20センチュリー・ウーマンの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

20センチュリー・ウーマン2016年製作の映画)

20th Century Women

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:119分

3.8

あらすじ

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、…

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった。

「20センチュリー・ウーマン」に投稿された感想・評価


美しかった。それぞれの人生。
自分が思い描いているようには運ばないのだ。それが生きていくということ。

いろんなことがみるみる移り変わっていく時代。価値観さえも多様化していく中で、それを取り入れながら生きていくのは、違和感を受容すること。

母の逞しさ。息子への愛情は過剰ではなかった。息子も素直でいい子。住人たちもとてもすきになった。赤毛の女性がすきだったな。

エルファニングとてもいい。あのけだるさ。
みぽち

みぽちの感想・評価

3.0
しっとり青春系。エルファニングちゃん小悪魔だが可愛い😈
会話の中でさりげなく「カッコーの巣の上で」のネタバレがでてくるので😱笑、観てない方は注意を…。
外は雨

外は雨の感想・評価

3.4
母子のひとときのコヤネスカッツィ。レインコーツにトーキング・ヘッズ。そっかトーキング・ヘッズはあれ軟弱系だったのかw わたし軟弱系が好きだよ。ジェイミーと思春期に一緒に暮らした人達。母とは違ったそれぞれに世界を垣間見せてくれる。

子供への関わり方っていろいろあるんだなぁって。うちは子供の話を聞いたりしない、理解しようとなどしない。そんな親だったから、なんかへぇって感じで。
1

1の感想・評価

3.3
多分映画館で観ました。すごく良かったし、雰囲気も作品としての流れもテンポもよかったけど、「よくもないし悪くもない」。もうこういう映画って、腐る程あるしなあ、というのが、観て1年経ってからの正直な感想。。こういうの観まくってる人、全部覚えてるのかな?好きだけど、私は多分ダメだなあ。。またいつか、機会があれば観るかも。
やっぱりこの監督の作品の優しい雰囲気、色味や映像が好き。いくつになっても悩みや葛藤はあるけど、強く生きてる女性たちが印象的。思春期にこんな人たちと過ごせたら最高だろうなぁ。個人的には青春モノにあまり共感しにくいので『人生はビギナーズ』の方が好み。私も頑張って自分を保ちながら生きていこうと思った。
1999年のアカデミー賞作品「アメリカン•ビューティー」での働くお母さん役を思いだしてしまうような役所のアネット•ベニング。かなりおばあさんっぽい雰囲気になってきましたが、大恐慌時代をくぐり抜け、波乱の20世紀を生き抜いたけど最愛の息子とギクシャクしてしまう母親役を熱演。というかもはや演技に見えないレベルでしたね。
監督のマイク•ミルズの自伝的な要素も多いようですが、どんな人でもその人が生きた時代の流行りやその当時の常識に影響され、振り回されてしまうことから決して逃れられない無常を感じました。

自分も人生を余裕で折り返す年齢になり、理想主義的だった若い頃に想像した人生とはかけ離れたつつましい人生を送っています。ビートルズ•ストーンズ、ジャクソン•ブラウン、そしてパンクムーブメント、ポストパンク、ヒップホップと、流行りのロックに飛びついて思想的にも強い影響を受けました。サブカル界の流行りに飛びついてるだけなのに、自分は先進的だと思い上がったりしていたので、身につまされる思いがしました。

トーキング•ヘッズファンとブラックフラッグファンの確執はまったく知りませんでした。トーキング•ヘッズファンがハードコアパンク勢から「アート指向の"Fag"」と叩かれていたという話は面白かったですね。
ヘッズは「ワンス•イン•ア•ライフタイム」という曲で、属する時代、コミュニティーの常識にとらわれて自分を失ってしまう現代のサラリーマンの悲哀を見事に描いていました。この映画のテーマとも重なっているように思います。
MS

MSの感想・評価

3.8
それぞれのキャラクターの個性がしっかり出ててよかった。
みんないろいろあるよな。

20センチュリーウーマンって
そういうことか〜。
mengru

mengruの感想・評価

3.9
ジェイミーの目線を通して、ウーマンリブの萌芽期に繰り広げられる年代の異なる女性がそれぞれ直面する精神、身体、人生観の形成と変化。3人の女性がどのようにして精神を病んだのかが明確にされないことである種の倦怠感が漂うが、それぞれに幸福を掴んでいくラストには一筋の光が見える。
fabbienne

fabbienneの感想・評価

3.9
男の子の母親になろうとしている今
あたしが不安に思っていることが
そのまんま映画になっていた!

やっぱり 男の子は
わからない。

でも この男の子は
きっと同年代の子より
ずっと大人なんだろうな。

こんな関係羨ましいな。

周りの環境って
本当に子供にとって
大事だと思うし
その環境をどう捉えるかは
その子次第!!


そして やっぱり永遠なんてないってこと。
ずっとみんなで一緒にいられるなんて
本当にないんだよね。

その時 その時を
楽しめるといいな。
はま

はまの感想・評価

3.8

「人生はビギナーズ」の方が好みだと思いながら観てたけど、こっちの方が「みんなの物語」って感じで開けていて明るい。

一つの時代、一つの人生が終焉に向かっていくこと、それと共に新しい時代が押し寄せて新しい生き物がそこら中に根をはること。女手一つで育てた息子が成長すればするほど「分からなくなっていく」こと。

めちゃめちゃ切ないけどめちゃめちゃ愛おしいな。


個人的にはグレタガーウィグが(役じゃなくて俳優自体が)好きすぎて辛い。
>|