時をかける少女の作品情報・感想・評価

時をかける少女2006年製作の映画)

製作国:

上映時間:100分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「時をかける少女」に投稿された感想・評価

ゆい丸

ゆい丸の感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

小2の時に出会って高校生のキラキラした青春を夢見た作品

どうしようもないほどもどかしい
悩みに悩んで突っ走っても答えが見つからない
恋愛映画にしてはぼんやりとしてて
けど、キスをしないでこれほどまでにときめいた物語は他にない。
アニメ映画だからこそ完成した心から素晴らしい作品だと思う。

見れば見るほど細かいところにも意味があるスルメ系映画です🎬

このレビューはネタバレを含みます

「もし俺がさ、未来から来たって言ってら...笑う??」

たまに真似してる
ゆるくて可愛いよね・・・楽しかったけどちょっとスッキリはしてない。キャラクターは好きだ、ただ話はちょっと浅いと思う。普通に誰でも楽しめるアニメ映画だ。
大林宣彦監督の「時をかける少女」の場合は涙まみれだった。笑
くじら

くじらの感想・評価

3.9
きょうはときをかけるしようじよをみました。じかんがとまったらちよちゃんとずつとあそべるのでいいなとおもいました。
面白いって聞いたのでムンバイにて。んーまあ別に普通かな。映像や日常の切り取り方は、まあ、まあまあ。内容とか別にどっちでもいいかなーと冷めた視線で。箇所箇所でてくる声優っぽいアニメ声の連中、あれだけでなんか興ざめするわ
RyoAkasaka

RyoAkasakaの感想・評価

3.5
地味に初めて観たやつ。
あのタネみたいなやつほんまどっかに落ちてないかな。。。
世間で評価されてるほど面白くない。
タイムリープ系で行くのであれば恋愛ではなくストーリーで勝負してほしい
映画の最中に、まじか。って言った記憶のある映画。

素晴らしかった。
minqmi

minqmiの感想・評価

-
いつでも好きな真琴。夏と野球と想いと夕方の空気が詰まってる。
ekun

ekunの感想・評価

4.0
主人公の身体に様々なものが「降りかかる」描写が頻繁に描かれる。目覚まし時計、友達とじゃれる男子生徒、天ぷらの油、本、恋愛.....
タイムリープを覚えてから目先の楽しみにとらわれて自分勝手な行動が目立つようになる。少しずつズレていく歯車を無理やり修正していくうちに、歪みがどんどん大きくなって手のつけられない状態になってしまう。

彼女に「降りかかる」全ての災難の発端は彼女自身だが、メタ的な視点からすると問題が起きないと物語は進まないし、高校生の頃の自分と重ねて見ると「タイムリープの使いどころが日常の範囲内に止まっているだけでエラい!」と思う。自分なら何に使うか分からない。少なくとも「カラオケに10時間いたいから使う」なんてことはしない。
彼女の行動にイライラする人が多いようだが、その辺を考えて欲しい。

不器用で自分勝手な人間が自分の過ちに気づき、悔いて、反省し、行動に移す時の「全力疾走」には感涙。偉そうに「もっと合理的な行動をしろ」と説教垂れてくる人間には理解出来ないだろう。

「アタシトベンジャン、アタシ!トベンジャン!」の時はどうなるかと思ったが。
>|