20センチュリー・ウーマンの作品情報・感想・評価・動画配信

20センチュリー・ウーマン2016年製作の映画)

20th Century Women

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:119分

3.8

あらすじ

「20センチュリー・ウーマン」に投稿された感想・評価

お洒落で独特な映画。
音楽がどれも凄くいい!これから沢山サントラ聞こ〜!と思うくらい好きでした。

そしてどのキャラクターも愛おしい。
家族のようにお互い支え合える関係ってすごく素敵だなと思った。
少し物悲しいけど、それぞれ前に進んでるようでラストはかなり好き。

スタンドバイミーを思い出した。
シングルマザーと15才の息子が、距離感測りかねて微妙に上手くいってない様子。そんな彼らを取り巻く人々を、淡々と描いた、、、ジャンル的にはコメディ…らしい。

…コメディやとしたら相当おもんないけどな、これ!


キレイで個性的な女性陣に囲まれて、幸福なハーレムやな、息子。。。
animalhus

animalhusの感想・評価

3.9
良い。。
脚本も映像もよい。。

故に、気づいたら映画の中で表現されてる諸々が自分の感情として胸の中に入ってきていてる…

なんというか、、、
言葉の一つ一つを噛みしめたくなる、

ya? ;)
アメリカンヴィンテージ のインテリア、70sのファッション映画。
ジェイミー着たフットボールTのくたくた感が最高にかっこいい
xia

xiaの感想・評価

4.3
夜に親が寝てる時間、幼馴染みの窓から侵入して寝るだけのシチュエーションを死ぬまでに経験したかった人生
ELLE

ELLEの感想・評価

3.2
思春期の息子、その母親、その周りの人達の、悩みや不安と葛藤する日常を描いた作品。

約二時間、物語が淡々と過ぎていくので、ハマらないとしんどいかも。

映画の雰囲気は終始オシャレなんだけど、ちょっと期待しすぎたかな。

最後に、主要人物が後にどんな人生を歩んだか紹介があって、そこは意外な展開で面白かったです。

このレビューはネタバレを含みます

とても美しい映画。風景や衣装、美術も全て絵になる。おしゃれ。
グレタ・ガーウィグがすごく魅力的な女性を演じていた。大好き!

シングルマザーとその息子を中心に、3人の女性の生き方にフォーカスしていて、女の幸せって?というか結局は人としての幸せって一体なんだろうと考えさせられた。カーターのTV放送の部分、以降のストーリーの軸になっているような気がするし効果的な使い方をしていておもしろかった。

わたしの大好きな70年代の音楽がたくさん。スージー&ザ・バンシーズ、Germs、レインコーツ、バズコックス、DEVO、トーキング・ヘッズ…音楽好きならそれだけでも楽しめると思う。淡々としたストーリーだけど、ラストはあったかさがじんわりと広がって、家族に会いたい気分になる作品だった。
阿飛

阿飛の感想・評価

3.9
タイトルは「20センチュリーウーマン」ですが、ストーリーは20世紀に生まれ成長した女性に育まれる20センチュリーボーイといった感じ。

何が良いかというと、それぞれの人の一生が映画のコンテクストの中にしっかり組み込まれているところ。それが描かれないのは少年一人くらいで、なぜかというと彼はまだその過程にあるから。
それぞれの人がいつ生まれて、どう生きてきたかが丁寧に描かれるのでそれぞれの人の劇中での行動に共感できる。
なぜ「生理」と叫ぶのか、叫ばせようとするのか、それすら理解できる。
だからこそ、その過程にある少年の心情というのが不明確で、不安定で壊れそうなものとしてうまく表されているような気がします。

憎める人のいない、優しい雰囲気を持った作品。
なぎさ

なぎさの感想・評価

3.8
息子と母親のこの関係性は憧れるわけではないけど、なんだか良かったです。
息子を囲むお姉さん達が大好き。
全体的に大好き。

このレビューはネタバレを含みます

やはり成長の環境が人格を形成するね。
一人ひとりの物語が違うがどっかで共感できるところが良かった。

また、フェミニストの論文抜粋がとても面白かった。生理についての大人数討議のシーンみたいに、私も大学のジェンダー授業で似たようなことをやったわ。

それに「なんでセックスをするの?」という問いかけに対してジュリの答えもとても響いた。

小さなところでこっそりと心を揺す映画だと思う。

※ジェイミー顔綺麗すぎ
>|