パターソンのネタバレレビュー・内容・結末

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.9

あらすじ

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけな…

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いと共に描く、ユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。

「パターソン」に投稿されたネタバレ・内容・結末


雨は河を流し大地をさらう

潮は実を育み風は種をさらう

蝉が鳴くころコンドルが舞いあがり

月が昇るころ日が昇る
・日常系アダム・ドライバーの日常をとことん映す
・本当に何気ない日常に、パターソンの書く素朴な詩がよくマッチしてる。日常も詩もどちらも素朴だけど愛に溢れているところが良い。
・パターソンの人の良さそうなところが素敵ね〜
・家の内装が良いなーローラのセンスが良いってことか
・ペルシャの話をしてたからイラン系なのかな?と思ったらやっぱりイランの女優さんなんですね〜優しげで可愛い人だ
・(なんで郵便来てないのに傾いてるんだ…?)笑ったw
・マーヴィンは名役者。

日々の暮らしに対する見方が少し変わると思う。
この映画は、僕の最初のフォロワーであり、会社の同僚でもある、darisakmatsuさんが、
「2017年に観た中で、No.1だった」と言っていた作品です。ようやく拝見することができました。

【以下ネタバレ注意です。気を付けて読んで下さい。】

いつも判を押したような生活を続ける男、パターソン。いつものように、妻より先に起きて、会社に向かい、詩を考えて、バスを運転し、帰宅して、ポストの手紙を取り、ついでに傾いたポストを直し、食後に犬の散歩がてらBarへ行き、ビールを飲んで寝る。毎日がこんな生活で、バスの運転手という職業も、決まった時間に決まった場所へ移動する、自主性のない彼の行動の象徴だと思います。

そんな彼の身の回りには、自主性が豊かで、毎日未来に夢を描く妻のローラがいて、毎日違う不幸話を愚痴る同僚がいて、どうでもいい世間話をする乗客達がいて、店の壁に貼る用の写真選びで悩むBarの店主がいて、叶わぬ片思いで悩む男が毎日嘆いています。
そんな彼らの言動が、パターソンの日常の些細な変化なわけで、彼らの日常の変化が、パターソンの詩の一部になっているのです。

その日常が、詩を書く少女と話したくらいから狂い始めます。翌金曜日にはバスが故障したため、いつもの規則性を失い、夜のBarでは柄にもなく勇敢なところを見せます。翌日の土曜日には、いつもは置かないリビングのソファーに書き溜めた詩集を置きっ放しにしてしまい、愛犬のマーヴィンにボロボロにされてしまいます。

ローラはパターソンの喪失感を慮り、詩集を「パズルみたいに復元させよう」と、提案します。それはローラの優しさ。そんなことパターソンは分かっています。だけど彼の気分が晴れることはありません。

翌日曜日、パターソンはいつもの散歩コースのベンチに座って、漠然と風景を眺めています。そこに日本人が現れます。彼は自分のことを堂々と詩人だと言い、「このパターソンに住んでいた偉大な詩人、W・C・ウィリアムズに触れるためにここへ来た」とも言います。

パターソンは日本人に「あなたもパターソンの詩人ですか」と聞かれますが、作品を全て失ったため「違う」と答えるしかありません。自分の職業はバスの運転手だ、と言わざるを得ないのです。
しかし、会話の端々で溢れ落ちる言葉から日本人は悟ります。彼は詩人だと。

木曜日に日常から外れ、詩人の少女に話かけたのは単なる偶然でなく、互いに引き寄せる力があったからこそ。この日本人がパターソンの隣に座ったのも、引き寄せる力があったからだと思います。それは何かと聞かれても、それこそ琴線が響き合う力という奴で、フィーリングとか、運命とはまた違う別の力で惹かれ合うのだと思うんです。天才は天才とでしか分かり合えないないように、詩人は詩人とでしか、響き合えないと思うんです。ちょくちょく出てくる双子たちは、話さずとも分かり合える、その象徴なのかも知れません。

詩集をボロボロにされたとき、ローラはそれを復元しようとしました。何度も言いますが、これはローラの愛です。否定はしません。しかし、詩人が求めるものは、過去の記録ではなく、新しい創作意欲なのです。詩人とは、消えていった作品たちを胸に、新しく詩を誕生させるものなのです。

だからパターソンが欲しかったのは、創作を促すきっかけと、紙とペン。ただ、紙とペンであれば何でもいいわけではありません。お気に入りのマッチ箱のように、その個体に詩を感じなければ、創作の火種が点火しないのです。

