劇場版 フリクリ プログレの作品情報・感想・評価

劇場版 フリクリ プログレ2018年製作の映画)

上映日:2018年09月28日

製作国:

上映時間:136分

ジャンル:

あらすじ

ありとあらゆる命題に明確な答えを用意せず、生理的欲望の充足のみをシコシコ満喫しその日暮らすような説得力ゼロ青少年たち。その中でなんてことない日常を過ごすヘッドフォンの少女ヒドミ。彼女が轢かれた夜、クラスメイトの少年・井出の額から巨大ロボットが出現した!ハル子から分裂したラハルとジンユと出会い、"特別なことなんてない日常"が終わりを告げる―!!!!!

「劇場版 フリクリ プログレ」に投稿された感想・評価

原作OVAの良さも、新しい要素も、どちらも組み込まれていて、一粒で二度美味しい最高の映画でした!!
初めは作画や声優に少し違和感もありましたが、見ているうちに引き込まれてしまいました…!
pillowsの曲選も相変わらず最高で、曲チョイスとかだけでご飯3杯いけてしまうくらい良かったです!!!
湯

湯の感想・評価

3.1
フリクリ新参者だから理解が追いつかないのか?と前半は思っていたが、たぶんこれはそういうことじゃないなと。
「考えるな、感じろ」という言葉がぴったりな作品。

アニメーションでしかできないアクションや動きがたくさんあって映像は見ていて楽しいし、
なによりthe pillowsが元々好きだったので、全編通して流れる音楽は最高だった。

「テキトーに」っていうテーマが、この作品の端っこまで行き渡っているからこそのこの勢いとテンポなのだと思う。
そしてそれがこの作品の良さだと思う。

個人的に好きなポイントは、「今の男子学生ってなんか、クールすぎるよね」っていうのをぶち壊す井出くんの青臭ささです。
抽選で当たったので試写会に参加。あんまり予習していかなかったんですが、アニメ6話を一気に観させられた感じがして少し抵抗感。ただキャラクターデザインは抜群に良かったし、音楽と映像のシンクロ感は観ていて気持ちが良かったです。但し予習必須。
ViViD

ViViDの感想・評価

4.0
とても良かった……
ホントに。初めの方は小説かOVAを見て予習をしてた方がいいかもしれない……。

オルタナはどーか分からないけど……でももう一度見たいな
ねじゅ

ねじゅの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

前作(フリクリOVA版)は、噂にはずっと前から聞いていて、最近映画に先立って初めて一気見した、という程度のライトなファンです。
そういうわけで深い考察や違いは分からない自分には、約18年ぶりの新作とは思えない、前作の雰囲気のままの作品だと思いました。
特にプログレはオルタナと違い、主人公も中学生の男女だし短編集なので、OVAに近いテイストなんじゃないかと思いました。オルタナを観てないので推測ですが。
(逆になんで130分超えの劇場版にしたんだろう…と思いました。やっぱり長かったです。)

プログレ本編については、
序盤は本当についていけなくて(いい意味で、とかでなく…)、でも中盤からだんだん話も分かってきて、クライマックスに向けてはどんどんのめり込み、最後には気持ちよく観れました。
前作のあとの、別のどこかの世界に、また同じようにハルコがやってきて、思春期の青少年たちを巻き込んで一騒動起こる、という。あああのフリクリの世界がまたやってきた…としみじみ、楽しみました。
ただ用語の解説はほとんど無く、前作履修済みが前提すぎて、初見さんは可哀想だと思います…。おでこに絆創膏貼ってるのを見て、NOだ、ロボがそこから出てくるな、くらい分からないとかなり厳しいと思います。
(海のエピソードは単体で分かりやすく面白かったです。逆に、あそこだけフリクリじゃないみたいでした。)

個人的には、前作の時は主人公の友だちが終始脇役だった(と思う)のが、今回はマルコくんもモリくんもクライマックスに関わってきたのがいいなあと思いました。ママも。あとアイコちゃんのキャラもよかったです(名前うろ覚え)。
あとはカンチが出てきたときは興奮しましたし、個人的は前作の時の漫画風のシーンが好きだったので、そのオマージュで、別のタッチの漫画風なシーンがありすごく嬉しかったです。
ルパンダイブをはじめとするクラシカルなアニメの小ネタとか、えっちな声とか、コミカルで過剰な男子と女子の扱いの差とか、もちろんメカとかバトルとか、前作のそういう細かい要素がたくさん踏襲されていて、フリクリを好きな人たちがその愛でまた作ったんだな、と非常に感じました。

内容は繋がっていないとは思いますが、やはり本来の公開順のオルタナ、プログレの順に観たかったな、という気持ちがあります。
序盤のついていけなかったシーンも、プログレ全体を分かった今なら味わえるところも増えてると思うので、オルタナを観たらもう一度観たいと思いました。
あまり映画館で見たくないタイプのつくりでした。6幕構成で何度も話が寸断され、どこに向かうかわからない話で130分は長すぎる。名優林原めぐみのモノマネもどういった効果があるかわからない。他の人の感想で、ハルコの声が変わったとか言っている人がいたけど、別のキャラクターだって認識できた人は何人いただろうか。それほどこの映画の語り口は不親切で満ちていた。
いくらthe pillowsのMVだとしても130分はやはり長い。http://naozari.com/post-1143/
艹

艹の感想・評価

3.5
OVA未視聴だったんで不安だったんですけど視聴済みの友人に聞いたら「まぁわけわかんないけどなんかかっこいいって感じ」って聞いていたので、なるほどなぁ〜なんて思って観てみたら本当にそんな感じなんですわな。
アニメーション楽しいなー!!となる。
実験映像みたいな作品大好きなので良かったなぁ。しかしOVAめちゃくちゃ見たくなった、というか当たり前なんだけどOVA見てからの方がいいですたぶん きっと当たり前なんだけど‥
試写会で鑑賞したんですが、終了後外出た瞬間ちょうど台風で風クソ吹いてて映画の興奮も相まってテンションあがってしまいました。
18年振りのハル子。いつ見てもかっこいいの一言。
話の展開はやっぱり理解不能なくらい面白い。
ヒドミちゃんも可愛くて素敵。
そして、ラハルは強くて遠い存在。
まさかのあいつの息子が登場!!!
ってなってびっくりした。
ぽいう

ぽいうの感想・評価

3.6
OVAよりも意味の分からなさ、というか解釈の余地が減ったように感じました。
それはストーリーの面でもそうだけど、登場人物が感情をストレートに表しすぎててちょっとビックリ。

でもフリクリが新作で2018年に見られるのはそれだけでも超嬉しい。
フリクリらしさもたくさん感じられました。

そしてthe pillowsのMVとしては満点の出来。
ち

ちの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

めちゃくちゃ!
置いてけぼり!
それでいいんだけどさ!

やっぱり新谷ハル子にあいたいなー
というのが感想

大豆ってプラント?の一種?マバセじゃなかった
ラハルの顔安定してくれ~~~~
あいこちゃんの顔ずっとかわいかった
ヒドミちゃん貞本せんせタッチのとこかわいかった
ジンユって新谷ハル子の中にずっといたってこと?
分裂しそうだから声変わったのかな~
井出くん使い捨てかわいそ~~
タッくんより大人だからかな~
はあカンチ様安心する~~
時代は30年後くらいなのかなあ適当
鳥の人とかバイキングとかまじでなんだったんだろう・・
全然わかんなかったあんな人いた?

????????????????

閣下ラハルハル子が観たくてプログレだけ興味があったのですが、
オルタナもみなきゃかな~~~
>|