20センチュリー・ウーマンの作品情報・感想・評価

20センチュリー・ウーマン2016年製作の映画)

20th Century Women

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、…

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった。

「20センチュリー・ウーマン」に投稿された感想・評価

H

Hの感想・評価

3.5
インテリア、タバコ、音楽、すべてがさりげなくおしゃれ。
ところどころくすっとなるリアルな映画でした。
P後輩

P後輩の感想・評価

-
@下高井戸シネマ
bnft

bnftの感想・評価

3.5
おかしなことを言うようだが、
ある部分、秒速5センチメートルを思わせる部分がある。
その意味で秒速が当然のようにフェミニズムの影響下にあることに気付くし、そこで、日米の近代、社会がどれだけ個人という人間を受け止めたのか、その異なる性格を曝されたりする。

そんな映画。
zer0ne0

zer0ne0の感想・評価

5.0
70年代カルチャーを体験。スマホも、デジタルな音楽もないが、とても洗練されていて前衛的で、お洒落な時代だっだなあと、
あの演説は現代日本に通ずるものがあるし、若者文化や、儚い恋心、母のまなざし、なにが幸せか、なにが大切か、時代は違っても変わらない普遍的なものごとがあるのだと伝えてくれた。
まるで、いまを映す映画だと感じた。
魅力たっぷりの登場人物たちが奏でる、キラキラした青春でない非現実なイタさ、重さを感じる物語に、生身の人生があった。良い映画でした。
カメラワークよい
Nodoka

Nodokaの感想・評価

4.1
見た後に、家族のことを大切にしなきゃと思った
ここに書かれてるのは普通のシングルマザーの話
だけど、シングルマザーなりの苦労
父親がいないという苦労
親子それぞれがそれぞれの苦悩を抱えていて
でも口に出すことはないし、助け合って生きている姿に感動した
エルちゃんが、可愛かった
こういう無気力ガールいるいる、と思って見てました
まー

まーの感想・評価

4.0
ジェイミーお前羨ましすぎるぞ!笑

登場人物みんな大好き。女性だけじゃなく男2人も素敵。というかみんなどこかダメで素敵。本来、人間ってそういうものよね。同調して取り繕うAIみたいな人間はつまんない。

映画としての出来は好みが分かれるとは思うけど、個人的には大好物だった。

グレタ・ガーウィグがほぼフランシスで空回り気味だったのが嬉しい。ダンスもキレキレだったし。笑
Yu

Yuの感想・評価

4.4

最近filmarksがおろそかになってるので、レビュー後追いでpostだけ先にしてきます🙇
(一応インスタレビューコピペだけしときますw)



#マイクミルズ
#アネットベニング
#ルーカスジェイドズマン
#エルファニング
#グレタガーウィグ

思春期にこんなにたくさん話したり考えたりしただろうか
ずっと羨ましく思いながら観てた

自分のことを殻を破るということを親身に考えてくれる皆

大事な事くだらない事些細な事全てがかけがえのない宝物✨

でも僕にはママがいてくれればいい😢

この親子素敵すぎ
年に一度は女性パイロット
夢が叶って輝いてた良かった

また誰かの人生と繋がれた
人生に寄り添う作品
Satoko

Satokoの感想・評価

-
あたらしい
全員がちゃんと人生やってて良かった。
20センチュリー本当羨ましい、、
早回しとかレトロな加工とかセンス良
>|