パターソンのネタバレレビュー・内容・結末

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

4.0

あらすじ

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけな…

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いと共に描く、ユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。

「パターソン」に投稿されたネタバレ・内容・結末

パターソンに住むパターソンと言う名の男性の1週間を
たんたんと描いた映画。
冒頭でマッチがでてきたり、少し古い田舎町が舞台なので
ちょっと昔の時代を描いてるのかと思えば現代!
パターソンが携帯も持たないアナログ人間なので勘違いしてしまった!

まじめで無口な主人公と
無邪気で明るくぶっとんだ?!
不思議ちゃんでアーティスト(草間―?!笑)な奥さん。
表面には見えないけどパターソンが奥さんを愛してるんだなーと思うのは
奥さんへぞっこんな思いを詩につづっている。
方や奥さんも無口な夫を楽しませようとしたり、
日々詩をつづる旦那さんを尊重してる。
二人の愛の日常に微笑んでしまうのです。
またフレンチブルの愛犬マーヴィンがとてつもなく可愛い!!
ポストのシーンにはにやにやします。
ラストに出てくる永瀬正敏もふらっと舞い降りた
天使的存在でいい味出してます。

大きな事件は起こらないけど(小さな事件は時々あるけど・・・)
1日1日は同じようでいて全く違う。
そんな日々の中からパターソンが描く美しい言葉の数々・・・
優しい気持ちになれる素敵な映画でした。
試写会にて鑑賞

何故かわからないが、よかった
試写会にて鑑賞。

パターソンという街でバスの運転手をしながら、日々秘密のノートに詩を書き留めるパターソン。
彼の手の届く範囲にあるささやかなものたちへの愛が、切り取られた7日間のなかで優しく、素直に、綴られていく。
彼の詩の温かい響きはまさしくパターソンという人そのもの。
スマートフォンもパソコンも持たないパターソンだけれど、お気に入りの詩集と詩作の時間、穏やかで規則正しい日課と人々との会話、何よりも愛する人、その温もり、それらに囲まれて暮らす彼の日々は過不足なく安定している。
最後の詩からも感じたように、彼は自分に何が必要かきちんとわかっている。そのことがまた胸を打つのだ。
オフビートな間合いにときどきくすくすと笑いながら、目尻には涙が浮かんでいた。

アダム・ドライバーの佇まいや表情、ノートに文字を書くペースに合わせて詩を読み上げる耳に心地よい声、それらがパターソンという人物をさらに魅力的に見せていて、彼あってこその映画になっていると思う。
日々のほんの些細な出来事から、毎日みずみずしい詩が生まれる。主人公の詩人・パターソンが秘密のノートにペンを走らせ、そこにアダム・ドライバーの朗読が重なる。そして彼の声と街の風景がまた重なり、バスとともに加速していくような描写は心が満たされた。

同じパターソンに住む詩人の少女や、コインランドリーのラッパーとの出会い。奇妙な双子たち。喧嘩中のカップル。愛する妻。パターソンを取り巻く人々(と犬)がみな魅力的で、しかもジャームッシュらしい絶妙のタイミングで登場する。そしてそれぞれが名言を残していく…。個人的には奥さんがとびきりチャーミングで最高だった。

詩のほかにも、壁の絵やカップケーキ、マッチのデザインなど、たわいないものに光を当てて輝かせている。そんなところも好きだった。
「あゝ、ジム・ジャームッシュの映画を観たなぁ…」という気分にさせてくれる快作でした。
それもアンニュイな心持ちではなくて、心地好い気分で映画館を後にする事が出来る作品でした…

市井の詩人が過ごす一週間が、ほんの少し面白く描かれている作品。
端的に紹介すると、そういう作品です。
ただそこはジム・ジャームッシュ。
一筋縄ではいきません…

バスドライバーという設定は上手いなぁ〜。
今までのジャームッシュの映画だと、主人公から話しかけて(または話しかけられて)広がるちょっとした会話が、今回の作品では能動的に動かなくても、ダウンタウンの人々のたわいもない話に聞き耳を立ててそのやり取りを愉しむ事が出来るというシチュエーション。ちょっと滑稽なそのやり取りを愉しむ主人公。

