20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

20th Century Women

上映日:2017年06月03日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:119分
    監督
    マイク・ミルズ
    脚本
    マイク・ミルズ
    キャスト
    アネット・ベニング
    エル・ファニング
    グレタ・ガーウィグ
    ビリー・クラダップ
    ルーカス・ジェイド・ズマン
    アリソン・エリオット
    テア・ギル
    ビタリー・アンドリュー・ルボー
    ワリード・ズエイター
    ダレル・ブリット・ギブソン
    アリア・ショウカット
    ナタリー・ラブ
    キャメロン・プロッツマン
    あらすじ
    1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった。

    「20センチュリー・ウーマン」に投稿された感想・評価

    このお母さんは十二分に開明的すぎると思う。
    結局エルファニングちゃんとやれなかったんか…
    素敵な映画でした。
    息子役の子がとてもとても可愛くて眼福でした。
    最後の、母さんだけいれば大丈夫だのとこでめっちゃ泣いた。ぶわってきた。
    それまでは淡々としてるな〜って思ってたけどよかった。最後がよかった。
    ジェイミーかわいい。
    時代がタイトルになってるから、時代感が押された映画なのかと思ってたら、時代感よりも親子の物語だった。

    多感な時期の息子と、パワフルなシングルマザーのお話。
    戦後のこの時代は目まぐるしく変化が起きまくってたから、そんな中育った20世紀少年達はほんと楽しかっただろうなと思う。
    新しい概念や機械とかが登場して、遊び方も多様化して、身の回りには刺激がいっぱい。一方でその子達の親が子供への影響を気にするのは当然。
    でもこの映画の親子はまわりの協力もあって最終的には何でも言い合えるようになって、すごく魅力的な関係になったと思えた。だからこそ、最後みんなが旅立ちを迎えることになって寂しくなった。

    全体を通じて20世紀少年たちが心酔した音楽が使われてたのもとても良かった。
    総じてとってもいい映画だった!
    親とは見たくない!

    当時の世の中と強くて綺麗でもろい女性たち、それからジェイミー
    好きだなあ
    凄くリアルで
    私も大きく変われたらと思った
    「子供のこと想像してたみたいに幸せ?」
    「そんなもん他人に聞くことじゃない」
    「母さんがいれてくれたらそれでいいよ」
    「親しくなりすぎたからあなたとセックスはできないの、ごめんね」
    「愛し合っていたけど、愛し合うべきだと思っていたのかもしれない」
    もう色々とグッときた。
    女性の性についても、監督の暖かさがみえた。
    なんせ絵になるし、おしゃれだし音楽も役者も全部いい!!!!
    控えめに言って最高!!!
    じゃないですか。

    僕が彼女達と過ごした時間は
    僕にとっても彼女達にとっても
    人生の通過点の出来事、
    切り取った数ページでしかないけれど、
    こんなにもビターでスイートで
    眩しくて愛おしい日々だった。

    時代の切り取り方、
    いちいちハッとさせられる台詞の数々、
    (遅くに帰ってきた息子に対して翌朝食卓で母がかける言葉、私が母親になった時にあんな風に使えたらいいなあ)
    欠けている部分もすべて、魅力的でしかない登場人物たち…
    "自立した女性像、失敗を許さない世代""アート、女性解放運動""奔放、でも本当の愛を探している"…いくらでも居そう、と言えばかなり横暴だけど、ありがちなキャラクターなのに、その役本人でしかない個性が出ているのは、きっと演者の力なんだろうな。
    センスが良くてしっかりした脚本も書けるなんてさ、ずるくないか!?悶絶

    エルファニングは、ずーっと、天使のような時代から本当にずっと追っかけている女優だけど、見るたびに良い成長の仕方をしていて、好きが募るばかり。私の目に間違いはなかった。
    わかるようでわからない、良さそうで良いとは言えない作品だった。もっかいちゃんと観たいかも。

    思春期を迎える息子ジェイニーの育て方に悩む母が、ハウスメイトの写真家アビーと幼馴染のジュリーに助けてくれるよう頼む、、、みたいなストーリーだけど、わたしはジェイニーの思春期度合いなんて周りと一緒だし変に悩む必要もないと思った。というか片親で育て方に悩むなら男性に頼めよと思っちゃった(笑)

    でもアビーとジュリーが本当に魅力的な女性だった。台詞の一つ一つが哲学めいててよかった。

    子供が産めない体のアビーと、子供ができたかも知れなくて不安になるジュリー。対称的だけど両方のそばで支えてあげてるジェイニーは立派な大人の男性に見えたなぁ。
    すべての”アートかぶれの軟弱野郎”&”マザコン野郎”讃歌!
    (マイク・ミルズ監督、今回もありがとう!)

    鑑賞後、熱がこもりすぎて声にならない声でうめきました。
    どこから語ればいいか分からないくらい、好きな要素が詰め込まれてた。


    「Lou Reed」「DEVO」Tシャツを着るグレタ・ガーウィグ…

    エル・ファニングの添い寝…



    エンドロールでかかるBuzzcocksがヤバイ…
    2017.6.17

    とがし


    ドキュメンタリー観てるみたいだった。最後のブリーチしたあときになった。
    思った以上にパンク映画

    プリズム加工されたシーンだったりそれぞれの服だったりまず絵が美しい

    また大恐慌時代を生きた、自分を隠す母とその対局にいる幼なじみ
    二人とは違って、快活だが同時に情緒的なアビー
    もうこの3人のドラマで動かされた
    >|