20センチュリー・ウーマンの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

20センチュリー・ウーマン2016年製作の映画)

20th Century Women

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、…

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった。

「20センチュリー・ウーマン」に投稿された感想・評価

ゆう

ゆうの感想・評価

3.9
エルちゃんのタバコの吸い方がそれっぽくて萌える。古き良き大人と若者の対立。
POPCORN

POPCORNの感想・評価

3.8
クスクス笑えて、ジワジワと泣けるそんなお話。

サンタバーバラ 1979年が舞台。
たぶんだけれど息子ジェイミーが2000年位から過去を回想し、平行して2つの時代を描いた作品です。
なので、不思議な錯覚を起こす。
あれ?これはどっちの感覚だったけって。
だから今作には、深みが生まれ、おのずと観ている側に、謎解きをさせてくれる。
でも、根幹はシングルマザーの子育てのお悩みなわけで…。そこで主人公ドロシーは、〝息子を良い男〟育てるべく、2人の女性に協力を仰ぐ。この2人も癖のある人たちだからこそ、様々な展開を見せることになるですが…
是非、一件のか価値のある作品だから、迷わず、噛みしめるよう作品内は入り込んで頂きたい。
母親ドロシーの深い愛情が滲み出て、ラスト心地いい高揚感に誘ってくれます。
iku

ikuの感想・評価

3.7
パーソナルな視点でパーソナルな感情が滲み出てて、それが効果的にこのお話をとても魅力的にしてる。わたしもパーソナルな気持ちで観れた。上手く言えないけど、好き。
わたしも"軟弱派"だからね。
Shiho

Shihoの感想・評価

3.5
幸せとはなにか。社会はぜいたくや消費に向かっていく。でもそれらは本当の意味で満たしてはくれない。繋がることや愛がヒントだと伝えてくれている気がした。
そして、シャツの着こなしがおしゃれ。
なんてことない物語こそ、リアルで人間味があっていい。
何気ないセリフに人生の深みが詰まっていた。音楽のセレクトが良かったのでサントラ聴きたい。
20世紀を生きる各世代の生き方が観ていて何故か心地いい。音楽が良い。
ぷえみ

ぷえみの感想・評価

4.4
セックスしたら、友情は終わり。

好き。映像も音楽も好き。アートかぶれのトーキング・ヘッズ(笑)ジミー・カーターの演説、私もbeautifulだと思った。
人生はビギナーズも絶対見よーっと。
YoshiMia

YoshiMiaの感想・評価

3.8
思春期真っ只中の息子を持つ
年老いたシングルマザーと
同居人のパンク女、
息子の幼馴染の女の子…
と、3世代の女性が
息子を成長させようと奮闘するお話。

エモい。でもエモいだけじゃない不思議な空気感…


15歳の息子君からしたら
性と大人のクラブ活動を
レクチャーしてくれる同居人って

すっごい刺激的で
全男性が憧れるだろうな、と思いながら見てました。。


だってセックスの女性の本音とか
どう口説かれたら嬉しいか、なんて
聞ける人いないじゃんね!



引けを劣らず幼馴染の
エルファニングもいい味出してます。

彼女はやっぱり
こうゆう"輝く田舎もん"
みたいな役やらせたらピカイチ!♡
あと妖精役ね!
いや、カントリーな役も似合うし
女神も適役だし

そりゃ引っ張りダコなるわぁ、、



顔のパーツのアンバランスさが
唯一無二を作ってて
整形じゃなれないやつ(*_*)




このママも息子の好きな音楽を聞いてみたり
クラブ行ってみたり、、

なんとも息子を理解しようと必死なのが良かった


"私よりも幸せになってほしいから"
と言う母に
"僕は母さんさえ居てくれれば幸せだよ"
と言う息子。


私も将来そんなん言われたい…!!




時代背景とリンクさせながら
自分の将来の姿を
ナレーションするシーンが
凄く凄く新しく感じて
印象的でした。
Ryou

Ryouの感想・評価

3.9
15歳 思春期を迎えた息子と
その息子の教育に悩む母親
そして そんな親子の手助けをする者たちとの
どこか可笑しくでも優しく温かい愛の物語
何もかもが興味深かったあの頃
今思えばほんと複雑なことばっかだったよなぁと

印象に残るセリフばかりだし
柔らかく愛しい雰囲気は素晴らしいけど
話の流れとの足並みが揃ってないような気がした
エル・ファニングとグレタ・ガーウィグ良かった
こぅ

こぅの感想・評価

4.7
マイク・ミルズ監督の【ヒューマン・ドラマ】。

1979年のカリフォルニア、シングルマザーの
ドロシア(アネット・ベニング)は15歳の息子
ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)との
関係に悩み、同居人の女カメラマン、アビー
(グレタ・ガーウィグ)と、幼なじみのジュリー
(エル・ファニング)に息子の世話を頼む…。

豪快に生きてきた母ドロシアも愛する息子には
繊細で臆病になる。2人の女性にサポートを頼ん
だからこそ、少し反抗期の息子ジェイミーも
やっぱり【母が一番必要】だと気付き、そして
素直になれた。母もやっぱり自分が一番息子に
必要なのだと確信し、晴れて堂々となれたのだ。
(よく聞く、親も子から学ぶ或いは勇気、元気を
もらうに近い。)
どのピース(シーン)も無駄、不必要なものは
無い、或いは何かが欠けても成り立たなかったの
だと思う。

大きな事件が起きるわけでは無いが、グッとくる
セリフが散りばめられた【脚本】が素晴らしい。
音楽も撮影も素晴らしい。
いつも息子に【お前なら大丈夫】と言う母親像が
素晴らしい。
監督の母親がモデルらしい。

カメラマン、アビー役のグレタはカルトSF
【地球に落ちてきた男】の主人公の髪の色にした
という柄にあった好演を見せ、幼なじみジュリー
役のエルもまた違った役を好演して見せた。が、
何と言っても素晴らしい母親を演じた昔からファン
だったアネットは文句無しに格好良く素晴らし
かった。


マイク監督は【古き良きアメリカ】を描き出し、
現代に訴えかけてるかのようだ。悪人は1人も
出てこない心地良さ。何度で味わえる、味わい
たい、また観る度に新たな発見のありそうな傑作だ。
>|