君の名は。のネタバレレビュー・内容・結末

君の名は。2016年製作の映画)

上映日:2016年08月26日

製作国:

上映時間:107分

ジャンル:

4.0

あらすじ

千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本。山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は憂鬱な毎日を過ごしていた。町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。小さく狭い町で、周囲の目が余計に気になる年頃だけに、都会への憧れを強くするばかり。「来世は東京のイケメン男子にしてくださーーーい!!!」そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。見慣れない部屋、見知らぬ友人、戸惑いながらも、念願だった都会…

千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本。山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は憂鬱な毎日を過ごしていた。町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。小さく狭い町で、周囲の目が余計に気になる年頃だけに、都会への憧れを強くするばかり。「来世は東京のイケメン男子にしてくださーーーい!!!」そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。見慣れない部屋、見知らぬ友人、戸惑いながらも、念願だった都会での生活を思いっきり満喫する三葉。「不思議な夢……。」一方、東京で暮らす男子高校生、瀧も、奇妙な夢を見た。行ったこともない山奥の町で、自分が女子高校生になっているのだー。彼らが体験した夢の秘密とは?

「君の名は。」に投稿されたネタバレ・内容・結末

音楽と映像美が綺麗で印象的

日本の伝統芸能も話に出てくるため
伏線が理解できず解説を読んだ
それを踏まえてもう一度見たい。

周りで見た友人たちが絶賛していたから
とても期待したが、後半のオチやストーリー自体はよくある感じだなと思った。
個人的には目新しさの薄いストーリー
OPをやっておきながらまたOPみたいな一部、二部みたいな構成好き
あそこ第1話完からの第2話スタートみたいな切り替わりだった
再編集して数話のテレビ版とかにもできそう?

社会現象とはいうけど終盤の時系列ころころ場面転換っぷりはこの手のジャンル見慣れてない人や子供は付いていけないかも
新海絵は相変わらずのクオリティ。得点の大半はこれ

声優陣は上手いと思う。ジ○リよりはクセがないというか深夜アニメ声優のキャラとも馴染んでた
特に長澤まさみなんて全く気がつかなかった
映像はきれいだし、音楽もいいけど、見る前の期待値が高すぎて泣くほど感動はしなかった。

でもよかった。


あとあの酒は絶対飲めない。
映画館で見た後の記憶を頼りにレビュー。

当時書店で働いていた自分はすかさず原作本を購入し2時間で読破、気になる点はあるものの映像化を楽しみにしていたのだけれどいざ劇場で見てみると全くの期待はずれ。

まず、新海監督の作品は秒速と言の葉の庭しか視聴したことのないニワカな自分ではあるが、君の名は。は本当にいただけない。

そもそも劇中で何度も何度もながれる野田洋次郎はなんなんだ?PVかよ、また音楽かよ…何見せられてるんだ?と、どんどん気持ちが萎えてくる。どんどん観る気がなくなる。途中で出て行こうかとさえ思った。(左右席が埋まってて、出て行くのは邪魔になるので思いとどまった)

ストーリーも結局どうしたいんだよ、と。個人的に、秒速や言の葉の庭のストーリーがとても好きなので同じ監督が作っているとは思えない劣化度。
【万人受けさせたいがため】にキャラデザを変えチープな恋愛ものに手を出したんだなとしか思えない。
以前の新海作品が好きな自分としては本当にがっかりした。

個人的にはストーリー駄目。音楽駄目。キャラデザ駄目。良かったところは背景の映像と神木くんの吹替のみ。

監督が神木くんの中には女子高生がいる。と、どこかで発言していたが、神木くんの吹替はとても良かった。そこだけは評価したい。

どうにも良さが理解できないが周囲は良かった良かったと言うので、評判はいいと思う。しかし自分には合わなかったのだな、と思うことにした。
新海監督の次回作がどうなるかによって自分の中での監督の評価も変わってくるのではないかな、と。

今後この作品を見返すことはきっと無いと思う。
秒速五センチメートル、出会う版
度々のしょっぱいやりとりに苦笑

あっこの場所は!!という楽しさ
評判は高いが、物語の内容的にはそこまで深いわけではない
絵がとても綺麗
夢を通じてお互いに入れ替わった2人が未来を変える話
瀧と三葉の2人
未来を変えたおかげで三葉は助かった。
それから5年後、2人は東京で再開する。
画が綺麗。世界輝きすぎてる。
画のうまさは文句ないと思います。
ストーリーもおっ?と思わせる展開でちょっとびっくりしました。
全体的には面白かったのですが、捻くれた人間に言わせて頂くと、なぜヒロイン生き返っちゃったんだと。ここだけが非常に不服。というかこのラストのために評価がっくり下がってます。御都合主義のお話は嫌い。
ちなみに泣きませんでした。
賛否は分かれていたけど、自分は好きでした。
秒速5センチメートルから新海誠監督の映画を見ていましたが、今回はスッキリしたハッピーエンドな終わり方だった気がします。
今までの鬱モードの終わり方も好きだけど、なんかもやもやしてしまうので。
ラッドウィンプスのPV。
アニメーションの使い回し有。
話の辻褄が全く合わない。
回収出来てない事ありすぎ。
この作品の描く痛みは、天災にかぎらず大抵の人が遅かれ早かれ経験する、取り返しのつかない喪失の痛みだと思うので、その痛みを自分のものとして感じられるかどうかでまず評価割れる気がする。
時間はやり直せないし死んだ人は帰ってこない、そういうフィールドでわたしたちはやっていかなくてはならないが、「目には見えないし忘れてしまっているけれど、希望はかつてそこにあった」というこの作品のメッセージは観た人の中にずっと残る。
そのこと自体がはらむ希望に不思議な感動を覚える。

まさに彗星の尾のように美しい余韻を残した作品だった。
観てよかった。
>|