ザ・ベビーシッターの作品情報・感想・評価

「ザ・ベビーシッター」に投稿された感想・評価

結構グロテスクだったけどそれを上回る面白さだった
グロいホームアローンみたいな感じ
R

Rの感想・評価

4.6

このレビューはネタバレを含みます

自宅で友人1人と。

2016年のNetflix配信独占作品。

監督は「マシュー・マコノヒー マーシャルの奇跡」のマック・G。

あらすじ

12歳の少年、コール・ジョンソン(ジュダ・ルイス)はいじめられっ子。いつものようにいじめられていたところを助けてくれたのはコールのベビーシッターのビー(サマーラ・ウェイビング「スリー・ビルボード」)だった。そんなビーに淡い感情を抱いていたコールは翌日、夫婦水入らずの1日を過ごすために家を留守にする両親に代わり、ビーと一晩過ごすことになるが…。

最近はもっぱらNetflixで映画を観ることが多いのだけど、いやぁ良いですね!!Netflix!!

もちろん、プライムも良いんだけど、それと比較しても遥かに勝る作品量!!

それに加えて、他社との差別化を図るために目玉作品として打ち出す「配信独占作品」。

まぁ、独占作品に関しては、言いたいことがないわけではないんだけど、加入すればこっちのもんてわけで、そういう作品も観まくってるわけなんですが…。

正直、今まで観た独占作品はつまらないわけではないけど、イマイチピンとこない。

ウィル・スミス主演の「ブライト」は途中で寝ちゃったし、この前観た「クローバーフィールド パラドックス」も1作目を超えることはなかった。

そういう訳で、今作も「独占作品て微妙だから、そこまでのノリな作品なんざんしょ?」とナメてかかって観たんですが…。

なんや!?これ。お、お、お、おもしれ〜!!

監督、マックGと言えば、やはり「チャーリーズ・エンジェル」シリーズが有名だが、個人的には「ターミーネーター」シリーズの4作目のイメージが強い。

けど、前述の作品も然り、個人的にはイマイチピンとこない監督だったので今回も微妙な作風かなと思っていたら、まさかのタランティーノオマージュというかキッチュな文字がデカデカと要所要所で登場したりと演出がすごくクール!!

それでいて、冒頭の流れから、いじめられっ子のコールといたいけな少年なら誰しもが憧れるであろうおねいさん像100パーセントのビーの関係性をスピーディに描きこむ流れで、すぐさま「これは…面白くなりそうだ!!」と思わずにはいられない!!

コールを演じた主演のジュダ・ルイス君は、まだデータこそ少ないが調べてみると、どうやら「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」にも出ているらしいが、なんつーか冴えないいじめられっ子を演じていても滲み出るイケメンオーラ。

「ターミネーター2」のエドワード・ファーロングを彷彿とさせるような美少年という感じでビーでなくてもショタ好きのおねい様方ならたまらないのではないだろうか?今後要注目の子役になりそう(そして、出来るならファーロングのように落ちぶれないことを願う!!)。

そして、そんなルイス君演じるコール、憧れのベビーシッターを演じるのがサマーラ・ウェービング。

一見するとマーゴット・ロビーに似た、大きな眼が特徴的な女優さんなんだけど、この人なんと今年のアカデミーでも話題となった「スリー・ビルボード」でフランシス・マクドーマンド演じるミルドレッドの元旦那(ジョン・ホークス演じた)の現彼女の、あのアホの子役ですわ。

今作ではあん時とはまた一転して、明朗快活なビーをエネルギッシュにそれでいてこれ以上ないほどキュートでセクシーに演じていて、コール君でなくてもこれは惚れるわ!!

まだ出演作はそれほど多くないけど、演じる役柄も似通いそうな強敵、マーゴット・ロビーとの差別化が図れるか、今後のキャリアにも注目したい女優さんだ。

また、ビーにばかり注目しがちだが、ご近所に住む娘さんでコール君ともいい感じなメラニー(エミリー・アリン・リンド「ライト/オフ」)もものすごくキュートなので、マジでコールいじめられっ子とか言ってっけどリア充じゃねーか!!という鬱屈した想いが脳内を埋め尽くしてイヤダ笑

話の展開としてはコール君とビーとの出会いを描いた後、両親がいない家で好き勝手するんだけど、まぁなんつーかオタク系男子が憧れそうな夢のシチュエーションというか、「ぼくが考える最強トップ5」のトークとかホームシアターを野外で設置して、西部劇ごっこ(すみません、タイトルがわからない)とか、こんなイケイケ女子が付き合ってくれるわけがないと思いながらも、その交流を観るだけでまるで夢のひと時というか、つくづくコール君が羨ましい…。

兎にも角にも、そんな感じで微笑ましくキュートに2人の関係性が描かれるので、夜中にコールが寝たふりをした後、ビーの本性が暴かれる段階になっても、青春おバカコメディチックなホームインベーションものになるのかなー的に思っていたんだけど…。

なんと、ビーは悪魔崇拝者だったのです!!

