1999年の夏休みの作品情報・感想・評価

1999年の夏休み1988年製作の映画)

製作国:

上映時間:90分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「1999年の夏休み」に投稿された感想・評価

色んな意味で見応えのある映画でございました。
予告編を見て気になっていたこの作品が阿佐ヶ谷で上映していたので見てきました!

おそらく全寮制の学校が舞台で夏休みの帰省の関係で少年たち4人だけで寮で過ごす夏休みの物語。
あらすじ読めばわかりますが、なんのためらいもなくボーイズラブの映画でした。

この映画、少年役を全員女性が演じるという宝塚的な手法をとってるというのと、あの金子修介が監督なので、トーンが物凄くファンタジー感あります。さすが金子監督!予告編見ればなんとなくご理解いただけると思います。
キャストも4名だけで、その4人の心情だけで構成したストーリーになっています。
なんかそれぞれのキャラクターもよかったし、衣装が抜群によかったな〜。
これ本物の男子がやってたら見てらんなかった感は否めませんが、個人的にはクオリティの高い映画だったと思います(色んな意味で)。とくに深津絵里の少年役は貴重です笑


こんな映画があったんすね!
q

qの感想・評価

3.4
囚われの死
美しい森と湖に幽閉されたギムナジウムと永遠に清らかでいたい少年たち 耽美すぎる…もし本当の少年で撮影されていたら、というのは高望みだろうか
森から立ち昇る朝もやの匂いまでしてきそうだった
ずっとあの世界で清く美しく生きていて欲しい
71

71の感想・評価

-
愛されたい、彼に、みんなに、自分に。漫画のようなセリフそのままで話す。完璧な世界観。でも実写でないとこれはできない気がする
"少女のように美しい少年たち"って改めて読むとめちゃくちゃ違和感あるな
パジャマからのびる脚をつい見てしまってゴクリ…
大変えっちです。
これを普通に男でやられたら汗臭すぎて観てられへん。
中学生だった私達はこんな子達がいるのかと、ドキドキした。
少し成長し深津絵里をテレビで見た時、普通の女性だったのが残念だった。
U4Rn

U4Rnの感想・評価

3.8
美少年役を女の子が演じてるから余計に綺麗でドキッとする。ソックスガーター良い…。ピアノのBGMも彼らの繊細さを表してるようでピッタリ。嫉妬ですら美しいのは美少年マジック。
たたみ

たたみの感想・評価

5.0
異常な映画。そして、こういった異常な手法でしか為し得ない世界観を見事に具現化してて、スッゲエ・・・
文句なしに金子修介の最高傑作!!!!!
ys

ysの感想・評価

4.0
雰囲気が凄く好き。
もっと早く知りたかった。
映画館でみたかった。
kukemaru6

kukemaru6の感想・評価

4.0
デジタルリマスター版を記念して
地元の映画館で上映されました。
観てよかった。

お芝居を見ているようなセリフ劇なんですけれど、

世界観の構築が完璧だと思った。
少年の愛憎劇なのに、全てのキャストが少女だったのはなぜだろう…

4人とも悩みを抱えクルクル回る回る
解決しない問題を抱えながら衝突したり
死の意味から捉われた4人は、
逃れることはできるのか?

ラストシーンは、解放の意味なのか?



小道具、装い細部に渡って完璧。
雑誌オリーブの世界に熱中していた頃に
時間は戻ったように。
憧れの眼差しで、映画に入り込んでしまった。

他のものが入り混む余地が全くない閉じられた世界に感じて。
内面世界を描ききるには、ここまで徹底するんだなあと。

時間が止まればいい、永遠とはこの切り取られた1999年の夏休みのことなんだろう。
akatirom

akatiromの感想・評価

4.0
少女が少年役
宝塚と似た感情だった
美しい とにかく美しい
汚れさや男臭さがない

雰囲気は、海外の映画を見てる感じ

それに、とにかく音楽が美しい
映像にぴったり
サントラ欲しいもん

後から知ったけど、声優を使ってるとは思わなかった
和彦と直人の声めっちゃいい声やなぁ
この子達、女の子やのに声低くていい声だすやんと思ったら、、、
声優さんやったんかぁ
違和感なかったし、声もマッチしてたからとても良かったし、あの声だから和彦と直人の美少年感が強まった気がする
ちゃんと男の子に見えた



あと、、、和彦がジャニーズの小瀧くんに見えて仕方なかった笑
>|