七日の作品情報・感想・評価

七日2015年製作の映画)

上映日:2017年09月23日

製作国:

上映時間:110分

4.1

あらすじ

北関東郊外の農村。時代から置き去られたような牛舎で日々黙然と働く男は、年老いた祖母とふたりで暮らしている。目覚め、働き、食べ、眠る。太陽が輝き、雨が降り、風が吹き荒れる。自然の中で繰り返されるふたりの生活が、台詞を一切排した白黒映像で静謐に、時に執拗に描写される。

「七日」に投稿された感想・評価

mingo

mingoの感想・評価

3.6
冷静に、日常を映画でとったらこうなる。1週間は1週間でもパターソンのような夢のような日常はおれにはないんだなって打ちのめされたのと同時に、本作のような現実的な日々を再認識するためのミニマリズム的演出、アイデアが素晴らしい。プールサイドマンの原型になった作品だけあって、まぁ退屈。ここでの退屈は褒め言葉である。それでもおれはやはり「パターソン」に夢を見たいよ
行人

行人の感想・評価

4.0
『パターソン』と比較している批評を読み気になって観賞。究極のミニマリズム映画だが妙な心地よさがあった。
石塚

石塚の感想・評価

4.4
何気ない日常の反復描写の映画

映像と音が素晴らしく退屈しない

が、もう一度みたいかと言われれば躊躇する
観る人を選びすぎる感は否めないが自分は好きな作品。
ニーチェの馬や、裸の島を思い出した。
ころ介

ころ介の感想・評価

5.0
昨年の東京国際映画祭で作品賞を受賞した渡辺紘文監督作品『プールサイドマン』の公開記念として、新宿武蔵野館で1週間限定で公開された未公開作品。

北関東の農村で高齢の祖母と二人で暮らす牛飼いの男の“何も起こらない7日間の生活”を描いた映画である。

そう書くとそんな何も起こらない映画のどこが面白いんだと、言う人がいると思うのだが、これが実に刺激的で面白かった。

というよりも、観賞後、数日経って、この映画のイメージが幾度も自分の生活に反射してくるような感覚があった。

働いている時、食事をしている時、風呂に入っている時、就寝する時…

面白い映画や完成度の高い映画は世の中にいくらでもあるが、心と身体に刻み付けられるような映画はなかなか無い。

この映画は、そんな不思議な映画である。

多くの人にこの映画を観てほしいが、残念ながら上映期間は終わってしまっている。

何処かの心ある映画館が再びこの小さな映画を上映してくれる日が来ることを静かに望む。
AI

AIの感想・評価

4.8
新宿武蔵野館にて観賞。

牛飼いの男の七日間の生活を描写した実験的な作品。
モノクロ映画で、主人公は一言もセリフを喋らない。
最初から最後まで観るには忍耐がいるが、忘れがたい一本。
白黒の撮影と、民族音楽のような映画音楽が心に残る。
「プールサイドマン」のハードモード。
プールサイドマンは中盤に変化をつけてるのだけど、こちらはあまりないので、五日目あたりからしんどくなる。
最もそれが言いたいことなのだけど。

主演の渡辺監督の目が印象的。
変化のない日々を、死んだ目も生きた目もしていない中立のような目だった。
自分から好んでこの変化のない沈黙した生活をしているようにも見える。
鉄塔のそばで一人飯をしているシーンは、なんとも言えない気持ちになる。
家畜は牛じゃなく実は飼い主の方かもしれない。

このレビューはネタバレを含みます


何も起こらない事だってあるよね。
人生は偶然(たまに必然)何か起こったりするけれど、そうじゃない時の方が多かったりする。

映画は登場人物に何かが起こる丁度そのタイミングを切り取っているけれど、この映画のあの牛飼いさんは起きたあとなのかな、なんて。家族を亡くしたとか。

お墓参りしたとき無音にならなかった。
風の音がした。時間が流れていた。
もし無音になったら、「彼の時間はあの時で止まっていて、変われないでいる」
みたいに感じられるが、そうじゃない。

ってことはあの生活は、彼の中で受け入れられているのかな。
でもそうするとあの音楽の使い方はどうなるのかな。
とか、シンプルだから如何様にも解釈できる。

関心を持つか、持たないか。
パターソンと続けて観たの失敗かと思ったけど最高のセルフ併映になった。

何かを教えてくれそうな白い蝶とおばあちゃんの顎が良い。渡辺監督作品お決まりの客のいびきも聞けて良かったよ。そしてやっぱり方又玹さんの撮影好き。
aidadada

aidadadaの感想・評価

5.0
新宿武蔵野館1週間限定レイトショーにて。
よくこんな映画を日本でつくるやつがいたなという衝撃作。
100人いたら100通りの見方ができる映画。
賛否両論あるみたいだけど、そりゃそうだわと思った。
物語も無い、色彩も無い、台詞も無い、俳優もタレントも出ていない、恋愛も暴力もセックスもない。
描かれるのは監督が演じる牛飼いの男とその祖母の1週間の生活のみ。
でも、その生活描写が面白い。
普通の映画とか、無難な映画が好きな人は避けたほうが正解かな。
それでも興味がある人は一見の価値はありかも。
>|