中でも印象に残ったのは、意気地が無い中年男2人のモテ自慢 (笑)。そのやり取りを若い女性に見透かされるシーン。
ほんのちょっとした女性の仕草でそれと分かるのは、流石!
このシーンは、ジャームッシュ節が効いていると思いました。

そして今回の作品では、日々の暮らしの中から詩作のヒントを得ている主人公のアダム・ドライバーの演技が、とても秀逸で印象的でした。

日常生活の機微に翻弄されつつも、その状況をやり過ごしつつ、自分の愉しみを見つける主人公を、とても自然に、抑揚を抑えた演技で表現するその実力ときたら…。
その上、ジム・ジャームッシュの作品でいうと、ただそこに居るだけで雰囲気を醸し出していたジョン・ルーリーを彷彿とさせる存在感。
とても稀有な役者だと改めて認識しました。
その本質を現す事が出来たのは、この映画だったからだと思います。
今後ジャームッシュ作品のレギュラーになるかもしれませんね。

また、28年振り!に出演の永瀬正敏氏の印象的な役柄も、昔からジム・ジャームッシュの作品を楽しんできたファンには嬉しい限りですね。
彼の出演した場面は、本当に良いシーンで感慨深く、心に残りました…

こう作品を辿ると、淡々と進行する作品に思われるかもしれませんが、ジム・ジャームッシュならではの引っ掛かりが、其処彼処に色々と散りばめられていて、その辺りの独特さは面白かったです。

ただ、今回の作品で一番の引っ掛かりと言えるのは…

恐らく劇伴、BGMでしょうか。

正直、最初に出勤する風景に当てられたBGMは、とても違和感を覚えました。
そのシーンにまるで合っていないそのBGMが流れた時は、「あのジャームッシュが…このチョイス?」と、甚だ疑問でした。
普通ならもっと住んでいる町を表現する様な音楽が充てられそうなシーンなのですが、画面に入り込む事を、映画の世界へ没入する事を拒否する様な音楽なのです。

「一体どうして?」と思いましたが、この音楽が掛かるシーンにはある共通点があって、それがヒントになりました。

これは是非映画館で確かめて下さい。
ジム・ジャームッシュ、今回の作品での一番のトリッキーな仕掛けだと思います。

画面の向こう側で、ニヤニヤと悪戯っぽい眼差しでこちら側を伺う彼が垣間見える気持ちがしました。

大スター等が沢山出演している訳ではないし(でもメソッドマンが出演!!!)、莫大な制作費を注ぎ込んだ作品ではないでしょうが、非常に詩的で洗練された今回の作品は、21世紀に於ける彼の代表作になるのではないでしょうか…

色々とまだ話したい事ばかりの新作ですが、そろそろこの辺りで…
公開されたら、もう一度観に行こうと思います。
ジム・ジャームッシュの作品のあの雰囲気をまた味わいたいですし、パンフレットも読んでみたいし…

最後に。
この映画を観た後、きっと一言言いたくなりますよ…

「uh‐huh?」
ジム・ジャームッシュ監督といえば個人的には日常的なシーンを撮っている中で、非日常的演出をする監督だと思っているが今作でもやはりそのイメージは変わらない。

今作は夫婦の一週間を夫目線で描いている。その中で1日1日の移ろいは感じられやすく、比較的わかりやすい(例えば置いてある本が変わっていく、同じソファに犬が座るが、やはり毎日同じではない)。
伏線っぽい演出をしたにも関わらず、拾わないところも非常に現実的だ。

その一方で現実で起こりえないすごく微妙な演出、シュールな場面もある。例えば途中で「ワンジャックに気をつけろ」と忠告してくる若者四人組が走り去る場面、道路の両側に停めてある車が主人公が歩いてる場面より随分多い。もちろん、普通にあり得る景色なのかもしれないが、それにしても夜中にそんな多く車が停まっているだろうか?もっと言えばそもそもバス運転手もまた非日常的な視点で、道路を車で走る際に一般車以外で運転すると意外と高い目線であることがわかるし、度々出てくる双子の演出も非日常的で何か意味するところがあるように思わせる。音楽もどこか夢心地のように感じさせるものだった。


