「JACO」に投稿された感想・評価

xyuchanx

xyuchanxの感想・評価

3.5
ジャコ・パストリアス。

18歳の、ある徹夜明け、青みがかった微睡みのなかで聴いた「Mingus」の浮遊するような演奏は忘れられない。彼の死から3年後だった。

Joni Mitchell (w/Jaco Pastrius)
「A Chair In The Sky」
https://youtu.be/FjkBF-Phenc

世界中の人々を陶酔させつつも、自身の音楽を理解されない孤独に苛まれ続けた孤高の天才。射手座の宿命。

伴奏用の楽器であったベースでメロディをも奏であげるスタイルの先駆者。エレキベースをフレットレス化し、ハーモニクスを多用。ジャンルレスに”音楽”を紡ぎ出した純粋なアーティスト。

どこかチェ・ゲバラやアイルトン・セナを思わせる。

この作品をプロデュースしたメタリカのロバート・トゥルージロ、レッチリのフリー、スティング、ハービー・ハンコック、アル・ディ・メオラ、スタンリー・クラーク、ゲディ・リー、レニー・ホワイト、カルロス・サンタナ、ブーツィー・コリンズ、イアン・ハンター、そしてジョー・ザヴィヌル、ウェイン・ショーター、ジョニ・ミッチェル…錚々たるレジェンド達が口を揃えて”one & only”だと語る。

なのに。

堅実でお金に執着せず、クスリにも手を出さなかった男が。娘メアリーの誕生に「ベースで前代未聞のことをやらないと」と誓った良き父親が。

名声と重圧。天才と孤独。ショービジネスの魔物はどれだけの才能を食いつぶせば気がすむのか。

愛する家族と離れ、自らの死期を予言し、ドラッグに溺れ、双極性障害の果て、なかば殺されたような死にかた。何故あんな不幸なかたちで死を迎えなければならなかったのか。


唯一の救いは、スティングが“音楽的にはみんなジャコの子孫なんだ”という通り、みんな少しづつ彼のmemeを受け継いでること。

Before JacoからAfter Jacoの大きな変化のグルーブ。天国からも見えるはず。理解されたとわかるはず。


どこの配信にもカバーされず、圧倒的なカバレッジを誇るTSUTAYAのDISCASにすらスルーされた本作。やむを得ずDVD買ったんだけど、じゅうぶん価値はあった。


“ただベースが弾ければよかったんだ”
Masaki

Masakiの感想・評価

4.0
「成功する」ということの、代償というか副産物として過剰なプレッシャーや制限に苛まれ、家族想いだったジャコの転落。ミュージシャンあるあるだけど、残酷だな、、と思った。
天才が故の繊細さは諸刃の剣やな。。

個人的には フリーが セロニアス モンクのTシャツ着てたのがおっと思った。
後 マイルスの後ろで弾く若かりし頃のマーカス!

フレットレス弾きたいなあ。
同じベースを弾く者としてジャコの歩んだ道から学び、自分に活かしていきたい。


4フレット4フィンガーの弾き方、知らず知らずに俺もジャコの影響下にあったんだな。。
み

みの感想・評価

4.4
高校生の頃、初めて買ったベーシストのCDがジャコのアルバムであったことから、気になって見に行った。
裕福な家で育ったわけではなく、ベースケースに靴下と一着のスーツセット、小銭を詰めて家族に仕送りをしながら音楽で稼いであそこまで上り詰めたこと、その後の苦悩、初めて知りなお彼のことが好きになった
タラヒ

タラヒの感想・評価

2.9

ジャコ・パストリアスの生涯。
数々の有名アーティストからのコメントや自身の音楽で彩られ、ファン必見。
バヤシ

バヤシの感想・評価

4.0
世界一のベーシストだけど、自分と同年代の人はほとんど知らないと思う(自分も今日知った)

