20センチュリー・ウーマンの作品情報・感想・評価

20センチュリー・ウーマン2016年製作の映画)

20th Century Women

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、…

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった。

「20センチュリー・ウーマン」に投稿された感想・評価

YUM1

YUM1の感想・評価

3.8
個人的に今見れて良かった。一緒の家にいる事で血は繋がってなくても家族のような関係が出来るって素晴らしい。それぞれが持つ様々な思いにも気づかされる。前向きにしてくれる作品である。
理解し合おうとするのとか、信念とか理想を追うのとかは全部ものすごく不毛なことかもしれなくて、
それでもそうしない訳にはいかなくて
みたいな感覚がすごい分かった
お洒落映画でもなくシリアスすぎるんでもなく、そのままの感じが良かった
早稲田松竹にて。

これは、好きです。
もっかい観よう。

ジェレミーの成長、お母さんの成長。
…もっかい観よう!

生きてる…人生が…リアリティ。

その前に見たカフェソサエティが作り込まれた感じがあったので、よりリアルに感じる。

ジェレミーのお母さんに対する目と、ジュリーに対する目の違いすごい…
すっかり男の顔…目から滲み出ちゃってますよ…

親子の関係って近すぎると駄目。
管理下に置けなくても駄目。
その葛藤がわかるなぁと。
子供はいるけど、自分の人生なのだ、という葛藤も。
大切な家族、でも、お互い違う人生なのだから。

いろいろあるけど二人きりの家族。

ジェレミーいい男だよ。

エルファニングの若いのに退廃的な色気。
グレタガーウィグ、画面にいるだけど全てワンランク上にみえる魅力。
特別なことしてるようにみえないのに!それがすごい!
フランシス・ハも良かったし、もっと色んな役で見てみたい。
架空のシナリオの上で人のリアルな不器用さを描き出すってきっとすごく難しくて、難しい以上に体力と根気のいる作業だと思う そこに妥協なく取り組んだことを感じさせる映画でした 美化しない、地に足着いた表現の中で、映画としてエンターテイメントとして耐えうるものに昇華させるような作品が好きな身としては見た後の満足度が高かった
Chelsea

Chelseaの感想・評価

4.1
Story about strong women.
es

esの感想・評価

4.0
自分の好きな映画監督の好きな要素を全部詰め込んだかのような映画でした。
トーキングヘッズが好きだとアート気取りの軟弱野郎と言ってぶん殴られたり、子宮頚がんの検査報告でルーリードのよれたTシャツを着ていたり、音楽好きにはたまらない。
フェミニスト的だとしてもやはり女性が性表現に関してオープンすぎるのはあまり慣れてないため、少し難点。
そして結局はエルファニングが天使すぎる(小悪魔的な)という結論に全て持っていかれてしまう。
最高にお洒落でイケてる映画でした。おすすめ。
人に寄り添うということは誰もが望んでいる事で、だけどそれに向き合ったり寄り添うことって意外と難しい。

めちゃくちゃ愛おしい映画でした。
ふんわりとした空気の中で主要人物5人の人生がぎこちなく、それでいて濃く濃く伝わってくるこの不思議な感覚がたまらなかった。

「人を思いながらも自分自身を見失わない」ように健闘する不器用な姿がどうしようもなく可愛らしくて、良かれと思ってしたことが空回りしてしまうようなあの感覚にすごく似てる。みんな人を大切に思うことのできる人たちだからこそ生まれるこの雰囲気に共感するものがありました。

きっと現実の世界でも生きているうちに進んでいる道の中で壁にぶつかって上手くいかないやと凹んで、そんなもんだと思うけど、その不器用な姿がいいんだろうなと思った。正解だろうと間違いだろうとその辿ってきた道が自分の人生になる。飾らない素の自分でいることの大切さを感じられた。人によっていろんな感想が聞けるんじゃないのかな、という作品でした。早く見直したい。
中3の頃大好きだったこの雰囲気。エル・ファニングが岡崎京子の漫画に出てくる女の子みたいで惚れた。
bonbonciel

bonboncielの感想・評価

3.2
‘母と息子のラブストーリー’‘反抗期の息子とどう向き合うか’的な内容では無かったなぁ…。
この物語で1番しっかりしてて大人なのは「彼」だった気がする。普通にまともな15歳だった。いえ、15歳には思えない落ち着き。「彼なら大丈夫」本当にそう。

逆に大丈夫じゃ無かったのは母を含めた周りの大人達や、やたら大人ぶってるガールフレンド。

彼に本当に必要だったのは殴り合ってもすぐにまた馬鹿みたいに遊べる男友達だった気がする。

それぞれのその後…幸せだったのかどうなのか…それは本人にしかわからない。
LisaM

LisaMの感想・評価

-

母と息子のラブストーリー

社交的で知性ある女性でありたいものだ
>|