20センチュリー・ウーマンのネタバレレビュー・内容・結末

20センチュリー・ウーマン2016年製作の映画)

20th Century Women

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:119分

3.8

あらすじ

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、…

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった。

「20センチュリー・ウーマン」に投稿されたネタバレ・内容・結末

めっちゃいい映画やなって思ったし、めっちゃいいお母さん。最高。母親になるとしたらこんな女性になりたいもんだ。なんだか後味ちょっぴり切ないんだけど、爽やかな感じ。映画の雰囲気も凄く良い。役者もいい。あれ、褒めてしかない

エルファニングのくわえタバコはやばい

ジェイミーがかわいすぎてめっちゃくちゃ好きな顔でしんどかった
ブリーチしようとした時は絶望した


息子の生きる時代を理解したいという意思はあるけど自分の受け入れがたいことばかりでうまくいかない母親が不器用で切なかった
私にとって知らない過去の時代を、映画の中ではやって来た未来として描いているのが不思議な感覚になった

良かった
エルファニングでも2回に1回は失敗してると思うと安心した
ジェイミーとしないのは今のままで十分好きな人のさらに全てを知ってしまって好きじゃなくなるのが怖いのかなぁって、感覚としてはなんとなくわかった

女の子2人の考え方がどちらも自分なりに自分を持っていてすごく良かった
映画が好きっていうより、2人のことが好き

69
マイクミルズの映画に出てくる登場人物は必ず私の人生を豊かにしてくれる。アートかぶれの軟弱野郎とわかっていて、なお。

地球から来た男に影響されて髪を赤くしたアビーはオープンな人間で、すべて自分の切り口にすることで現実を捉え直している。地元を出てNYのアートスクールにいった彼女が地元に帰り写真を仕事にしてるのも、ジェイミーにフェミニズムの本を薦めるのも、複雑なパンクシーンに造詣が深いのも、食卓で男たちに唱和させるのも、全部彼女の中を通って変換されるから良いんだと思う。

ジュリーは幼馴染みのジェイミーの親にズバリ意見をぶつけたり、心理学でいう「区画化」だねと他人にたいしては客観的になれる。でも、「繊細より強いことが一番大事だよ。強ければどんな感情にも耐えられる」と自分の信条を語るのに、セックスの捉え方は相反していて、自分のこととなると心とからだのバランスがバラバラになるところや、ジェイミーとは親しすぎてセックスできないところ、そしてセラピストの親からの決別に至るところ、最後に結婚しても子供は持たないと決めているところ、社会や世代をまるごと内包していて見過ごせないキャラクターだった。それをエルファニングが体現するのは出来すぎてる気もするが魅力的だった。

ビリークラダップは「君が生きた証」という映画がとてもよく役がオーバーラップする。

ドロシアのインテリがジェイミーに受け継がれているところを、さいごの「ママがいれば大丈夫」の言葉で知るところ、谷間に射し込む夕暮れときの陽射しが温かい。
めちゃくちゃ良かった。ジェイミーに母さんがいれば大丈夫だよって言われた時のドロシアの表情に心がきゅっとなった。女性の性はタブー視するものではないし、ジェイミーくらいの年齢からでも詳しく教えるべきことだと私は思う。ドロシアは過激すぎると否定していたけど。親になるって本当に大変なことだなと改めて思った。母親だって人間だし、完璧じゃないし、完璧である必要はない。それにしてもジェイミー素直でめっちゃ良い子だったな。素敵な映画でした。
正直、僕にはあまり良さがわかりませんでした
他の方のレビューを見て再度挑戦したいです
'20th Century Women'
最初は退屈に感じたが、物語が進むにつれて話の中に溶け込んでいった。
音楽が心地よくて思わずリズムを取ってしまう。
劇中の登場した本の引用がとても印象的で実際に読んでみたくなった。
ジェイミーの母が亡くなった後の話は何だか寂しくて悲しい気持ちになってしまったけど、一瞬一瞬はもう二度と体験できないことなんだよな〜と妙に感傷的になるラストだった。
「強さは幸せよりも大事」
キネカ大森の二本立てで「ドリーム」とともに鑑賞

この二本立ては本当に成功だと思った。
「ドリーム」と一緒に見て本当によかった。

ドリームは、黒人と女性を扱った作品だが
20センチュリーウーマンは一人の男の子の成長を通して、女性を知る作品。

出てくる3人の女性は、
古い考え方の強い女性
進歩的な女性
最後の一人はどう表現するか迷うところだが自分中心な奔放な女性

20世紀の様々な局面で現れたこれらの女性が、一人の男の子を育て、男の子は女性を知っていく。

さらーっと流れていく日常のなかに、男が今まで気付いてこなかった機微が描かれている作品だと思った。
『幸せかなんて考えたらウツになるわ』
『綺麗な音楽は社会の腐敗を隠す』

みんなの真似をしてみぞおちで失神ゲームをして、30分以上失神するジェイミー。

子離れをするために、誰よりもジェイミーを知っているジュリーと興味の対象を見つけるためにアビーに"教育係"的な役割を頼むママ。親から直接干渉されるのってウザったかったりするので、ジェイミーのママは個人的にはこういうお母さんいいなと思う。

アビーは子宮頸がん、ジュリーは妊娠疑惑…とジェイミー親子以外にも問題は色々起こる。

アビーの「自分の持ち物を全て写真に撮って、眺めるとわたしの像が浮かび上がるでしょ」という思想が素敵。ジュリーの「わたしをママだと思って、言いたいことを言ってみて」セラピーも好き。

あと、アビーの影響もあって、ジェイミーが女性の体に興味を持ち始めて、ママは刺激が強すぎるから止めてと告げるんだけど、アビーは悪いことじゃないのだからと気にしない。ただの興味本位じゃなくて、きちんと女の人を知ろうとするジェイミーは素敵な男性になると思う。

結局最後はみんな離れ離れに暮らしているけど、忘れられない青春の1ページ的な感じで素敵だなと思いました。
もっと女性の権利とかフェミニズムを押してくるのかと思ってたけど、個人的に程よい具合だった。

色の統一が丁寧になされていた。
赤・黄・青 (三原色) と緑。セットとコスチュームは基本的にこの4色で統一されていた。

印象的なセリフ
'Don't you need a man to be a man?'
'Love: It's a fake connection that you feel with someone, and marriage should never happen.'

ジェンダー、セクシュアリティ系のトピックを丁寧に扱ってある作品だと思うから、何回か観て、そこらへん詳しく見てみたいと思った。
なんか良かった。
1970年代の頃は、まだまだ時代が不透明な感じで好き。
音楽、ファッション、ドラッグ、いろいろごちゃ混ぜ。
母親と同居人?ルームシェア?の住人と近所のちょっとだけお姉さん。姉弟のように過ごした息子は少し複雑だけど楽しい思春期。
だったと思う。
エピローグが良い。ジェイミー親子とは疎遠になったけど……とか、2人の息子を持つとか。
良かった。
>|