サイドマン:スターを輝かせた男たちの作品情報・感想・評価・動画配信

「サイドマン:スターを輝かせた男たち」に投稿された感想・評価

一番好きだったシーンは最後。 ミシシッピー州のクラークデールにパイントップのマスタークラスができ、毎年夏に若者が集まってブルースを演奏したり、講義を聞いたりしているシーン。この財団はHopson Foundation(1852年)でパイントップはここで75年前に働いていたと看板に書いてある。オースティンという18歳の青年は、パイントップトップとウィリーとヒューバートの三人にはあったことがないけど、ただ彼らの音楽を聴くだけで、彼らにあったような気がすると。コネクションを感
じて、もし彼らがいなかったら、音楽はどうなっていたのだろうかと? いい言葉だねえ。もう一人の青年はこの音楽がなかったら、自分は他の若者のようにビデオゲームをしていただけだと。ここで、ブルースを見つけたことで、私は彼の一生は無限大に広がっていくことになると、彼らが、綿畑をバックに演奏している時、感じだ。これで米国音楽界でブルースが引き継がれているのがよくわかる。

現在活躍中のアーチストではこの二人をよく聞く。
1)ジョニー・ラング https://www.youtube.com/watch?v=bb6wkH7g7zM
2)ジョー・ボナマッサ https://www.youtube.com/watch?v=pvvgZMGp5Uo

最初、『サイドマン』という言葉のイメージがピンと来なかった。現在、一人一人、実力があるものがバンドで演奏するし、言葉の意味から考えても、こういう言い方は減ってきていると思う。当時は実力があるアーチストの世界より、それを発揮する機会が与えられなかったのかもしれない。または何か他に?マディ・ウォーターズのサイドマンとされた、ピアニスト、パイントップトップ・パーキースとドラマーのウィリー“ビッグ・アイズ”スミス。そしてハウリン・ウルフのギタリストのヒューバート・サムリンの三人の足跡に焦点を当てているが、この三人のことは全く知らなかった。彼らの偉大な功績がここに残されたことに感謝する。

1967年からのザ・バンド(リヴォン・ヘルム - ds., mandolin, vo.ロビー・ロバートソン - gt.リック・ダンコ - b., gt., vo.リチャード・マニュエル - key., vo.ガース・ハドソン - key., sax.)はブルースも演奏するがサイド・マンは誰かと言われると答えられない。また、メンバー全員がボブ・ディランのバックバンドで当時から実力を認められていたからかもしれない。この映画でこのバンドのヘルムの言葉だけが引用されただけだが、当時はアメリカでのバンドでは全員が実力を買われ、注目を浴びるのは稀だったのかもしれない。

ウォーレン・ヘインズ 、デレク・トラックス 、スコット・シャラード、それに、亡きグレッグ・オールマンもブルースを演奏している。オールマン・ブラザーズ・バンドのギタリストがコメントをしているが、不幸にも内容を忘れたので書けない。初期のオールマンではなく後期のオールマンが影響を受けたようだ。個人的にあまり後期のオールマンを聞いていない。

パイントップトップ・パーキースとドラマーのウィリー“ビッグ・アイズ”スミス。そして、ギタリストのヒューバート・サムリンは2011年に8ヶ月離れてこの世を去ったらしい。
Scratchy

Scratchyの感想・評価

4.0
もっと演奏シーン欲しかった。みなが口を揃えて言う「〜がなかったら〜はなかった」という表現って使い勝手が良すぎるよねー。パイントップが祖母からビール瓶で殴られて気絶し起きると火搔き棒でさらに殴られていて「ヤバい」と思って逃げ出したという壮絶なエピソードが好き。
"SIDEMAN" 潔いタイトルだと思ったけど、観賞後には印象が変わりました。
「苦痛を生き抜いた者が、ブルースを歌う」という言葉は、苦痛に耐えかねた人達の存在を感じ、重く刺さりました。彼らの生活と切り離せない音楽。音楽と共に生き抜いた人生。だから彼らが音を出すと一瞬で世界が出来上がってしまうのだろう。そんな彼らのポジションは常にサイド。

文化や芸術って、影響を与え合いながら、形を変え、人を変え、後世に繋がる。人類の共同作業による壮大な産物だなぁと思いを巡らせました。
しかし技術はソウルには敵わないし今後どうしたら彼らにかなうだろうか、とも感じてしまった。
サーフ

サーフの感想・評価

3.5
著名なブルース・ミュージシャンであるマディ・ウォーターズとハウリン・ウルフのバックで演奏していた3人のサイドマンたちのドキュメンタリー作品。

個人的にロックやジャズはそれなりに聴いてきたけれどブルースはほとんど聞いたことなかったのでこの作品で取り上げられている3人のミュージシャンについてはまったく知らなかった。マディ・ウォーターズとハウリン・ウルフは名前知ってる位。

ブルースというジャンルがその後の音楽に多大な影響を与えているという事をこの映画を通して詳しく知る事が出来た。
登場するミュージシャンも豪華でジミ・ヘンドリクス、エリック・クラプトンに始まり、ホワイト・ストライプスやブラック・キーズなど比較的近年のミュージシャンも。不遇の時代があったにせよブルースという音楽、魂が消えることなく今の時代まで繋がっているという事を改めて気づかせてくれる。

そして何より素晴らしいのが最後に映される綿花農場をバックに白人と黒人の少年2人がギターでブルースを奏でているシーン。
3人が紡ぎ出した音楽が連綿と受け継がれていて、ブルースの未来を感じさせてくれる映像だった。
U-NEXTで鑑賞。

