マーシュランドの作品情報・感想・評価

マーシュランド2014年製作の映画)

La isla minima

上映日:2015年10月17日

製作国:

上映時間:105分

3.4

あらすじ

独裁政治の爪あとがいまだ残る1980年スペイン・アンダルシア地方。湿地帯の小さな田舎町で祭りの最中、二人の少女が行方不明となり、やがて死体で発見される。彼女たちは強姦され、凄惨な拷問をうけ、そして殺されていた。事件の捜査を担当するのは、首都マドリードから左遷されてきた若く血気盛んな刑事ペドロと、ベテランのフアン。ほどなく二人は、過去にも同様の少女失踪事件が起こっていることを突き止める。しかし、捜…

独裁政治の爪あとがいまだ残る1980年スペイン・アンダルシア地方。湿地帯の小さな田舎町で祭りの最中、二人の少女が行方不明となり、やがて死体で発見される。彼女たちは強姦され、凄惨な拷問をうけ、そして殺されていた。事件の捜査を担当するのは、首都マドリードから左遷されてきた若く血気盛んな刑事ペドロと、ベテランのフアン。ほどなく二人は、過去にも同様の少女失踪事件が起こっていることを突き止める。しかし、捜査を進めていくうちに明らかになる、貧困、差別、汚職、小児性愛に麻薬密売。小さな町にはびこる幾多の悪意が刑事たちの行く手をはばもうとする。そんな中また一人、少女が姿を消す。タイムリミットはわずか。二人は少女の命を救い、事件の全貌を暴くことができるのか?

「マーシュランド」に投稿された感想・評価

なかなか良かった。
途中まではよくある感じ。やけど、
終盤にかけてうわってなる。
全体的にはぼやっとしてる印象。
018.
オープニングの空撮での湿地帯の雰囲気からやられます。
陰鬱で閉塞感のある色調とでも言いますか、
まあ、暗い。

後味のすっきりしなさ加減も絶妙で好きなタイプの作品ですが、観ていて疲れます(笑)

誰もかれもが怪しく見えてくる。

伏線?ミスリード?
なんだかモヤモヤしたままの結末。

万事解決だろ?
ってセリフ。

良作だと思いました。
フランコ独裁政権の爪痕がまだ残る1980年代の田舎町、秘密警察出身のベテラン刑事の過去、そして現在は子供に挨拶なんかしたり、少女の救出に執念を覗かせたりと残酷さと優しさの紙一重なバランスがつかみどころのなさと人間臭さを醸し出していて面白い設定、そして演技であった。
リリコ

リリコの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

スペインで数々の賞をとりまくった映画らしい。
リリコはこの映画を睡魔がやばい状態でみました。ヨーロッパ映画独特の重たい感じもあいまって眠さ最高潮。リリコは映画を観ながら睡魔とも闘わなければならなかった。しかし無事、心の中のリトルリリコの寝ていいんだよ。っていう誘惑に負けずに最後まで観ることができました。

この映画ラストなー
ちょっと話の内容が難しいし、これいろいろな事が考えられます。
他の人のレビューとか読ませて頂いたけど、人によってラストの解釈とかが違うかも。そこがおもしろい。おっさん刑事をどう捉えるか。
さすがスペインでヒットしたわけだ。

完全に個人的な考えなんですがヨーロッパの映画って地味で落ち着いていて、良くも悪くも大人っぽい感じがあり、ハリウッドとかのものより好き嫌いが分かれるのかなという感じを持っています。が、これは多くの人がそれなりに楽しめるのではと思いました。
jaja

jajaの感想・評価

-
湿地帯は、どこに行っても真っ平らだ。同じような風景が限りなく続く。そして、そこに横たわる川の流れは限りなく遅い。▼物語も同じように、今どこにいるのかさえ分からず、そして遅々として進まない。終盤になって急な展開を見せるも、それが本当の解決なのか分からない。▼最後になって明かされる年配刑事の過去が意味するものは何なのか。我々が湿地帯で見たものは一体何だったのか。渡された缶に入っているのは、本当に子鹿のシチューなのか。▼たぶん説明されても分からない。説明されなければわからないことは、説明されてもわからないのだ。
ぴな

ぴなの感想・評価

3.2
宣伝負けしていないクライムサスペンス!

