20センチュリー・ウーマンのネタバレレビュー・内容・結末

  • Filmarksトップ
  • 20センチュリー・ウーマンの作品情報・感想・評価

20センチュリー・ウーマン2016年製作の映画)

20th Century Women

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、…

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった。

「20センチュリー・ウーマン」に投稿されたネタバレ・内容・結末

セックスさせてくれない女の子を隣に寝かせちゃダメ、自信が奪われる。
いやはやそのとおりだよ。最後まで自信奪い続けたジェリー。あの頃ペニー・レインと感漂っておりました。

フェミニズムの参考文献にいちいち抉られた。

主人公の男の子の、少年の薄さと色気が移りゆく10代って感じでよかったし、その他キャストも綺麗すぎないところがよかったです。
よかった。'17上位食い込むぞこれ、、

オシャレ具合と、ストーリーの具合がどタイプでした

共感すべきじゃない、共感できないひとの方が幸せなんだろうなっていう点に共感してしまって、自分自身のことを振り返ってしまって、、笑、内省した。

母が息子へと送る視線に涙が出た。

以下引っかかったセリフについて


セリフは正確に覚えていないけど、"i know him less and less everyday." という感じのセリフや「あなたは外の世界の彼を見れるのね」っていう感じのセリフが切なくて。
小さい頃は家族が世界の中心で、むしろ家族こそが全世界で、だからこそ親は子どもの全てを知っていたのに
know less and lessになっていくのって
当たり前なんだけど。親離れ子離れって当たり前なんだけど。切ないなっておもった。寂しいよね。

strengthが何より大事だって語っていたエルファニング、すごくわかるなあ、

恋の痛みを知ることは世界を知るための有効な方法だってこんな感じのセリフもよかった。

あとひとつ、すごく好きなセリフあって、それは手帳に書いておく。
『20センチュリー・ウーマン』鑑賞。1970-80年代の母子家庭を題材にした監督の自伝的作品。
経済状態も不安定、政治状況も不安定、そんな中で青春を過ごすジェイミーの心はもっと不安定。そして、父親がいないことに後ろめたさを感じるジェイミーの母ドロシアは、新しい恋もせず、子育ての協力をを同居人のアビーやジェイミーの幼馴染ジュリーに仰ぐ。すべての動機は「私のようになってほしくないから」しかし、その本意はジェイミーには伝わらず、ジェイミーは母親に不信感を抱くようになる。アビーやジュリーによって教えられる若者の世界は、ジェイミーにとって少し刺激の強いもので、喫煙や飲酒などどんどん不良行為を学んでいく。それにドロシアは苦言を呈するも、子育てを放棄したと思われているジェイミーには届かず、二人の心はすれ違っていく。
最後の対面して本音をぶつけ合うシーンが白眉。「母が居れば何もいらない」と訴えるジェイミーのいじらしさよ!ジェイミーの青春の渦中にいたそれぞれの登場人物が、どのような余生や人生を送ったか述べられる最後のシーンもとても良かった。画作りが少しドランやリンクレイターに似ているかも?
それにしても、エル・ファニング死ぬほどかわいいなぁ。。。
あんまり共感できず

彼を取りまく人達が
素直なようで
すごく複雑に思えた

母親も考え方がまわりくどい

音楽は悪くない
なんと言うか、クライマックスが無かった。どの人にも特別気持ちが動かなかったし...始まったときの雰囲気はすごくわくわくしたんだけど...勝手に期待しすぎていた。マイクミルズ見たことも無いのに。いや、人の親がモデルの話にクライマックスが無いとか失礼極まりないですね。
母と子(と家族)の映画が見たかったから、最近父と子(と家族)映画ばっかりだったから、何か頼みの綱くらいに思ってしまっていた。

皆を招いたディナーで、急にジュリーとアビーが初潮とか初体験の話し始めるのはウケた。ガールズトークでしか話さないリアルで身も蓋もないやつ。もうちょいあそこエグトーク盛り上がってたら掴まれたと思う。

とりあえずアネットベニングがぼんやり煙草を吸う姿とエルファニングが男のあえぎ声真似するの見たらまあ「これでよしとするかあー」位の気分にはなる。
それに、良い男になりたい、って言うジェイミーが女性についてすごく全うに勉強するの、いとおしくなるよね。ちょっと憐れでさ。
21stセンチュリーボーイよ。21世紀が1/5終わる今でもなお、君は希望だ。

皆学校行ったり働いたりする姿が殆ど見えないので、「どうやって生活を?お金はあるの??」と心配になってしまった。
車で飛ばすシーンがいちいちLSD決まってる仕様なのもよくわからん...

いつも期限良さそうな猫さん💖💖💖
親しすぎてセックスできないし、それを乗り越えたくない。
最高でした。
今年見た映画の中で一番良かったです。見ている間に大きな感動や突き動かされる何か、みたいなのはなかったのですが始終色んな種類の愛が溢れていて、見ている間中嬉しい気持ちでいっぱいでした。1979年の夏、私は生まれてすらなかったけど、いつでもその時代の政治や音楽や価値観等様々なものに私たちは影響されて育っていくということが1979年のアメリカ、サンタバーバラを舞台に描かれていて、その中で様々な愛(人に関するものだけではなく、音楽に熱中する姿や、いつも身につけられている左右のシルバーバングルにも愛を感じた)を感じ、考え、変化していく人々を見て、人生だあ、と思いました。
映像も音楽も本当に素晴らしいんだけど、何より私は劇中ファッションがとても好きでした。
年齢を重ねて若者の好みが分からなくなっても、努力して自分なりに解釈して楽しむ直向きさとか、感動しました。年齢を重ねる事は悪い事ではないなと思える作品。また見たい。
とても好きな映画だったのでパンフレットを購入しました。写真もとても良いです!
オープニングから、もう、心にぐっときた。音楽もセリフも光もファッションもキャラクターも希望もみんな好きだ。
中でも、ドロシアがクラブに行って、自分に最適な(appropriate guy?と言っていたかな、うろ覚え)男性と巡り会えるかしらね、とバーカウンターで話すシーンがたまらなくキュートで微笑ましくて、好きだ。(同じようにたまらなく可愛く感じたから、ウィリアムも思わず彼女にキスをしたのだろう)ほんのり切ないのがリアルで、どうなっていくのか分からない未来を考えている余裕があったりなかったりしながらの日常を愛おしいと思える作品。好きだなぁ。
(悪い意味ではなく)
全体的にぼやっとして
なんとなく進んでいった。
うまく表現できない感じ。

ただ家とか装いとか髪とか
色がものすごく鮮やかで綺麗だし
音楽も心地よくて、うん、よかった。



あの頃の未来に僕らは…の歌詞のように
昔想像した幸せを未来に抱けるかは
わからないけど、今ある全てが現実。
なにはともあれ
その現実に真摯に向き合わないと。


あと思ってても
言わないとわからないよな。
勘違いしたり、させたりするし
それが自分や周りを苦しめうる。
一言声をかけるだけで
そのモヤモヤが氷解して
それまでの雰囲気が
明るくパッとなるように
変わったりもする。

素直に生きよう。
親の心子知らず
子の心親知らず
ということわざスッと頭に浮かんできた

母が子を見守っていたいという感情に感動してたら、逆に心配しなくても大丈夫って言葉にさらに感動させられた

なにはともあれジェイミー良い男過ぎた
>|