20センチュリー・ウーマンのネタバレレビュー・内容・結末

20センチュリー・ウーマン2016年製作の映画)

20th Century Women

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、…

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった。

「20センチュリー・ウーマン」に投稿されたネタバレ・内容・結末

面白いけどフェミ思想すぎてウッてなったり、親との距離近すぎてマザコンかよ…ウッてなった。女の人も男の人もあまり利口に描かれてないように感じる。セックスする気がない女を隣に寝かしちゃダメってのは感心した。
とても良かった。
アネット・ベニングが素晴らしい。
「私みたいになって欲しくない」「幸せになって欲しい」で泣けた。
ジュリー役のエル・ファニングもとにかく美しい。
70〜80年代のパンクバンドがたくさん出てきたのも個人的にツボ。
ファッションやインテリアもポップでかわいかった。


「私1人ではダメだと思って…」
「??僕は母さん1人で大丈夫だよ。」
親の心子知らず。だよなあ。しみじみ。


このひとことに尽きるのでは。
70年代アメリカの空気。暖かい光に包まれた綺麗な映像とマッチした音楽がとても素敵。

特筆すべきはエルファニングの美しさ!
物憂げな表情をするとセクシーなのに笑顔になると急に幼く見える。光の中にいる彼女の美しさに同性でも見惚れてしまう!
危うい色気とでもいうのかしら。

15歳のジェイミーは青春真っ盛り。
友達とバカをやってたり、恋やセックスに憧れを抱いて。
彼は多感な時期にちょっと変わった人達と出会い、影響を受けていく。人間って一生のうちに出会う数が限られている、と聞いたことがある。それなら誰と、どういう時期に出会ったのかということがこれからの人生に大きく影響していくのだろう。良くも悪くもね。

アネットベニング演じる母はサバサバして頭が良く先進的かつ社交的に見えて、息子との距離や扱いに悩み、この先の人生を1人で生きていくことに不安を抱え、それを隠し、女として終わったと思われている自分に悩む。
母だってさ。女なんだよね。いつまでもさ。

なんとも不思議な映画でマイクミルズ監督の前作『人生はビギナーズ』と同じくそれぞれの人生をすこし遠いところから眺めているかのような味わいだった。
あとね音楽。やっぱりオシャンだわ。
思わずサントラをポチリ!
全員がから回ってる感じが愛おしかったです…
お母さんが息子の気持ちを理解するために若者の流行を知ろうとして、息子の好きな音楽で踊るシーンが最高でした
音楽も映像もストーリーもキャストも何もかもよかったです

レコード流してダンスするシーン大好きです。
あーこんな先輩たちに囲まれて幼少期を送ってみなかったと、終始憧れの眼差しで見ていた。この時代のカルチャーを勉強する手ほどきになった。
音楽と映像が綺麗な映画。

どことなく「her」に似た映像の雰囲気を感じたけど、全く関係ないっぽいね。

青春・音楽・セックス・シガレット…という、それだけでなんか退廃的というか気怠い響きがゴロゴロ転がってるのは大変好き。
ブラック・フラッグやトーキング・ヘッズをここまで作中に登場させた映画はかつてあっただろうか…

ただ、なんとなくドロシーの芯の強さというか、そういったものが何となく非リアリティとして強く映ってしまったように個人的に感じてしまったため、あまりドロシーにのめり込めなかったのが非常に残念。「ライ麦畑でつかまえて」読了後に観たせいもある。

エルがちょこちょことグレタから影響を受けてる節があるので、もうちょっとこのふたりの絡みが欲しかったかもしんない。

個人的にラストの皆のその後みたいな説明が非常に嫌い。非常に蛇足感を感じるし、みんなのその後に思いを馳せるような余韻を感じられなくなったのが、ディ・モールト残念。母ちゃん死ぬみたいな説明が前半でなされるのはとてもよかったけど、この説明だけでいいわ。

バズコックスのED曲は大変よかった。
セックスさせてくれない女の子を隣に寝かせちゃダメ、自信が奪われる。
いやはやそのとおりだよ。最後まで自信奪い続けたジェリー。あの頃ペニー・レインと感漂っておりました。

フェミニズムの参考文献にいちいち抉られた。

主人公の男の子の、少年の薄さと色気が移りゆく10代って感じでよかったし、その他キャストも綺麗すぎないところがよかったです。
よかった。'17上位食い込むぞこれ、、

オシャレ具合と、ストーリーの具合がどタイプでした

共感すべきじゃない、共感できないひとの方が幸せなんだろうなっていう点に共感してしまって、自分自身のことを振り返ってしまって、、笑、内省した。

母が息子へと送る視線に涙が出た。

以下引っかかったセリフについて


セリフは正確に覚えていないけど、"i know him less and less everyday." という感じのセリフや「あなたは外の世界の彼を見れるのね」っていう感じのセリフが切なくて。
小さい頃は家族が世界の中心で、むしろ家族こそが全世界で、だからこそ親は子どもの全てを知っていたのに
know less and lessになっていくのって
当たり前なんだけど。親離れ子離れって当たり前なんだけど。切ないなっておもった。寂しいよね。

strengthが何より大事だって語っていたエルファニング、すごくわかるなあ、

恋の痛みを知ることは世界を知るための有効な方法だってこんな感じのセリフもよかった。

あとひとつ、すごく好きなセリフあって、それは手帳に書いておく。
『20センチュリー・ウーマン』鑑賞。1970-80年代の母子家庭を題材にした監督の自伝的作品。
経済状態も不安定、政治状況も不安定、そんな中で青春を過ごすジェイミーの心はもっと不安定。そして、父親がいないことに後ろめたさを感じるジェイミーの母ドロシアは、新しい恋もせず、子育ての協力をを同居人のアビーやジェイミーの幼馴染ジュリーに仰ぐ。すべての動機は「私のようになってほしくないから」しかし、その本意はジェイミーには伝わらず、ジェイミーは母親に不信感を抱くようになる。アビーやジュリーによって教えられる若者の世界は、ジェイミーにとって少し刺激の強いもので、喫煙や飲酒などどんどん不良行為を学んでいく。それにドロシアは苦言を呈するも、子育てを放棄したと思われているジェイミーには届かず、二人の心はすれ違っていく。
最後の対面して本音をぶつけ合うシーンが白眉。「母が居れば何もいらない」と訴えるジェイミーのいじらしさよ!ジェイミーの青春の渦中にいたそれぞれの登場人物が、どのような余生や人生を送ったか述べられる最後のシーンもとても良かった。画作りが少しドランやリンクレイターに似ているかも?
それにしても、エル・ファニング死ぬほどかわいいなぁ。。。
>|