パターソンの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

4.0

あらすじ

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけな…

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いと共に描く、ユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。

「パターソン」に投稿された感想・評価

なごみ

なごみの感想・評価

3.0
犬🐶名演すぎるぞ。
シュール、単調、繰り返し、だけどそれが日常。
アメリカの田舎町の雰囲気ってこんななのかなあ
KTZM

KTZMの感想・評価

3.8
久々に穏やかな映画をみた
日々はあたたかくもの寂しい、それが幸せなのだってかんじだ
他人の日常を覗けばそんなこと分かるはずなのに、自分の送る日々は俯瞰できない いやそうじゃない俯瞰したくない みたいな狭間でゆれることがあるよね
ギンレイホール、となりの60代男女に「不躾な質問ですがご夫婦ですか、カップルですか」と尋ねたくなる
公開当時、勝手なイメージとして穏やかで幸せなカップルの風景、今絶対見たくねーんだよな ってかんじだったんでスルーしてたんですが、正にその通りだったんで日をあけてよかったです
最高の黒人がたくさんでてくる

バスで通り過ぎる路道、とくに角のストアなどで、なんとなくスモークを思い出した あれもテンションだけはこんな映画だったな
こころ穏やかになる映画でした。タレコミ通り、平凡な生活の1週間を淡々と切り取っただけのストーリーなのに、どんなに激しいラブストーリーよりもはるかに夫婦という関係性を尊く感じさせられる。
昨秋、同監督のメガホンによるイギー・ポップのドキュメント映画「ギミー・デンジャー」とほぼ時を同じくして上映されており、タイミングが合わず見逃してしまってました。今回はキネマ旬報ベスト・テン第1位+α特集としてのアンコール上映、ふたたび鑑賞のチャンスが巡ってきてくれて嬉しいです。

ありふれた毎日は日々何ひとつ変わらないようでいて、1日たりとも同じ日など存在しない。それはあらためて考えるまでもない事実ながら、あまりに当たり前すぎてたやすく忘れられてしまいがちでもあります。昨日ととてもよく似ている、けれども少しずつ確実に変わりゆく新しい今日を慈しむような目線がとても心地よい作品でした。このままずっとあと3時間くらい観てられる、観続けていたいと思った。

物語の至るところに散りばめられた小ネタの数々、穏やかな夫と陽気な妻の水も漏らさぬ仲睦まじさ、偉大なソウルシンガーの名を与えられたブルドッグ等、序盤こそやや退屈に感じられたものの次第に情が湧いてくるというか肌になじんでくると言うか、柔らかく暖かな毛布にくるまれているかのようないい気分がゆっくりじわじわ満ちてくるんですね。

派手なところはひとつもないけど、静かに優しく心に残る映画でした。変わりばえのしない平凡な毎日を長らく日記に書き残し続けている自分としては、他の何にも代えがたいメッセージを受け取ることができたように思います。そしてメソッド・マンasクリフ・スミスというエンドロールクレジットには思わずニヤリとしてしまいました。いいな、こういうの。
ギンレイホールで、やっとみれた。

繰り返される日常と、韻を踏むという行為の相似性。

同じなんだけど意味は違ってくる。

それは、何度も出てくる双子にも象徴されている。


映画館内では寝てる人がたくさんいた。
もちろんそういう映画なんだけど、その一瞬いっしゅんがかけがえなく、
木金曜くらいは泣いてた。


オシャレでスマートなアバウトタイム。
あおい

あおいの感想・評価

3.8
見逃してしまった映画をやっと鑑賞。

日は登り日は沈む。当たり前の生活の中でも、ささやかな事件はあるもので。

当たり前の日常に包みながら、ラスト、鮮やかに喪失と再生を描き、心温まりながらも力強いメッセージを感じた。

毎日同じ穏やかな世界から、非日常的な日本人の永瀬君が投げた言葉「空白からはじまる可能性」まさにパターソンさんにとって僥倖だったのでは。

繰り返し出て来る双子や、気の利いたセリフ、白黒に塗りたくって、不味そうなお料理にも挑戦しちゃう奥さん。乗客のたわいもない話を聞く主人公の表情。どれもクスッと笑わせる。あとブサカワマーヴィンも。

人生って、ささやかな美しさに溢れてるなって思える良い映画でした。
Would you rather be Marvin?

とパターソンにききたい。笑
ISHU

ISHUの感想・評価

4.5
美しきよきアメリカ。アメリカの田舎町のちょっとした自然の美しさよ。詩の世界というフィルターを通して見ると、何気ないものが輝いて見える。それを映像で表現しているところが、この映画のミソなのかもしれない。しかし、繰り返しでてくる双子のモチーフ、ホラー映画のcut in piece はその後ワンちゃんのシーンへと繋がっていき、謎の日本人の出現で、非日常からまた日常へと戻る。ちゃんと作り上げられたフィクションなのだとわかる。

先日電波の来ないところへ出かけた時、なんだかいつもより、感覚が研ぎ澄まされるような気がした。パソコンではなく、スマホでもなく、紙の「秘密のノート」とペンを持っていけばよかった。でも10年くらい前のスマホ以前の時代はそんな旅をしていたのよね。インターネットの雑音に惑わされず、自分の心の声に耳を傾ける旅。主人公がスマホを頑なに拒むのは、そんな感覚の変化を予感してたのかな。
鑑賞後、たまたま谷川俊太郎展に行ったから偶発的に帳尻あったけど、いつものごとく何も起こらないので、体調も良くなくてうつらうつら
特別幸せなわけでも、不幸なわけでもない、彼にとって大切な一週間のお話です。


映画の最後の日にパターソンが書いた詩がわたしは一番好きでした。アダムドライバーの低くて落ち着く声とパターソンの書く詩が絶妙にマッチしていて心地良くて ああ、いいなあ。 って思えるいい映画でした。


パターソンは奥さんに対して疑問を抱くこともあるけれど、それでもやっぱり彼女を愛せる要素が強くてって感じるような描写もわたしはとても好きでした。
>|