20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

20th Century Women

上映日:2017年06月03日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:119分
    監督
    マイク・ミルズ
    脚本
    マイク・ミルズ
    キャスト
    アネット・ベニング
    エル・ファニング
    グレタ・ガーウィグ
    ビリー・クラダップ
    ルーカス・ジェイド・ズマン
    アリソン・エリオット
    テア・ギル
    ビタリー・アンドリュー・ルボー
    ワリード・ズエイター
    ダレル・ブリット・ギブソン
    アリア・ショウカット
    ナタリー・ラブ
    キャメロン・プロッツマン
    あらすじ
    1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった。

    「20センチュリー・ウーマン」に投稿された感想・評価

    このレビューはネタバレを含みます

    このお母さんは十二分に開明的すぎると思う。
    結局エルファニングちゃんとやれなかったんか…
    素敵な映画でした。
    70年代のカウンターカルチャーってなんでこんなに心惹かれてしまうのか
    お母さんの不器用さがいい
    人生って本当に想定外のことばかり
    時代は1970年代

    Talking Heads,David Bowie, Roger Neill などのパンク音楽と映像全体的な淡いオフビート感が妙にマッチしていて、あまりにもお洒落な映画だった・・・

    パンクに興味を持った思春期の微妙な時期の少年が、恋愛、生理、妊娠検査薬、ピル、オーガズムなどフェミニズムに触れて成長する姿が描かれている
    学問的フェムニズムに興味はあるものの手の出し方に困っていたので、出て来る本全部読みたくなってしまった、素敵な言葉で溢れている映画だった
    フェミっぽい話かと思いきや、ちゃんと軸はそこに置きつつメンドくさい説教はない、いいバランスの映画。お母さんの妙にズレてるところとか、アビーのこじらせてる感じとか、ジュリーのセブンティーンっぽさとか、皆らしくて良かった。

    エルファニングの危なっかしさとセクシーさに打ちのめされて、終いにはモーテルのシーンで自分までショックを受けた 。なんでこういうすれ違い方になるんだろう

    男らしさの指南とそこに翻弄されるジュリー、ずっと見てられる

    あとコヤニスカッツィを映画館で観れてアガッた
    ひとりで見る閑散としたレイトショーにぴったりだった。
    バランス良くて世界に入れた
    音楽と映像がおしゃれ
    色々な生き方、価値観があっていいのだよと励まされたような気分。
    人と向き合うこと、自分自身と向き合うことって、やっぱり尊いですね。
    サンタバーバラの景色がキレイ!住みたい景色でしたー!
    なんかほんとーに可愛くてもどかしくて矛盾とかもわかるなーって感じだった、どの立場の人もみんな人間くさくてめんどくさくてよかったなあ
    時代的に新しいことも古いことも、理解できないとしても、否定ばかりせずに寄り添える人でありたい
    かわいい柄シャツほしくなった❤
    10年後また観たい
    一言でこうだったと言えるような内容ではないのですが、それでもひたすらに愛を感じられる作品でした。
    キャラクター一人一人が自分の個性を良くも悪くも思い切りぶつけている姿がなんだかかっこよかったです。
    というか、これだけの愛を持って真剣に誰かと向きあって、寄り添って、話し合って、ぶつかり合うということ自体、日本人にとってはそんなに身近な出来事ではない気がするので憧れてしまいます。
    ジェイミーがスケートボードで道路を駆け抜けるシーンはグザヴィエ・ドランのMommyを思い起こさせるようで心が熱くなりました。
    映像も特別印象的な撮り方をしている訳ではないのに、おしゃれに、きれいに、美しく撮られていて、そこに加わるレコードサウンドな音楽がとーっても良かったです。
    邦題はあえて母親にフォーカスしてウーマンに変更したのでしょうか?
    本来ならばウィメンであるべきだと思うんですが…どちらにせよ、女性の強みと複雑さと優しさがたくさん溢れていて、ユーモアもあって、ちょっと難しいけれど素敵なテーマの映画でした。
    >|