20センチュリー・ウーマンのネタバレレビュー・内容・結末

20センチュリー・ウーマン2016年製作の映画)

20th Century Women

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:119分

3.8

あらすじ

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、…

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった。

「20センチュリー・ウーマン」に投稿されたネタバレ・内容・結末

子どもの望めない女性に「子どもを持つことは人生で最大の経験?」と聞かれて、イエスと答えるのはとても重いことだけれど、それ以外の答えはないと思う。

子どもが興味を持つことを知ろうとするのはどこの国の親もやってしまうのかな。
親と子は、一番近くにいるはずなのに育つ時代が違いすぎて分かり合えないことが多い。

それにしてもエルファニングは可愛すぎる。
男の子も初めてみたけどとっても可愛かったな。
これはかなり好み。
ディスク欲しくなった。
音楽のチョイスと映像が自分のツボを押さえてきた。
父親の代わりに2人の少し歳の離れた女の子に育ててもらうなんて、自分なら"育てる"っていう発想にもならなさそう。
母は偉大だし、2人の女の子も偉大だ。
子どもを育てるってきっと難しいことだけど、心配しなくてもいいよ、って言ってくれる映画なのかな、とか思ったり。
大人になって、子どもができた時にみたらまた違うのかな。
またみたいな。
目にかわいい映画!

ジェイミーが本当に可愛い。反抗的に時代に立ち向かおうとする姿勢、母親を思うが故に尖ってしまう態度、素直でいい。息子のように思えてくる。

一人の女性の人生だから、これから年を取ってから観返したい映画だと思った。

カルフォルニア州サンタバーバラ、素敵なところだなぁ。この映画に使われた音楽や登場した映画、書籍を一覧にしたくなった。私の人生を彩ってほしい。

ドルシアの台詞「幸せかどうかなんて考えてたらうつになるわ。」が妙に突き刺さった。その通りだと思う。私なんてうつになりかけてる。自分の生き方がしたい。


p.s. エルファニング 可愛すぎ!
どちらかというと男性に向けた作品であるように感じられた。

この映画に関して結論ありきで結局男なんて・・・云々言ってる人はちゃんと映画観ましたか?Twitter見過ぎじゃないですか?
昔から主人公はずっとエル・ファニングのこと好きなんですよ???

女性を過度に理解した振りをしようとする主人公も男性の無知に過度に怒るアビーも両方皮肉。
やばい。全然面白さが分からなかった。

いつでも観るのをやめることができたくらい先が気にならなかったし、1つ1つのシーンからもなにも感じなかった。

アビーの”Menstruation”のくだり

アビーの撮った外の世界のジェイミーの写真

が良かった。

ジェイミーがジュリーに「話しをするだけなら来るな」的なことを言った後のジュリーの反応は男なら誰でもキュンとくるんじゃないでしょうか。

口直し的な感覚なのか、“Somewhere”とか”ファミリー・ツリー”がまた観たくなった。
あーもっかいみないとだめだ!
話が淡々と進みすぎて、
朝一で見たら眠くなってしまった、、
画、色、とても綺麗。
感情的にならない、あのお母さん、
私もそんな人になりたい
きっと、子供が生まれないと
このお母さんの苦しみが
わからないんだろうなあ。
予想してたのとは違ったけど、話の進め方が好き。最後、母さんがいれば大丈夫。っていう一言がとてもよかった。
お母さん深いわー、育てるって大変。

印象的なセリフ「恋の痛みを知るのは世界を知る術」、「人生の先輩として親としての愛情はいい人間の定義を問う」

子供の教育は自分が歩んできた幅の人生しかないから幸せにはなれないと思ってたけど子供はそれ以上に自分の愛情だけをしっかりと感じとり、自分以上を幸せを描いていたのかな。愛情があればなんとかなるってコレ(笑)

私じゃできないから教育して!と言ってもしっかり監督してぶっきらぼうに愛情注ぎ込んでいたのが所々見えて、愛情っていいなぁと思えた。

最後は詰め込んで急展開だったけど少しずつジェイミーから影響を受け人生を変化させていったところ、人間って面白いなぁと思った。母がどんな人だったか語るに語れないのは自分(私)みたいに多くを感じとって欲しいことで余韻を残したのかな。

あのクラシックカーが欲しい
マイク・ミルズによるお母さんの話! 最高に決まってるじゃん…

息子の語りと母の語りが交錯、回想形式、こんな構成見たことないなと思ったけど、短編オムニバスや自伝の再現ドラマに近いのか、でもちゃんとドラマ映画になってるからすごいな。よくある一夏の思い出映画とは明らかに違ってるあたりも良い。早回しの演出、音楽、露光に失敗したかのように虹色に歪む映像、過去作に比べて作品のトーンが洗練されてるし、全部好きだった。

ファッション、家具の色が好き。

良いお母さん。かっこいい。「息子は子供だけどひとりの人間として扱って」真っ当すぎる…学校サボる理由を一緒に考える、最高。
息子が好きなものを理解しようとパンクを聞いてみる姿が全部良い。
母親の回想で語られる失神ゲームのくだりなど、母親と息子では印象的に覚えてることが違う、あるあるも感じた。

「恋の痛みを知ることは世界を学ぶ有効な手段」さらっといいセリフ。

タバコも良いアイテムになってて。

アビーが自分の持ってるものを撮影して並べたポラロイド写真はInstagramみたいだなって。面白い。

女を知ることは母を知ること、いや違う。母以外の女を知ること、親離れすることか。本質。面白い。

食卓で女性性についての暴露大会、痛快だけど困るよな。男性が女性を語る幻想を否定し女性が女性を語るように男性も男性を語ればいいのに、何故かっこつけるのか、と挑発するようでもあり。

アビーもジュリーも、出てくる人たちみんな好きだったよ。

ポスターもいいよな、お母さんが真ん中。僕は端っこで。

そしてみんなバラバラになって生きていく。しみじみ良きかな。
あなたは、外の世界のジェイミーが見られて羨ましいってアビーに言うの、
母親として、共感。

最後、"ぼくは母さんがいればいい"って言うシーン、

私みたいになってほしくない、幸せになってほしいとママは言ったけど

ジェイミーと生きるだけで、彼女は幸せだったはずなんだよね。

不器用な母を深く包み込むジェイミーの言葉でした。

彼は、成長したってこと。
>|