君の名は。のネタバレレビュー・内容・結末

君の名は。2016年製作の映画)

上映日:2016年08月26日

製作国:

上映時間:107分

ジャンル:

4.0

あらすじ

千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本。山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は憂鬱な毎日を過ごしていた。町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。小さく狭い町で、周囲の目が余計に気になる年頃だけに、都会への憧れを強くするばかり。「来世は東京のイケメン男子にしてくださーーーい!!!」そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。見慣れない部屋、見知らぬ友人、戸惑いながらも、念願だった都会…

千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本。山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は憂鬱な毎日を過ごしていた。町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。小さく狭い町で、周囲の目が余計に気になる年頃だけに、都会への憧れを強くするばかり。「来世は東京のイケメン男子にしてくださーーーい!!!」そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。見慣れない部屋、見知らぬ友人、戸惑いながらも、念願だった都会での生活を思いっきり満喫する三葉。「不思議な夢……。」一方、東京で暮らす男子高校生、瀧も、奇妙な夢を見た。行ったこともない山奥の町で、自分が女子高校生になっているのだー。彼らが体験した夢の秘密とは?

「君の名は。」に投稿されたネタバレ・内容・結末

3.0を付けた理由は、世間から評価された物の逆を張りたいからとかではなく……。
何か入り込めなかったからです。
すいませんすいません。

一番は、瀧くんと三葉の入れ替わった理由が不明過ぎたからだと思います。
何で都会の男の子と隕石が落ちた町の女の子が、三年の時を越えて入れ替わるん……。
で、色んな解説を読んでも、明確な回答が無くて、「この映画は脳内補完しなければいけない」みたいな事ばかり書いてありました。
んー、映画って性質上、脳内補完をする事によってエンターテイメントとして昇華させる作品がある事は重々承知してるんですが、このストーリーだとそこは納得の行く着地が必要な気もしました。
「たまたまだから良いんだよ〜」って意見も理解は出来ますが、自分は何か分からなかったです。

他のシーンは、映画のテンポを重視するために、整合性の説明を敢えて端折ったって事は分かるんで、それは別に良いです。
観やすいし。
ただ、現代が舞台の作品って難しいよなあ。
特に現代を起点に少し先の未来を表現すると、どうしてもスマホとかタブレット端末とかが気になってしまう。
こう言った類の機器って進歩し過ぎて、「これ、数年後もこの形なんかな?」とか、どうでもいいモヤモヤを考えちゃいます。
オレだけかもしれないけど……。

ちょっと、色んな人が何で「面白い」と言ってるか気になった作品ではありました。
皮肉じゃないです。

それはともかく、神木隆之介くん相変わらず声優としてもうめー!
ブームも一段落して満を持しての鑑賞。

時空がズレる系だしよくあるオチになるのかなあと思ってたら、名前を忘れていくという儚いルールが設けられていて一筋縄じゃいかないところがいいなと思いました。
あとただ単に男女の別だけじゃなくて都会と田舎の違いなんてのもうまいこと綺麗にアニメになってて面白かったです。

