パターソンの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.9

あらすじ

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけな…

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いと共に描く、ユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。

「パターソン」に投稿された感想・評価

割と無口で表情も豊かではないパターソンが誰よりも世界を感じ愛しているのがすてき
小さな出来事に思えることも大きな大きなドラマになっているのがすてき
yuca

yucaの感想・評価

4.3
魚になりたいとかなんとかポエムしてた中学時代の私がラスト付近で赤面してました
yoshihiko

yoshihikoの感想・評価

3.7
「何でも無いようなことが 幸せだったと想う〜」
って歌が昔あったけど、そんな作品だな。
毎日のルーティンのなかでも、ちょっとずつ違うよ、毎日は、って言うのを上手に表現してました。
何でも受け入れ合う夫婦(あんな愛がある夫婦は日本じゃ少ないよね)と表情豊かな犬との毎日。
皆さん、いろんなところに反応されてましたが、私はパターソンが持っていたランチボックスがすごく気に入りました!そして奥さんかそこに色々小細工してあるの!面白い!
とにかく、愛のある夫婦と犬の何でも無いような平凡でかつ非凡な毎日をお楽しみ下さい!笑
"毎日が新しい日"。
毎朝この言葉を思い浮かべて、1日を始めたい。
ウィリアム・C・ウィリアムズの"言っておくよ"の詩が、お気に入りになった。
心にすぅっと入ってくる自然な詩がたくさんあって、言葉が楽しい映画だった。

パターソンもローラも、お互いをよく理解していて、思いやりや愛情が程よい距離を保ちながらそこにあって、その関係性の上に日常があることに憧れを抱けた。
ジム・ジャームッシュ監督作品。

相変わらずこうゆうの撮らせると上手いですねこの人は。
役者さんへの演出の仕方やロケハンなど、監督名を聞かずに観てもジャームッシュの映画と分からせる“味”みたいなのが今作にもちゃんとありましたね。
自分は詩の世界にはまったくもって疎いので今作はイマイチ入り込みきれなかったけれど、好きな人には凄くハマる映画なんじゃないでしょうか。
ジャームッシュは毎回うとうとしてしまう。今回もそう。寝てしまいそうになるいい作品。退屈ではなく、気持ちがいい。
nagi

nagiの感想・評価

4.0

なんて事ない日常なんだけど、こんなにも愛おしく感じさせてくれるなんて幸せだなー
くみ

くみの感想・評価

5.0
穏やかな気持ちになれる映画。こういう暮らしをしてみたい。インテリアとかも、とても素敵で憧れる。ワンちゃん可愛い。
すごくいい時間が流れてる。

一週間のありふれた日常を切り取って、映画的に大きな出来事があるわけでも無く、ただ淡々と流れていくものを映してる。
でもよくよく見ていくと、ちょっとした出来事が色々とあったりして、でもこの主人公パターソンにはそのちょっとした事をちゃんと拾ってみることができてる。

忙しくバタバタと日々を過ごしてると、周りが見えなくなってしまうことがよくある。そんなに大事じゃないと思ってる事にも必ず価値はあるけど、余裕が無いと見過ごしてしまう。ノートの余白のようなものがこのパターソンにはある。だからそこに詩を書き込んでいくことができるんだと思う。

たぶん怒ったりもしてるんだろうけど、そんなふうに見えないくらい穏やかで優しい。愛妻と愛犬との接し方、それから街の人たちとの交流、普通ならイライラしちゃいそうな場面でもこのバス運転手さんは平静でいられる。携帯とかスマホとか便利だけど息苦しい。無くなればいいのに。

最近のハリウッド大作はますますテンポアップしてて疲れるし、カットの切り替えが早くて何が起きてるのかよくわからない。だからこういう作品に出会えた時にホッとさせられる。ジム・ジャームッシュ監督ありがとうございます。
何の変哲もない単調な日々が、ただ、ただ、愛おしい。

何も起きないのに魅せられるジム・ジャームッシュの魔法。

幸せって、本当は、平凡で、とても地味なんだ。

とても身に沁みてしまうんだ。

この映画の中にあるもの全てが羨ましいと本気で思ってしまった。
>|