おいおい…これは…シャレになんねー!!

なんだ、このいい感じからのフックアップは!!

正直この段階になるまで、ナメてたわけだけど、ここから一気に緊迫感が加速する!!

まず、急展開から一気に状況が変わり、コール君対ビー率いる悪魔崇拝ティーンカルト軍団の戦いになるんだけど、まぁこの仲間が俗に言う「いい顔」ないし「いいキャラ」揃いでイイ!!

チア衣装に身を包んだアリソン(ベラ・ソーン「ミッドナイト・サン〜タイヨウのうた〜」)は終始自分のスタイルばっか気にする頭からっぽ女子だし(ちなみに演じるベラ・ソーンは最新主演作で日本で大ヒットした「タイヨウのうた」のリメイクで主演しています。この振り幅!!)、どっかで観たことある特徴的な顔立ちの子だなと思ったら「ピッチ・パーフェクト」でのボイパ少女だったハナ・メイ・リー(「愛・ビート・ライム/愛はビートに勝る」)演じるソーニャは薄気味悪いゴスっ気ある感じだし、軍団のムードメーカーで出落ち感というか汚れ感がハンパないジョン(アンドリュー・バチェラー「好きだったキミへのラブレター」)がいたりと「ブレックファースト・クラブ」的アメリカ映画によく出てくるようなタイプ的な様相ではあるんだけど、1人1人が凶悪な人格を併せ持っているから、さぁ大変!!そして最高!!

特にジョックス担当のマックス(ロビー・アメル「理想の男になる方法」)が特に邪悪でそのスポティッシュで爽やかな見た目からは想像もつかないような人を嬉々として殺すことに快感を覚えるサイコパスなのが、すげぇ怖かった!!

対するコール君も元々が頭がいいから、前半部分で何気なく散りばめられた伏線(トラップの種)を駆使しながら、ティーン軍団に対抗するから、まさに生死を賭けた「ガチのホーム・アローン」。

ゴア描写も凄まじく、「ホーム・アローン」のように盗人を懲らしめるどころじゃなく、落下からの首グサーもあれば、爆死や首吊りなど、スプラッター描写も凄まじく、どちらかというと「サプライズ」に近いほど、過激。

また、前半に時間を使ったおかげで中だるみを一切することなくティーンの刺客をやっつけながら、ビーとの直接バトルまで展開する時間配分もお見事!!

ただ、後半のジョットコースター的な展開に引き込まれがちだけど、それまでビーに守られ、いじめられっ子だったコール君が一夜の経験を通して、次第に覚醒し成長していく様は青春映画のそれでメラニーとのつかの間の甘酸っぱいシーンの後、Queenの「We Are the Champions」をバックに盗んだ外車をぶっ飛ばしてラスボス、ビーに突撃するシーンは最高にアガった!!

ビーとの苦い初恋の別れを経て、逞しくなったコール君の顔が物語る、「もう、ベビーシッターはいらない」。

からのエンドロール後の「ガオー!」。最後までジャンル映画的面白みをふんだんにブッ込んだ最高の作品でした!!

後から調べて分かったんだけど、優れたシナリオを選んで映画化する「ブラック・リスト」に選出された作品だったみたいで、まさに納得!!

Netflixに加入している皆さん、出来れば真夜中に友達と!!今すぐ観てください!!絶対損はしない作品だと思います!!是非!!
両親が留守の間
魅力的なベビーシッターと2人だけの時間
彼の人生において最高のひと時になるはずだと思っていたのに…。
そんな12歳の少年を待ち受けるのは狩るか狩られるかの容赦ないサバイバル。
さて、悪夢のなが〜い一夜はまだはじまったばかり… 笑


上級生にいじめられ、同級生には変人扱い、
頼れるお友達の存在はと言えば…誰もいない、
なんとも寂しいお話であるが
そんな少年にはすれ違ったら思わず振り返りたくなる美人のベビーシッターさんが付いている 笑
12歳の少年 コールと彼のベビーシッターである美女 ビー
ーージュダ・ルイスとサマーラ・ウェイビングのコンビになります。
12歳といえば盛んなお年頃ですから
こんなベビーシッターさんと過ごせるのなら
まさに夢のような時間でしょう。

コールを家に残し、留守をベビーシッターさんに託して
高級ホテルへと出かける両親、
ビーとの2人きりの時間、
向かいの家に住む、同学年 メラニーにビーと2人きりの時間を過ごせる喜びを
いきいきと話すコールだが
ーー“寝てる間に彼女が何をしているのか、気にならない?“
ーーそういえば、
彼女が眠るまで起きてたことが今までにあっただろうか…
若いボーイフレンドを連れ込んで”お楽しみ”に耽っているかも…
この会話がきっかけで
その日の夜寝たフリをかまして
自分が寝付いた後にビーがどう過ごしているのか見届けることを固く決意したコール
ーーこの決断が命を危険に晒すことになろうとは…

