20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

20th Century Women

上映日:2017年06月03日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:119分
    監督
    マイク・ミルズ
    脚本
    マイク・ミルズ
    キャスト
    アネット・ベニング
    エル・ファニング
    グレタ・ガーウィグ
    ビリー・クラダップ
    アリソン・エリオット
    テア・ギル
    ワリード・ズエイター
    アリア・ショウカット
    ルーカス・ジェイド・ズマン
    あらすじ
    1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった。

    「20センチュリー・ウーマン」に投稿された感想・レビュー

    さど
    さどの感想・レビュー
    5日
    -
    21世紀の家族映画。
    血が繋がっているいないじゃない、頭から同じ匂い出してるのを家族って言うんだ。って坂元裕二も言ってます。
    アネットベニング演じるシングルマザーとその息子、そして彼らの同居人と隣人たちが織りなす群像劇。マイクミルズの色彩センスと挟み込まれるバイオグラフィー的なトリッキー演出が功を奏してポップながら重厚なドラマになっている。
    思春期の息子に対して、素のままで向き合おうとするお母さんがかっこいい。親や保護者を”ひとりの人間”として捉えられるようになるのは一種のイニシエーション。
    エル・ファニングもさることながら、ベストアクトはやはりグレタ・ガーウィグ。”フランシス・ハ”に引き続き、「無責任女子」を演じることにかけて彼女の右に出る者はいないのでは。ちなみに”Jackie”の彼女も名演。
    あと、彼らの住む”家”は天井に穴が開いていたり、足場が外に組まれていたり、アネットベニングも劇中ツナギ姿で階段の修復をしていたり、とりあえず修復中なのだが、人間の成長に必要なのは修復なのか破壊なのか、考えると面白い。そう言う意味ではジェイクジレンホールの”Demolition”と対比して観るのも良いかも。同じカテゴリーに入る映画。
    kanako
    kanakoの感想・レビュー
    2017/04/20
    4.0
    今までに観たことない不思議な映画だった。
    タバコの吸い方とか1人ひとりの動作が綺麗で美しくみえた。映画自体は少々長いと感じたけど、女性目線の素直な感情が核心ついてる感じで共感できた。
    Elle Fanning美しかった!!
    EmiKimura
    EmiKimuraの感想・レビュー
    2017/04/18
    5.0
    めっちゃ笑った。
    abc
    abcの感想・レビュー
    2017/04/10
    3.8
    アメリカのサンタバーバラが舞台。
    淡い色使いや途中に挟まれる映像、登場人物たちの服、表情がいい。
    だけど監督の前作である人生はビギナーズを見てて眠くなる人はこの作品も然りかなと。
    sae
    saeの感想・レビュー
    2017/04/05
    4.2
    空気とか光とか演出もよく、女性の描き方がよかった。
    女性だから共感すること、たくさんあって、私が感じていたけど表に出さないいわないようにしていたことを、描き、目の前に出された感じ。

    いろんな経験をもった人、女性だけでなく男性にも、様々な年齢の方、本当にいろんな人に見て欲しい。きっと感じ方は全員違うけれど、きっと何か共感するところ、思うことがあるはずだと思う。

    くすくす笑ってしまうシーンもいくつかあって、楽しい時間になった。
    momoka
    momokaの感想・レビュー
    2017/04/05
    4.6
    大ファンゆえに「あ〜きっとこれが2017年のマイベストになるんだろうな」と超えこひいき目線で鑑賞したら、2017年のベストどころか人生ベスト級。わたし(たち=女性)がマイク・ミルズを好きな理由、そして、マイクがミランダ・ジュライと結婚できた理由がハッキリと分かる傑作。

    同じくシングルマザーの元で育った身として、自分の実体験と重ねて「血の繋がりのない人と生活すること」の大切さを実感。知らない男性と一緒に出かけさせられたり、急にそこまで親しくない人と暮らすことになったり、当時は嫌だった日々がこの映画によって「あれがあるから今のわたしがいる」と消化されたような。それだけでなんだか涙が出た。

    試写後のトークイベントでマイクの話を聞いて「やっぱりマイク・ミルズって理想の男性!」って思っちゃった。超上から目線で失礼するけど、自分の恋人や弟、みんなこの映画を観てほしいなあ。