岐阜弁はかわいい。
素直によくまとまっていて面白いなという感じ。
登場人物の間で心と体が入れ替わってしまうという題材は一つのジャンルとして既に確立されていると言っていいほど昨今ではありふれているので、ストーリーに真新しさはあまり感じない。距離を隔てた2人の時間に実はタイムラグがあったというのもよくある手法だ。
好印象だったのは「2人が入れ替わる現象は世界の綻びのようなもので、それが閉じられた時、お互いのことを忘れてしまう」というところ。2人はスマホを媒介にしてコミュニケーションをとるが、入れ替わっている間の記憶も目が覚めるとなくなってしまう。届きそうで届かないところにいる2人の関係がとてもいい。本人にとっては何気ない日常が、相手にとっては新鮮な経験で、それを積み重ねるうちにお互いに思いを募らせていくという筋も嫌みがなくて良い。最終的には先述のように入れ替わっていたという経験そのものも忘れてしまうが、大切な”誰か”への想いは残り続ける― 誰もがふと感じることがあるような、なくしてしまった過去の思い出やその可能性のかけがえのなさを改めて思い出させてくれるいい物語だったと思う。
とはいうものの、正直なところ社会現象になるほど大ヒットしたといわれるとあまりピンとこない。個人的には娯楽作品として普通に面白いという以上のものではない。全体的に説明不足で掘り下げが足らないと思う。
例えば”片割れ時”の訪れとともに2人が時空を超えた奇跡的な邂逅を遂げるシーンだが、そもそも”片割れ時”に関する説明が作中ほとんどされないので、何故奇跡が起きたのかさっぱりわからずかなり唐突な印象を受ける。ヒロインが主人公に投げ渡した組紐の力ととらえられなくもないが、その組紐が奇跡を引き起こすような特別なものだったというような描写が作中にあるわけでもない。もしきっかけが組紐だというのならば例えば「死んだ母親に教わりながら初めて編んだ組紐だった」とか、ありきたりなものでも構わないので何か理由が欲しいところだ。他にもヒロインの口噛み酒や巫女としての神通力、付近の御神体など影響しそうな事象はいくつかあるものの、明確な説明は一切ない。2年間の隔たりをどうしても超えられないもどかしさがテーマの一つだったはずなのに、大した説明もなくあっさりそれを覆してしまったので結構拍子抜けしてしまった。
他にも町民を避難させるよう町長であるヒロインの父親を説得するところでは、最初入れ替わった状態だったためヒロインの体の中に別の人物(主人公)がいることに父親に感づかれ、主人公(inヒロイン)の要求は一蹴されてしまうが、それぞれ本来の体に戻ってからヒロインが改めて嘆願すると父親はあっさり認めてしまう。その父親である町長の英断のおかげで、判断を下した段階では少なくともすでに彗星の落下が始まっていたにも関わらず、町民全員が無事で済んだ...っていくら何でも話ができずぎだろう。少しは殺しておいたほうがリアルだとかそういう話ではないのはもちろんだが、町長が行政組織を押さえつけて強権を発動し無理矢理町民を避難させるという通常ならばあり得ないレベルの現実的な困難を跳ね除けてまでヒロインの要求をそれも一瞬で受け入れたのはなぜなのか。ここも説明が足らない。このヒロインの父が母親と出会ったきっかけがヒロインの巫女の家系に代々受け継がれてきた入れ替わりの力だったので直感的にヒロインの想いを悟った、みたいなエピソードを入れればまだ説得力があるのだが。
あと、いくら親友とはいえ彗星の破片が落下して町が壊滅するというにわかには信じられない話を真に受けて、町民に避難を促す口実を作るために変電所を爆破するヒロインの友人は、はっきり言ってよい友人を超えて危険人物だと思う。結果的に彗星が落下してうやむやになったのかもしれないが、数千万円か下手をすれば数億円単位の賠償金が請求されてもおかしくないような行為だ。現実的な判断力の乏しい年ごろ...というのもちょっと無理がある。線路に置き石をする中学生どころの話ではない。こればっかりはご都合主義にも程がある。しかも、この変電所爆破作戦、直接的には大して功を奏していない。一体何のためにこのエピソードを挿入したのか、本当に意図がまったくわからない。
と、全体としては面白いと思うものの粗を探しはじめると本当にきりがない。映画館で見た知人が絶賛していたので期待値が上がりすぎていたというところもあるが、個人的にはもう少し踏み込んだ描写が欲しかった。
なんとも甘酸っぱい。
前半の男女入れ替わり王道ラブコメ感にちょっとした気恥しさというか、年甲斐もなく青少年向け恋愛ものを見ているような居心地の悪さを感じつつ、程よいところで展開が変わったのが良かった…というか助かった(笑)
誰そ彼で2人が初めて対峙するシーンはなんともロマンチックだったし、手の平に書かれた文字なんて察しがついてるわけなんだけど、キュンとしてしまう書体だった。
ストーリー的には王道すぎて展開が読めるんだけど、飽きさせない面白さがある。特に映像が本当に綺麗。風景や街並みは相変わらず素晴らしい。RADWIMPSも良かった。大流行するだけあって、どの挿入歌も良かった。
タイムスリップ系のストーリーは????となってしまい映画観ながらどうゆうこと?って時間の繋がりを考えたく無いので苦手。
ですが音楽の入り方は凄くメリハリが効いてて気持ちがいいです。それから光の使い方がリアルで綺麗です。
噂通りの良作だった。
特にラストで迫り来る彗星の衝突を阻止すべく建設会社社長の親父が一人残って起爆スイッチを押すシーンは涙無しには見られなかった。
2017年56作目

最終的に夢で入れ替わったけど現実にも影響してるってことなん!?
途中で寝て3日間くらいかけて観たからやけど、どうゆうことかわからん…モヤモヤ残る
個人的に名作ってほど感動しいひんかった…期待しすぎたかな(笑)

おばあちゃんが全部、それも結びじゃ。これも結びじゃ。ってゆうとこと口噛み酒と彗星落ちたとこ印象的!!☄️

歌とのマッチング具合がすごい。
いい映画だったけど、初めてみたときの感動がすごくてもう一度見ようと思えない。

名前消えないように書いてくれよ。
やーっと観た。
感動した…かったのですが
時系列が難しくて、映画観終わってからストーリーを思い返してやっと腑に落ちたので、肝心の再会の瞬間はモヤっとした気持ちで観ていました。
あと村を守れるか守れないかで盛り上がってたのに、意外と真相は事後報告的に知るっていう、何だかスカッとしないなーって感じで、全体的に不完全燃焼でした。
それ以外は良かったと思う。
細田守くらいわかりやすい方が僕は好みでした。
絵がめっちゃ綺麗!!綺麗な背景の中でアニメーションの登場人物がドラマする。海外アニメならどっちか寄りになってしまうところをサラッとそんな風に仕上げて、それを違和感なく観れるって日本人って素晴らしいと思うし、ジャパニメーションって素晴らしいなと思う。
設定は、入れ替わりとタイムループ、どちらもありふれた使い古された手法だが掛け算することで新鮮に感じさせるのが勉強になる。
減点ポイントは、ラッドウィンプスの音楽がウザい。曲出しのタイミングがワンパターンなこと。
最大の減点ポイントは、東日本大地震の記憶がまだ新しいのに災害をエンターテイメントにしてしまった点だ。それでヒットしてるのは知らない世代が支持しているからなのか?そうじゃなければ評価してしまっている人は異常だ。
この映画を面白いと思ってしまう人とは友達にはなれないと思いました。
>|