ローンウルフ 真夜中の死闘/レイト・フェイズの作品情報・感想・評価

「ローンウルフ 真夜中の死闘/レイト・フェイズ」に投稿された感想・評価

ド田舎の高齢者居住地域に1人越してきた初老の男。彼は盲目の退役軍人(なんて斬新な設定!!!初めて聞いた!)です。気難しい彼が心を許すのは盲導犬のシャドウと、隣家の気さくな御婦人だけです。そしてある満月の夜、事件が起こります…。ワオーン!

…ああ、キュート。なんたる可愛さかよー。パッケージ写真を見れば何が起こるかは一目瞭然ですね?80’sテイストなC級狼男物です!パーティグッズのような狼男がノッシノッシと闊歩、壁には曖昧な濃さの血しぶきが舞い、お腹の上にキッチュな臓物をトッピングする…。なんかもう、こんなのばかり観ていたい!癒し!
モンスターパニック周りの雰囲気は80’sぽいのですが、全体に陰鬱で抑え目なドラマパートは寧ろ70’sな感もあり、つい見入ってしまいます。ムードが良いのですよ!ボーッと眺めてるとウッカリ、名画をみているような気分になってしまいます。あぶねー、あぶねー。
主人公のニック・ダミチさん、正直今まで見た事有るかどうかも曖昧なぐらいなんですが、なかなか良いです。トム・ハーディが何かやらかして30年位干されたみたいな哀愁漂う表情がグッときますね。その他の俳優も見たことない人ばっかりで新鮮です。カメオのカケラも無いぞー!
もうアレコレとにかく好みで、中盤までは「傑作発掘しちゃったなー」ってホクホクしてたのですが、後半でちょっとだけ……我に返ってしまいました。惜しい!
自分は充分楽しんだのですが、好みの差でかなりスコアは変わってくる思います。一般的には3.0未満ぐらいになりますかね。ワンちゃんがちょっと可哀想なので注意です。
それにしてもパッケージをまじまじ見つめてみると、世界には何と映画祭の多くあることか。そして、みんな何と褒めるのが上手なのだ。見習いたい!ワオーン‼︎
Paddy

Paddyの感想・評価

1.5

このレビューはネタバレを含みます

盲目の退役軍人のジイさんがオオカミ男と戦う、まぁ荒唐無稽なホラー。

着ぐるみ感満載でC級D級ホラーではありますが、
主人公が盲目の退役軍人っていうことでハードボイルドさを維持するという奇跡。

ラストは絶対ローリング・サンダーやタクシードライバーに影響を受けたであろう展開。
映画作品としてはダメだ。
でも心意気は買う。
決して嫌いになれない1本。

あと2人のオオカミ男は誰?
asmin

asminの感想・評価

2.0
盲目の元軍人アンブローズは、高齢者住宅地に引っ越して来たその日から、狼人間に襲われ、大切な飼い犬と隣人が殺される。

狼人間の着ぐるみ感ハンパな〜い!!!
いやはやもうこのクオリティーの低さ、どう表現したらいいのやら。
幼い頃見た、仮面ライダーの敵くらい?

アンブローズ役のニック・ダミチさんて、ステイクランドの人だったのね〜!
どうりで渋くて素敵なハズ
盲目役がまたカッコ良い。

ニックさんの魅力だけのスコアです。
みーこ

みーこの感想・評価

3.5
良い夫にも良い父親にもなれなかった草臥れオヤジが魅せるいぶし銀な復讐劇ー☆


人狼ものだと『人狼村 史上最悪の田舎』が記憶に新しく、狼人間の質で言えば“どっちもどっち”な着ぐるみクオリティなのだけど物語の質ならば完全にこちらに軍配が上がりますね(*゚∀゚*)b


盲目の退役軍人アンブローズが越してきたコミュニティで次々と起こる怪事件。
相棒でもある盲導犬シャドウも何者かの餌食となり悲しみと怒りに暮れるアンブローズは化け物退治を決意するのであったー


とにかく主演のニック・ダミチが渋くて最高で最高ー!!
頑固で寡黙、偏屈で無愛想。
実の息子からも見放されるアンブローズだけど相棒シャドウに対する姿勢には愛を感じられて心底ホンワカさせられる(ノД`)


芸達者なシャドウ役のシェパード犬の可愛さも天下一品で主人を化け物から守ろうと奮闘する姿にワンコ好きは号泣必至ですよー!


少ないながらも内臓ぶちまけるようなグロ描写もあり、親子の抱える問題などドラマパートが濃厚で完全なるB級作品だけど好感の持てる映画でした。
papico

papicoの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

映像も雰囲気あるし、
ストーリーもちょうどよい深さで、
あの着ぐるみ感もいい。

あとは、
大枚はたいて買った墓石の効果がそれかよ!
と言いたい
『ドント・ブリーズ』×『ドッグ・ソルジャー』な、お爺奮闘物語。

本作のお爺もまた、元軍人ということで、隣人や自分が襲われようが、実は見えてるのか!?というぐらい、全て冷静に対処。
スコップを杖代わりに持ち歩き、いざとなれば武器として使用する用意周到ぶり。

とは言っても相手は狼男だし、こちらは盲目。いくら何でも分が無さ過ぎるのでは?
と思ってしまうが、両者のパワーバランス設定がおかしいため、最終決戦は意外とアッサリしたものになってしまっている。

狼男たちの着ぐるみは悪くないし、ミステリー調で進む中間部も飽きはない。

しかし、最終決戦は血みどろで、熱く、ハラハラドキドキするものが見たいわけで、知名度からして、やっぱり上記の2作の方に軍配は上がってしまう。
小森

小森の感想・評価

-
盲目偏屈じじいVS狼男!
意外とワンサイドゲームでハラハラが足りなかった。
俺たちのアドリアンガルシアボグリアーノ作品が久々に日本に来たぞおおおおお!!!あれ?ボグやんの作品はほぼ全てにおいて若い女子グループが酷い目に合う作品だと思ってたのにジジババと狼男しか出ない…だと…?

話としては何故か狼男が出没する老人居住区に引っ越して来た盲目のおじいちゃんが殺された愛犬の復讐の為に盲目老人ジョンウィックと化す感じでしょうかいや全然違うか。正直いつものボグやんのハッチャケぷりが全然感じられず案外普通なんですよね。そんなもんじゃないだろボグやん。もっとワクワクさせてよボグやん。
毎度の事ながら一歩間違えれば大爆死するようなギリギリのラインで面白いを突いてくるボグ兄の、オレ流グラントリノ。いつにも増してクライマックスは盛り上がらないけど、そこがいいんじゃないのよ。何かにつけて「制約があって素早く動けない人」を描きたがる気もする。それはNITROで全部やったじゃん。
sin182

sin182の感想・評価

2.5
盲目退役軍人の
孤独な戦いを描いた…

と言えばカッコ良すぎかも
知れんかな(^^;;

身内への愛と言う、中々
気付きにくく流されてしまいがちな
想いを狼人間?との戦いで
表現した作品。

着ぐるみが仮面ライダーで
出てきたコウモリ怪人みたいで
笑ってもた(^^;;
>|