コーヒー&シガレッツの作品情報・感想・評価

コーヒー&シガレッツ2003年製作の映画)

Coffee and Cigarettes

上映日:2005年04月02日

製作国:

上映時間:97分

あらすじ

「コーヒー&シガレッツ」に投稿された感想・評価

shotaro

shotaroの感想・評価

4.1
ストレンジャー・ザン・パラダイスを観た夜にジムジャームッシュ祭開催中の同じ映画館にて鑑賞。
この作品も11個の人たちのエピソードをコーヒーと煙草を中心に淡々と映すだけの映画。なのに観れる不思議。人間みんなそれぞれ全然違うことを色々考えながら生きてるんだなって笑いながら感じれたし、そこが面白かった。急に映画が終わる感じも好き笑
自分は特におじさん2人と生意気な孫が出てくるエピソードが好きでした。
映画館で観れて幸運でしたvol.2
(センチュリーシネマにて)
シソ

シソの感想・評価

5.0
このゆるさ。たわいもない会話。
コーヒーとシガレッツ。
いい。
もう演技なのかどうかも分からないカットも多々あるし、魅了された。
所々あるあると感じる。
私も労働者階級の
普通のコーヒーでいい。

会話内容はほとんど
覚えてませんが
とってもお洒落でした〜

カフェとかバーとかで
流していたらセンスいいなって思う。

No prolemとcousins?
が好きでした。
ジュン

ジュンの感想・評価

3.5
コーヒーとタバコの周りで展開される世界の何処かで本当に起きていそうな、ちょっと変で面白い会話。

世界的に共通する嗜好品であるからこそ、文化や言語の壁を超えて、確かに登場人物たちとどこかで繋がっている気分にさせられた。

まさに地球は1つの共鳴伝導体なのかも。
ufo

ufoの感想・評価

4.0

こうやってコーヒー飲みながら、
(タバコは吸わないけど)
だらだら喋る時間が結局一番☕️💭🚬

どのエピソードが好き?って
語りたくなっちゃうぐらい、
ほぼ噛み合っていないのに、
ユーモア混じりの会話でしゃれた短編集です。
画伯も参考にしたい…!

お気に入りは「ルネ」「いとこ同士?」
あと「幻覚」

コロナ禍で久々の満席。
こういうのも劇場で観る映画の良さだと
感じちゃう
muse

museの感想・評価

3.0
レイトショーにはもってこいすぎるチェッカー柄のテーブルから繰り広げられる一つ一つの物語に最高に痺れた雰囲気がものすごい好きモノクロは至高。自然と心地よく罪悪感なく眠れる映画です
tom

tomの感想・評価

4.8
レトロスペクティブ2021。パンフレット買ってチラチラ眺めて上映前からワクワクしてしまいました。でかいスクリーンで観れて幸せです。
タバコ臭い店内、コーヒーにシュガーポットの砂糖を一杯、鞄から文庫本を取り出して栞が挟まっているページを開く、常連客とマスターの会話をニヤニヤ盗み聞きする、あの大好きな時間を思い出した〜〜 こういう日常のドラマチックでも何でもない瞬間が愛おしくて仕方ないね☕️
ジョウ

ジョウの感想・評価

4.3
なんでこの画で見ている側が暇をしないのかよく分かりません。
ジャームッシュの映画は一見シンプルで簡単そうに見えても、相当考え込まれた構図やセリフ、編集になっているんだと思います。
あと単純にコーヒーとタバコを嗜む大人達の画がメチャクチャカッコいいんです。
途中紅茶飲んでる人もいますが。
遊び心もあって、ただ全編クールに。
時には難しい人間関係も描く。
1番ジャームッシュがジャームッシュしてるジャームッシュ作品だと思います。
いわゆるジム・ジャームッシュ界隈のこと、出演者のそれぞれのこと、ちゃんと知っておかないと楽しめない系の作品でわりと置いてけぼりだったりしましたが予備知識なくても笑えるところももちろんあった中でトータル自分には合わなかったです。旅情に浮かされ他府県の映画館にて鑑賞することがしばしばありますが今回もそうでした。それ込みでケイトブランシェットの二役とビル・マーレイの迫力が群を抜いて素晴らしかったですね。イギーとトムウェイツは、戦メリ観てるような気持ちになりました。左後ろあたりに、作中のほぼ全てのやりとり毎に笑う(笑ってないけど楽しんでるというアピール)する人がいて、後ろの列の誰かが何度も座席を蹴ってきて(狭くて混んでたので仕方ないけど)気になってしまった。まだまだ修行が足りんのう。
>|

あなたにおすすめの記事