ライチ☆光クラブの作品情報・感想・評価・動画配信

「ライチ☆光クラブ」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

なんでなんで!?って思いながら見てしまうと、うーん…ってなってしまうけど、良いやつも悪いやつも全員死ぬのとか、容赦なくグロい絵面とかに、かなり好感が持てた。
りさ

りさの感想・評価

2.8
原作はなかなか好きで映画も観てみるかと鑑賞。キャストは美形揃いだしビジュアルは好み。まぁ話が話なのでリアリティは無く、CG感をもう少し弱めてくれればもっと良かったのかなとも。悪くはない。
shaw

shawの感想・評価

2.8
矛盾が、溢れる...

 原作は未読。監督が「ミスミソウ」の内藤瑛亮というもんだから...

 テーマは割と典型的だと思う。支配欲、独占欲、過剰な禁欲や制御、偽りの友情だの何だの、ロボットの心だの。こういう不安定な共同体は一瞬にして無残に崩れ去るっていう様をちょい寓話的に、ちょいロマンチックに、そして過剰な血と内臓と俳優の演技を合わせて。

 正直最初は「この人たち自分の世界に入り込みすぎでしょ...」と、とくにゼラさんの思い込みっぷりが凄くて少し引いた。でも、もちろんそう見えるようにあえて描いてるわけで、後半にかけて割と面白くなったとは思う。

 「ミスミソウ」でのスプラッタ描写の気の入れ様には、少しリアリティのないグロだけれども感心した。本作もそれはあります。内臓に血に切り株だの目ん玉だの色々。

 まさか中条あやみがあんな、、目の前で男が自慰行為を始めるわ、真横で内臓撒き散らすわ、水攻めするわで、もう凄すぎ。黒歴史なのでは?ってくらい。

 役者の演技はお世辞にもうまいとはいけないけれど、ゼラ役やジャイボ役は役者がオーバーながらもさぞ楽しそうに演技してた様に見える(流石に中学生は無理があるけど)。
 心がこもった演技(うまさとは別)だと思う。そういう意味では一つの演技の完成形をみた様な気がしなくもない(深読みしすぎか)。

 こういうのは突っ込んだら終わりだし、何も考えずみろってことなんだよね、多分。分かった分かった。そこまで嫌いじゃないです。
舞台で知り、原作を読み、その中毒性と独特な世界観に惹き込まれ、そのまま映画も視聴。
少年の心は良くも悪くも純粋で愛って恐ろしいね...映画はただただグロくて胸糞ものだけど美しく俳優さんたちの怪演が素晴らしかった...
原作を読んでなきゃ分からないところがあったし全体的に微妙だった
せん

せんの感想・評価

1.9
原作がやっぱり一番なんだと思う。
そして舞台も良かった。
映画はなんだかなー。なんかなー。
原作や舞台見たとき程、おもしろいと思わない
HIRO

HIROの感想・評価

3.0
あまりしたくなかったですが、、
観たいものが溢れるいま、
「記録」とさせて頂きます💦

マンガをチラ見した時に、
ストーリーに興味が湧いて数年前に鑑賞。

間宮くんが美しかった記憶。
あと血がいっぱいだったかな。
oxnhbw

oxnhbwの感想・評価

1.5
ありゃりゃりゃ、、、どぎつめのダークファンタジーですね
原作読んでいなかったのできつかったです😅
でもやっぱり柾木玲弥くんと古川雄輝くんの演技がお上手でとっても良かったです!
好き!是非原作を読みたくなった

世界観がとても良かった、何回も観れる
キム

キムの感想・評価

1.5
中学生が寝る前に考えたような話。
本作に出演されている俳優の皆さんは、何年後かに本作を見直したときにどういう気持ちを抱くのだろう。
>|