マーシュランドの作品情報・感想・評価

マーシュランド2014年製作の映画)

La isla minima

上映日:2015年10月17日

製作国:

上映時間:105分

3.4

あらすじ

独裁政治の爪あとがいまだ残る1980年スペイン・アンダルシア地方。湿地帯の小さな田舎町で祭りの最中、二人の少女が行方不明となり、やがて死体で発見される。彼女たちは強姦され、凄惨な拷問をうけ、そして殺されていた。事件の捜査を担当するのは、首都マドリードから左遷されてきた若く血気盛んな刑事ペドロと、ベテランのフアン。ほどなく二人は、過去にも同様の少女失踪事件が起こっていることを突き止める。しかし、捜…

独裁政治の爪あとがいまだ残る1980年スペイン・アンダルシア地方。湿地帯の小さな田舎町で祭りの最中、二人の少女が行方不明となり、やがて死体で発見される。彼女たちは強姦され、凄惨な拷問をうけ、そして殺されていた。事件の捜査を担当するのは、首都マドリードから左遷されてきた若く血気盛んな刑事ペドロと、ベテランのフアン。ほどなく二人は、過去にも同様の少女失踪事件が起こっていることを突き止める。しかし、捜査を進めていくうちに明らかになる、貧困、差別、汚職、小児性愛に麻薬密売。小さな町にはびこる幾多の悪意が刑事たちの行く手をはばもうとする。そんな中また一人、少女が姿を消す。タイムリミットはわずか。二人は少女の命を救い、事件の全貌を暴くことができるのか?

「マーシュランド」に投稿された感想・評価

湿地帯のタイトルに恥じぬ、終始じとーっとした雰囲気。そんな終わり方されるともう一回観たくなるやつ。
掘っても掘っても底が見えない、スペインはアンダルシア地方の“湿地帯”で起きた少女惨殺事件。誰かが嘘をついているのか、組織をかばっているのか、それとも村の掟なのか?2回観ても闇は深まるばかり。真犯人は一体…(~_~;)
Paddy

Paddyの感想・評価

1.2

このレビューはネタバレを含みます

スペイン製サスペンス。

80年代の田舎町で起こる
少女強姦殺人を追う
都会から左遷された刑事と地元のベテラン刑事。

たまーに見かける
田舎町の連続殺人もの。
雰囲気もあってなかなか良いですし、犯人がちゃんとわからない感じも良かったです。
お国柄なのか、エンターテイメントとしてはちょっと弱かった気がしますね。
人非人

人非人の感想・評価

1.5
夜道のカーチェイスだけ良いが、後はそれほど。
ayumi

ayumiの感想・評価

4.0
圧倒された

絵の力がひたすら凄かった

場面を切り出した写真集が欲しい

1980年、フランコ政権が終焉を迎え民主化されて間もない頃、スペインのアンダルシアが舞台

少女たちの失踪を追うふたりの刑事の物語

ストーリーの設定が実に巧み

この時代じゃなかったら?この湿地帯じゃなかったら?この刑事じゃなかったら?貧困がそこになかったら?失踪者が少女じゃなかったら?そう考えるといろいろな設定がこの物語の重要なファクターだということがわかる

一味と七味の違いがわかった時、七味の奥深さを知ってまたひとつ大人になった気分がしたことを思い出した

ほどよい低さの彩度、前ボケ後ボケ、ワイドなアスペクト比を計算した思い切ったヒキや画面構成、ハンディ、抑制の効いた照明など緊張感に満ちた画面

打楽器、リズムをよしとせず旋律の抑揚で物語にしっかり寄り添う劇伴

好きな作りの作品

ユーモアのかけらもないけれど、事件の背景に時代と場所の特殊性を配置した緊張感の高いサスペンスという点で「特捜部Q」や一連の松本清張原作作品を思い出した

アンダルシアというと乾いた空気、オリーブ畑、コスタデルソル…と明るい印象を持っていた

車で旅行した時、ハエン、トレド、コルドバ、グラナダ、マラガ、カディス、セビーリャとめぼしいところはだいたいまわったのだけどこんな湿地帯があるとは知らなかった

でも訪れたことがある街の名前が見ている映画に出てくるとうれしくなってしまう

ぐっと思い入れが増してしまう

ヨーロッパ中心に圧倒的評価、納得

時代、場所の設定を抜きにしても心理描写、カーチェイスなどが抜群ないい作品




以下小ネタバレあり

左遷、少女の失踪、ディアーヌ6、湿地帯、ツインの部屋、教室の窓を叩く手、2ストロークオフローダー、明るい瞳、ナイフ、ネガ、ボラ、情報提供者、妻の情報、占い師、預言、狩猟宿、盗聴、秘密警察、契約書、マラガ、血尿、薬、妊娠、記者、ヘロイン、特殊なフィルム、いい香り、柔らかい手、ナイフ、謎の人物、マドリッド
れぼこ

れぼこの感想・評価

3.0
圧倒的評価!ではないなと。可もなく不可もなくスペイン映画です。サスペンスとして退屈なく楽しめたけれど、見直すこともない作品。車で追いかけるシーンは好き。
スペイン映画
最後まで犯人わからないし、いろいろと謎のまま終わる
モヤモヤもするけど、それも良いところかな
skiller

skillerの感想・評価

3.3
スペイン映画だけに雰囲気が異色で、言葉も聞きなれない。
死体のシーンはちょっと驚き!
ラストもこれで終わりと思わされる。
orca

orcaの感想・評価

3.6
しばらくぶりに二度目を見て、ようやく自分なりの理解の終点に辿り着いた。
スペイン・アカデミー賞(ゴヤ賞)で17部門にノミネートされ、圧倒的評価で10部門を獲得してみせたスパニッシュ・ミステリーの最高傑作。

とても評価の高い本作。
邦題の【マーシュランド】とは湿地帯のことを言う。
アヴァンで登場する湿地帯の空撮が、脳の表面(断面)のように奇怪で、どこか美しい。

行方不明になった姉妹を捜査するためにコンビを組むことになったペドロとフアン。
この2人が、少しずつ真相に近づいていく過程はサスペンスフルで引き込まれて行く。

劇中に たくさんのヒントや鍵となるアイテムが登場するが、すべてが絶妙にストーリーに効果をもたらしている…かといえばそうでもなく、回収されないままの伏線などもありはするが、そんないくつかのご都合主義的なモノが、さほど気にならないのが本作の不思議な魅力になっている。

本作、入り込んで捻り倒してご覧ください。予測すればする程ヤラレますから。
>|