ほしのこえの作品情報・感想・評価・動画配信

「ほしのこえ」に投稿された感想・評価

初めて見た時の感想はトップをねらえだなぁ〜という感じ。物理的にどんどんと離れる2人の距離がホンマに切ない…ずっとメールを待ってる時間がまじで切ない…
秒速5センチメートルを知ってから、1人でアニメ作った人の作品がまだあると知って観た。
どこかかで見た事がストーリーだと思ったら、コミカライズされていた漫画を購入して読んでいた(私事)
zume

zumeの感想・評価

2.8
切ない。

どんだけセンターに問い合わせしんと
あかんことか
gowest

gowestの感想・評価

3.5
新海作品は全体的に、二人の距離が極限まで離れたときに心が通じる(声がシンクロする)という弁証法的?構造になってるのだが、必然的にそこには他者がいない。
との

とのの感想・評価

3.0
この作品をほぼ1人で作り上げたとか驚き。すでに新海誠の世界観みたいなものが出来上がっており、切ない青春みたいなものを描かせたら本当に上手い監督だなあと感じた。設定にちょっと無理があったり、主人公たちに対しもう少し何とかなっただろうと思う行動もあったが、総じて見れば素敵な作品だった。
Re-record

ショートームービーだけど新海監督の作品で一番印象に残っている。私たちは、宇宙と地上に引き裂かれる恋人みたいだね、。このセリフが本当に好き。
AKIRA

AKIRAの感想・評価

-
不可抗力により、一方通行に近い状態でしか連絡を取り合えない、そんな状況下における想い合う男女の気持ちを、2人のメールのやり取りを通して描かれていました。2人のいる場所が地球と遥か彼方の宇宙と果てしなく離れているので、もはやラストに向けては、存在確認に過ぎない状態になっていくけれど、相手の存在が分かるというそれだけでも登場人物の2人の気持ちとしては充分なのかもしれない。ある種の諦めだ。
Sean

Seanの感想・評価

3.5
最初見た時エヴァのオマージュだと思ってしまった。

内容自体は別物だし設定もいい。
巨万

巨万の感想・評価

3.8
惑星間を隔てる時間という壁に引き裂かれていく主人公とヒロインを描いたSF。
絶望的な距離の差の中、お互いが違う時間を生きていくという、不思議な話。
2000年前半特有の作画に違和感があったが、物語が進むにつれて気にならなくなるほどにのめり込む。
いじみ

いじみの感想・評価

3.0
初の劇場公開作品ということで、画はドヘタですね。
古い作品なのでCGも安い感じ。

短い時間でよくまとまってる。
切ないですね。
>|

あなたにおすすめの記事