インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌の作品情報・感想・評価

インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌2013年製作の映画)

Inside Llewyn Davis

上映日:2014年05月30日

製作国:

上映時間:104分

3.6

あらすじ

1960年代、冬のニューヨークが舞台。まだマスコミやレコード会社などが発達していなかったこの時期、シンガー・ソングライターのルーウィンはグリニッジ・ヴィレッジのライヴハウスで歌い続けながらも、なかなか売れず、音楽で食べていくことをあきらめようかと考えながらも友人たちに助けられながら暮らしていく1週間を綴った物語。

「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」に投稿された感想・評価

すずき

すずきの感想・評価

3.8
嫌いじゃないけど、面白くはないかも。笑
ウソくさい回想が一切ないので、話の中でこれまでの人生を想像して、起こった出来事に主人公と同じくマジか、と思えたのがなんか可笑しかった。
だいぶ前に観たから細かいとこ忘れてる…
さすがコーエン兄弟だなーと思いながら観た記憶。
音楽に詳しいともっと楽しめそうですが、私は無知ゆえにわかってない部分多そう
Kyosuke

Kyosukeの感想・評価

4.2
自業自得な不器用男の数日間を通して、人生の苦味を見せるあたり流石。約100分の作品で、じわりと進んでいくストーリーにのめり込むのは、キャリーマリガンとアダムドライバーの演じるキャラの濃さが大きかった。
ジンボ

ジンボの感想・評価

4.0
ダメ男がダメ男なりに悩んで頑張る話
猫は可愛いし、フォークミュージックが最高
映画として完成度高い
そういやコーエン兄弟の新作見てなかったなぁ、、
と借りてきました。
この前ネオンデーモンとパターソン借りてきて度肝抜かれたから、コーエン兄弟はどうだろう?
というのが元々話。
つーか、バーンアフターリーディング以降のコーエン兄弟作品見てなかったということがウィキ検索で判明ー
今作品コーエン兄弟の中では赤ちゃん泥棒やバーンアフターリーディングみたいなコメディ路線なのだが、そこにキャラクターとしてフォークシンガーとネコを置いたのか正しいと思う。
バーンアフターリーディングは世界でも評価の低い作品だと感じてるが、あの作品同様にまず「その人がどういうバックボーンを持ってるのか」を語るときに何の説明もなく進んでいく混乱感は非常に似ているのだが、音楽とネコを置くことで圧倒的にバックボーンが見えやすく立体的になるのが非常に面白く、さいごまで兎に角飽きなかった。
途中のレコーディングシーンでは爆笑。
あの笑いビッグリボウスキの感覚に似てる。

残念なのはフィルムの質感。
若干暗い気がするのは俺だけだろうか?
あとアメリカの60年代の家の廊下は本当にあそこまで狭かったんだろうか?
0naiii

0naiiiの感想・評価

3.9
ジワる面白さとジメジメした空気感。相方の死が纏わり付いている感じ。

ジャスティンとアダムと3人で歌うシーンは腹筋割れるレベルで笑う。
キャリー・マリガンのくそ女っぷりが気持ちいい。
終わった後、スゲ〜ってなる映画。ただ気になるシーンとかを何度か見返してやっとこの映画のしかけに気づいた
やっぱり原作ありきの映画じゃなくてこういう映画でしか出来ないことが出来る映画を大切にしていきたいと思った。
仕掛けがどうこう関係なしに、シンプルな脚本の面白さが、映画から溢れ出している
フォークソングが大好きならどハマりしてたと思う
60年代NYCのフォークシンガー

デイヴ ヴァン ロンクの回想録とされる映画。

ボブディランや多くのアーティストに影響を与えた素晴らしい歌手だったとか。

そんな素晴らしいアーティストの一週間を描いた作品ですが、この一週間がとんでもなく一週間には思えないほど長く感じる。

何だろう。売れないフォークシンガーの何とか食いつなぐ必死さが凄い。

そして、ただただ信念が強い。

最後まで折れなかった。

当時どれだけの扱いを受けたか分からないけれど、自分の信念を曲げずに勝負し続ける姿に心打たれます。

映画の中では最後までクズな男のままでしたが、それが後にボブディランに影響を与え、映画にもなる程ですから。

あと、猫の使い方がコーウェン兄弟のイヤらしさを感じた…笑

音楽仲間の女の人が妊娠した話も然り、猫に遊ばれながらも何故か良いタイミングで猫がアクセントになっていて、うだつの上がらないソロフォークシンガー時代の寂しさが滲み出ています。

これは気楽に見れるかな!
yoyoyo

yoyoyoの感想・評価

3.8
コーエン兄弟の好きな作品。猫がいい仕事してる。全体的にどんより曇り空な感じ。映画館で見てよかった。
ネコと鬱屈とした日々
夢の中なのでは?と思うシーンがいくつかある。
(2018年DVD78本目)
(2018年通算166本目)
>|