時をかける少女の作品情報・感想・評価・動画配信

時をかける少女2006年製作の映画)

上映日:2006年07月15日

製作国:

上映時間:100分

4.0

あらすじ

「時をかける少女」に投稿された感想・評価

タイムリープものでの面白さは、スジは違えどバタフライエフェクトに迫る。未鑑賞なら一度は鑑賞を薦める
john

johnの感想・評価

3.6
ちあきとこうすけ、こんないい男2人との3人の絶妙な友達関係がまず憧れ設定。
そこに儚い青春とタイムリープで相乗効果は凄かった。
はる

はるの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

なんで一回タイムリープ増えたのかよく分からんかった
好きなのに生きてる時代違うの辛い
ま

まの感想・評価

3.5
久しぶりに見たらこんなんだったけ?って思っちゃった!主人公にちょっとイライラしちゃった笑
「未来で待ってる」は良いよね

このレビューはネタバレを含みます

高校生未満の方へ
この映画を見ると、青春への憧れが出てくると思いますが、期待しすぎると現実を知った時の絶望感がハンパないのでご注意を…(私もその1人です笑)
映画は完璧だね。
千秋が言う未来で待ってるは何回見ても、きたーーってなる!
主題歌の歌詞の「またこの季節がやってくる」という歌詞が大好き
K

Kの感想・評価

4.3
ストーリーを知っていても、何回でも観たくなってしまう作品。主人公たちの淡い青春を見ていると学生時代が恋しくなってくる。
ゆ

ゆの感想・評価

-
金曜ロードショーでなんとなく見たけどちゃんと見たことなかった映画のうちの一つ。
ふみ

ふみの感想・評価

5.0
筒井康隆の往年の名作を細田守がアニメ化。大林宣彦版のアニメ版と思い込んで観はじめたら、同じモチーフではあるものの、全く違う話で驚いた。

しかしこの細田守版も過去作と同様に、完璧な構成と演出で青春の不可逆なひとときにスポットライトを当てる名作。すき。
・心が汚くなったからかあんまり良さが分からなかった 青春ものの熱さについていけないのかも
終盤に差し掛かるまでつまんなくて死んだ魚みたいな目で見てしまう
細田守作品全般に感じるが愛着を持てるキャラクターがいない
デジモンのコピペじゃなくてホッとした

・高校生だしこんなもんかとは思いつつ、いやそれやったらどうなるか分かるやろ...が多くてイライラする
あとで改めるとはいえ、人の気持ちを踏みにじる主人公+それに対して相手が可哀想といいつつタイミングが悪かったと抜かす親族もよく分からない

・絵の修復の話も出ておっと思ったもののそこまで拾われない
これ名作なんか....そう....
原作はパプリカの人なんだな
時をかける少女大好きィィィ!!って人に話を聞いてみたい
坂上

坂上の感想・評価

5.0
人生トップ3に入るくらいにはすこだった。俺は細田守が描く女の子がタイプ。
>|

あなたにおすすめの記事