1999年の夏休みの作品情報・感想・評価

1999年の夏休み1988年製作の映画)

製作国:

上映時間:90分

ジャンル:

3.6

あらすじ

山と森に囲まれ、世間から隔絶された全寮制の学院に、少女のように美しい少年たちが共同生活をしている。初夏のある夜、その中の一人、悠が崖から湖に身投げして死んだ…。夏休みになって、帰る所がなく寮に残ったのは三人。自分を愛していた悠の自殺に自責の念にかられている和彦。和彦に対して深い思いやりで接しているリーダー格の直人。そして和彦の悠に対する想いに強い嫉妬を抱いている下級生の則夫。ある日、悠と瓜二つの…

山と森に囲まれ、世間から隔絶された全寮制の学院に、少女のように美しい少年たちが共同生活をしている。初夏のある夜、その中の一人、悠が崖から湖に身投げして死んだ…。夏休みになって、帰る所がなく寮に残ったのは三人。自分を愛していた悠の自殺に自責の念にかられている和彦。和彦に対して深い思いやりで接しているリーダー格の直人。そして和彦の悠に対する想いに強い嫉妬を抱いている下級生の則夫。ある日、悠と瓜二つの転入生・薫が三人の前に現れた。薫の中に悠の面影を見て混乱し動揺する三人。そして彼らの関係性は奇妙な方向にねじ曲がっていく…。

「1999年の夏休み」に投稿された感想・評価

しも

しもの感想・評価

3.7
デジタルリマスター版にて観賞。

子供から大人に移り変わる曖昧で不安定な頃を瑞々しく描いた一作。
「愛」とか「死」とかの本当の意味を知らないから残酷になってしまう。傷つけあわなくていいのに、傷つけあってしまう。剥き出しの感情がハリネズミのトゲのように刺さって痛かった。
とにかく幻想的…中学生男子を女の人が演じるってどうなの?って思ったけどそこまで私は違和感無く見れました。30年も前にこんな魅惑的な映画撮られてたんだって知れてよかったです。
ひとつの小説を読み終わったみたい

少女が少年を演じてるのも
声がアフレコなのも
セリフも演技も違和感があるのだけれど
それが逆に現実離れしていてよい~

ガーターリング~~~
『トーマの心臓』未読。

えーーーあのエロエロなソックス留めなんなんですか???????あとパジャマ!!!!!!!!キスの時に糸引くのも最高!!!!やったー!!!!!!

思春期の抱く自己中心的なありとあらゆる恋愛感情が丁寧に積み込まれている。そのうちのどれかをかつて経験したことを思い出したり、今もそうだと思ったり。なので、セリフや行動がいちいち刺さった。

過剰に思える演出も、幻想的な雰囲気を出すことに成功している。最初の手紙が風に舞い上がるところでやられてしまった。死んだと思っていた蝶が再び飛びはじめてそれを和彦が殺してしまうところなんてあからさますぎるけど、それがいい効果を生み出している。
とりあえず画面がひたすら美しい。

最初は演技がくさいなあと思っていたが途中からまったく気にならなくなった。俳優たちが上手くなったのか、そういう演技が物語に上手く適合していたからなのかは分からないが。

音楽もいい。音楽自体もいいし、使い所もいい。

このレビューはネタバレを含みます

2018年9月17日、出町座にて鑑賞。
母が昔見たと言っていたので予備知識がないまま見てみたら完全に日本版トーマの心臓で驚いた。そしてトーマの心臓のストーリーを頭で追いながら見ていたためラストは少し衝撃的だった。
ガーターと大倉山とフライパンと碓氷湖と深津絵里を足しても、こんな映画はできない。ふつう。
miyayuki7

miyayuki7の感想・評価

3.7
すごいなあー、すごいカルトムービーだ。トーマの心臓を80年代の知性で映画化するとこーなるのかという学びがある。クレジットに富士通の名前があったのはなんだろう…?
amemamema

amemamemaの感想・評価

3.5
耽美な世界観でした。素敵なお話でしたが、あまりストーリーにのめり込めませんでした。
BS2011

BS2011の感想・評価

3.6
少年の設定なのに、すべて女の子が演じていて、声は声優が入れてるからなのか?
同性の恋愛の話なんだけど、同性という特殊性がなくなって・・・
ある意味、自然な感じがするのが面白い。

1999年が未来だった頃に観た時は、世界にはこの4人しか生きてないのかなって思ってたな〜
mononcle

mononcleの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

リアルタイムで見てから早30年なのか。
この作品のどこが、それほどよかったのかはなはだ疑問。少女漫画を実写化すると、こんなに陳腐な作品になりますという典型的サンプル。少女が少年を演じる着想や出演者4人限定という演劇的な構造はよいのだが、薄い肩線にむっちりとした脚。どうしても違和感があるし、随所に挿入されるピアノの旋律や直情的な恋愛表現に目を覆いたくなる。ただ一人違和感がなかったのが深津絵里。やはり、この世界に残ったのは彼女だけと云うのが頷けるのだ。
>|