君の名は。(2016年製作の映画)

上映日:2016年08月26日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:107分
    監督
    新海誠
    脚本
    新海誠
    キャスト
    神木隆之介
    上白石萌音
    長澤まさみ
    市原悦子
    成田凌
    悠木碧
    島崎信長
    石川界人
    谷花音
    花澤香菜
    あらすじ
    千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本。山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は憂鬱な毎日を過ごしていた。町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。小さく狭い町で、周囲の目が余計に気になる年頃だけに、都会への憧れを強くするばかり。「来世は東京のイケメン男子にしてくださーーーい!!!」そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。見慣れない部屋、見知らぬ友人、戸惑いながらも、念願だった都会での生活を思いっきり満喫する三葉。「不思議な夢……。」一方、東京で暮らす男子高校生、瀧も、奇妙な夢を見た。行ったこともない山奥の町で、自分が女子高校生になっているのだー。彼らが体験した夢の秘密とは?

    「君の名は。」に投稿された感想・評価

    😎😜😧☄️😨🌄🌅😱😡😤🤔🤓😝✌️✌️😆😆✌️✌️
    最後 みつはとたき会えました
    好きな新海誠の作品。
    入れ替わりはまぁよくある話ではあるけども時空を超えての入れ替わりは珍しい。
    会って注意して生き残らせようとするけども時空も場所も違いすぎて苦戦するのが見ててしんどい。

    あと新海誠作品のため空が綺麗。
    空を見せるための作品だったなとも感じる。

    あと長澤まさみの演技が良い
    彗星の落ちた日を境に3年のタイムトラベル
    さっきまで相手の名前呼んでたじゃん!!って思うことが多々あります
    内容的にはかなり感動できますが
    3年ずれてるのなんて携帯見てればすぐわかるでしょ…
    所々ツッコミたくなる場面があり
    現実味を帯びていないないようです
    すれ違うところでお互い気づかずに通り過ぎた所でモヤモヤした気持ち残るなーって思ったら普通にハッピーエンドで良かった映画。
    バスタ新宿あった
    映画の入りが綺麗でかっこいい。曲も、曲の入りも良い。
    全く話の概要を掴まずに行ったので、ウキウキ、ワクワクしているハッピーな気分で見ていたところでの、突然の衝撃と展開が良い。自分の感情が映画に乗っ取られて操作されていく感じ。
    (よって何度も繰り返して見る作品ではないかも?)
    最後の秒速5センチメートルを匂わせつつ回収してった感がなんとも気持ちよかった。
    最初の場面などでこれは大丈夫なんかと思ってたらどんどん話が動いていって、終盤にはバンバンストーリーが動く!面白い!
    時かけ少女感あったりはリスペクトで、秒速5センチメートル感あるとことかはあのストーリーをみんな幸せなサクセスストーリーにしたんかなという印象。ヒヤヒヤした。
    構成がすごく丁寧で、ひっくり返される感じが上手いなぁと思わせられる。(3年間のズレとか、冒頭の回想に思わせた現在の独白とか)テーマというよりも純粋に作品としての面白さがあるので満足した。
    批評ではありがちとか大衆向けだからとか言われてるみたいだけど大衆にウケるのは充分価値ある才能だと思う。
    またまた岐阜が舞台で嬉しい。もっと岐阜弁女子流行らせてほしい。三葉かわいい。
    とにかく映像が綺麗。
    話は噛み砕かないとよくわからない部分もあったけれど、最後2人の先の可能性が垣間見えたのは嬉しかった!
    RADって凄いと改めて実感。
    流行ってるからと観に行ったけど、こんなに深い作品だとは思っていなかった。
    一度観ただけでは時間差、時空の差の絡みを完全には理解できないまま観てしまったけれど、それでも十分に感動した。
    東日本大震災の話ではないけれど、自分が三葉の立場で2011/03の震災前に戻れたら、あんなに頑張れただろうか?行動できただろうか?という後悔のような気持ちになって悲しく感じる部分もあった。
    >|