パターソンの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

4.0

あらすじ

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけな…

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いと共に描く、ユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。

「パターソン」に投稿された感想・評価


不思議と登場人物全員が愛しく思えてきた。
パターソンは寡黙な人だが、バーで銃を取り出した男性を的確に取り押さえたりしたところなど節々にどんな過去があったのか....?と考えさせられた。

結局何も起きなかったけど、
パターソンの詩とともに日常が丁寧に描かれていて、優しい気持ちになれました。

後、ムーンライズキングダムの2人が出てきたのが、とてもテンション上がりました。
gonzui

gonzuiの感想・評価

3.8
平凡でドラマティックな毎日。

マーヴィンかわいい。
モコラ

モコラの感想・評価

3.6
2017/12/10
@UPLINK渋谷
ふつうの人たちの日常を丁寧に描いていて、わたしも毎日をもっと丁寧に生きようと思わせられる、そんな映画。

というかアップリンク渋谷に初めて行ったけど、映画館自体の印象がすごく強かった。また観たい映画があるときは使っていきたいな〜
なぜかやめられないなと思うと思い出す映画
kei

keiの感想・評価

4.4
時間をかけて、ゆっくり心に浸透してゆく映画。

今作にゲスト出演している永瀬正敏さんは、僕の地元である宮崎出身の俳優で、今年『光』(監督:河瀬直美)の舞台挨拶でお会いしました。独特の雰囲気がある俳優さんで、今作で27年ぶりジャームッシュ監督作品への出演となったわけだが、そのキャスティング、役所(観た方はわかるだろうが)も含めて非常に面白い作品。

この映画で映画的な出来事は一切起こらない。アダムドライバー演じるバスドライバー、パターソンという町のパターソンという名前の主人公の何気ない一週間の日常を描いている。

この設定の時点で幾つも洒落が炸裂しているのだが、劇中もクスッと笑えるシーンが随所に盛り込まれている。

結局何も起こらずにラストを迎えるのだが、自分でも不思議なほどに心地良い。
それは今作で、内容はほぼ真逆に当たる名作『時計仕掛けのオレンジ』で主人公アレックスが暴力を楽しんでいたように、パターソン自身が何も起こらない日々を楽しんでいるから、観客に伝染するのである。

映画や写真、絵画、詩、本、その他の芸術作品は、一片の現実、あるいは非現実を少し誇張し、作者の意図した描き方をする。

現実は芸術作品ほど美しくも、面白くも無いと思ってしまう事が多い。
しかし実際のところ、映画的な出来事が無くても、捉え方次第でどうにでもなるのだ。
パターソンがバス運転してるときの音楽が若干不穏な感じに聴こえてドキドキしてたけどわたしの思い過ごしでした。穏やかな映画だった、、犬が頭悪そうでかわいい

朝早く起きて行ったからちょっとだけ寝てしまった〜〜もっかいみたい。
はなだ

はなだの感想・評価

3.2
永瀬正敏のシーンで隣の人が号泣してて、私は全然、泣くどころか頭に「???」だらけで、私はその人の心境が知りたい。泣くとこだったのかなあ。
Moiai

Moiaiの感想・評価

4.5
あーおもしろかったー!っていう純粋な感想を抱けるのに、そのまま流れ出てはいかない、「おもしろかった」だけでは終わらない、大事にしたい!って思う映画。
詩人な主人公も、ピュアで奔放な奥さんも、バカ犬(激かわ)も、バーの店主も、大失恋した彼も、数々の双子も、みんな愛おしくなる。
ジャームッシュの映画って、これまでそのオフビート感が気持ちよくて好きだったけれど、逆に「オフビートな人々の日々の丁寧な生活の積み重ね」を描いていた節もあったなあと思って、そこにがっつりフォーカスしたのが今作なのだろうと思いました。ようやく気づいた。ちょっとカウリスマキっぽかった。陽の光がきれいだった。アダム ドライバーの笑顔かわいすぎ。歩き方はちょっと変だからカイロ レンは長いマント必須な
kayo

kayoの感想・評価

3.9
毎日ルーティンの中にもハプニングはあって、そこに気付いた時にもっと人生楽しめるんだよって言うのを優しく教えてもらった気がする。夜に観たい
林檎

林檎の感想・評価

3.6
当たり前の毎日にちいさなハッピーとハプニングがあって、それに気づいてこそ人生。
>|