【シカゴブルースの2大スター、マディ・ウォーターズとハウリン・ウルフ。彼らの音楽を支えた3人のサイドマンの生き様に迫る】

マディのバックを務めたピアノのパイントップ・パーキンス。
ドラマーのウィリー・“ビッグ・アイス”・スミス。
ウルフのバンドのギターのヒューバート・サムリン。

3人のインタヴューにさまざまなミュージシャンの証言を交えて、偉大なサイドマンの足跡・功績を辿る。

私が分かる名前を挙げると、ボビー・ラッシュ、ジョー・ボナマッサ、ジョー・ペリー、ジョニー・ウインター、グレッグ・オールマン、エルヴィン・ビショップ、デレク・トラックス、エリック・クラプトン、キース・リチャーズ、ボニー・レイット、ロビー・クリーガー。
他に私の知らないミュージシャンもたくさん出演している。
いかに3人の影響が多岐に渡っているかということだろう。

過去の貴重な映像も良いが、最大の見どころは3人の共演ステージの模様と、パイントップとウィリーの2011年グラミー授賞式のシーンだろう。ウィリーのスピーチ最高。

2011年、3人は相次いで他界。
映画のラストでは若い世代にバトンが手渡される。
いい!

※ DVDを探したが見つからなかった。
カッコイイ〜!渋い!
かの有名なブルーズマン、マディ・ウォーターズとハウリン・ウルフを支えたピアニスト"パイントップ・パーキンス"、ドラマー"ウィリー・ビッグアイズ・スミス"、ギタリスト"ヒューバート・サムリン"のサイドマンたちのドキュメンタリー。

ブルーズが発展してロックンロールが生まれ、それが今現在のポップミュージック全てに影響しているのは有名な話。
しかし有名なブルーズマンを支えた彼らのようなサイドマンは一般の人たちには知られていないことがほとんど。
実際ぼくもこの御三方のことは正直言って知らなかった。

マディ・ウォーターズのI Am The Manや、ハウリン・ウルフのKillng Floorなどなど有名曲の後ろに彼ら有り。しかもパイントップとウィリーは『ブルース・ブラザーズ』でジョン・リー・フッカーがBoom Boom Boomを演奏しているシーンでそれぞれピアノとドラムで演奏・出演してたってんだから本当知らなくてごめんなさい。

レッド・ツェッペリン、ローリング・ストーンズ、ジミ・ヘンドリクス、エリック・クラプトン、オールマンブラザーズ、ジョー・ペリーなどなど彼らが影響を与えた錚々たるミュージシャンたちのインタビューやエピソードがポロポロと出てきて圧倒される。
ウルフのロンドンでのセッションのエピソード凄すぎる。

ミュージシャンたちからの尊敬は集めているのに、報酬や世間一般からの認知に繋がらないもどかしさと苦しみ。
有名ミュージシャンたちが歳を取り不遇だった彼らと共演という形で救おうとするのも頷ける。

余談だけど、昔の音楽業界は最初の契約がとても強力で、リーダーとバンドメンバーとで報酬の格差がかなりあったらしい。この辺りはこの映画でも度々話題にあがったチェス・レコードを元にした『キャデラック・レコード』という作品に詳しい。

「あの頃は貧乏でも楽しかった。人生はそうでなくちゃ」と笑うウィリーがカッコイイ。

ぼくの世代は00年代の所謂ロックンロールリバイバルが起こってたから、ホワイト・ストライプスやブラック・キーズといったブルーズモロ出しのバンドもいたし、ストロークスなんかもモダンレトロな音楽をやってたからブルーズに抵抗ない人が多いんじゃないかなぁ。ちなみにぼくはジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョンも好きだし、日本のキングブラザーズも大好き。

「目覚めと同時にブルースのことを考え、ブルースを絶やさないために努力してる」

彼らのおかげでブルーズは絶えずに、若い世代にも引き継がれてきた。

彼ら3人が亡きあと、パイントップの基金でプランテーション跡地のブルーススクールでスティーヴィー・レイヴォーンを練習する少年。そして実際にパイントップが綿を摘んでいたであろう畑の跡地でブルーズを演奏する10代の白人と黒人の少年たち。

カッコイイおじさんたちがちゃんと引き継いでくれたから、今でもぼくたちはイカすブルーズを聴くことができるのです。
Akari

Akariの感想・評価

4.2
ブルースが子を生み、ロックンロールと名付けた byマティウォーターズ

音楽の歴史とかも取り入れられてて興味深かった
ブルースブラザーズのウラ話などなど
ブルースがポピュラーになったのはイギリスのミュージシャンのおかげでもあるね
「神様からもらった能力を最大限活かす」

たまにアニメーションを織り交ぜながら語られる"サイドマン"たちの人生。
パイントップの祖母こぇぇw
ダブルチーズバーガー1、アップルパイ2、スプライト1を1日2回は強いw
映画『ブルース・ブラザーズ』の裏話おもしろい。タバコ吸いながら歌うの渋。
終わり方すき。

2021/07/30Amazon Prime Video*字幕
ブルースが子を産み、ロックンロールと名付けた
普通に勉強になる 自分の知識と「音」の後付けを得られる

ブルースの話はiam the blues で書いたので割愛
自分の恥だと思ったのは、正にこの3人を知らずにマディウォーターズだったりチャックベリーだったりを聴いてブルースを知った気になってたこと

長年聴いて、ここで言われてそりゃそうだと思わずにいられなかった セッション、レコーディング、サポート系統のミュージシャンは誰だってそう、フロントマンの引き立て役に過ぎない けどそこにある熱い情熱や絆を無視しちゃいけないな 音楽をやるなら耳と意識を常に傾け敬意を表すべき
ばく

ばくの感想・評価

4.0
ロックンロールのルーツ、ブルース。
アメリカの食もロックもヒップホップも、どれも虐げられてきた黒人たちがルーツ。
ジミヘンのプレイスタイルのルーツも。
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品