バジュランギおじさんと、小さな迷子の作品情報・感想・評価

上映館(10館)

バジュランギおじさんと、小さな迷子2015年製作の映画)

Bajrangi Bhaijaan

上映日:2019年01月18日

製作国:

上映時間:159分

あらすじ

「バジュランギおじさんと、小さな迷子」に投稿された感想・評価

(ネタバレ一切なし)
この映画が何故素晴らしいのかをブログにて力説しております。とても素晴らしい作品なので、この映画をまだ見ていない方は、ブログを見る際にネタバレにだけ注意してください。
https://pottereiga.com/?p=588 ← タップでブログに飛べます。

恩師から勧められた作品の46作目でございます。

早速ですが、この映画の感想について結論から述べていきたいと思います。

もう、この映画はやばいです。この映画を超えるような映画にこれから逢うことはあるのでしょうか。もう、この映画を見るために今日まで生きてきたのでは?と言っても過言ではないです。僕が今まで知らなかった社会問題も知ることができましたし、なにより歌って踊るインド映画の魅力にもどっぷりと浸かる事が出来ました。映像も綺麗で最高だし、ストーリーも勿論最高。人間の持つパワフルなエネルギーをこの映画からは感じ、鑑賞後にはなんとも言えない感情に包まれる。後、シャヒーダー可愛すぎる。

という感じですね。

インド映画で恩師に勧められたのは、この作品と「きっと、うまくいく」の2作品なのですが、両方長いので正直見るのがだるかったんですよね。でも、むしろ短いと感じたので、「きっと、うまくいく」を見るのも超楽しみになりました。かなりハードルが上がってます。

ストーリーもとても良かったです。目的がはっきりとしているので、超わかりやすかったです。この映画で扱っている社会問題はかなりシリアスなはずです。でも、それについて学べる良い勉強になると共に、人間の素晴らしさも分かるという映画なんですよね。

まだ新しい作品なので、まだ見たことがないという人が多いのではないでしょうか。是非、この外出自粛の機会に見ることをオススメします。
映画が嫌いな僕でも、自信を持ってオススメできる作品です。この映画で得られることは、一生かかっても得られないことかもしれません。それくらい、今の僕には響きました。
kaz

kazの感想・評価

5.0
去年見てたら間違いなく年間ベスト入ってた!!

観た後、見知らぬ誰か、困ってる人に優しくなれる作品。

ロードムービーとしてだけではなく主人公の2人を通してヒンドゥー教とイスラム教の関係、パキスタンとインドの埋めきれない溝も描いているが、決して重い訳ではないので作品としてもかなり観やすい。2時間半があっという間である。

もちろんインド映画の超豪華な歌とダンスも健在。
なくに

なくにの感想・評価

4.2
この映画嫌いな人いるの?っていうレベルの映画。
シャーヒダーが好奇心旺盛で可愛すぎる。汽車に置いて行かれた時点で可哀想で一回泣いた。
インド映画らしく歌と踊りモリモリで楽しいんだけど風俗でのアクションシーン急にスタイリッシュにオーバーキルしてて笑った。

ラストの方の展開とかベタというかまあそうなりますよねっていう連続なんだけれど変に期待を裏切らず真正面から涙腺を全力で破壊しに来て負けた。
so

soの感想・評価

4.4
実は今年の2月の末に大学受験が終わり、それから観た映画が、この映画で98本目です
個人的になかなかのハイペース
99本目、100本目はなににしようか迷ってます



最初は4ぐらいかなあって思ってたけど、、
最後にかけてどんどんビートアップしていくストーリー展開がほんとに泣ける
心的にも物理的にも国境を越えた愛情がぐっときた

これ実際に国境で撮影してるならすごいことや、平和平和ラーマ万歳
Nori

Noriの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

皆が優しい世界。宗教と国境を越えて一致団結するラストが最高
じーま

じーまの感想・評価

4.7
インドで迷子になったパキスタンの少女を故郷へ帰す為、主人公が尽力するというストーリー。

この映画を見るまで、インドとパキスタンの問題を知らなかった。

第二次世界大戦後、英国からの独立を果たしたインドだが、ヒンドゥー教徒とイスラム教徒が混在しており、イスラム教徒だけで独立した国がパキスタン。問題は根深く今もなお対立が続いてる。

戦争や宗教の重い背景を、この映画は人間の純粋な愛で乗り越えている。

涙がボロボロ出るので、最近泣いてないそこの貴方、要チェック!
もゆち

もゆちの感想・評価

4.0
なんて優しい世界…。
インドで迷子になったパキスタンの女の子を国に返す、内容は想像通りだったけど、バジュランギとシャヒーダーが出会ったときの踊りのシーン・チキンを食べるときのシーン等とにかく映像が鮮やかで美しかった…。そこだけまた巻き戻して観ようかな。シャヒーダーの故郷の村も綺麗だったなあ。
途中から旅に加わったパキスタン人記者のナワーブの優しさにも泣けた。
世界史勉強してたくせに、インドとパキスタンの関係は無知でした。辿ってきた歴史や信仰している宗教の違いで国境を自由に行き来することができない。所詮人間が決めた線なのに…。この物語みたいな世界になってほしいと思わずにはいられない。
タスク

タスクの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

シャヒーダーがラストで「おじさん!」と呼ぶのはまあベタで予想できた分大丈夫だったけどその前のナワーブが動画を通じて両国の民衆に語りかけるシーンでうるっときてしまった
憎しみはいらない、子供達には愛を教えなければいけない!ムンニー可愛すぎて死ぬかと思った。
自粛期間終わって再上映してたので、映画館で見れてめちゃくちゃ嬉しい!サントラ欲しいよーー
>|