ジンジャーの朝 〜さよなら、わたしが愛した世界の作品情報・感想・評価・動画配信

『ジンジャーの朝 〜さよなら、わたしが愛した世界』に投稿された感想・評価

Arlecchino

Arlecchinoの感想・評価

4.2
核兵器の暗雲による危機に世界全体が不安で厭世的な時期に多感な時期を迎えた少女の葛藤。友情の危機。両親との愛情の危機。
深い映画です。感銘を受けました。
いく

いくの感想・評価

3.6
A24もエルファニングも好きなので見ましたが、話がしんどいですね、、

仲が良かった時の少女2人の間の空気感やエルファニングの厭世的な雰囲気は好きでした。
きょむ

きょむの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

生まれたときから双子みたいに育った親友の女の子2人ローザとジンジャーの話。
自分は安心安全に思春期を過ごしたから冷戦とか核とか活動家といったことは分からないし、あえて危ない橋を渡ろうとする主人公2人…

>>続きを読む
qp

qpの感想・評価

2.5

 17歳のジンジャーとローザは親友で、いつも行動が一緒です。二人で核反対運動に参加したり、ジンジャーの両親が別居したりして、という話です。

 何かテーマがあるわけではなく、イギリスの1人の高校生が…

>>続きを読む
m

mの感想・評価

2.2

冷戦下時代に突入したロンドンで生きる女の子たちの話。戦争下というだけでなく、家族の問題など人生のすべての面において彼女たちを不安に追い込む破滅が迫っており、それでもその中で人生を生きていかなければな…

>>続きを読む

大っっっっ嫌いだけど大好き

エルファニングの流す涙が苦しい程に綺麗
暗転を用いた転換が多用され、その度に紡いだ絆がほどけていく

ジンジャーみたいな境遇の子が周りの目ばかりを気にして、自分のことに…

>>続きを読む
foxiiikxxs

foxiiikxxsの感想・評価

3.0
ジンジャーのお母さんかわいそうすぎる
わたしなら耐えられなくて即樹海に行くな
kiiiko

kiiikoの感想・評価

3.6

赤毛のエル・ファニングめちゃくちゃ可愛い。全体的に漂う思春期の厭世的な感じは結構好きです。でも友達とのかけがえのない感じをもっと強く描いた方が失う痛みみたいなのがより刺さったんじゃないのかな。

そ…

>>続きを読む

【これは、希望の物語。】

冷戦時代に突入した1960年代のロンドンて、仲良しの女の子2人のお話。

話自体あまり好みではないんだけど、とにかくエル・ファニングの可愛らしい表情・瞬間を納めた写真集の…

>>続きを読む
i

iの感想・評価

4.0

10年前くらいに観た記録。
絶妙なタイミングでTake Fiveが流れたシーンが印象に残ってる。
全体的に薄暗くて寒くて気怠い空気感。
お風呂でデニムのシーンすき。
エルファニングとアリスイングラー…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事