君の名は。の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

君の名は。2016年製作の映画)

上映日:2016年08月26日

製作国:

上映時間:107分

ジャンル:

4.0

あらすじ

千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本。山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は憂鬱な毎日を過ごしていた。町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。小さく狭い町で、周囲の目が余計に気になる年頃だけに、都会への憧れを強くするばかり。「来世は東京のイケメン男子にしてくださーーーい!!!」そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。見慣れない部屋、見知らぬ友人、戸惑いながらも、念願だった都会…

千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本。山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は憂鬱な毎日を過ごしていた。町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。小さく狭い町で、周囲の目が余計に気になる年頃だけに、都会への憧れを強くするばかり。「来世は東京のイケメン男子にしてくださーーーい!!!」そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。見慣れない部屋、見知らぬ友人、戸惑いながらも、念願だった都会での生活を思いっきり満喫する三葉。「不思議な夢……。」一方、東京で暮らす男子高校生、瀧も、奇妙な夢を見た。行ったこともない山奥の町で、自分が女子高校生になっているのだー。彼らが体験した夢の秘密とは?

「君の名は。」に投稿された感想・評価

そら

そらの感想・評価

3.1
世の中の人になにがそんなに響いたのかな。Alex, Aren...
Sammy

Sammyの感想・評価

2.5
正直な感想
え、めっちゃつまんな

ペンが落ちた時は
一瞬、ハッ!ってなったけど
涙もろいあたしが1回も泣かず

扉の開け閉めで
シーンが区切れるのは
日本っぽくて
ステキやった

あと、思ってたより
よーじろーが歌う
VunnyFunk

VunnyFunkの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

3.0を付けた理由は、世間から評価された物の逆を張りたいからとかではなく……。
何か入り込めなかったからです。
すいませんすいません。

一番は、瀧くんと三葉の入れ替わった理由が不明過ぎたからだと思います。
何で都会の男の子と隕石が落ちた町の女の子が、三年の時を越えて入れ替わるん……。
で、色んな解説を読んでも、明確な回答が無くて、「この映画は脳内補完しなければいけない」みたいな事ばかり書いてありました。
んー、映画って性質上、脳内補完をする事によってエンターテイメントとして昇華させる作品がある事は重々承知してるんですが、このストーリーだとそこは納得の行く着地が必要な気もしました。
「たまたまだから良いんだよ〜」って意見も理解は出来ますが、自分は何か分からなかったです。

他のシーンは、映画のテンポを重視するために、整合性の説明を敢えて端折ったって事は分かるんで、それは別に良いです。
観やすいし。
ただ、現代が舞台の作品って難しいよなあ。
特に現代を起点に少し先の未来を表現すると、どうしてもスマホとかタブレット端末とかが気になってしまう。
こう言った類の機器って進歩し過ぎて、「これ、数年後もこの形なんかな?」とか、どうでもいいモヤモヤを考えちゃいます。
オレだけかもしれないけど……。

ちょっと、色んな人が何で「面白い」と言ってるか気になった作品ではありました。
皮肉じゃないです。

それはともかく、神木隆之介くん相変わらず声優としてもうめー!
レトロ

レトロの感想・評価

4.5
千年ぶりとなる彗星の来訪を1ヶ月後に控えた日本。そんなある日、田舎町に住む女子高生の「三葉」と東京に住む男子高生の「瀧」の心が突然入れ替わってしまう。その後も週に2~3度の頻度で入れ替わりが起こり、互いにその現実を受け止めていくが…
心が入れ替わってドタバタで楽しい日常パートが続くかと思いきや、そう単純な訳にはいきませんわな😅
驚愕の事実を突き付けられてから、それを必死🏃💦でなんとかしようと奮闘する2人には、ただただ応援🙁📣しながら彼らの行く末を見守っていました☄️
そして、フィナーレの三葉の泣きながらの笑顔には、私の心がぶっ刺さり💘、そこからは止めどなく涙してしまった😭
それにしても、新海監督が描く現実と見間違うくらいの背景の美麗さ✴️には、ストーリーがなくても十分に満足できるほど、毎度毎度の事ですが感服致しますわ🙇
RADWIMPSの歌🎼もまた、この作品の内容にどんぴしゃなものとなっており、それが良いタイミングで流れるもんだから、感情を揺さぶられちゃいました😂
三葉や瀧といった若物達のエネルギー🔆が満ち溢れている本作
少々説明が薄い部分があるのだが、日本中が🔥熱狂🔥💃したのも理解できる内容となっているので、感動を欲したい時にまた観ようと思います😊
エンターテインメント作品として普通に面白いと思う。
こういった映画を批評する批評家たちは映画に対して高尚な芸術性を求めすぎて、映画の本質を見失っているのかなと。

大衆映画は普通に見て、楽しめればそれでいいんじゃないかなと思う。

個人的には同監督の秒速5センチメートルを見ていたので、感動した。
秒速5センチメートルは山崎まさよしのミュージックビデオだったが、今回はラッドウィンプスのミュージックビデオだった。
今作のコンセプトとベースキャスティングを行なったプロデューサーのセンスに脱帽。
【夏×タイムリープ×新海誠×ラッドウィンプス】でヒットしない映画はないだろう、と言われれば判るが、企画者として白紙で考えろと言われても普通は出てこない。

確かに今までの映画史の文脈でこの映画が特別に伝えたい主題は何かと問われれば困ってしまうが、素直に映像美とライトな脚本とテンポのいい音楽との絡み合いが面白い。
Chi

Chiの感想・評価

-
とても爽やかな映画、テンポが良く絵が綺麗
正直ちょいちょいイライラした。この監督はイラスト綺麗だけど秒速もだけど話はそこまであまり…って感じだけどな自分は
は

はの感想・評価

3.5
My feelings were all mixed up.
2926

2926の感想・評価

3.0
期待し過ぎて見たので、
あまり響かなかった。
笑った!泣いた!
この映画は忘れないだろうな〜