    上映始まったらすぐ、あと二回は観たい。
    ふにこ
    ふにこの感想・レビュー
    2017/04/03
    4.8
    マイクミルズ監督の瑞々しい感性とグラフィックデザイナーとしての才能が絶妙にミックスされていると感じた。まず驚かされたのが、どのシーンを切り取っても衣装と背景の色が美しくカラーリングされていること。登場人物はみんなTシャツにジーンズといった至ってシンプルな格好なのだが、注目すべきはその色使い。例えば黄色い壁のキッチンでのシーンではジェイミーが深い紫色のTシャツを着ていて、ポップな画面に仕上がっている。流石グラフィックデザイナーといったところ。
    魅力的な登場人物たちが繰り広げるテンポの良い、かつエッジの効いた会話も見所の一つ。何回も笑わされたけど、やっぱり”Art Fag”のくだりは爆笑!
    全編通して感じたのは、映画の中での”ダンス”の役割の意味の幅広さと大きさだった。ちなみにこの映画、ダンスで始まりダンスで終わる(と、私は思っている)。
    よくよく考えてみると、踊るという行為はとても便利である。ムシャクシャする時には気分をすっきりさせてくれるし、クラブでは知らない誰かと仲良くなれるし、大好きな人との絆を深めてくれる力もある。そしてそこに間違いはない。
    そういったことを含めて、改めてラストを思い出してみると、あのダンスシーンの美しいこと。ライフイズビューティフルならぬ、ダンスイズビューティフル!
    脚本、演技、音楽どれをとってもフレッシュに輝いていて、素晴らしいです。良い映画。
    minori
    minoriの感想・レビュー
    2017/04/03
    -
    あんまり理解できてなかったかも・・としょんぼり気味だったけど、終わって調べてみたらわりと理解できてたらしい。帰ったらもう一回観たいな、絵も音楽も、キャストも、ストーリーも好き!監督がグラフィックデザイナーだったのは驚き&納得。ちょっとだけ映画論勉強して、観た映画から次観たい映画を見つける手がかりを掴むのが得意になった気がする☺︎
    なんてったって春
    なんてったって春の感想・レビュー
    2017/03/31
    5.0
    愛おしい!

    ファッションや音楽やアート、タバコの吸い方ひとつとっても、それはそれは素晴らしくツボに入ってくる(しかもエンディング曲がバズコックスのWhy Can't I Touch It?。最高かよ。)のはもちろんのこと、とにかく感動したのは女性の描き方。

    トークショーで安藤桃子も言ってたけど「ここまで世代の違う女性を、男性の先入観なしで描ける監督は他にいねぇ!」
    ほんとそれなんです。観客は、びっくりするくらい全員の女に感情移入できるようになっている。
    エルファニングを見て若かった頃を思い出し、グレタガーウィグを見て今の自分と重ね、アネットベニングを見てリアルな未来を想像する。凄いです。
    こんな映画体験したことない…


    上映後のトークショーで、マイクミルズ監督が話しているのを聞くと、あれ?監督って日本人ですか?って思うような物腰の柔らかさと、妻に尻に敷かれてる感(笑)
    監督の家族は、母とお姉さんが強く、エネルギッシュだったとか。お父さんは存在感が薄かったらしい。
    周りには映画に出てきそうな、パワーのある女性がたくさん居たんだなあと、よくわかりました。
    監督の奥様は、あのミランダジュライ。「君と僕の虹色の世界」のミランダジュライだよ!!最高な夫婦だ。
    奥様の言うことは絶対!なんだって。
    僕の言うことは絶対聞いてくれないんだって。でもそこが好きだと言っていた。


    最後に、観客からの質問で理想の女性は?と尋ねられ、少し言葉につまりながら「・・・妻かな 」と言って笑っていたマイクミルズ監督、最高に可愛かったです!
    イソベやん
    イソベやんの感想・レビュー
    2017/03/31
    4.7
    前向きと言うか、一直線な方向性で生きてる人達だった。心がどっかいってない。
    思春期で社会を学んで吸収していく年頃のjamieでさえ個人の方向性で人生を続けてた。感心して、憧れた。

    フェミニズムを題材にすると、映画で学ぶ女の生き方なんていう風にまとめられることが多い気がするけど、そんな専門的な批評にとどまらない多方面から評価されるべき素敵な映画だった。人間はファンタジーじゃない。自分の社会的な立ち位置を客観的に考えるきっかけになると思う。

    それと音楽とアートが最高だった。
    black flagとthe reincoats使われてた、好みのplaylist
    >|