20センチュリー・ウーマンの作品情報・感想・評価

20センチュリー・ウーマン2016年製作の映画)

20th Century Women

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:119分

3.8

あらすじ

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、…

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった。

「20センチュリー・ウーマン」に投稿された感想・評価

Kenta

Kentaの感想・評価

3.7
前々から気になってた作品ではあったけれど、観てなかったので鑑賞しました。あらすじなどはなにも読んでなく、エルファニングが可愛いという知識しか入れないで鑑賞したけれど、退屈することのない2時間でした。

作品の舞台は、1979年カリフォルニアのサンタバーバラ。主人公のドロシアはシングルマザーで15歳の息子ジェイミーと暮らしている。ドロシアの家には、アビーとウィリアムの二人が下宿している。そして、ジェイミーの幼馴染であるジュリーもよく遊びに来ていた。思春期になったジェイミーに不安を持ち始めたドロシアは、アビーとジュリーにジェイミーが立派な男になるように手助けしてくれと頼み込む。彼女らは断ることなく承諾し、ジェイミーが立派な男になるためいろいろ経験を積ませる。
ジェイミーと彼女たちの特別な夏が今始まった。

思春期ならではの話や甘酸っぱい経験などの描写がたくさんあって、あの頃を彷彿させますね。登場人物は主に5人なのだが、それぞれの生い立ちのようなものが個々に分かる構成で、話も理解しやすかった。その上、ドロシアが苦悩に満ちて葛藤しつつも、案を考え乗り越えて行く姿を演じたアネット・ベニングの演技にも圧巻されました。ラストでみんなそれぞれの道に進んでいくシーンでは、悲しくもそうなるのが現実だなと。ドロシアも1999年にガンで亡くなってしまいますが、立派な母親であったと思います…。。
この作品はぜひともオススメしたいです。

そして、こちらの作品はアカデミー賞の脚本賞にもノミネートされてるとのことで、納得。監督自身の母親を題材にして脚本したマイク・ミルズ監督には脱帽です笑
うめ

うめの感想・評価

3.8
ジャケから想像つくように、おしゃれな映画。
ジェイミーには、教育係とかいらんぐらい良い子だと思うんだけどなぁ。
特別心を揺さぶられるとかではなかったけど雰囲気とか好き。あとまあタイトルがタイトルだから当然かもしれないけど女性に関する描写が結構多かった!でも監督は男性なのね!

なんか個人的に「生理」のシーン好きかも。男の人にとってはなんかこう、居心地悪いワードで、男性女性関係なく世の中的にコソコソしなきゃいけないジャンルっていうか。でもごく普通のことで無視できない生理現象なんだからそんな反応も考えてみればおかしいわけで。まあみんなで「生理」コールはちょっと面白かったけど笑


ルーカスくんめっちゃ可愛い。なんかティモシー感。エルファニングちゃん天使。グレタガーウィグはレディバードで知った方なんだけど、役がすごく似合ってた。


あとあのお母さんいいなあ。
学校サボるところ好きだった。


自分に子どもができたとき
自分の親はどんな人か
私はなんて説明するんだろう
COCO

COCOの感想・評価

3.7
登場人物全員の心境や生い立ちがとても上手く描かれていた。
色々な悩みを抱えた人達が同じ屋根の下で暮らし、一生懸命に生きて、成長していく姿に感動した。
70年代の雰囲気がとても好みでそこも楽しめた。
また歳を重ねてから観たらもっと深みのある感想になるのかもしれないなぁ〜
memento

mementoの感想・評価

3.2
「あなたには幸せになってほしいの。でも私1人では無理だと思って」
「え?そうだったの?僕はママがいれば大丈夫」
イエーイ。
でも、現実はこんなに単純じゃない。
なんにしてもこんな過干渉な親子関係、自分は無理だ。

1人1人をわかりやすく掘り下げて見せてくれるのはよかった。
自分が考える本当の自分なんて、本当はいないのかもね。考えすぎるな。

最後はそれぞれハッピーでスッキリ。
あめり

あめりの感想・評価

3.5
お洒落で全体的に静かな映画だった。
夜中、一人で観るのにぴったりな作品だと思います。
エルファニングのアンニュイな感じというか…表情とか雰囲気とか全てツボでした。
ルーカスジェイドズマンはこの作品で初めて知ったけどこれからの活躍に期待だな。
またゆっくり観たいと思う作品。
まるい

まるいの感想・評価

3.3
アネット・ベニングの演技!!!!!最後の10分〜20分まで淡々とした感じ、親子の会話、人物紹介が丁寧でよかった
ユイ

ユイの感想・評価

3.7
途中何が何だか頭が混乱してしまったけどこういった思春期に学校では教えてくれない事を教えてくれる人がいるのは羨ましいな、と思った。
アミ

アミの感想・評価

3.8
風景と音楽、映像の色合い最高〜〜!

こうゆう時代の映画に欠かせないミックステープ!ちょーだい!
シモン

シモンの感想・評価

4.0
見終わった後、何とも言えないモヤモヤが残る。これはこの映画の完成度が高かったということにも繋がる。
一つ屋根の下に色々な背景を持つ人たちが暮らしてるのはとても特殊な環境だが、それぞれの複雑な気持ちが葛藤して、ぶつかりあってく姿が絶妙なリアリティを生み出してた。お母さんの息子に対する優しさだったり、もどかしさだったり、特に老いに対する自分への劣等感、自分はまだ子供もいないし20代だが、何だか沁みた。これが見終わった後のモヤモヤの何かでもあった。

あと、個人的に自分も青年期に親父が単身赴任だったこともあり、女系家族で育ってるのだが、そこでもっと女性の感性だったり、女性への思いやりを学ぶべきだったと後悔…。考えさせられる映画でした。
>|