ヤギ、おまえのせいだの作品情報・感想・評価

ヤギ、おまえのせいだ2012年製作の映画)

製作国:

上映時間:38分

3.3

あらすじ

「ヤギ、おまえのせいだ」に投稿された感想・評価

tetsu

tetsuの感想・評価

3.5
配信映画祭で鑑賞。

両親のいない姉と弟がみつけた迷子のヤギ。
そして、彼らが出会った学校の事務員をするおじさん。
持ち主を探す3人のロードムービー。

38分という尺にも関わらず、渋川清彦さんが、相変わらず、期待を裏切らない演技をしているので、安心して観ることの出来る良作。

公園に立ち尽くす、ゆる~いショッキングピンクの服を着たサングラスおじさんや、子供と渋川さんの掛け合いなど、かなり、好みの部分も多く、単作映画というよりも、つい見ちゃうローカルTV局の深夜ドラマみたいな感じが心地よかった。
最近の『柴公園』というドラマの中で、渋川さんが『あたる』という柴犬を飼って、よく連れて歩いているシーンが出てくるが、2012年のこの作品から、イメージしたのでは?と思ってしまう位、渋川さんが、特に良い味出しているし、木下あかりさんや子役の渡辺行毅さんも本当に自然体で、3人が上手く反応しあって生きている。
何かあったのだろう、何だろう?…とずっと引き込まれて、ラストでグッと来る映画。
柴田啓佑監督らしい、美しい映像と音楽が心地好く、映画館で観たかったなと思わせる。
これも年齢を問わず家族で観られる良作。
やっぱり好きだな、柴田監督の映画。