでした。
松嶋菜々子さんもよかった。

自分の琴線に触れる映画に出逢えて、よい気分。
もくず

もくずの感想・評価

4.0
許されることって凄いなと思って涙がとまらなかった
moefloppy

moefloppyの感想・評価

5.0
エンドロールになるときに流れ始める曲でグッときたら、その映画は素敵な映画だったって証だと思う。
水が美しくて、明かりの灯るお家が素敵で、たまらない。
私が弱ってたのか、この映画がとても素敵なのかわからないけど、きっと両者ともにあるけど、とっても胸が熱くなる映画でした。美しい。
nemunine

nemunineの感想・評価

4.2
ここ最近子供とよく見ている。

予告を見た時に、どんなお話か想像つかなくて、そんなに期待してなかった作品なんですが初めて見たときに、ものすごく感動したことを覚えています。

静かな優しい雰囲気でストーリーが進んでいくのに、ところどころで刺さるような言葉がありビクっとさせられる。だんだんと話が見えてきて、スッと自分の中で解釈ができた時、ホワっと心が暖かくなる物語。
大好きな作品になりました。

自分を愛せなきゃ誰も愛せない。
思いやれないんだなと感じさせられました。大きくなった子供にまた見せてあげたいです!
よしこ

よしこの感想・評価

3.5
ジブリ作品の中でも特に大好きな作品。ポスターや予告からは全く想像しなかった奥深いストーリーだった。ジブリ作品には毎回、一生懸命に生きるってことを自然と感じさせられる気がする
nnh

nnhの感想・評価

4.0
悩んだり挫折しても、同じ境遇・立場の人が実は近くにいるんだろうなあと思った。そう考えることがいろいろ軌道修正する第一歩になるのかも、
松嶋菜々子の声癒された。。
kotoe

kotoeの感想・評価

3.9
映画「思い出のマーニー」
ジブリは子どものとき見るのと大人になってから見るのではだいぶ印象が違うと思うけど、これは最近見たから、すごい不思議で、ちょっと考えさせられた。
モリ公

モリ公の感想・評価

3.9
特に目立った事件が起きない静かな展開で好きなタイプのジブリ系の作品
最後こう繋がるのねって驚いた
マーニーが可愛い
前評判で百合系みたいなこと聞いてたけど全然そんなことなかったと思う。おもしろかった。
>|