名も知らぬ日本人は二人の会話の中で、何を読み取ったのか分かりませんが、全てを悟ったかのように、パターソンに紙とペンをプレゼントします。しかし、パターソンが言葉も文化も違う日本人から受け取ったものは、紙とペンだけではないようです。それは言葉にするのは難しいのですが、創作のスイッチというか、詩人としての自覚と言うのでしょうか。
その答えは、最後の詩にあります。

「君は魚になりたいかい?」
いつも頭に残るのはこの一行。まるでそれ以外の歌詞は必要ないかのように…



darisakmatsuさん。あなたが言うように、本当に最高の映画でした。アダム・ドライバーの静かな演技は、カイロ・レンだけじゃないことを証明してくれましたね。そして、ジャームッシュ監督の最後の10分に全てを集約させた演出、本当にお見事でした。

この映画は詩そのもの。どう感じ、どう考察しようがその人の自由だと思います。

ただ一つ確かなことは、僕もこの映画が大好きです。
フラットな中にある微細な凹凸を感じさせるジム・ジャームッシュらしい作品。

お約束のイギーとストゥージズもね。
ギミー・デンジャーもヨロシク😊(笑)

バスのフロントガラスや街のショーウィンドウに映るパターソンの街。たくさんの景観が美しく切り取られていて、目を楽しませてくれます。

月曜日から始まり、月曜日で終わる。
循環と変化、繋がりを想わせる作品。

虚ろに続く日々に、何も変わらない…なんて考えたりしますよね。でも最初の月曜日の彼と最後の月曜日の彼は違ってる。映画を観る前の私と、観た後の私が違うみたいに。

度々現れる数組の双子…でも、月曜日の夢の暗示がなかったら、双子たちに目を留めていましたかね? これが今作の妙味かも。
いつも傾いてる郵便受け…とかね(笑)
そこにあるはずなのに、時に見落としている何かの存在。

秘密のノートが破かれて、ボロボロになって、詩はカケラになってしまった…
だからこそ『the line』に辿り着いた。

カケラを繋ぎ合わせた言葉。
それを繋げた詩。ある詩人の存在があった街だからこその一期一会…ディメンションは増えていく。

彼がバスの運転手であることも…

私が雨の日に靴で迷うことも…

全ての事象は詩的であるのかもしれない。

永瀬さんの役割はメッセンジャーかな?

何かと繋がりながら日々は続き、また違う月曜日がやってくる…

静かに過ぎていく日々の、目には見えない躍動が、ジワリと効いてくる良作。ジャームッシュ作品って余計な毒気が少なくて好きだなぁ(*´ω`*)
静かに淡々と同じリズムで進んいく作品。

最後の「白紙のページに広がる可能性もある」っていう日本人のメッセージは、詩を書き留めていたノートを失ったパターソンにとって救いの贈り物になったのかな。
最後 パターソンの詩のノートを犬にバラバラにされた時にこれは、今まで言葉に起こしていた詩が昇華して、空間に解き放たれた って感じの意味合いなのかと 思ってたんだけど 意外とパターソンが犬に怒ってて笑った笑

泣き目パターソン「お前なんか嫌いだ」

🐶「.....」


ホドロフスキー映画だったら 自ら詩集燃やしたりしてるし、
もし犬に食われたら、イェーイ!って叫びそうなんだけどな笑
めちゃくちゃよかった。
パターソン市のパターソン氏、バスドライバーのアダム・ドライバー。
「最初の2行は韻を踏んでる」ように、同じ部分は残しながら少しずつ違う一週間。様々な双子は韻のペアなんだろうな。終わったあと妙に「A-HA!」と言いたくなる。
パターソンの書く詩はデュアン・マイケルズの詩作品を思い出した。
ウェス・アンダーソン監督の『ムーンライズ・キングダム』好きな人にとっては嬉しいサプライズがある作品。

やっぱり主人公はスマホを持って秘密のノートをデジタル化しておけばよかったのよ
劇中取り上げられる詩に心が動かされる事もなく、名前が挙がる詩人もギンズバーグしか分からず……教養不足で恥ずかしながら楽しみを見つけることが出来なかったので観ながら3度寝落ちして、4度目の正直でようやく最後まで観終わった

家の中がモノトーンの柄物で埋まっていくのはある意味恐怖だな…
家の内装は作り変えられ、感想を述べるのが難しい謎の創作料理を食べさせられ、それ程裕福でもない暮らしなのに謎のギターを通販で購入するのに金を使われ、挙句犬にこれまで書き溜めた詩のノートをゴミにされる……それでも怒る事もなく穏やかというか淡々と生きていくパターソン…いつか爆発しないのだろうか
壊れそうなものを壊さずに保てる人、そしてそのような状態でも疑いようもなく幸せであり続けることが可能であるということ

~追記でレビュー書いた~ (ネタバレ!!!)

