インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌の作品情報・感想・評価

インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌2013年製作の映画)

Inside Llewyn Davis

上映日:2014年05月30日

製作国:

上映時間:104分

3.6

あらすじ

1960年代、冬のニューヨークが舞台。まだマスコミやレコード会社などが発達していなかったこの時期、シンガー・ソングライターのルーウィンはグリニッジ・ヴィレッジのライヴハウスで歌い続けながらも、なかなか売れず、音楽で食べていくことをあきらめようかと考えながらも友人たちに助けられながら暮らしていく1週間を綴った物語。

「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」に投稿された感想・評価

のぶ

のぶの感想・評価

4.0
他人事じゃないので辛い、けど音楽のおかげでそんなに辛くない
猫がいい顔してる
スタ

スタの感想・評価

4.1
最近ぐだぐだな生活が続いてるから、けっこう刺さる。刺さるけど、優しい、温かい。

最初と最後、何も知らない立場から見ると全然変わってなさそうだけど(まぁ、言葉で説明しろって言われてもそれはそれで難しい のだけど)、やっぱり確かに何か違ってんだろうな。自分のやりたいことを再確認して、音楽に向き合って。なんだろう、とりあえず観て良かった。
アカリ

アカリの感想・評価

3.5
売れないミュージシャンが音楽で食ってく為に葛藤するストーリー。
フォークソングと60年代アメリカの雰囲気が心地良く、ゆっくり時間が過ぎていく感じが好き。

そしてこりゃまたオスカー・アイザックが歌上手い!何と言ったってジュリアード音楽院卒だもの。
スター・ウォーズ以前から気になってた俳優だけど、改めて彼は偉大だと思った。
猫ちゃんとの絡みも癒されました。

今回のキャリー・マリガンのズケズケ言うところが逆に可愛いと思った私はやはりドMなのか...?
JTとかアダム・ドライバーとかギャレット・ヘドランドとか、ちょこちょこと大物も出てきてテンション上がった。
気づけば初めに戻ってきたという永劫回帰的なことが起こったのにはびっくりした。

内容がどうであれ、オスカーアイザックのキャラクターが好きだからそれでいい!
それとカウボーイハットのアダムドライバーが実際のキャラとは別に大きな口でふざけて歌ってるだけでいい!

スターウォーズの2人が共演してるということなんですが、面白い事にポーがカイロの家で寝泊まりするという。(笑)
それとオスカーアイザックと猫のじゃれ合いが、ポーとBB8のそれみたいで可愛かった。

口悪い女の人が可愛い。
あこ

あこの感想・評価

2.5
猫好きなのでちょっとヒィィってなりました。コーエン兄弟と知らずに見てしまった
ちぃ

ちぃの感想・評価

4.0
相棒に死なれたジリ貧のミュージシャンによる、往きて帰りし物語。
ただし、旅したからって特に成長はしません。
でも何か良い。そんな映画。

銀河の恋人、ポー・ダメロンとカイロ・レン(ライトサイドだからベン・ソロかも)の共演シーンは笑えた。あの歌面白過ぎ。

本職のジャスティン・ビーバーはもちろん、名門音大卒のオスカーも歌上手い(ギターも!)

あの老シンガーとドライバーに“らしさ”は出てたけど、これまでコーエン兄弟っていうとスリラーのイメージしか無かったし、「こんなの作るんだ〜」と思って後で調べたら結構作品の幅広いな!
脚本だけど「ブリッジ・オブ・スパイ」とか!全然知らなかった💦

18-6
とても共感。妥協しないから売れない、とか、負け犬の遠吠えかも知れないけど、譲れない何かがあるという生き方はとても憧れる。

不器用だけど、それでいいしゃないか。聴いてくれる人はいる。

コーエン兄弟の作品は、背景を知っているともっと楽しめるというものが多くて、何かを知るきっかけになる映画作りに感心する。

ジョングッドマンとかアダムドライバーとかキャリーマリガンとか、豪華。

個人的にオスカーアイザックはケイシーアフレックと被る。
売れないミュージシャンの話。
穏やかな日にコーヒーでも飲みながらゆっくり観たい映画。

周りの人々はただ生存するためだけに働いて行きていると言うくせに、自分は生活の為に歌っているのだと、どうしようもない閉塞感。夢も信念もあるけれど、現実は違うのだときっと分かっていますよね。それでも生きるしかない。

出演者がみんないい雰囲気を創り出していて(猫含め)とても好きです。
ケイ

ケイの感想・評価

2.5
悲壮感あふれるシンガーの日常。

こういう人は世界中にたくさん居ると思う。それぞれが楽しいと思えば耐えられるよね。メジャーデビュー出来るといいね。
Kurumi

Kurumiの感想・評価

-
好きな人しか出てなくてびびった〜
体ごとゴムに入れちまえ!!!チクショウ!!!キャリー可愛すぎて悶絶。

音楽が関わるとどうしても客観的には観れないな。こだわりがありすぎるとデビューも出来ないっていうのは、昔も今も変わらず。だけどこんなに惨めになりながらもギター片手に音楽を続けて 歌う姿がとてもかっこよかった。ただ踊れるだけ〜適当に〜とか普通に言っちゃうような残念なミュージシャンたちより、何千倍も素敵だった。音楽ってこうあるべきなのに。
一時期私も事務所側の人間だったから、送られてきたCDを聴かずに捨てたこともあって。それが現実ね。

一晩寝ても治らんかったって、すごい分かるの。ひとつの苦しみからずっと抜けられなくて動けなくて。それがすごい蟹座っぽいな、、、と思って調べたらモデルになったヴァンロンク、蟹座だった🦀
>|