パターソンの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.9

あらすじ

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけな…

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いと共に描く、ユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。

「パターソン」に投稿された感想・評価

毎日のルーティンを繰り返すのだって
詩を自分の中に留めておくのだって
傾いた郵便受けを直さないのだって
ニュースもSNSも見ないのだって
自分を固めておいて、流れる周囲の機微を眺め、些細な変化を感じるのは確かに慈愛に満ちた豊かな生活だ。
しかしその生活は、現代的な効率性合理的な社会とは真逆の生活で
これを一人ぼっちでやっていると、さっさとダークサイドに落ちて自然に帰りたくなるもんだと思うんですが、パターソンが恵まれているのは

自分の殻に閉じこもらない性格
他や変化を憎みはしない性分
他人と話せるコミュニケーション能力
変化を楽しむ姿勢
自分を見てくれている人
自分を理解してくれる嫁
無邪気で可愛い嫁
好奇心旺盛な嫁
頑張る嫁
寝起きが可愛い嫁
よくお話ししてくれる嫁

そう、"ラッキーガイ"なんだ
愛を持って生まれた。
だからラストも心配はいらなかった。
これまで書き留めた自分がなくなったって、持ってるものは変わらない。
また新しい世界を愛することができるさ。
ありさ

ありさの感想・評価

3.7
ゆっくり流れる時間
一つ一つの出来事や瞬間を噛み締めて生きられるゆとり

同じ時間を生きた気持ちになれる素敵
a

aの感想・評価

4.6
朝起きて隣に人がいる幸せ。「詩の翻訳は、レインコートを着てシャワーを浴びるもの」だと揶揄するセリフがすごい好きだった
まる

まるの感想・評価

2.6
今まで見たジャームッシュは(ちょっとしか知らないが)どれも最高だった。けどこれはヤバイくらい退屈だったな。ショック!😱
人工的ゆえに閉塞的。世界が内に閉じてる。もっと開こうぜ!
Taka.S

Taka.Sの感想・評価

2.6
ストレートストーリーのような何も起きない映画。
何も起こらないことがほっこりするという感想もありますが、それがあまり好きでない人もいると思います。
dapanda

dapandaの感想・評価

3.7
ごく普通な毎日でも、興味をもってフォーカスしてみれば、ドラマチックな出来事に溢れてる。

大切な人が笑顔になるなら、自分が見たい映画は我慢。誰にも気づかれない優しさを積み重ねることができる人って素敵だなぁ。

奥さんのテキスタイルセンスが素敵。
kolo

koloの感想・評価

3.8
「なんてことない普通の、ともすれば退屈な日常」を「退屈」たらしめているのは、他でもない自分自身の心持ちや考え方なのだと思い知らされる映画。同じ1日など存在しないのです。
nogsing

nogsingの感想・評価

4.5
詩を書くことが趣味の、バス運転士。彼とその周辺の、日常的な一週間を淡々と描く作品。

何でもない話なの。見事に淡々と、どこにでもいそうな人物の話が進むの。
いわゆる映画的な、派手な事件は起こらないのに、不思議とぜんぜん飽きなかった。あまつさえ、このお話をいつまでも観ていたいとさえ思いました。

日々の暮らしに疲れている人に薦めたい。

愛する人が隣にいて、何事も起こらないことが、実はいちばん幸せなことなのだ。
平凡な毎日、でもそれだけじゃない毎日。
癒し効果満点の作品。
癒されすぎて…zzzZ
cr

crの感想・評価

3.9
強く印象に残るわけではないけど、忘れたころ、どうしようもなくネガティブなときにまた観たい。
>|