ダンガル きっと、つよくなるの作品情報・感想・評価

ダンガル きっと、つよくなる2016年製作の映画)

Dangal

上映日:2018年04月06日

製作国:

上映時間:140分

あらすじ

レスリングを愛する男。生活のために選手として生きることはあきらめたが、道場で若手を指導しなが ら、いつか息子を金メダリストにすることだけを夢見ていた。ところが、生まれたのは女の子。 それから神頼みに始まりありとあらゆる産み分けを試すも、4 人連続の女児。すっかり意気消沈し、道場からも遠ざかっていたが、ある日、ケンカで男の子をボコボコにした長女・次女の格闘センスに希望を見出し、翌日からコーチと…

レスリングを愛する男。生活のために選手として生きることはあきらめたが、道場で若手を指導しなが ら、いつか息子を金メダリストにすることだけを夢見ていた。ところが、生まれたのは女の子。 それから神頼みに始まりありとあらゆる産み分けを試すも、4 人連続の女児。すっかり意気消沈し、道場からも遠ざかっていたが、ある日、ケンカで男の子をボコボコにした長女・次女の格闘センスに希望を見出し、翌日からコーチとして、二人を鍛えはじめる。男物の服を着せ、髪を切り・・・一家は、町中の笑いものとなるが、外野は意に介さず、ブレずに特訓に熱を込める父と、ささやかな抵抗を企て続ける娘たち。やがて、目覚しい才能を開花させた娘たちはー。

「ダンガル きっと、つよくなる」に投稿された感想・評価

nonchan

nonchanの感想・評価

4.0
実話ベースの激アツスポ根映画でした。
とにかく熱い熱い熱い😅
序盤、自分の叶えられなかった夢を娘ふたりに押し付ける親父ってどうよ⁉︎ と、あまり良い感情ではなかった。
娘達もやらされてる感たっぷりで、親父の目を盗んでサボろうとするし。😓
親父の夢では無く、自分自身の夢にならない限り成長は無いなーと思っていたら、その辺りのエピソードもうまく絡められていました。
ふたりの娘の幼少期、青年期演じる4人の女優さんたちの役作りはかなり大変だったのではーと思っていたら、全くレスリング経験の無い4人を元レスリング選手が一から指導育成した、と公式サイトで見てビックリでした。
女性の地位が低いインドでレスリングを通して「どんな困難に直面しても絶対諦めなければ夢は叶う」というメッセージに心が温まりました。
インド映画とスポ根の相性の良さ!これに尽きる。
あの抜群にリズムの良いインド音楽が淀みなく話を運び、過酷な特訓シーンにも心が躍る。

アーミル・カーンは言うまでもないが、長女役の女優さんが本物のレスリングの選手にしか見えない動きでびっくり。スピード感、臨場感、技の美しさ、どれも見事だった。
パパ、素敵すぎ!

娘を世界レベルのプロレスラーに育て上げたコーチであり、インドの男尊女卑社会を打開するパイオニアでもある。

音楽とダンスが豊富なのはバリウッドあるあるだけど、さすがにスポ根ものなのでダンスはないものの、音楽が結構いい。

ちなみに私は全然スポーツに興味がないのですが、中盤のパパの丁寧なルール説明により、私みたいなド素人でもプロレス試合を楽しめるようになってます!

まだ映画館でやってるはずなので気になった人は是非!
skip

skipの感想・評価

-
三人称目線だとひたすら気持ち悪いのだけれど、一二人称なら美談になる(せざるを得ない)のだろうなという。熱狂的なスポーツ賛歌もしないタイプなので。
Kaito

Kaitoの感想・評価

3.7
昭和のスポ根ドラマのような物語で、情熱と王道の展開のいい話でしたが、インド女性の社会的地位に関するテーマも扱っており侮れません。
よくあるスポ根もの、と思いきや。

はじめのうちは、嫌がる娘二人に無理矢理レスリングを教える父親、というのはどうなんだろうか…と思いながら観ていた。映画内で描かれるように、インドの女性には家事育児の選択肢しかない人々がいるのも現実で、レスリングによって姉妹2人は違う世界を生きることが出来た。この辺のバランスはすごく難しくて、結果オーライだったけど、全てが善だったかと言われるともちろんそこは悩ましい。
スタートはともかくとして、姉妹はレスリングの道を選ぶ。強くなり、悩み、つまづき、壁の外から父親は丹下段平のごとくトレーニングの指示をする。

個人的に最後の試合の描き方がぐっときた。単に家族の絆っていいよね!という流れにせず、1人の女性の自立をきちんと描いていて本当に素晴らしいと思った。
まだまだ男尊女卑の強いインドだけど、こういう社会批判的映画が作られ、きちんとヒットしているのはとても羨ましい。

どの試合描写も圧巻で、本当の試合にしか見えなかった。派手なアクションや歌ったり踊ったりのイメージが強いインド映画だけど、こんなにストイックな作品もあるなんて幅が広いんだなあ。
narajun

narajunの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

こういうベタなのに、展開読めるのに、泣けるの好き。

レスリングシーンは子供時代の方がすごいと思ったかな。

娘がやる気になるシーンと
最初の大会が好き


しかし最後にその伏線もってくるのはわからんかったわ。
てっきり残り1分くらいで親父が脱出して叫んでそれ聞いて発奮して大逆転かと思ったのに( ˘ω˘)
dancingufo

dancingufoの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

「きっと、
うまくいく」と比較しちゃかわいそうだ。

決勝戦で父親が協会の策略によって試合会場に行けなくしたのは事実では無いんだろうけれど設定としては良かったと思う。

娘が父から自立して栄冠を勝ち取るという、娘の成長を明快に示すことができたからだ。

ラスト数秒で大逆転技をかけるときのスローモーションと娘の勝利を国歌で知って感涙するシーンはグッときた。
unichin

unichinの感想・評価

4.3
星一徹のような父と 星飛雄馬のような娘たちレスリングスポ根物語。先が読めるのに、ハラハラドキドキ、結末がわかるのに感動的!インド映画ならではのクサイ演出と、誰でも感情移入できる魅力的なキャラクターで 面白かったです!
Kittens

Kittensの感想・評価

4.2
アツくなる!
間違いない!
鑑賞直後のアドレナリン量がすごい!
レスリングって面白いね

親父の笑わなさ、笑
口角が上がる時は娘がレスリングでポイント取った時だけなんやもん。怖いわ。笑

単純にレスリングが面白いけど
女性蔑視への反発っていうテーマもカッコいいよね、ありがちだけど。
でも多分親父は娘のためじゃなくて自分のために娘をレスリングさせてたと思うけどね。笑
>|