夜23時半過ぎ チャイム音とともにやって来た知らない大人たち、
マックス、アリソン、ヨハネ、ソーニャ、サミュエル、そしてビー
ーー演じるのは
ロビー・アメル、ベラ・ソーン、
キング・バック、ハナ・メイ・リー、
ダグ・ヘイリーたち、
白熱する truth or dare、
目の保養はここまで…と。
ここからは血しぶきと壮絶な殺し合いのお時間 笑

ナイフを頭に突き刺しちゃう、
人間の生贄と血集め、
採血と無垢な血、
寝酒とお薬、
古びた本
おっかない針、
悪魔の歌と血の滴りと願い事
ーー偉大なPurposeのための犠牲とあれば仕方ない、
当の本人はと言えば何のために自分が死ぬのか分らないまま死ぬ
ーーふむふむ、どうやらビーも含めて
彼らは悪魔崇拝者の集団らしくて
両親がいない家の居間で殺人とイカれた儀式を行うつもりらしい 笑
ここまでして叶えたい願い事っちゃなんなんだか 笑

彼らに見つかれば命はない、とそう思ったコール、
うまくやり過ごせるか…もちろんお決まりで
彼らに見つかり拘束されてしまう。
自分の身は自分で守らなければ…。

警察へ殺人通報、
美乳にこだわりをもつベラ・ソーン、
次々と出る死傷者
ーー被弾、頸静脈寸断、爆死、窒息死、頭部破壊、パパから教わった車の運転 笑

殺虫剤に毛布、ライター、花火、
クモさんいっぱいの床下、
機転を利かせて、隙をついて、
時には運にも助けられて、
彼らを一人ずつ退治していくコール。
ビーの方はと言えば
やっと見つけた”供給源”とあって
諦める気はサラサラなさそう。

僕の親友であり、憧れの異性だった人物は
理解しがたいイカれたカルト教だったわけで…
今や銃を手に僕を殺そうとしてる。
さあ僕ちゃん、殺られる前に殺るのか、
それともおとなしく殺られて彼女の願いを叶える手伝いをするのか…
12歳の男の子には少々酷な決断ですが
そうこうしてるうちに決断の時は迫って来ている…
覚悟決めていってみよう 笑


余談になりますが
サマーラやベラを差し置いて今回注目したいのは
同学年ではコールの唯一のお話相手になります、メラニー演じたエミリー・アリン・リンド。
あどけなさと大人っぽさが絶妙にブレンドされたお向かいさんってことで
すごく良かったです。
今後が楽しみですね。
シネマQ

シネマQの感想・評価

4.5
面白い!
80分ちょいでこれだけサービスしてくれたら何も言う事ない
大人になるまでの一夜の青春活劇
一言まとめ『車も運転できなかった12歳の男の子が、一夜にして車でスタントをキメれるまでに成長する映画。殺しもあるよ♡』

とてもユニークな作品でした。

とてもわかりやすく言うと、グロい版ホームアローンですw

今作の見どころは、
・グロ
・ホラー的なとこ
・おっぱい
・主人公の男の子の成長

結構グロい描写があるので、好みは左右します。
なんなら若干ホラー要素も入っているので、そういうのが苦手な人は見ない方が良いのかも。

家族で見るのには100パーセントおすすめしません。
学校で虐められている12歳の少年。その少年には、ナイスバディーでイケイケのベビーシッター、ビーがいる。女として好きなビーが夜何をしてるのか気になり、覗くことに。ビーは友達を連れ込んで悪魔崇拝の儀式をしていた。

テンポが早く、死に方が面白い。途中、ホームアローンみたいな罠を作るのか、わくわくするシーンもあった。敵であるアメフト野郎が、イジメっ子に立ち向かうよう応援するシーンはお兄ちゃんみたいで胸が熱くなった。

筋トレ、勉強などしながらでも気楽に見れる良い映画。
kay

kayの感想・評価

4.0
2018年209作品目.
普通におもしろかった!
いい映画みつけたなってかんじです。
なによりbeeがセクシーすぎる!
内容的にはホームアローン×ブラックコメディて感じですね。
ホンっまにビビる!声出すくらいびっくりするから平凡な日常に良い刺激やった😂
kmk1020

kmk1020の感想・評価

3.9
他のレビュー同様、簡潔に言えばグロ目のホームアローン.

いじめっ子に目を付けられているヒョロガリギーク・コールは、超セクシーかつ映画ギークな会話もできるベビーシッター・ビーの助けもあって平和に暮らしていた.
だが、親の不在時にビーが乱交しているのでは?と気になった思春期主人公は、ある日寝たふりで深夜のビーの行動を覗いてみると...そこには悪魔崇拝の儀式を行うビーとその仲間の姿が...

テンポ良くキャラも良くて、くだらないグロコメディかと思いきや、主人公の成長も絡んでいて、なかなか面白かったです.
>|