ベースをやる人、やりたい人は絶対に観るべき映画
Weather Reportの来日公演で生Jacoを見たのと彼と同じくらい親指が曲がるのが私の自慢です。
彼に関しては、亡くなったときからいろんな噂が飛び交っていましたが、この映画でようやく全貌がわかった気がする。
ずっと破天荒なヤツというイメージだったが、家族思いの子煩悩な良いやつだったことにあらためて気が付いた。
ジョー・ザビヌルの嫉妬、レコード会社との確執でドラックと酒に溺れていった過程も生々しい。
彼の2ndソロ・アルバムの「Word of Mouth」は、リアルタイムで聞き、1曲目の「Crisis」は、凡人の俺には理解できない天才JACOの演奏とめちゃくちゃポジティブにとらえたのに、
発売当初売れないとワーナーに契約を切られた話は、切なかった反面、そうだろうなとも思った。
この映画を見て、「Birdland」のハーモニックス部分を指をつらせながらコピーするベース小僧が増えることを期待する。
『ジャコワールド』

こんなにすげーベーシストだったなんて知らなかった。

ジャコと関わりをもった方達のインタビューと当時の映像や音楽を織り交ぜながら映画はすすむ。

ジャコの壮絶な人生。
ジャコがあんなにも凄腕ベーシストなのに公園で住んでいることを知ったとき、ベーシストTAIJIがよぎった。

演奏がまさにアーティスト。
様々なミュージシャンの中で独自なスピリッツそのものが醸し出されすぎている。

この映画のいやらしいところ。
それは、


もっともっとジャコを知りたい!!w

まんまとジャコワールドに浸りたいという欲求がっ!!

この時にこの作品に巡り会えたことにきっと意味があるし、おそらくその意味はのちのちさらに明快になるだろう。


そんな熱き思いを抱きつつ、今日は終電で帰りますw

グッドナイト!ジャコ!

このレビューはネタバレを含みます

“最高”のベーシスト、ジャコ・パストリアスの生涯を、家族や生前共に活動したミュージシャンたち、また直接関わりはなくても彼をリスペクトする多くのミュージシャンたちのインタビューも交えて振り返る映画です。メタリカのベーシスト、ロバート・トゥルージロがプロデュースしています。
 
全体として、彼の活動と音楽をうまくまとめていると思います。ウェザーリポートのメンバーやジョニ・ミッチェルはじめ、彼に関わった殆どのミュージシャンが網羅されているし。各音源も映画用にうまく調整されていて聴き応え十分でした。(できれば個人的に好きな"Chromatic Fantasy"とか"Blackbird"とか"Mr. Gone"の曲も聴きたかったけれど)
 
今回の映画を見た限り、82,3年頃から完全に病気(双極性障害)だったようですね。亡くなった直接的な原因は酒場でガードマンに殴られたことですが、病気じゃなかったらそんなことにならなかったろうし本当に残念です。今ならレコードの印税も入って、普通に治療しながら静かに暮せたかもしれないし、周りのミュージシャンの金回りも良くなって、いろいろサポートできたかもしれないし。。。
 
さらに言えば(取り戻せない時間を振り返ってもしょうがないのですが)、“Word of Mouth”発表当初あまり売れなくてワーナーに契約切られたり、ジョー・ザヴィヌルに"Liberty City"を貶されて落ち込むシーンでは居た堪れない気持ちになりましたね。
 
そんなこんな、家に帰って“Word of mouth”を聴きました。
感性は生まれながらに持ちあわせ、子供の頃の体験から作られる。
でっかく生きたジャコの
目の輝きにスクリーンで逢えて感動。
魂を売らなかった‼
すごく響きました。
動くジャコをこんなに見るのは初めてで、まずは何よりその澄んだ目に驚きました。裏側まで透けて見えてしまいそうなほど曇りのない瞳、酒と薬に溺れていたはずの最晩年でさえまるで少年のよう。知ってる。わたし、こういう目をしたミュージシャンを少なくともあと二人知ってる。ひとりめはキース・ムーン、ふたりめは佐藤伸治です。どう考えても長生きできる気がしません。この時点でまず、いろんなことが腑に落ちた気がする。

同じ人類とは思えないほど長くそして反り返った親指とか、その親指がクローンレベルでそっくりそのまま遺伝している息子とか、あらゆるジャンルを飛び越えて語られる生前の姿とか、JBやマイルスのドキュメント映画より明らかに気合の入った出で立ちでインタビューに臨むブーツィーだとか、見どころたっぷり山盛りすぎて脳の処理速度がとうてい追いつきません。長い長いエンドロールにも納得。
>|