人生はビギナーズの作品情報・感想・評価

人生はビギナーズ2010年製作の映画)

BEGINNERS

製作国:

上映時間:105分

3.7

「人生はビギナーズ」に投稿された感想・評価

いの

いのの感想・評価

5.0


村上春樹の小説(のいくつか)をとても愛してきたように、私はこの映画を愛していくと思う。そんな気がする。きわめて個人的な映画。


これは、暗闇に飲み込まれないように生きる人々の物語。暗闇に飲み込まれないようにと生くゐ人々の、ささやかな物語。いつもうまくいかなくて、だからどうしても、うまくいくとは思えなくて、うまくいかないようにしてしまう人たちの、物語。


一緒にいても私は、あなたの喪失感を埋めることができない。一緒にいても私は、あなたの孤独を癒やすことができない。私の横にいる愛する人が、自身の抱える喪失に苦しみ、孤独にふるえている。それなのに、何もできないこと。その苦しさ。いたたまれなさ。


愛していても孤独なこと。愛しているから孤独なこと。愛している人が、私と一緒にいても、決してその孤独からは逃れられないこと。一緒にいても、辛そうなこと。全然幸せそうじゃないこと。


それでも。私は、ここにいたいと思う。あなたと一緒に、いたいと思う。

そのような映画だと、私は思いました。





近しい人には、村上春樹の小説を好きな人がいなくて、それはもうずっと自明の理のようにそうだったから、それが私には当たり前のことだったから。この映画も同じかもしれないな。(でもこの映画に限らず、たいていの映画は、そういうものなのかもしれないし、心から愛してくれる人が少数でもいたら、それで良いという映画もあるのだと思う。)そんな気がします。きっと、この映画を創り上げることで、監督は救われたんだ。

チェストの引き出しを開け、声に出さずに泣くアナ(メラニー・ロラン)。この映画は声に出さずに、ずっと泣いている映画です。でも、アナはオリヴァー(ユアン・マクレガー)には、自分が泣いていたことを知られたくなくて、彼が来る前に涙を懸命に拭き取る。そのように、泣いていたことを、誰かに知られたくないような映画です。そして、涙を懸命に拭き取ったのにも関わらず、泣いていたことが、相手にはしっかり伝わってしまうような映画でもあります。オリヴァーの父も、母も。
どうしても泣いてしまう。そのことを相手には知られたくない。でも相手はそのことを知っている。それが暗闇に飲み込まれることを、おしとどめる。やっぱり、上手く言えない。
大人になってから見て良かった映画、人生は複雑なようで意外と単純なのだ。
okanan

okananの感想・評価

-
ポップな感じかと思ったらそんな感じではなかった。

テンポよく進む中で挟まれる時間の確認がよかった。

人生について考えさせられる映画!とてもオススメ!
Leo

Leoの感想・評価

3.8
役者陣のバランス、絶妙。

マイク・ミルズのイラスト、最高。

ジャック・ラッセルの可愛さに癒される。

全体的な温度感が心地良かった作品。
mis

misの感想・評価

4.0
”神よ どんな努力でもする“

お父さんとお母さんの、そのあり方が素敵
マサ

マサの感想・評価

3.0
母親が死んだあと、父親がまさかのカミングアウト!普通はそれでわーきゃーだったりドタバタしそうなものだけど、すごく静かに描かれてる。時たま登場する飼い犬のセリフが印象的。息子と父親の恋人との距離感もすごいリアルだな
moe

moeの感想・評価

3.2
ジャケットとは違って、重たいストーリーでした。
ゆったりと、その重たいテーマと向き合って受け入れていくオリヴァー。
思ってたような内容ではなかったこともあり、なんかこうしっくりこなかったけど、タイトルの意味が理解できた気がします。
いつでも一緒のアーサーがかわいい。
Kanako

Kanakoの感想・評価

3.6
何事もはじめの一歩が大事で難しいってのは、なるほど〜ってなったな
るしお

るしおの感想・評価

3.5
いぬが可愛すぎる。
もう結婚したの…?って。

あと、私もユアンマクレガーによしよししたい…
chiharu

chiharuの感想・評価

3.9
幸せ初心者が不器用に幸せに向かっていくお話。🐕🐕
マイクミルズ監督の新しい作品が出たらまた観たい!
>|