20センチュリー・ウーマンの作品情報・感想・評価

20センチュリー・ウーマン2016年製作の映画)

20th Century Women

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:119分

3.8

あらすじ

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、…

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった。

「20センチュリー・ウーマン」に投稿された感想・評価

まだ

まだの感想・評価

4.0
観ている時、観終わったとき、羨ましいなぁとただただ思いました。多感な青春時代、こんなに個性豊かで、魅力的な同居人や幼馴染に囲まれて暮らせたら。刺激的で、一生心に残るでしょうね。
ただ、少し、というかずっと私の黒い青春時代とのギャップにどうしても目が向いてしまって、少しだけほの暗い気持ちになりました。
cateye

cateyeの感想・評価

3.9
いいお母さんだなぁとおもった

息子目線でみたらう~んと思ったけど
母目線でみたらすごい心打たれると思う
母じゃないからわからないけど
kyoko

kyokoの感想・評価

3.3
子供のことを理解するって、難しいんだろうね。でもそれも相手のことを思い過ぎて、本音を言い合えない関係性ゆえなのか。
周りの人たちの人生も掘り下げられていて、まとまっていて良かった。最近、グレタガーウィグが気になる〜
NORIDAR

NORIDARの感想・評価

3.8
キャラクターたちの濃厚な思い出を一緒に振り返っていくようなノスタルジックな作風。

それを強く感じさせてくれたのは1シーン1シーンの綺麗な絵。色味や構図がとても幻想的でアルバムの写真をめくっているような感覚にさせてくれた。

逞しく厳格だけれど理解や柔軟さもある、そんな理想的で強い存在だけれど、母親である自分に対する不安も人一倍強いという、とても複雑な役どころを演じるアネットベニングがとても見事!
主張しすぎない演技が尚更上手い!

でも個人的なお目当ては大好きな女優グレタガーウィグ。
今作も個性的で魅力溢れる役所で、クリエイティブな所も本人とリンクしていてとっても自然体。
やっぱ大好きだーーー!

ネオンデーモンでも凄かったけどエルファニングの影のある感じ、さすがです。

ラストの展開もすごく印象的。
人生色々あるけれど、一緒に過ごした時間はそれぞれの思い出の中にしっかり残ってるんだなぁ。



みんなで一緒に。せーの、生理。
やめてくれぃ!笑
su

suの感想・評価

3.0
ゆったりと時間が流れる映画。
親子といえどやっぱり他人だし、理解し合うのは難しい…
性にオープンな女性2人は、私はとても素敵だと思った。
それぞれのその後が語られる終わり方がとても好き。自然と離れ離れになるところが、人生だなぁという感じ。
KOUSOU

KOUSOUの感想・評価

3.7
【脚本】20点中14
【人物】10点中8
【音楽】10点中8
【映像】10点中7
登場人物一人一人をしっかり掘り下げて描いてるけど、主人公は紛れもなく母親だと分かる。
理解できない息子を理解するために、知り合いに助けを請い、流行りの音楽に触れて、新しい場所に行ってみる。男にも興味を持とうとする。思春期の息子だけじゃなく、母親もなお成長するんだというのが良い作品だった。
母親の不器用な愛と、息子の母への想いが良かった。幼馴染や同居人の年上女性との関係も清々しい。
Delpy

Delpyの感想・評価

3.7
あらすじだけ見ると「それなんてエロゲ」なのだけど、おっさんも1人混じっています
hara

haraの感想・評価

4.2
今の自分に刺さる?心に残る言葉が多かった。愛し合うべきと思っていたのかも。とか。
雰囲気がすっごいドストライクな映画だった。
>|