20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

20th Century Women

上映日:2017年06月03日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:119分
    監督
    マイク・ミルズ
    脚本
    マイク・ミルズ
    キャスト
    アネット・ベニング
    エル・ファニング
    グレタ・ガーウィグ
    ビリー・クラダップ
    ルーカス・ジェイド・ズマン
    アリソン・エリオット
    テア・ギル
    ビタリー・アンドリュー・ルボー
    ワリード・ズエイター
    ダレル・ブリット・ギブソン
    アリア・ショウカット
    ナタリー・ラブ
    キャメロン・プロッツマン
    あらすじ
    1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった。

    「20センチュリー・ウーマン」に投稿された感想・評価

    フセ
    3.3

    70年代の子育て話を通して、
    私たち若者たちに1番近く、ゆっくりと
    やさしく寄り添いながら「大丈夫。」といってくれる映画。

    この映画のポスターみただけで、ビビッときた人は見て間違いは無し。

    単調に進む映画でちょっと退屈しちゃうけど、その分メッセージは明確で、見たあとはじんわりと心が温まる映画。
    Sakura
    4.4
    1週間前くらいにお母さんに連れられ劇場で見てきました👏

    私は全く知らない時代のお話ですが
    すごく心に響くセリフや場面がたくさん
    あって身にジワジワ染みた。
    素敵な母と子のストーリーです。

    そしてエルファニングちゃん。
    あれ、この子なんの映画で見たんだっけ?と思ったらネオンデーモンだ、、笑
    ネオンデーモンの余韻が未だ抜けず(笑)
    ジェイミーと2歳差には見えない大人びたルックス!!!タバコのシーン好き👌

    覚えておこうと思ったセリフがあったのに
    忘れちゃったからもう一回観たいな〜!
    とてもいい映画でした😊
    こと
    3.0
    母と息子、なぜかそこに引き寄せられた人々。それぞれの人生を、生きていて、意味などなくても、人生は続いていく。
    ymgc
    4.0
    色彩雰囲気サントラ👍👍
    息子の事を知りたい母の、「外の世界のあの子をみれない、でもあなたはみれる」っていう言葉の切なさったら。。

    愛やら恋やら、男女、sex
    子供を持つこと、親と子…
    すごい大変で難しそう
    でもこれから、まだ知らない感情を知りたいし、知れる事にワクワクする

    人に関わる事で自分が出来ていってるんだなと思うと、やっぱり色んな人と出会う事は楽しいな 知らない世界を知れるようで

    外国のすぐ踊り出す文化?羨ましい
    Yuuna
    4.6
    キャラクターたちの不器用さや心の動きが、絶妙に、繊細に、伝わってきてポロポロ泣きました。
    特にアビーの言葉がしみた。

    早送りのシーン、三原色を用いたドライブシーン、暗闇で写真を撮るシーン、写真の挿入の仕方
    、映す角度で色の雰囲気が変わるキッチン…

    とても好きでした。映画館で見てほしい!!
    ちょっと変わった母親がいる家族映画
    20世紀の女としてのある種のプライドを保持しつつ、可能な限り息子を理解しようとする母の姿、そしてオチに感動をおぼえる。しかし、カサブランカのブランド力はすごいね。ジェイミーめちゃくちゃかわいい。エル・ファニングさまもかわいい。車が燃えてはじまる映画は絶対面白いと思う。真っ暗闇で写真を撮るシーンが最高だった。
    とぅー
    3.7
    2017.7.25

    ここで、普通という言葉をあまり使いたくはないが、あえて使うならジェイミーは普通の15歳が経験し得ないような日常を送っている。そして、映画化している以上それはいい思い出として本人に記憶されているはずだし、その後の人生に大きく影響したに違いない。羨ましいとは思わないが、なんか憧れてしまいそうな幻想のような生活を覗き見ることで、自分の15歳のときを思い返した。それはそれで悪くないと思った。
    中山
    4.0
    ひとりひとりの人生のワンシーン、ワンシーンを眺めてるような作品。

    とてもステキな映画でした。

    ピカデリーで見たけどアップリンクとかで見るのもまた良さそう
    Yurie
    3.8
    現代の映画だった。
    不思議な家族。でもその時だけの家族。
    なんだか、人は生きている。
    私も映画に生かされてるなあと思った。
    どうしようもないことだらけの人生だけど、人生は手に負えないほど巨大で、なんだかんだそれを愛してる
    >|