普段の生活のシーンはたった一週間だが、彼にとっては大きな変化を迎える。
今まで無かったこと(妻に携帯を持てと言われる、バスの故障が起きる)が起きていく。
最後にはどれだけの時間と情熱をかけたかわからないものが壊されてしまう。しかし、それでも次の日はいつものように過ごしていく。パターン化された日常の中にパターンとは関係のない出来事によって、今後の人生がどう変わっていくのか。
自分達の人生でもそのように考えてみるとなかなか興味深い。やはりある程度パターン化されている人生であり、そのパターンの中の小さな変化が次のパターンを作り出していく。このようにこの映画は変化を伴ったパターンがパターソンに襲いかかりパターソンを再形成しパターンをこなしていく中でパターソンがパターンをパターソンしパターンしていくことで人生のパターンをパターソンがパタンパタンしていく…

そんな映画でした。ふざけてすみませんでした。
個人的な楽しみ方は、シュールなシーンを探すことでしたが、途中寝ました。
日常をとても綺麗に描いていてよかった。バスの運転手としての主人公と詩人としての主人公を同じ視点からみる周りの個性的なキャラクターも良かった。街の名前と主人公の名前が同じだからなのもあるけど、街と主人公は同じ存在意義だと思った。
あと犬めっちゃかわいい。


追記
あと、双子とか散々散らしておいて回収しないところ監督の良さなのかなと思った。
永瀬正敏が仙人ポジションなのも納得
バス運転手、パターソンの日常。
なので、大事件は起きませんw

超個人的感想なのですが、パターソンの嫁さん闇が深く感じました。。。
仕事をしてる訳でもなく、毎日家財道具に妙な模様を描き、唐突にカントリー歌手になる夢を叶えるためにギターを買う。。。
と思いきやカップケーキ売ってビジネスを成功させるとか言うし。
仕事から帰ってきた旦那に、犬の散歩に行けと遠回しに言うし。

犬の散歩中にバーに必ず寄って一杯引っ掛け、自宅でパターソンあまり笑わないので何か起きるのではとハラハラしてましたw



終始、緩いテンポで進みジャームッシュ的な「間」が小気味良く、とても詩的な映画でした。
同じことの繰り返しの毎日を穏やかに暖かく迎えるパターソン。パターン化された毎日だけど、同じじゃなくて、そんな日常がとても豊かに感じました。

パターン化された毎日のパターソンと、毎日に変化があるパターソンの彼女。そんな彼 彼女に困りつつも、でも愛しいような、そんな二人の関係性も素敵だった。

必要最低限のものしか持たず、自分の近くにあるものを大切にするパターソンだからこそ、素敵な詩が書けるんじゃないかな?

なによりこの映画自体が詩的で、とても心地良い映画だった。

"we have plenty of matches in our house."
と始まるあの詩

ローラにベタ褒めされ、
そんなつもりじゃないんだよ…と言いたげな戸惑った表情と、例え自分の本意じゃなくても彼女の言うことは否定したくない、パターソンの愛情がないまぜになったあの顔

お互いの事が大好きなんだなーと毎秒伝わる2人の関係

無条件にかわいいマーヴィン

予想外の出来事が起こり、疲労困憊で帰宅した金曜日のパターソン

そんな彼の表情にすぐに気付いて優しく声をかけるローラ

暖かい日差しと、少し冷たそうな風がそよいでいた土曜の朝

永瀬正敏さん演じる詩人の、最後のセリフ


他にも、なんでもない日常に見せかけた
なんでもない(風に見える)人々と、彼らが話す言葉や起こす行動
ここに書き留めておけないほど大好きなシーンばかり

もう一回観に行きたい !

全てが詩的で、ジャームッシュだなあ、と嬉しく、楽しく、幸せになれる作品。
>|