20センチュリー・ウーマンの作品情報・感想・評価

20センチュリー・ウーマン2016年製作の映画)

20th Century Women

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、…

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった。

「20センチュリー・ウーマン」に投稿された感想・評価

aoi

aoiの感想・評価

4.5
瞑想していて、呼吸に集中して...って言われてるのにタバコに火つけたの笑った

前半より後半が好き

色んな人生がある

想像通りにはいかないし、
想定外のことばかり起きる

音楽がいいな

ゆるやか
記録。
時間が無かった状況で追い立てられるように見たのでもう一度見直したいところ。
か

かの感想・評価

3.5
今の自分に刺さるものはあまり無かった。時間を置いていつかまたもう一度観たい
mizuki

mizukiの感想・評価

3.8
理解し合えるひとが大切なんじゃなくて、理解したい理解し合おうとできるひとが大切なんだとおもった
年齢を重ねれば大人って枠組みに自然と入るけど、子供が15歳なら母親も母親15歳だし、価値観がちがって当然だし、親である前に女でありひとりの人間ていう、すごく当たり前の当たり前のことを、
改めて知った

エル・ファニングすごくすきになったし、
“謎めいた表情”が可愛すぎや
「母と息子と幼なじみと同居人と。」

離婚した55歳の母が高齢出産で産んだ15歳の息子との関係を、幼なじみや同居人を交えて描くヒューマンドラマ。舞台は1979年。登場人物はほぼ5人で構成されているのでキャラが多くてワケわからなくなるとかは無い。

物語の骨子としては息子の成長期に差し掛かった時に、母としてどのように接したら良いのか、というモノ。母は母でしっかりし過ぎているのでたまに窮屈感があったりし、息子は息子で悪ぶれるコトがカッコイイと思ったりしている。幼なじみのジュリーや同居人のアビーに息子を見てくれと頼むのがコトの始まり。着地点は本当にシンプルなんだが、そこに至るまでの遠回りぶりがリアル。

世話を頼まれた2人の女の子は食事の席で生理とか初体験の話したりとかどっかイカれてるのが魅力でもある。特にジュリーを演じるエル・ファニングのやさぐれ感が可愛い。この娘はこういう役のが似合うよ。まあでもジュリーは現実に考えたらメンドクサイ女なんだけどな。これ所謂ソフレって言うのか。ジェイミー誘って浜辺まで言って一泊してセックスは出来ないとかジェイミーからしたらキツ過ぎるだろ。

基本的には面白かったんだが、その後みたいなのは要らないと思った。中盤あたりからメタ的視点を入れてくる当たりから嫌な予感がしてたんだが、そういうのを無くして本当ひと夏のストーリーだけで良かったんじゃないかな。あとドロシアジェイミー母子以外の3人の元の家族との掘り下げをもうちょっとゆっくりやって欲しかったってのもある。過去は問題じゃない、ってのがあるかも知れないが、それにしたって登場人物紹介みたいな感じだったからなあ。惜しい。ドロシアの元夫との掘り下げは殆ど無かったのは逆に良かった。
Notapipe

Notapipeの感想・評価

4.2
思春期の少年と息子の変化に戸惑う母
下の階に住む感性に溢れた年上の女性と思春期な女の子幼馴染
そして"木の話しかしない退屈な男"笑 の物語
:
男も女も、大人も子供も、人間ってとてもめんどくさくて、難しくて、だから良い。そんな映画でした。
:
:
あとアネットベニングは"変わり者の母"の演技上手すぎ
そしてエルファニングは天使のように可愛すぎ
悪くない!
アネットベニングのインパクトあるお母さんもよかったけどエルファニングの擦れた少女の演技も好き。
映画の舞台である1970年代後半のアメリカは第二波フェミニズム(ウーマン・リブ)の時代。アネット・ベニング演じるドロシアは50年代の家族と父性の時代であるアメリカで男性と同等の社会的地位にいた女性で、離婚後は一人息子のジェイミーの子育てにも父性を必要と感じていない。エル・ファニング演じるジュリーとグレタ・ガーウィグ演じるアビーにジェイミーの教育を頼むと「父親役が必要」と意見されるも必要とは思わないと否定する。
ジュリーはジェイミーの親友であり、アビーや男性のウィリアムも居候。
この70年代末の擬似家族の物語は
『ブギーナイツ』でも同様に描かれていて、70年代から80年代はアメリカ社会にとって大きな境界であったと窺い知る。
アビーは特にフェミニズムをジェイミーに叩き込み女性からみる完璧な男性を作り上げようとするのが興味深い。

それにしてもアネット・ベニングのドロシアが素晴らしくいい。父性に見られる保護と被保護という関係ではなく、理性と対話で対等に接しようとする。そこに不器用さが滲み出るのもまたグッとくる。
ウィリアムにキスされて「いまのキスの意味は?」「意味がわからないならキスしちゃダメ」と冷静にツッコむところもいい。
しかし一人時に泣き、感情を吐き出す(アネット・ベニングは『アメリカン・ビューティー』でも気丈な妻だが一人になって泣き出すシーンがあった)など、孤独に哀しく抗うところにもグッとくる。

ドロシアは(擬似的とはいえ)家族の中心における父性的な重しではなく、寄り添うことで中心にいるという限りなく反父権な物語だと感じた。

エリザベス・ストラウトの小説『オリーヴ・キタリッジの生活』を少し思い出しました。
思春期の息子と母親の微妙な関係性を上手いことかいた作品だと思いました。

スウィート17モンスターとはまたちょっと別種だけど、うーん拗らせてるなぁいいなぁって感じw

それぞれのキャラが立ってて話に抑揚はなくても飽きずにみることができました。好きな雰囲気だ。
お母さんの煙草への執着に笑うw
Megumi

Megumiの感想・評価

4.0
好きでした。アネットベニングのお母さんかっこいいなぁ。そして、周りの女性たちに色々教わりながら、彼はいい子に育つことだろう。
「生理」って色んな人に言わせる食事会のシーン、笑った。
>|