秒速5センチメートルの作品情報・感想・評価・動画配信

秒速5センチメートル2007年製作の映画)

上映日:2007年03月03日

製作国:

上映時間:60分

3.5

あらすじ

「秒速5センチメートル」に投稿された感想・評価

takiii

takiiiの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

全体的に良かったと思われる、言われてわかったが女性の描写が全て同じということ。たかきくんに幸あれ!
ryo

ryoの感想・評価

3.4
幸せだけど それ以上に苦しい
大人とか距離とか時間のせいにしちゃえばいいよ
どうやっても この先ずっと忘れられないんだから 少しだけでも捨てちゃえばいいよ
スマホがない時代。大人になって観ると甘酸っぱい思春期ドラマとしか感じないが、自身の思春期に観てたらどう感じたか気になる。
harema25

harema25の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

『コスモナウト』で

新海さんのアニメーションの

空の広がりに

驚いた

ロケットが横切る映像に

見とれた
ぐら

ぐらの感想・評価

2.3
自分にピュアさが足りなかった

今観たらもう少しおもしろいと思えるかもしれないので見直したい
hira

hiraの感想・評価

4.5
過去鑑賞。

賛否両論あると思う終わり方だけど、個人的には大好きな映画。山崎まさよしの曲と非常にかみ合っており、決別した二人を見た後のエンドロールでは胸が痛んだ。その苦しさが良い体験だったと思う。もちろん新海映画の映像美も保証済み。

人に勧められるかといえば微妙だけど、思い入れのある一作です。
ベッドで寝落ちしそうになりながら観た
人生ってこんな感じだよなあ…
種子島の子の気持ちしぬほどわかる

あと途中の路線が地元すぎて沸いた
Sayuri

Sayuriの感想・評価

3.4
高校生の時に鑑賞。こんな映像が綺麗なアニメがあるのかと驚いた記憶がある。

「この恋がすべて」と信じていた気持ちは、別々の道を歩むことによって自然と薄れ、また別の誰かへの愛へと変わっていく。そんな仕方のない現実をまじまじと見せつけられた覚えがある。

愚かで真っ直ぐで、恋に恋していたような青春時代。こんな終わり方もあるよね、と大人になった今なら分かるけど、学生時代なら辛かったかもしれない。

君の名は、天気の子、と多感な10代の気持ちをポエティックに表現し続ける新海誠監督はある意味すごい。年齢を重ねても少年のような瑞々しい感性を保ち続けるのって難しそうだ…
べん

べんの感想・評価

1.9
僕には合わなかったのか、全く刺さらなかった。

そもそも賛否が別れる作品だとは思いますが、、うーん。なんだか幼稚すぎる感がしました。

天気の子が良すぎて、それと比べてるわけじゃないんだけど、にしてもさっぱりでした。

せっかくのアニメでわざわざリアリティ溢れる悲しい恋愛の形を見させられるのは苦痛しかない。
Maisarah

Maisarahの感想・評価

3.0
電車シーンのセリフ

とおのくん「彼女を守れるだけの力が欲しいと、強く願った。」

あかりちゃんは、別に守ってほしいとおもってないんじゃない、と感じた。

ここから「勘違い」が始まったかも

登場人物がポエマー。
>|

あなたにおすすめの記事