雲のむこう、約束の場所の作品情報・感想・評価

雲のむこう、約束の場所2004年製作の映画)

The Place Promised in Our Early Days

製作国:

上映時間:91分

ジャンル:

3.2

あらすじ

日本が南北に分断された、もう一つの戦後の世界。米軍統治下の青森の少年・藤沢ヒロキと白川タクヤは、同級生の沢渡サユリに憧れていた。彼らの瞳が見つめる先は彼女と、そしてもうひとつ。津軽海峡を走る国境線の向こう側、ユニオン占領下の北海道に建設された、謎の巨大な「塔」。いつか自分たちの力であの「塔」まで飛ぼうと、小型飛行機を組み立てる二人。 だが中学三年の夏、サユリは突然、東京に転校してしまう…。…

日本が南北に分断された、もう一つの戦後の世界。米軍統治下の青森の少年・藤沢ヒロキと白川タクヤは、同級生の沢渡サユリに憧れていた。彼らの瞳が見つめる先は彼女と、そしてもうひとつ。津軽海峡を走る国境線の向こう側、ユニオン占領下の北海道に建設された、謎の巨大な「塔」。いつか自分たちの力であの「塔」まで飛ぼうと、小型飛行機を組み立てる二人。 だが中学三年の夏、サユリは突然、東京に転校してしまう…。言いようのない虚脱感の中で、うやむやのうちに飛行機作りも投げ出され、ヒロキは東京の高校へ、タクヤは青森の高校へとそれぞれ別の道を歩き始める。 三年後、ヒロキは偶然、サユリがあの夏からずっと原因不明の病により、眠り続けたままなのだということを知る。サユリを永遠の眠りから救おうと決意し、タクヤに協力を求めるヒロキ。そして眠り姫の目を覚まそうとする二人の騎士は、思いもかけず「塔」とこの世界の秘密に近づいていくことになる。 「サユリを救うのか、それとも世界を救うのか」 はたして彼らは、いつかの放課後に交わした約束の場所に立つことができるのか…。

「雲のむこう、約束の場所」に投稿された感想・評価

かさ

かさの感想・評価

-
新海監督、こういうSFちっくなやつの方が好きかもしれない…
こば

こばの感想・評価

3.0
平行世界がっていう設定はすごく面白いけど、最後は結局どうなったのか気になる…。サユリちゃんは生きてるの?死んでるの?
サユリちゃんが水に落ちそうになるシーンが好き。
りぃ

りぃの感想・評価

2.3
最初から最後まで頭に「?」が浮かびっぱなしだった。
えりみ

えりみの感想・評価

3.9
WOWOW新海誠特集を録画(もう放送予定がありません)。
2004年作、初の長編作品とか。
既に「君の名は。」に通ずるものを感じるSFアニメ。
ちょっとエヴァぽかったりもする。
人間の描写ははるかに幼い、少年サンデーぽい。
光が反射する描写はこの頃からみられる。
クレーターも好きなのかここでも出てくる。
メカ関係の造型はもひとつ。
ヴェラシーラをみた時は鳥人間コンテストを思い出した。
軌道エレベーターに見える蝦夷の塔はなかなか。
よく分からないがスケールの大きな世界観もまあまあ。
平行宇宙?平行世界?夢?

バイオリンと光の演出が印象的。
季節感を感じるのも光の演出によるものなのか。
劇伴は良かったけどエンディング曲は今ひとつ。♡って誰なの?
ソックスを履いた黒猫のチョビが可愛かった、ほぼその評価。
Rosso

Rossoの感想・評価

2.8
新海誠展で1番カット集にてときめいたやつ。かたわれどきね。
なんたって2004年やで、まだボビーバレンタインが甲子園で胴上げされてない世界線やで。
そんな時代にこのクオリティよ、すげえなあ。雲だけは他の人に描かせずに新海が手を入れてるとのことでしたが、雲作画言うだけありますね。

で、本編は?
ってことなんすけど、正直申し上げると完全に置いていかれました。
無駄に複雑で監督のオナニー作品と言われても仕方ねえんじゃねえかくらいに視聴者を同乗させる隙がない。ヒコーキに乗るのはヒロキとサユリだけで十分ってか。

いやまあ僕がそもそもSFを好まないせいってのも大いにあるけど、にしてもなあ〜〜〜

今作を経ないと君の名は。は完成されなかった説も一方で感じましたし、悪かないですけどね。
これ単体で評価するのは難しい、サユリちゃんが可愛かった加点が本命なところ、あります。
とりん

とりんの感想・評価

4.5
現在の新海作品に通ずる部分はたくさんあり、こういう作品があったからこそ、今の新海さんの作品が作り上げられていると思う。
そしてやはり彼の初期の作品は特に秒速まではやはり万人ウケではないと思う。
どれも映像がキレイという点においては同じ感想を抱けると思うけど、ストーリーの評価となると賛否両論分かれると思うし、まず意味がわからないという人が多いのでは。
他の新海さんの作品と比べても、一番設定がごちゃごちゃしている感じがする。専門用語も多出しており、それ故に全体が入ってこない感じもすると思う。
かなり凝っている設定だと思うし、どうしてこんな構想の映画を思いつくのかとなるのだけれど、それが視聴者にかなり伝わりにくい。
ただSF好きとしてはこういうのはすごく惹かれる。変に考えすぎなければ話の流れにはついていける。
ひとつの約束のために少年たちはどう動いていくのか、やはりここでも心情の写しや表現が上手いなと思う。
幼い頃に交わした約束、いつかの思い出、何か忘れたものを思い出させてくれるような、そんな映画だった。
『君の名は。』はこの作品を
踏襲していたのか!

キャラデザがあまり魅力的
ではないのが残念だが、
背景はとてもリアリティもあるし、
綺麗だった。
新海さんは空とか駅とか
大好きなんですね。

声優にもびっくり。
吉岡秀隆じゃないよね?
と思ってたらマジだった。

平行宇宙などの設定は
大好物なので、もっと掘り下げて
欲しかったし、
サユリのおじいちゃんの
思惑もナゾのまま………Σ(-᷅_-᷄๑)
MATSUZO

MATSUZOの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

監督の自己満以外の何者でもない。それでも観客が共感して楽しめたらええと思うけど。というか今振り返ってどう思うんだろう?君の名はに至るまでの試作品なのかな?という作品。設定がぶっ飛びすぎてて、頭に入ってこない。共感を呼ばないといけない叙情を大事にした台詞回しなのに、SFつてのは飲み込みにくい。中学生が飛行機つくるってのも、リアリテイ厳しい。ヒロインの弱々しい感じも受け付けなかった。
吉岡秀隆で始まり一流の期待感があった。設定もスバラCく展開にわくわくさせられる。が、結局明示も暗示も中途半端。明かし方ぼかし方ともにあまりうまくない。自分でぶち上げたスバラC設定が、力不足で手に負えなかったという印象。勿体ない。
saitounagi

saitounagiの感想・評価

4.0
面白い。私は、『君の名は』よりもこっちの方が好きだな。文学的な仕上がりになっていて、村上春樹の『ノルウェイの森』や『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』の影響を相当受けているなという印象。
>|