20センチュリー・ウーマンの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

20センチュリー・ウーマン2016年製作の映画)

20th Century Women

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、…

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった。

「20センチュリー・ウーマン」に投稿された感想・評価

キネマMにて鑑賞
15歳思春期真っ最中の息子ジェイミーと、母親ドロシア、この親子と関わる人々を通じて、1970年代のアメリカの空気を感じることができる。
登場人物それぞれに異なる価値観を持っているけど、ゆるく結び付いている。

映画で描かれるのはひと夏の出来事であって、みんな一生一緒にいるわけではない。でも確かにあの夏は同じ場所で過ごした、お互いに影響を与え合っていた。それがなつかしい。というような、あたたかい映画でした。
ちよめ

ちよめの感想・評価

4.1
やっと観られた〜
童貞生殺しにするエル・ファニングがもう本当にかわいい……
多感な思春期の息子と母親の愛情
全員が愛しい

画と音楽が良い
tantan

tantanの感想・評価

4.5
監督の父親を描いた「人生はビギナーズ」はたぶんトップ3に入る好きな映画だけど、

対比して観ると、男性監督の母親への想いはすごく大きいのだろうなぁと思った

でも実際あんな変な女たちに囲まれて思春期をすごしたら、イカれた子になってしまいそうだけど
どこまで実体験なんだろ

こんな母親の気持ちを自分もいつか味わうんだろうか。
何度か声出して笑った

もし、わたしが母になり
彼女のような言動をとって、息子があんな表情をしてたら
この映画を観かえしてみてよ、わたし。
jemmy

jemmyの感想・評価

3.0
ちょっとmommyという映画を想い出した。mommyほど重くないけど、親子の愛と苦悩が似てた?
ファッションや映像がいちいちお洒落な映画でした。
複雑さの中で生きるのが難しい上に、それを説明するのも難しい。

昨日電話で複雑なものを説明しようとしてくれたひとに私はもっと温かく耳を傾けられたはずだと思った。
ととし

ととしの感想・評価

4.1
M.ミルズ監督曰く「1979年は現代に繋がる全ての始まりの年だった」
「アメリカンビューティー」の頃は元宝塚のようなA.ベニング がすっかりD.キートンのように…なってるのは見た目だけで、大戦前にはパイロットまであと一歩だったパワフルばつ1母さん(55)に。女手一つで15歳の息子ジェイミーを、古い屋敷で下宿屋をしながら育てます。店子の写真家アビー(24)とジェイミーの幼馴染ジュリー(17)がタイトルの「20センチュリーウィメン(原題は複数形)」であり主人公達。
思春期の息子との距離感に悩む二世代差(40で出産)の母が身近な若い娘達を巻き込んで…というコメディか、はたまた陰鬱とした哲学系かと思いきや、地に足ついたリアルな79年(重要!)の青春ホームドラマでした(陳腐な言い方w)キャラクターの掘り下げ方がハンパなく、エキセントリックな芝居はカケラもありません(^^)ジェイミー役のルーカス・ジェイド・ズマンは演技もルックスも将来楽しみd(^_^o)
音楽メインの「シングストリート」まではありませんが(時代的にはその数年前)今作もパンク、ニューウェーブ(若い人は知らない言葉でしょうw)がかかりまくり♫トーキングヘッズ、スージー&ザバンシーズ、ディーヴォ、D.ボウイ、の一方で、母サイド的にベニーグッドマン楽団やルイアームストロングも。
79年、フェミニズム時代到来を声高に(主題として)叫ぶ観念の話ではなく、この年に生きる様々な世代の女性達のリアル、温もりを、少年が肌感で理解していく様に共感できる物語でした(=´∀`)人(´∀`=)
エル・ファニングが観たくてきたけど、グレタ・ガーウィクがむちゃくちゃ魅力的、すっかりファンに。フランシス・ハもジャッキーもそういえばとても良かった!!

10代のもやもや鬱々とした気持ちに共感はするものの没入はできなくなっている自分についに気付いてしまったなあ寂しい
JUN

JUNの感想・評価

4.5
エル・ファニングが道を歩きながら煙草を吸うシーンで良い‼ってなった。
RYUP

RYUPの感想・評価

-

息子に掛かる母の愛。
”男子”である自分自身も思春期に経験した
この”ウザさ”の共感。
当時、監督自身に影響を与えた立場も主張も変わりつつある”強き女性達”。
『人生はビギナーズ』では父を、そして今作は母を懐古するモノローグ。

少年の頃には
鬱屈や反発の側面を感じた彼女達との記憶。
物事が少しはスマートに理解出来る大人になった今、その愛情と影響の深さが輝かしい。 (女優等の素晴らしさの補正もあるかも?)
時折インサートされるポートレートや当時の社会の断片。
70年代と言う一つの文化の終焉とやって来る新時代。
”人”だけではなく”時代”もまた人を形成して行く。

オフビート調であれど印象深い作品。
そしてCクロウやRリンクレイターに引けを取らぬ自身の矜持を数々の楽曲と共に綴るセンス。

たまには疎遠がちな母や父と「あの日、あの時」の話を語り合うのも良いかもしれないな。


監督 マイク・ミルズ
CAST アネット・ベニング エル・ファニング 
グレタ・カーウィグ ルーカス・ジェイド・ズマン ビリー・クラダップ etc

原題 『20th Century Women』
2016年 アメリカ 119分

http://www.20cw.net/

Talking Heads
『Don't Worry About The Government 』
https://youtu.be/s9CjnDufqeQ

Louis Armstrong 『Basin Street Blues』
https://youtu.be/qRjT4h7F_jw

The Raincoats『Fairytale in the Supermarket』
https://youtu.be/MMB1WMi-jEI

Siouxsie And The Banshees 『Love In A Void』
https://youtu.be/xdZypJsMs9Y

David Bowie 『D.J』
https://youtu.be/QgPUxjQOk-w

Black Flag 『Nervous Breakdown』
https://youtu.be/302oEzSPCqE

Talking Heads 『The Big Country 』
https://youtu.be/dErdvJrv8JE

『Koyaanisqatsi コヤスカッツィ』trailer
https://youtu.be/PirH8PADDgQ
>|