インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌の作品情報・感想・評価

インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌2013年製作の映画)

Inside Llewyn Davis

上映日:2014年05月30日

製作国:

上映時間:104分

3.6

あらすじ

1960年代、冬のニューヨークが舞台。まだマスコミやレコード会社などが発達していなかったこの時期、シンガー・ソングライターのルーウィンはグリニッジ・ヴィレッジのライヴハウスで歌い続けながらも、なかなか売れず、音楽で食べていくことをあきらめようかと考えながらも友人たちに助けられながら暮らしていく1週間を綴った物語。

「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」に投稿された感想・評価

トーンの低い色彩とルーウィン・デイビスの日々が重なる。
たまにあっちの方向に綺麗に光が差しているんだけど。
選択した道とか、もし、とか、哀しくはならないのかな。
please Mr.Kennedyって曲はこの映画ではすごく浮いていて、アダムちゃんが低い声で「スペース!」って合いの手入れる感じとか含めてとてつもなく好き。
でも一番いいのは、ど頭と最後に歌うルーウィン・デイビスのフォークソングと戻ってきた猫のユリシーズ。
31, receive a word
こき

こきの感想・評価

3.9
突然自分の大切な人がこの世からいなくなったら地に足ついてても心はプカプカとさまよう夢遊病の人みたいに何していいのかわからなくなるんだなってルーウィンを見て思った。

新しいことに挑戦して食い扶持を繋ぐことはできるのに曲げたくない自分をしっかり持ってるからうまくいかないし、それでも
自分を信じて続けていく姿がエモかった

コーエン兄弟の鋭い心理描写とときたま出るウィットが秀逸な作品でした🐈
これがドラマだったんかーと思った。

主人公(オスカーアイザック)の
クズっぷりに、「おいおい…」と
なりながらも、
そのフォーソングの良さに
いいなぁ〜…っとも、少し聞き惚れた。


まさに人生の露頭に迷ってる、
自分のプライドが捨てられない人って
感じでした。

ストーリーはいいと思ったが、
もう少し露頭に迷って欲しかった(笑)

そしたら、共感がもっと
得られたかもしれない!!
lionkun

lionkunの感想・評価

3.2
途中で寝落ちした。
フォークソングいいね。クズぷり嫌いじゃない。
Yektnzw

Yektnzwの感想・評価

3.5
パターソンよりもがっくり多め(だからこそ現実的とも言える)な日常系映画。
コントラスト浅いけどシャドウ強めで周辺落ちしっかりな見せ方がルーウィンの人生そのものっぽい。
キャリーマリガンかわいいなー、口悪く罵っててもかわいいなー。
歌ってるシーンの視線の移ろいと主人公とのカット割りが多くは語らないけど、なんかあった感じ、いいですね。
アダムドライバーはちょい役すぎたけど、愛おしかった。なにあのキャラ。
ピ

ピの感想・評価

-
🐈
オスカーアイザック、ジャスティンティンバーレイク、アダムドライバーの三人で歌うシーンが最高 曲名がPlease Mr. Kennedy 吹き出すぐらい面白い 癖になって何回も見た
アダムドライバー大好きなんだけど、この役がグッときすぎてもっと見たかった

オンザロードのギャレットヘドランドが少し出てて、一瞬ディーンかと思った
おしゃれ映画じゃないのに、ウェスアンダーソンかよってぐらいきれいなミントグリーン色のトイレが突如登場 タバコをぽいっと投げる姿がクールだった
ネット

ネットの感想・評価

4.5
キャリーマリガン含めた三人組バンドのズームアップと、オスカーアイザックの切り返し。あれには死ぬほど心が締め付けられる。ああいうの、ホント泣いちゃうなぁ。
あと、「轢いちゃったのかな?」というくだり。やるせない。
akary

akaryの感想・評価

-
大きな波がある訳でもなく、主人公に劇的な事が起きるでもなく、ハッピーエンドでもアンハッピーエンドでもなく。

というか、波もあれば事も発覚したりするんだけど、主人公が動じないというか、のらりくらりとも違う、やれやれっつって受け入れてくから(でもそこにハードボイルド感は皆無)、なんかずっとフラットな雰囲気で話が進む感じ。

で観た後に、あぁまた観たいなぁってなるの、不思議。

今まで見たアダムドライバーの中で一番のはまり役で笑った。
あの絶妙な、なんかしらんけどおもろいなぁ、なんか変わってるなぁって人役ぴったり!
papigiulio

papigiulioの感想・評価

3.9
Lovely but odd movie. If it wasn’t on Netflix I probably would have never seen it.

Loved the cinematography and the fashion.

Didn’t know that Oscar Isaac had such a good voice either.

Confusing story though.

思ったより素敵だった。ファッションとシネマトグラフィーが良かった。話はちょっと分かりにくかったけど。

このレビューはネタバレを含みます

売れないファーク歌手のルーファス(オスカー・アイザック)は金もなく、家もなく知人の家を泊まり歩っている痛いやつ。ここまではさっき観た、『フランシス・ハ』のフランシスと近いんだけど、ルーファスとフランシスの違いはフランシスのダンスは微妙なんだけど、ルーファスの歌は上手いんだなぁ。

知人の彼女を孕ませるし、猫は逃すし、病人や間違えた猫も置き去りにしていてくる。しょうもないやつなんだけど、なんか歌が沁みるなぁ。売れなそうだけど。

なんとなく心の中では大事にしていたジーン(キャリー・マリガン)との淡い想いも、相手が自分だけに特別抱かれたのでは無いと知って、オープニングにつながる、いきなり殴られるきっかけになるほど荒れてしまう。でも悲しくて悲惨な感じにならないのは淡々としたオスカー・アイザックの表情と歌、コーエン兄弟らしさなんだと思う。

キャリー・マリガンってドライブの時もそうだけど、お願いするとなんとかなりそうな感もとても素敵だと思います。次はシェイム観よっと。
>|