ネコナデの作品情報・感想・評価・動画配信

「ネコナデ」に投稿された感想・評価

2018年2月に逝去した大杉漣が主演した2008年の85分の映画。大杉は共演した子猫を撮影終了後、引き取って自宅で飼い生前最後のSNSのメッセージも愛猫のことであった。本作は大杉と猫の出会いをある意味ドキュメントしているという意味で、大杉ファン、猫好きにとっては見ておきたいもの。本作は配役という点では申し分なく、それぞれの俳優も好演している。
問題は脚本と演出で、二面性を持った大杉、かわいい子猫、美しいが一見冷たく見える青山倫子、直情型の新入社員で最初は大杉に反感を持つ黒川芽以、包容力のある原日出子(大杉の妻役)と最初の10分ほどでキャラクターが出揃えば、展開は想像がつき、物語もその通り進行して終了してしまう。猫好きにとって物足りないのは、猫のかわいらしさや本性がほとんど映像化されていないところ。
評価できるのは、獣医との面談シーンで猫の飼育上の注意が与えられるシーンと、登場時間は短いが雑種でほとんど動かない巨大な猫が(この猫の存在感は、見せ場がほとんどない「主役」の子猫より印象が残るほど)。監視ロボットで猫の遠隔飼育を試みや、猫の飼育ゲームなど、これまでにないストーリー展開に生かせそうなものはあったはずが、まったく生かされていないのは残念。よって本作は出演俳優のそれぞれのファンにはお勧めできるが、猫好きや一般視聴者には物足りない。
ame

ameの感想・評価

2.5
んんん、、、
なんだろ。猫は可愛かったけど。
閉塞的な感じ。息が詰まった。
こく

こくの感想・評価

3.2
仕事のため、自分を殺しリストラ&パワハラに励む中年サラリーマン。日本ならではの話でした。

猫の愛らしさに目がいきますが、大杉漣がいるだけで、映画としてのグレードが上がってるのが凄い。

つじあやのの主題歌も良かった。
Katsura68

Katsura68の感想・評価

2.8
タイトル名に釣られて観た映画。設定が奇抜に感じたが、何を主題にしたかったのだろう。猫の可愛さは文句なし。
🐈2020年19本目🐾

物語は普通。
ただ大杉漣ファンの私としては、この撮影後に実際大杉漣の家族となった大杉寅ちゃんを観れる事が貴重過ぎて、嬉しかった。

某番組で寅ちゃんの事を溺愛する大杉漣を見た事があるので、映画で出会ってこうして家族になったという事実が嬉しかった。

亡くなってからずっと嘘みたいだけど、作品に生きる大杉漣を追い続けるといつもの優しい顔が見れる。

ネコナデの大杉漣は厳しくて頭の固い部長役だったが、猫にだけはめっぽう弱い姿が良かった。
ま

まの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

前から友達から

お前はとりあえず

ネコナデ見た方が良いよ

と言われてて探してたんですが、近所のレンタル屋さんになくて

いつか見るリストに入れておりました。


今日なんとなく番組表見てたら、19時からやるってことだったので

楽しみにして観ました



BGM少なめで割とスローテンポで物語が進んでいく感じでまったり見れました

そういうコンセプトの映画ですよね?多分

雰囲気が好き



ストーリーについてですが、


特に何も感じませんでした。スコアはなんとなくでつけました。


制作サイドも伝えたいこととかもそんなに無いんじゃないかなと思いましたが


絞り出すとすれば



絞り出すとすれば









C班のメンバーのうちの一人のお姉さんのお話が
ん???いる??て感じ

。。。



絞り出すとすれば

子猫に良い意味で振り回された結果

中年のおじさんが会社を辞める訳ですがね

良かったですね、猫と出会えてあのおじさんの人生が豊かな方向に変わったように思います。

「猫は、良いぞ。」

その一言に尽きる映画だなあ








大杉漣だからこそだよなあ

大杉漣と猫の相性良いなあ

「原日出子も、良いぞ。」
marumame

marumameの感想・評価

2.6
大杉漣さんと、ずっとカメラでトラちゃん観察していたい😆トラちゃんのしぐさ行動みてるだけでいいわ!
あとのストーリーはブラック企業の新卒研修のブラックさと、謎の猫通販のもたいさんの理不尽さにイライラしただけ。
ヒラヤマンそんでどこいっちゃったの!?
yuko

yukoの感想・評価

2.8
2019.3.2 札幌プラザ2.5
(ゆうばり映画祭サテライト上映)
つよ

つよの感想・評価

1.0
仕事では嫌なキャラだけど捨てネコを飼うことになる。
猫が可愛いよりも、会社の変な研修が嫌だなとかネガティブなシーンが印象に。
akology

akologyの感想・評価

4.0
この評価点は、猫好き向けの評価です😻
子猫の可愛さは悶絶もの。
子猫に悶絶する、リストラハンターの人事部長を演じる大杉漣の演技も秀逸。
改めて素晴らしい俳優です。

子猫により、日々の仕事のストレスが懐柔され、表情も豊かになっていく人事部長。
嫌なヤツだと思ってた人が動物と触れ合う姿を見ると、ひとたび良い人に転じる。
見ているこちらも、子猫の愛らしさと、その愛らしさにメロメロになる人事部長の両方を見て、頬が緩みっぱなしでした。
>|