20センチュリー・ウーマンの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

  • Filmarksトップ
  • 20センチュリー・ウーマンの作品情報・感想・評価

20センチュリー・ウーマン2016年製作の映画)

20th Century Women

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、…

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった。

「20センチュリー・ウーマン」に投稿された感想・評価

二回観た、いつまでも観ていたい。
対話の物語、なので、母子のナレーションが交錯するオープニングの時点で感涙。

植物が絶やされていない、ドロシアの作る家をとても豊かと感じた。
登場するフェミ本をぜんぶ網羅したい。
lp

lpの感想・評価

2.3
所々笑えて面白かったけど、全体では話の設定自体に共感できず、あまり嵌まらなかった。「つまらない」ではなく「自分には合わなかった」って感じでした。
6.28/神戸国際松竹/シアター4:D5 午前割

こんなティーンエイジャーシーズンがあれば。
を2時間だけ体験できるのも映画の最良の特権。

p.s mommyと2本立てでみたいものだ〜
ayumu

ayumuの感想・評価

4.2
誰ひとり未熟ではない者がいない中での色々な出来事に飲み込まれ、実は最初の場所にあったんだと気付けたものは回り道をして、させたから向き合えたのかも。
様々な「I'm sorry」がなぜか耳に残る。
使われている曲たちも良かった。
パンフレット完売が心残り。
Nagisa

Nagisaの感想・評価

4.7
思うことが多すぎて書けない

物事をよく見ることの出来る母親、そして愛が大きすぎてうらやましい
あそこまで子供の成長から逃げない母親、そうはいないんだろうな

エルファニングのふかしてたのさいこう

人生と音楽は切っても切り離せない〜🦄
ry01

ry01の感想・評価

4.0
『ジャッキー』に続いて、グレタ・ガーウィグが超いい!マジ男前で美しすぎた〜。
『ネオン・デーモン』に続いてエル・ファニングも堪能できるし、今年はいい年だなって。
ぽん

ぽんの感想・評価

-
結局何が言いたいの感はまあ否めない…けど好き。笑える。構成とか早送り(?)みたいな演出とか飽きない。自分を持つことと自分と異なるものを拒絶することは違う。変化を怖がらずに生きていきたいね。ずっと続く気がしてる「今」は簡単に「過去」になるんだよなってしみじみしてしまった。
ぶんご

ぶんごの感想・評価

3.7
ごめんなさい夜勤明けで観に行って途中少し寝てしまいました😞
男女で観に行って若干気まずくなりました。でも良かったです🌻
マイクミルズで期待し過ぎたか…ちょっと退屈した。でも映像風景やファッションは好きなテイスト。
>|