ケープタウンの作品情報・感想・評価・動画配信

「ケープタウン」に投稿された感想・評価

TAKA

TAKAの感想・評価

3.4
面白かった。
貧富の差のある国では犯罪が身近にあるんだな。
貧しい子供が犠牲になって…
ラストの砂漠のシーンはカッコよかった。
4047

4047の感想・評価

3.6
事前情報なしで見たので普通の勧善懲悪アクション映画かな?と思ったが、アパルトヘイト後の南アフリカの闇を題材にした社会派映画。
命の軽さ、根本的な解決策の見えない暗澹さ、世紀末感ばかりがどうしても目についてしまう。
ケープタウンには行ったことがないのでリアルと脚色の境界についてはなんとも言えないが、南アフリカの暗い過去について再考させられた。
やな

やなの感想・評価

3.0
主題がよくわからない。
私情で脱線しがち。
ウインドリバーに似てる。
まーす

まーすの感想・評価

3.4
アマプラで鑑賞


ケープタウンで起きた少女殺害事件と子供たちの失踪、二つの事件に関わる麻薬組織を2人の刑事(オーランド・ブルームとフォレスト・ウィテカー)が追っていくストーリー
謎を解いていくって言うよりも、どうやって犯人を追い詰めていくのかって感じの展開だった


破天荒なブライアン(オーランド)と壮絶な過去をもつアリ(フォレスト)がいい組み合わせだったと思う

ただ、他の人の感想にもあるけど、邦題のケープタウンよりも原題のZULUの方が、作中の回想シーンとか犯人の行動原理が理解できるんじゃないかな
そしたら南アフリカのズールー族、アパルトヘイト関連も頭に入ってきやすいと思う




まぁ邦題の事は抜きにして、十分楽しめる内容だったし面白かったです😊
なこ

なこの感想・評価

3.3
純粋にアパルトヘイトについて勉強になったし観た後も考えることあったけど内容としては刑事の私情盛り沢山(主にオーランドブルームの)で寄り道が多すぎるような
Tomo

Tomoの感想・評価

3.3
なんか…惜しい…

キャラも展開も良い線いってるはずなのに、なんかしっくりこない。

オーランド・ブルームめちゃくちゃかっこいいけど、こんな演技ヘタクソだっけ?笑
全てが斜め上を行く作品
おもろないことはないけど、途中から携帯触り出しちゃった
そんな感じ
この映画は(久しぶりやな)酒に溺れ、弓を置いたレゴラスがやたらとめったら女にモテ、本作を視聴した刑事に「ちょいと顔がイケてて刑事やからって、そないにとっかえひっかえ女抱けへんわ」って思わせる作品

オーランドブルームなかなか良かったね
レゴラス以外ぱっとせんで、トロイとかまったくかっこよくなかったけど、こんな感じで、酒、女、銃、元嫁みたいな、マクレーン路線いいんじゃね?
髭似合ってたし
フォレストウィティカーは良い味だすよね〜
刑事もんってか捜査もんはおもれーやね
展開や手法、銃撃戦もそうなんやけど、けっこうキャラの信念が表れるんさな
それに惹かれる
この映画、登場人物のキャラがけっこう濃かった
アメリカ映画では描かないような触れないようなところをど直球でキャラの持ち味にしたり
タマなしデカなんて普通は主人公にしないけど、大きな影を持つ良いキャラになってた
アメリカデカもんとはちがった展開を見せて、なかなか先が読めへんだけど
後半ちょっと付いてけへんだな

普通の殺人事件からかなりデカめの陰謀になってくところは、ちょいとクリムゾンリバーを思い出した
アレも中坊の時ハマッたんさな〜

しかし、コツコツ捜査したのに最終銃撃戦
突然ショットガン使いに進化する鶴瓶師匠(ウィティカーね)
ホステージ現象や※それまでの展開を超越して結局主人公の戦闘力を頼りにハッピーエンドにもってくブルースのようなマネをすることの総称

一味ちがうブルーム見たい人におすすめする1本
木原

木原の感想・評価

3.4
あんまり好きな空気感じゃなかった。
ウインドリバー見たときの感じ。最後の砂漠つれ回す感じとか。
思った以上にハードな内容の作品だった。

オーランド・ブルームがそれまでのイメージを一新するような汚れ役。フォレスト・ウィテカーも彼らしい哀愁と狂気を内に秘めた静かな役で物語を引っ張る。

とにかく男女共に乳首が多く出てくる映画だった。

また原題の「ZULU」(ズールー族:今回初めて知った)に込められた意味が、この作品でも描かれていた貧困・暴力を象徴するものなのかなと思うと、日本という国がいかに平和なことかと考えさせられた。

このレビューはネタバレを含みます

 南アフリカ共和国の街ケープタウンが舞台のクライムアクション。
 メチャクチャおっかない街だなここは。命がいくつあっても足りやしない。
 ラストのアリの復讐シーンは鬼気迫るものがあった。
>|