私は終始不安な気持ちで映画を観ていた。何も起こらない映画だということは事前情報からわかっているし、主人公とその妻が幸せそうであることに全く疑いはなく、それでいて私はこの映画か怖くて仕方がなかった。これはインターネットにある数多くあるレビューとは異なる感想であり、もしかしたら私がこの映画に対して致命的な誤解をしている可能性も考えられる。そういう前提で読んでいただければと思う。

この映画を観た後に、私は誰に何と言っていいのかわからなくて、ツイッターで下記の内容(要約済み)を投稿した。
「『パターソン』観てて、なぜかわからないけどずっと不安な気持ちだったんだよね、何かが怖かった。2人が幸せそうなのは本当なんだけど、何も起きなさそうな安心感があったのも本当、でもずっと”何かが壊れる前の雰囲気”みたいなのが漂ってて、その要素が何なのか一向にわからなかった」知人が「あれは平穏な映画ではない、壊れそうなものを壊さないで保ち続けることができる人の話だと思った」とコメントをくれた。私の疑問はすっきりと腑に落ちたと同時に、この人は丁寧に映画を観ているんだなあと感心した。

・家の中に掛けられている飼い犬の絵を見て主人公が何とも言えない表情を浮かべるシーンが僅かに映った
・妻の洋服やカーテンのセンスに対してはどちらかというと無関心で、コメントを求められてはとってつけたような発言をしていた
・ギターを買ってあげると一度約束したのに次の日には上の空のようであった
・妻が一年以上も「あなたの詩は素晴らしいから、念のためにコピーを取って」と言っているのに、何が嫌なのか頑なに拒否をする。
なんとなく私は「この主人公は本当に妻のことが好きなのか?」と疑問に思ってしまうが、二人が幸せであることは明らかである。毎日持ち歩くアルミ素材のケースには妻の写真が貼られていて、毎朝妻を抱擁することで主人公は自分自身を確認しているようだった。毎朝のキスをかわし、些細な会話だってお互い相手を敬ったりケアしたりする言葉を選んで、コミュニケーションしている。

一方で2人のちぐはぐなやり取りに注目すると、どちらかが少しでも思いやる心を減らしてしまうと、関係が壊れてしまうような、薄っすらとした脆さがあった。それと同時に、そんなことは永劫起こらないような力強い空気を2人は纏っていて、噛み合わないやり取りだって何も気に留めることなく、主人公はポエムに、妻は音楽や料理作りに向き合っている。きっと私が怖かったのは、彼らのような生き方に何度も失敗しているからだと思う。曖昧なものをはっきりさせるために言葉を使い、お互いが嫌な気持ちになろうとも、はっきりとして関係が価値のあるものだと思っていた。壊れそうなものを壊してしまう、不安定な状態を保護するために優しく包む器量が無いから、それができなくて何度も失敗した経験があるから、二人の状態が私は怖かったのかもしれない。

壊れそうで壊れない二人の関係ととは対照的に、身の回りでは色々なものが壊れている。
・毎朝バスの出発時に声をかけてくるドニーは、家族のことで「最悪だ」と愚痴をこぼす
・行きつけのバーでは、破局したカップルが激しく言い争い、銃で自殺を試みる(おもちゃの銃だったけどね)
・毎日運転しているバスが電気系統のトラブルにより運転中に立ち往生してしまう
・犬の散歩をしているとガラの悪い連中に「その犬は高いんだろ?犬を大事に守っとけよ」と絡まれる(その割にバーの前に置き去りにしている)
・傾いて倒れそうなポストを毎日直している
などがそうかな、ほかにもありそうだな

そして物語の最後に大切なものが壊れてしまう。彼が詩を書き連ねているノートである。散々妻がコピーを取ってほしいと懇願していたのに、曖昧にかわし続けていたらこの様である。主人公はわかりやすく落ち込んでいるようだったが、旅行中の男性に新品のノートをもらうと、彼はその場で美しい詩を書いた。私はこのシーンで「そんな大切なものを失っても、そんなにすぐに立ち直っちゃうのか」と驚いた。彼は壊れそうなものを壊さないように保ち続けることができる上に、大切なものが壊れた後だって、軽々と立ち直ってしまう。

ところでノートが犬にかみ砕かれる直前の夜は妻への愛をテーマにした詩を書いていて、抽象的な内容が多い彼の詩の中では、目立って内容が具体的であった覚えがある。そして日本人から受け取った新品のノートに書いた詩は、とても抽象的な内容だった。「具体的なものは壊れやすく、また壊れる瞬間というものは、物事がはっきりした直後に訪れるものだ」そういったメッセージを感じた(実はここもかなり怖かった...)
>|