七日の作品情報・感想・評価

七日2015年製作の映画)

上映日:2017年09月23日

製作国:

上映時間:110分

4.3

あらすじ

北関東郊外の農村。時代から置き去られたような牛舎で日々黙然と働く男は、年老いた祖母とふたりで暮らしている。目覚め、働き、食べ、眠る。太陽が輝き、雨が降り、風が吹き荒れる。自然の中で繰り返されるふたりの生活が、台詞を一切排した白黒映像で静謐に、時に執拗に描写される。

「七日」に投稿された感想・評価

なるせ

なるせの感想・評価

4.3
面白かった
日常生活を写すだけで映画になる
その言葉のままの映画
北関東の農村で祖母と暮らす牛飼いの男の七日間の生活を追う映画。
全編モノクロでセリフはゼロ。
七日間同じような生活が繰り返される。
その単調でほぼ何も起こらない生活を覗くことを観客は強要される。
何も起きないから退屈、何も起きないから面白くない、という言葉で切り捨ててしまえばそれまでの映画だが、何かが起きても退屈で面白くない映画だっていくらでもあるのだから評価が難しくなる。
賛否両論が起こるのは当然というか狙いなんだろうけど、自分はこの映画をみている間、退屈することはなかった。
近年もてはやされるような過激な表現や露悪的な表現に頼らなくても、人間の生活を丹念に描くことで映画は十分面白くなるのだという可能性をこの映画は示してくれたようにも思う。
もし興味があれば一見の価値アリ。
vito

vitoの感想・評価

4.3
人の日常とは何かということを突き詰めようとした実験的作品。
人間の日常なんて単調といってしまえば単調なものだけれど、角度を変えてみればそこには単調とはいえない美しいものや大切なものも確かにあるというようなことを表現したかった映画なのかなと感じた。
最初から最後まで白黒映像、台詞は一切無しで表現しきっている挑戦的な姿勢も興味深い一本。
mingo

mingoの感想・評価

3.6
冷静に、日常を映画でとったらこうなる。1週間は1週間でもパターソンのような夢のような日常はおれにはないんだなって打ちのめされたのと同時に、本作のような現実的な日々を再認識するためのミニマリズム的演出、アイデアが素晴らしい。プールサイドマンの原型になった作品だけあって、まぁ退屈。ここでの退屈は褒め言葉である。それでもおれはやはり「パターソン」に夢を見たいよ
何とも大胆

攻めてるなあ。。

白黒の画面とか、自然と音とか、ムックリの音楽とか好き
行人

行人の感想・評価

4.5
ジム・ジャームッシュー『パターソン』と比較している批評を読み気になって新宿武蔵野館にて観賞。
『パターソン』とは完全に似て非なる、前衛的・実験的な究極のミニマリズム映画だが不思議と眠くなることはなく妙な心地よさがあったし、覚悟を決めた腹の座った演出に自分は好感を持った。
『パターソン』と同じ時期にこの作品を同じ劇場で見ることができたのは貴重な映画体験だったのかもしれない。

@新宿武蔵野館
石塚

石塚の感想・評価

4.7
日常の反復描写の映画。
セリフを用いないモノクロ映像で執拗に繰り返し描かれる牛飼いの孤独な男の日常と映画の中に存在する大量の余白が観る者それぞれに人間が生きる意味を深読みさせる。
詩的で美しい映像と音の演出がすばらしい。
日本映画の中では滅多に出会うことができないタイプの非常に刺激的な映画だった。
淡々と、驚くほど淡々と映し出される何者でもない男の日常。
その地味さと退屈さに多くの人は耐えられないかもしれないが、男が一人で壁に野球ボールを投げ続けるシーンと、男とその祖母が黙々と夕食を食べ続けるシーンは胸を打つものがあった。
途中退席者が出るのも納得のエッジの効きすぎたモノクロ映画。
ニーチェの馬や、裸の島、愛の予感などを想起させる。
見る人を選びすぎる感は否めないけれど自分は平気だし好きか嫌いかと言われれば好きな作品ではある。こういう映画もあっていい。
ころ介

ころ介の感想・評価

5.0
昨年の東京国際映画祭で作品賞を受賞した渡辺紘文監督作品『プールサイドマン』の公開記念として、新宿武蔵野館で1週間限定で公開された未公開作品。

北関東の農村で高齢の祖母と二人で暮らす牛飼いの男の“何も起こらない7日間の生活”を描いた映画である。

そう書くとそんな何も起こらない映画のどこが面白いんだと、言う人がいると思うのだが、これが実に刺激的で面白かった。

というよりも、観賞後、数日経って、この映画のイメージが幾度も自分の生活に反射してくるような感覚があった。

働いている時、食事をしている時、風呂に入っている時、就寝する時…

面白い映画や完成度の高い映画は世の中にいくらでもあるが、心と身体に刻み付けられるような映画はなかなか無い。

この映画は、そんな不思議な映画である。

多くの人にこの映画を観てほしいが、残念ながら上映期間は終わってしまっている。

何処かの心ある映画館が再びこの小さな映画を上映してくれる日が来ることを静かに望む。
>|