パターソンのネタバレレビュー・内容・結末

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

4.0

あらすじ

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけな…

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いと共に描く、ユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。

「パターソン」に投稿されたネタバレ・内容・結末

久しぶりのジャームッシュ。
この映画が一番好き。

平凡だけど、愛おしくてたまらない奥さんと、物に囲まれて、それらを大好きな詩に紡ぎあげる毎日。

バスの運転手さんで、乗客の日常を耳にしながら、時に少し微笑んで、バスを走らせるのも、なんだかいいな
そんな彼にも、バスがエンジントラブル起こしたり、毎日わんこと行くバーで恋愛沙汰にまきこまれたり、しまいには秘密のノートをわんこに破られたり
そんなドラマは降り掛かって、人生に彩りを加える。

秘密のノートを破られて、眠れない夜が明けた日、パターソンの滝の前の公園で風変わりな永瀬扮する日本人サラリーマンの言葉に、そして、また新しい詩を書き始めたパターソンの姿に涙が止まらなかった。

Sometimes an empty page presents the most possibilities.

ここ数年で一番心に響いた言葉かも
頑張ろう
サスペンスな雰囲気のカモメ食堂みたいな作品。毎日同じ行動をしていても何かしら違う、やはり日々新しい日なんだ。という感じらしい。詩があまり身近ではないので、詩を書く読むという生活は新鮮。でも彼は素朴だが奥さんがセクシーではじけてるし飼い犬がアクセントで生活は楽しそう。
パターソンの日常が描かれているわけだが…私はまだこういう映画の山がどこにあるのかよく分からない、というか見終わってもそっか〜っていう感じというか。
朝起きて仕事行って帰ってきて犬の散歩ついでにバーで一杯ひっかけて。似たような日々の繰り返しの中で大きかったり小さかったりの事件があり、喜怒哀楽の感情を動かしながら人生を歩んでいるんだなあ、と思った。

ところで、パターソンも奥さんも互いにあんまり干渉せず自由に生きてる感じだった。パターソンの世界は秘密のノート、バーの中。奥さんの世界は家の中。その点パターソンはどう思っているのだろう。住み分け出来てよいのか。
あと、奥さんが夢で双子見たと言っていたが、その後のパターソンの日常になぜ双子ばかりが出てきたんだ?
日常の美しさ・・・みたいなのと同時に、物語にずっと不穏な感じが流れてる。後半、だんだん日常が崩れていく。二人の生活とか愛とかが危ういバランスの上に成り立ってることが分かる。

最後の詩、「一行がすべて」ということで、七日間の二人の記録が(というか全員の全部の瞬間が)、一瞬の朝の愛の情景によって、全部肯定された。誠実な人間賛歌という趣があった。(A-ha)
ニュージャージーはパターソンに住む、バスドライバー、パターソン。伊東に住んでる伊東さんみたいな千葉に住む千葉さんみたいな?
彼は、ちょっと変わって優しく可愛い自由でクリエイティブな彼女のローラと愛らしくイタズラなフレンチブルドッグのマーヴィンと慎まやかに暮らす。
月曜から金曜日、毎日朝6時から6時半に起床。彼女より少し早く起きる。朝ごはんを食べて仕事に向かう。仕事の隙間時間には、趣味の詩を書く。彼女のローラには詩を世に発表してと言われているがそんな気概はない。仕事を上がったらマーヴィンの散歩に出かける。途中マーヴィンを待たせてバーに寄るのが日課。フラれた友人は落ち込み毎日彼女にヨリを戻せないか懇願してる。家に帰ってローラと同じベッドに入ればまた次の朝が始まる。
金曜日の夜、いつものバーに行った。彼女とヨリを戻せない友人が銃を持って暴れる。柄にもなくパターソンは彼を止めるがオモチャの銃だった。いつもより少し遅めに家に帰る。明日は土曜日、ローラがマフィンを焼いて市場で売る日だ。
土曜日。ローラのマフィンは大盛況だった。286ドル儲け、慎まやかな生活に華を、今夜は映画を見て外食することになった。気分良く家に帰るに、イタズラっこのフレンチブルのマーヴィンが暴れてた。何と、パターソンが大事に毎日詩を認めていた秘密のノートをボロボロにしていた。落ち込むパターソン。
日曜日。一人で散歩に出かける。グレートフォールズ。ベンチで滝を眺めていると、旅行者の日本人が横に座る。彼はパターソンも好きなウィリアムCウィリアムズの詩を読んでいた。素敵な出会いに日本人から何も描かれていないノートをプレゼントされるパターソン。彼はまた新たな詩を書き始めた。


朝一の飯田橋ギンレイホールまさかの満席で立ち見。大きな事件が起きるわけでもない日常を切り取った当作だが、疲れることなく退屈になる事もなく楽しめた。愛らしい日常が、後からじわじわ染みてくる。容易に駄作になり得るテーマを、ジム・ジャームッシュの独特の間を作る極上テクとアダムドライバー始め余りにナチュラルな芝居をする俳優陣で作り上げている良作。
広告の写真とキャッチコピーがおしゃれで温かそうな映画でずっと見たかった映画。
でも見たら想像してた感じではなく。。
幸せというより、毎日単調な生活に退屈しているようにみえてしまった。全然違うけどdogvilleのような…(>_<)
音楽も暗くて、ちょっとこわかった。
印象的だったのは、彼女のことを書いたリトルパンプキンの詩。
あとは最後の日本人の「アーハン?」。

よかったのは、カップケーキの臨時収入で夕ご飯と映画を見に出かけて、パターソンが彼女に「ありがとう。毎週行こう」って言ったところ。
ワンちゃんが毎日ポスト倒すところ。
あと、日常を詩にするのはとっても素敵なことだと思った。

こうしてグルグルと思い返していたら、温かな映画という意味もわかってきたかもしれない…!

主人公パターソンの目線で見る世界、短編私小説を読んでいる感覚がふんわり眠たく心地よかった。日常に「ポエティック」を見つけたくなる映画。

観終わったあと友だちと「パターソン、ニュージャージー」って何回も笑いながら唱えた。日本人が喋りそうな英語のセリフを考えるのがとってもじょうずだし、さらにタイトルとリンクしている。日本人の詩人がどこか妖精っぽさをたずさえながら一週間の最後にすこし光を添えて去っていくのもよかった。

「バスの乗客の会話に聞き耳を立てるシーンがすきだった。座るとまだ足が床につかないのにどこかませている少年、ヘルメット片手に意中の女性の口説き方を真剣に話し合う建設作業員たち。物語は、フォーカスと小さな発見から芽が生えるな、と思わせてくれるささやかな演出が優しい。
何か起きそうで起きない。
起きなくてもがっかりしないどころか愛おしい気持ちになる。
手に届きそうで届かない日常の幸せを見直せた。
何気ない日常の出来事、景色、感情をいろんな角度から映していた。物語が進むほどに画面を占める白黒の割合が多くなっていくところに遊び心を感じた
日常を描く事の難しさ。
アングル、セリフ、雰囲気どれをとってもジム・ジャームッシュの描く当たり前の日常にいつも引き込まれてしまいます。
パターソンの散歩から行きつけのお店に向かう日常のルーティーン。
僕も行きつけのバーで何かヒントは落ちてないかとあれから探しています!笑
浅はかな人間にとって感想を書くのも難しいくらい映画として、映像として奥の深い作品でした!
一見の価値ありッ!
>|