ダンガル きっと、つよくなるの作品情報・感想・評価・動画配信

ダンガル きっと、つよくなる2016年製作の映画)

Dangal

上映日:2018年04月06日

製作国:

上映時間:140分

4.1

あらすじ

「ダンガル きっと、つよくなる」に投稿された感想・評価

もこ

もこの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

前半→父の暴挙極まれり
後半→父と娘の感動レスリング

レスリングめちゃくちゃ強いのに、いろいろあって夢を諦めたお父さん。夢は息子に自分の夢を継がせること!!
なのに!娘しか生まれない。
何人生まれても娘!
奥様が頑張って産んでるのに、
生まれたぞー!!いえーい!
あ、娘???
って毎回なんかガッカリする旦那。
ひどくない??それ、人として、酷くない?!

この作品、レスリング馬鹿なお父さんが家族と親戚を巻き込んで、上の2人の娘にレスリングを叩きこむのですが、、、
無茶振りが酷すぎて、ちょっとコレ。さすがに酷くないですかね??
子供は親の夢の為にいる訳じゃないよ!!
と前半思いました。

インドの一般的なご家庭の娘さん、とりあえず会ったこともない人に嫁がされるわけですが。
この作品に出てくる新婦の子、めちゃくちゃ死んだ目をしています。
彼女からしたら、このお父さんはいいお父さん。
彼女からしたら、ギータとバビータは結婚以外の手段を父が用意してくれていて羨ましいのです。
年頃の娘が肉体的にも体力的にも、どんなに過酷にしごかれていても、自分の様に『出荷』されないから。
そしてそれを新婦に言われ気づいた娘2人。
なんて素直な娘さんなの!!😭

ただ、日本でぬくぬく生きて来たわたしから見ると、、、
とーちゃん、それアウトなんじゃね???感が濃くて。
自分からやりたいと言ったわけでもなく、ほとんど強制的。
父は娘や家族を愛してはいるのですが、
それより自分の夢への愛が突出しすぎで。

ただし、それが娘たち自身の夢に変わる。
そうなるとスパルタが俄然感動的な方向に。。。笑
このお父さん、自分の夢を継がせていますが、娘たちの事をしっかり考えていました。
そして監督という選手に寄り添うべき人がクズだったので、お父さんがやたら輝くことこの上無し!笑

何をもって名誉とするのか??
娘たちを信じて寄り添ってきたのはお父さん。
(練習相手にされてた子も功労者)
そしてお互いを信じて出場した国際大会。
コレコレこーゆーのが見たかった!!😊笑

徹底した子供へのスパルタ教育を見ると、
能力がどうのとか以前に、わたしは絶対アスリートにもコーチにもなれないな!!と確信しました。笑
長いけど面白い!
見応えがある。こここんなに尺とる?
って場面もあるけどそれもインド映画らしい笑
実話を基にしてるってところにも色々考えさせられる。男女での扱いの違いを覆したすごい人たちだと思う。
父と娘たちとの強い信頼関係に心揺さぶられた🇮🇳試合のシーンも長かったけど本当に試合を観戦してるように見応えあったし🤼‍♀️
最初は強引に自分の夢を叶えるための無謀とも思える挑戦に見えたけど、娘たちの成長や反発やら紆余曲折を経て、男尊女卑のインド社会を覆すまでの壮大な夢へと繋がってるなんて✨
マハヴィルさんの自信と指導力もすごいけど、演じたアーミルカーンの身体の激変ぶりに驚いた💪前に見てた地上の星たちは細身だったイメージやので。
つづみ

つづみの感想・評価

3.8
アーミルカーン!!
最初わかんなかった!
こんなムキムキだったっけ。

富士急にあるお尻の椅子に座って振り返っている姿が懐かしいよ。
あれを見て、インドに親近感湧いたもん
あの椅子は世界共通なんだと。

スポ根だけど、
女の子って所が良かったと思う。
男の子にはない
葛藤と世界の可能性を感じた。
moonpapa

moonpapaの感想・評価

4.0
単純明快、これぞ娯楽映画、だからボリウッドはやめられない!吉田沙保里のお父さんも、こんなんだったんだろうなぁ
自分の夢を叶えるために女の子にレスリングをやらせるのはなんだか親のエゴで納得出来ない。

娘達が髪切られてるのとか本当に可哀想すぎた。

結果悪い親ではないんだけどもしこれが自分の親だったら最悪。笑


でもこれ実話なんだよね
彼女達の努力は素晴らしかったし感動した
みきの

みきのの感想・評価

4.1
親子の葛藤、巨人の星、実話。
吉田沙保里さんとも戦った事あるのね
うぉおお!!
インド映画って毎回なんでこんなにいい意味で期待を裏切られるのよ。めっちゃよかったーーー!!!!!!ちょっと長かったけど、、

泣いたー。娘たちいい子すぎて、お父さん、、!わぁ!!もう泣いちゃうよね。こりゃ。。

しかしこんなお父さんだったら私は子どもの頃に早々にぐれるか死にたくてたまらなくなると思う。

周りからの偏見やら色んな我慢に耐えられないな。。お父さんありがとう!なん的になる前に大っ嫌いすぎてもう会話できない日々が続き

私たちをなんだと思ってるの!ふざけんな!とか言ってヒステリックになってグレて家出でもするんじゃなあかな。。私だったらww
sk

skの感想・評価

4.0
2021-112
長尺ゆえに手をつけるのに時間がかかってしまったけど、やっぱりよかった〜!
実話っていうのが余計ね😌
Harigane

Hariganeの感想・評価

4.2
<あらすじ>
レスリングでインド代表にまで上り詰めながらも、夢半ばで引退したマハヴィル(アーミル・カーン)。
「金メダル」の夢を子供に託そうとするも、生まれてきたのは2人の娘、ギータとバビータ。
それでも夢を諦めきれないマハヴィルは、妻ダーヤと1年だけという約束で娘たちをレスラーとして育てる。

<感想>
女子レスリング🤼‍♀️でインドに初めて金メダル🏅をもたらしたフォーガット姉妹の半生を描いた作品。
安定のインド映画、そしてアーミルカーン出演となれば期待しちゃう!
そして期待通りの素晴らしい内容でした🌟

レスリングで父に鍛えられ、金メダルを目指す。
単純明快なストーリーですが、熱の入ったレスリングの試合はとても見応えがあり、そして感動しました😁

人生をレスリングに捧げることに不満を吐き、「あんな父親いらない」と言うギータに対し、
「私はあんな父親が欲しい。彼は娘の事を想っている。
私はただ家事を教えられ、14歳になったら会った事もない男に娘に出される。」と応える友人。
この時代のインドの女性に対する地位というものの現実が、この映画の中で語られていました…

特典映像として「アーミル・カーンの肉体改造」が入っていますが、
5ヵ月で27キロダイエット(体脂肪率:38% →9.67%)という驚異的な体作りを見せてくれます💪
ビフォーアフターの体型がとても同じ人物とは思えない。。
アーミル・カーン、恐るべき役者魂です😳

ちなみに’ダンガル”とは、インド語でレスリング、ファイター、挑戦を意味しているそうです✨
>|