インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌の作品情報・感想・評価・動画配信

インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌2013年製作の映画)

Inside Llewyn Davis

上映日:2014年05月30日

製作国:

上映時間:104分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」に投稿された感想・評価

masa1

masa1の感想・評価

3.5
「ファーゴ」のコーエン兄弟監督の2013年ヒューマンドラマ

【インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌】

カンヌ映画祭グランプリ作品

1960年フォーク全盛のNY音楽シーンで成功の夢を見る売れないシンガーソングライタールーウィンの1週間のロードムービー。さすがに人間の描写が細かくて面白かった。

Bディランの尊敬する歌手の実話らしい。

家無し金無し才能無し。
でも歌う事には誇りが有る。生きる為だけには働きたくないと思ってたが。
いよいよ生きる為に親父の後を継いで船乗になろうかと考え始めるもこれもうまくいかない。
ルーウィン最後のライブ終了後の次の演者が聞いたことのある鼻にかかった声のあのフォークシンガーが。
ミズキ

ミズキの感想・評価

3.5
コーエン兄弟は…。

音楽映画は燃えるはずなのに、なんだか不完全燃焼で終わってしまった。
相変わらず、コーエン兄弟作品は難しい。

読み取りきれないその意図を
手繰り寄せても、手繰り寄せても
分からない

そんな詩が出来るくらい、分からない。
ヘイルシーザーに続き惨敗です。
ファーゴとかブリッジオブスパイは好きなのになぁ…。

歴史的な関係性がそこにはあるみたいな。
Jules

Julesの感想・評価

3.0
ネコ

コーエン兄弟にしてはユーモア少なめ、あと主人公をあまり好きになれなくていまいちハマらなかった
Qota

Qotaの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

Au revoir!


猫は、彼自身。

過去にあった不幸を胸に
歌うフォークシンガー。

いつからこうなった、と思いながら
世界を受け入れる
悲しくおかしいコメディ。
YouTubeでたまたま見つけた『500 miles』を聴いてからずっと気になってた映画!やっぱりあの歌のカバーがいいね!ジャスティン・ティンバーレイクってじわじわかっこいいすわ!

キャリーマリガンの絶妙なみだれた感じがたまらんっ「この店に来る男は全員寝たがってる」ってわかるなぁ…めちゃくちゃかわいいよ…こんなにブチ切れたときかわいい人もなかなかおらん、めちゃぽちゃに怒らせてみたくなっちゃうよ

コーエン兄弟の映画いまいちしっくりこないのよなぁ、理由はまだ解明されていない!撮り方か?もうすこし落ち着いてほしい気がする、べらべらしゃべる人たちも、おもしろいセリフはありそうだけど、もうすこし落ち着いて深呼吸してほしい気がする...?

オスカーアイザック、イケメンですね!猫と茶色のコーデュロイ・ジャケット似合う!
悲壮感漂いながらも、なんとも生きていくしかない。リアルさがある。
アダムドライバーの歌唱シーンいい

このレビューはネタバレを含みます

暗く閉塞感のある映像が続き、その中で売れない・冴えない・金もない主人公がうだつの上がらない日々を送る。

些細なことからさまざまなことに巻き込まれていく過程がリアリティがありながらも、ドラマがあって面白かった。

ラストに冒頭のシーンを持ってくるところが、
とてもいい。
彼の人生はこれからも変わりなく、
ずっとこんな感じの日々が繰り返し続いて
いくんだろうな。
あ

あの感想・評価

3.5
記録。
キャストがスターウォーズ。だったことしか覚えていない…
NN

NNの感想・評価

3.3
私の人生もこんな感じで終わりゆくかな…
サクセスストーリーを手にできるのはほんのひと握りだもんね。儚い映画でした。
古き良き時代のフォークソングと、閉塞感の物語。
あまりに辛くてどうしようかと思いましたが、終わってみれば不思議な心地よさがありました。
>|