パターソンの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

4.0

あらすじ

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけな…

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いと共に描く、ユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。

「パターソン」に投稿された感想・評価

日常
ハプニングも日常的

好きだったところは奥さんのセンスと独特な性格
同居人

同居人の感想・評価

4.0
心地よい平坦、とは「舟を編む」と同じ感想になっちゃうけど。でもなんとなく全体を通して前向きな印象を受けるのは妻、ローラのおかげ?

“愛を失って生きる価値はあるか”
ふ

ふの感想・評価

-
愛、光、犬、次元、双子、川、
二車線の道路、バス

光 がgrowってことばでも言えることにびっくりした
くみこ

くみこの感想・評価

3.5
なんでもないとこで泣きそうになるやつ 日常のしあわせってそういうこと わんわん!
daisuke

daisukeの感想・評価

-
[点数はつけられない]

「ダンケルク」や「パターソン」「エイリアン コヴェナント」など、見ていたけれどFilmarksで感想を書いてなかったものを含め、Youtubeで新作映画について語ってみました。

【映画雑談】最近なに見てた?ー新作映画ー【ネタバレ無し】
https://youtu.be/gmU1Cueyos4

パターソンを見て点数をつけられない個人的な「ある理由」など、いろいろ雑談形式で話しております。

タイムコードを参考にしてみてください。

0:00 はじめに
2:16 ベイビードライバー
6:45 エル
11:26 パターソン
17:42 ダンケルク
24:27 散歩する侵略者
29:52 エイリアン コヴェナント
37:13 おわりに
「日常」が反復し続けるのだが、全ては差異を含んだ反復であって、同一ではない。部屋や通勤の姿、全て変わって行くのだが、その行為自体は変わりばえのないものである。そして、ラスト散り散りになった「詩作ノート」を触る彼女の指先は独特な強度をもった、同一性に還元されない差異を擁護している。
KA

KAの感想・評価

5.0
はぁーーーー
この鑑賞後のこころのぽかぽかさ、

登場人物のチャーミングさ、
(ロッキーくらいチャーミング)

全編にわたるの詩的さ、

包み込む

大切な映画とはこういうものだなぁ、
変わり映えしない毎日にも、小さな愛すべき変化はある。そういうのを大事にしているパターソン。

私自身は、奥さんタイプ。
何でも興味持ったら突き進むタイプ。

奥さんがギター買うって言ったときの、
パターソンの目が泳いでる感じを見てドキリ。

私の好奇心が誰かの迷惑になってたりして…


犬がかわいくて、早く自分ちの犬に会いたくなった。
肩の力を抜いて、穏やかな気持ちになって、観終わってほっこりするつもりだった。
違うじゃないか。
わたしは自分自身の生活を振り返り、めちゃくちゃに落ち込んだ。
簡単に言ってしまえば、丁寧に生きること、だと思う。
もう、やめるか、スマホ。
1人の詩人の何でもないようで何でもある1週間を描いている作品。

変化を求めてしまうところはあるけど、こうやって人間は淡々と生活していることも大切なんだと気付かされる。
>|