キッズ・オールライトの作品情報・感想・評価

「キッズ・オールライト」に投稿された感想・評価

mie

mieの感想・評価

4.0
こういうカタチの家族があるんだなーっと。
結構好きな作品だった。

ムーアさんってレズビアン役多いね。
アカデミー賞ノミネート作品。
マーク・ラファロさんが初めて助演男優賞にノミネートされた作品で、来歴にはまだたまに載ってますね!

同じドナーの精子提供で、それぞれが子供を産んだゲイのカップル。その子供達が思春期となり、精子提供者に会ったことから家族に変化が訪れます。家族とは?夫婦とは?親子とは?

を問う、というと難しそうかな。
でもけして重すぎない作品に仕上がってるのは子供たち含めキャストのみなさんの巧みさだと思います。
ただ、浮気的なベッドシーンもあるので、苦手な人は苦手かなぁ……

家族を持つ事の大変さと、難しさ。それ以上の素晴らしさ。親は子を愛して、子も親を愛する。
愛があれば、子供達は大丈夫!

個人的にはポールにそりゃモテるわ~!!って絶叫するやつです。色気がとてもすごい。
けしていい人ではない、確実にトラブルのもとになってる!でも憎めない!のはちゃんと作中で否定があるからかな~!
最後に「で、ポールは!?」って感想が残るのがラファロさんファン目線の意見かな!!!!
ぽん

ぽんの感想・評価

3.0

子供たちは、何があっても
すごく真っ直ぐで変わらなくて
自分を持っているところが良かった。

93本目
Matilda

Matildaの感想・評価

3.4
Twitterで評判がいいイメージのある今作。冒頭がとても好きだったのでこのままいける!と思いましたが予想外の展開に唖然。今の私には難しかったかなと思いましたが、観てしばらく経って、じわじわとこの作品の良さを感じています。

ジュールズとニックはレズビアンカップル。精子バンクを利用して2人の子供をうみ、家族4人で幸せに暮らしてきた。長女のジョニが18歳になったある日、彼女は弟のレイザーとある人に会うために行動に出る。それがきっかけで家族の仲は変わり始め…。

なかなか上手い映画だなと思いました。子供2人も発言や行動がなんとなく母親たちに似ていて、そして途中で登場する「あの人」にも似ていて、繋がりを感じさせました。俳優さんの演技力があってこそ。
個人的には理解できないところもありましたが、家族はこうであるべきだとか、子供はこう成長すべきだとか、親はこうあるべきだとか、そういうのってきっとみんなバラバラで、人の数だけ答えがあるような話だと思うし、それをこの映画は物語っていたなと思いました。

結婚しただけじゃ、家族になるだけじゃ、きっと関係ってずっと続かなくて、いくら名前のある関係になったとしても当人同士が努力をしなければ、いい関係は継続させられない。大切な人と一緒にいることって、大切だから難しいんだと思います。大切なものが近くにあると、その価値を、それがどれだけ幸せなことなのかを人々は忘れてしまう。
aya

ayaの感想・評価

3.1
完璧主義な女の人は見てて息苦しい
両親どっちもお母さんってどんな気持ちなんやろ子供達の心境が知りたい

キャスト全員観たことあってこの映画観たっけってなった
綾

綾の感想・評価

-
優等生なのにヤケにやって大人になろうとするミアちゃんがスーパー可愛い!
 マーク・ラファロ演じるポール目線で観ていたら・・・。自由に生きると家庭を持つことができないという悲しい現実を見せられるので、人ごとに思えず不安になる。ちょっと救いが欲しくなる所だが、この映画に限ってはこれが最良の形なのかな。ともかくミア・ワシコウスカが可愛いので割と楽しめた。庭師のオッサンがとばっちり受ける所が笑える。絶対コカインやってないだろ。『20センチュリー・ウーマン』に似てる。同作と本作は裏返しの設定になっているので比較すると面白い。個人的には『20センチュリー・ウーマン』の方が好きかな。
母親たちがレズビアンなだけでいたって普通の家庭。子供たちもちゃんと受け入れてるしすごい良い家族だと思う。ケンカなんてどこの家庭にもあるしキッズオールライトです!浮気のシーンもあったけど、もう男でも女でもどうでもよくないですか、性別とか面倒くさいです。それにしても愛って難しいですね。ポールの存在は今までになかったパパみたいな人で新鮮だったんだろうな。その分あんなことされたら嫌いになるよね、うん。家族の形とかどうでもいいし、勝手に子供は成長する。ラストのジョニとレイザーの表情は肝が据わってたように見えました。精子提供者ってどんな関係になるんだろ、、、
アリサ

アリサの感想・評価

3.5
レズビアンカップルに育ててられた姉弟が自分たちの生物学上の父(精子提供者)に会いにいくおはなし。
こんな女親がふたりもいたら子ども大変だなあと終始思った。レズビアンカップルの苦悩もいろいろあると思うけどやっぱり女は女だからそれがふたりいたら情緒の部分で大変で2人ともその部分が異様に濃い。
八つ当たりしちゃったり、自分で抑えきれない感情が切ない。
前情報なしで映画を見始めたので、マークラファロが出てきてラッキー。
彼が出てくると作品をみるのに安心する。ちょっとダメな男がいい味になる。
一番大切なひと愛する人をちゃーんとだいじにしよう。幸せにしよう、と思った。
なな

ななの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ジョシュハッチャーソンがよき。
しょうがないとは思うけどやっぱりポールが…。
いいことをしたとはまったく思わないけど、扱いはやっぱそうなっちゃうかな〜。
>|