もう冒頭からかなり惹き付けられる。何度か挿し込まれる空撮風景画が、村の圧迫感や不安感を煽る雰囲気なのがイイ。
ある人のセリフで不信感は高まっちゃうし、これはすんなりとは終わらないな、と構えてしまうんだけも、そこを余韻として引っ張る着地も好み。

少女達が純真な方が猟奇性は強まるけど、村の時代背景や環境を映しているのが少女達なのでそこは致し方ないか…
イヤミスが嫌いな人にはおすすめ出来ないかも(笑)。
Zzz

Zzzの感想・評価

3.5
ベテラン刑事の悪さが事件解決しきれてない印象を与える。上空から真下を空撮しているシーンが印象的でした。
masayama

masayamaの感想・評価

3.7
万事解決だろ?


2018年31日深夜から元旦にかけての映画はこれ!!
(特になんか狙ってるわけではなく、返却期限があっただけです)

時代的な知識は全くないんやけど、
何となく暗めの風景。
そしてその時代のもつ、独特のシステムと機器。言葉と各人の雰囲気。

けっこう絵面だけの投げかけも多く、
ちょっと頭使う系(というか正月脳では全く気付けず、検索したw)

解釈多く、結局答えはないんやろけど、
なかなか良作でした!
silencio

silencioの感想・評価

3.0
いやーこれはちょっとわからなかったなぁ。謎が多すぎるのかモヤモヤした感じが残りました。
まさに湿地帯という感じでジメジメした雰囲気は「ペーパーボーイ」みたいですごく好きなんだけど、いかんせん地味で静かでなんか入り込めなかったかな。
いや、ただ自分の理解力不足だ。
Denkishino

Denkishinoの感想・評価

3.8
マーシュは沼地の意味。原題はグアダルキビール湿地の事なんだそうで。要は沼地で起こる事件のお話。
スペイン映画のゆっくりとした重々しい雰囲気。低評価で驚いたのですが、結末を考えれば確かにと…。でも私は何だかとても好きで、じっくり観ることが出来ました。特に主役の2人の刑事は好演と感じました。軽くなく、端々に明かされる、その役柄の背景をしっかりと抑えていたように感じます。
物語としては、1980年と冒頭にでますが、フランシスコ・フランコ独裁政権からの解放後まだ五年。少し調べましたが、この独裁を行なっていたフランシスコ・フランコの1975年の死後、約40年ぶりの民主的選挙が行われたのは1977年で、反体制派の人間が政権に参加したのは1982年だそうで、映画内の1980年ではまだフランコの派閥が政権を握り、その独裁の陰は色濃く残っていた時期と言えるでしょう。ですから、刑事フアンの秘密警察的な行動も、これならば理解が出来るかも知れません。この事件に関与していた人間が、政治的な事柄にも絡んでおり、発覚させまいと有耶無耶にする必要があったなど。スペイン情勢は他の有名映画「ミツバチのささやき」などの背景にもあって、流石にスペイン映画を観るなら抑えないといかんのかと調べたのですが、第二次大戦前後(第二次大戦でスペイン自体は中立)は内戦などで、かなりの荒れ模様。こうした背景をすこし抑えておくと、かなり見方が違うように思いました。といっても劇中語られないのでは、映画として完結しているとは言い難いのかも知れませんが笑 しかしながら、刑事ものの映画としてはオープニングの上空からのシーンは印象的で重厚、陰鬱な雰囲気も悪いものでなく、役者さんの演技も見応え有るものでした。白黒ハッキリしないのが嫌いな方にはオススメしづらいですが、貼られる伏線から色々と見えるのは、観ていてドキドキもハラハラも致しました。私としては、なかなか好きな映画でした。
>|