ミニー・ゲッツの秘密の作品情報・感想・評価・動画配信

「ミニー・ゲッツの秘密」に投稿された感想・評価

独特な映画だった。15歳の少女の成長物語だと思うんだけど、性的な部分や家庭環境を含めてあんまり共感できなかった。

時代設定が古いんだけど、倫理観って時代が古ければ古いほど現在と乖離していくので表現の幅が広がるけど、同時に共感もできなくなっていく。

ただ、個性的なアーティストの単純な思春期物語としては確かに面白かった。アニメも雰囲気に合っていたし、音楽も良かった。

なので、主題を含めてまあ深いようで、そんなに深い映画じゃ無かったのかも知れない。深読みする映画じゃないのかなあ。
未々

未々の感想・評価

-
アニメーションかわいいね

ミニーの目かわい、妹のブランド七三にメガネ可愛い、イケてる友達も可愛い

部屋も可愛くて、壁紙も可愛いですね
漫画家志望ってのも

フレアボトムもかわい

私の方が上よ クソ野郎…

すぐ愛されてるとか愛されてないとか極端になる
"望みがかなったのに私の気持ちは冷めてた"←わかるね

3人での責任を取れとか結婚しようの場面最悪 ママも奔放だから説得力ないし
まいこ

まいこの感想・評価

3.6
1970年代のサンフランシスコを舞台に、初体験を迎えた15歳の少女の日常と成長を描いた青春ドラマ。

絵を描くことが大好きな少女ミニー・ゲッツは、自分の容姿へのコンプレックスから男の子と上手く話すことができずにいた。そんなある日、彼女は母の恋人モンローに思い切って自分から言い寄り、バージンを捨ててしまう。そしてそのことを日記代わりのテープレコーダーに吹きこむが、思いがけない人物に聞かれてしまい……。

girlからwomanになるの、超爽快〜。きゅんきゅんからすっと冷めていく感じ……ファンシーに描かれてるけれど、実際は超グロテスクだよなぁ。アレクサンダー・スカルスガルドがダメ男という設定は新鮮で面白い。時たま挟まれる不安定でどこか愛しいアメリカンなイラストたちが世界観に合ってる。
年齢制限がかかってるのは生々しい描写が原因であろう一方で、大人世代が昔を回顧する意味(恋愛面で)でも相応しいようにも思えた。『セックス・アンド・ザ・シティ』好きな人はハマるはず。
とぅん

とぅんの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

15歳女子の揺れ動く感情を赤裸々に描く作品。
母親の彼氏と関係を描く前半は、主演のベル・パウリーの演技が素晴らしいだけに真に迫りすぎて、どんどん辛くなっていってしまった。
「リトル・ビッグ・ライズ」のクズっぷりが印象的だったアレクサンダー・スカルスガルドは、この頃からクズ男役が板についていて流石だった。

ミニーが劇中で描く絵が独特で、この作品の雰囲気にマッチしているし、この絵が実写部分に広がっていく演出は可愛くて好きだな。
観終わった後に気づいたけど、監督は「ある女流作家の罪と罰」のマリエル・ヘラーだったのね。
Wednesday

Wednesdayの感想・評価

4.0
絵が動いたりする可愛い映像で、「JUNO」と並ぶ名作。美術がほんと可愛い。
そして15歳ってそんな感じだよね、分かる。分かるんだけど、歳を重ねた今の自分からしたら苦々しくてキモくて平静で楽しむことはできなかったな。いや普通に犯罪だろって。撮影当時ミニー役が22歳だったって知って本当安心したよ。
頼むからリアル10代の女の子男の子は「This is my life」なんて耳障りのいい言葉で盲目にならずに一回立ち止まって考えようね‼︎「ジェニーの記憶」という映画オススメだよ
BABY

BABYの感想・評価

3.5
あの握手がいいね
映像がかわいかったのと70sが最高
あとミニーのまつげがきゅーと
古い映画かと思ったら、わりと最近の作品で驚いた。15歳の女の子にこんなことさせないでよってハラハラしたし、ここは大人がちゃんとしなくちゃだよ…それを思うとこの男ホント最低だなと悲しくなるけど、ミニーが明るいから面白く観れた。ドラッグが身近過ぎる環境怖い。
素敵な映画に出会えてしまえて私はもう最高に幸せ♡♡ミニーの生き方見習いたい。全部吸い込んでたくさん知って、吐き出した後に残った物がきっとこれからも自分に必要なものなんだ。私も自分が少女の内に沢山の事を学んで生きたいと思ったよ。

To Minnie, with love.🌼
引っ叩いてからハグするシーンとニコが流れるのがよかった
私はまだ精神的には思春期なのかもしれない…!っていう気持ちになった
思春期の葛藤を乗り越えられないまま大人になると他人にすがるような生き方しかできなくなるのかな
seckey

seckeyの感想・評価

-
求めて求めて、満たされたと思ったらすでに溢れ始めてしまう、男という存在。相手も自分も思い通りにならなくて苦しんで憎んで、、、そのあと私はどうしたんだっけ。結局ミニーに残ったのは家族と絵を描くこと。元々持っていたものなのにどうしてあんなものを欲しがったんだろう、そのせいでどれだけの人を傷つけどれだけ時間を無駄にしたんだろう。暴走した昨日までも人生、改心した今日からもまた人生。これでいいと思うんだ。
>|

あなたにおすすめの記事