パターソンのネタバレレビュー・内容・結末

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.9

あらすじ

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけな…

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いと共に描く、ユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。

「パターソン」に投稿されたネタバレ・内容・結末

生きている中で同じ一日なんてないんだなと思わせてもらえる映画だった。日々の生活の肥やしにやるような。あとやっぱり記録というのは人の宝だなと思う。
毎日積み重ねてきたことが失われたというのもあるけど、記録がなくなることで記憶がなくなってしまうような寂しさがあったのかな、と思った。
大好きなジャームッシュ。この何も起きない普通の人の日常感が大好き。
マーヴィンが秘密のノート噛み砕くのは大事件だけど。
彼女の夢だったり、街でやたらと双子を見かけるのは何だったんだろう?
あと永瀬さんが天使みたいだった。ノートくれて。何もかもお見通しかよ
落ち込んだりもするけれどそれでも日常はつづくって感じがとてもいい。
彼女はキュートだけとエキセントリックで(そこも魅力的)、パターソンはとても穏やかで包み込んでる感じが素敵だった。
えええ最後の日本人なんなん.......
テキスタイルに侵食されて行く家がとても奇妙で吐き気もするし良かった
淡々と進むストーリーと喜怒哀楽表さない主人公と不穏な曲に
なにか仕掛けがあるのでは???
と勘繰りながら観てしまった。
例えば
奥さんは実在しない何かの描写なのでは?
とか
ビリビリに破れた詩ノート…犬があんなに細かく破けるか?もしやパターン本人がやった?
とか…
変な勘ぐりしてしまいましたが、観終えたあと宇多丸さんの批評を読んで素直に楽しめばよかった映画だとわかりましま。
あれは、ジムジャームッシュ的映画なんですね。
ジムジャームッシュ作品は初めてだったのでわからなかったです。

この作品は映画全体を詩を読むように楽しむものみたい。
双子の描写については宇多丸さんが的を射た解説されていたので抜粋させていただくと

「双子」っていうのが出てくるのね。双子っていうキーワードから、主人公パターソンが、あちこちで双子を見る。その双子の登場の仕方は、一見法則性がないというか、油断したところにポンってまた双子が出てくるという。で、前の方に出てきた双子と響き合う、というあたり。さっきから言っている、細部と細部が響き合う、呼応し合う、というのがこの作品の内部でも呼応し合っているわけだけど、これはさしずめ、劇中でもこの言葉が出てきましたけども、「中間韻」ですね。詩で言う中間韻。つまりまさに、その韻というか詩の構造について話す場面。「あんまり韻とか踏んでないんだけど」ってある登場人物が言うその詩……しかもその詩は、ジム・ジャームッシュ作の詩なんですけど……でも、それに対して主人公のパターソンが、「いや、ちゃんと韻を踏んでいるところは非常にきれいに踏めていたし、なんなら中間韻も踏んでいたよ」って言うんだけど、これはこの映画全体の構造のことも指している、ということですね。

とのこと。
すごく合点した。

詩のように感覚で観る映画。
大きなことは何も起こらないけど、人生切り取りかた次第で光はさすものなんですね。
何気ない日常であってもローラの存在で少し落ち着かない映画となる。アダム・ドライバーの名演技が光る。あとジム・ジャームッシュの細部までこだわった演出に脱帽。
日常がリアルで綺麗だった
犬が誘拐されなくて本当に良かった
もっかい観たい
やたら双子が出てくる。
愛犬マーヴィンがすごく可愛い。
日常の些細な出来事が少しだけ愛しくなる。

唐突に永瀬正敏が出てきた瞬間、たぶん自分が日本人だからか、世界観が崩壊してしまったような気分になった。画面の右側はパターソンの雰囲気で左側は日本映画独特の雰囲気だと感じてしまって気になってしょうがない。
若い夫婦と犬の日常を描いた作品。
夫役の人、どこかで見たことある面長面だなと思ったらハングリーハーツの人か、途中で気付きました。
内容は何を伝えたかったのかよく分からず。
パターソンの詩のノートが犬にぼろぼろにされてた時は、マジかよ・・・とショックを受けたけど笑
奥さんのパンケーキもめっちゃ売れて、夫の詩も凄く良い出来でお互い満足って感じのハッピーエンドかと思ってたのに。
理想と現実を表現してるってネタバレを見たら分かったけど、それが映画の中で上手く表現されてるから評価が高いのかな?
みんなは何を評価して、こんなに点数が高いのか良く分からなかった。

まさかの日本人出てくるんかーい!不意打ちだったからびっくり

穏やかな日常って感じで良いけど、それに甘んじてテキトーに観てしまったのでこの作品の良さを消化しきれてない気がする...反省

アダムドライバーかっこいいし声も素敵でした🚎
前評判がとてもよい作品だったのでずっと観たかったのを漸く見られた。

こんな夫婦いいなあと思った。
ふたりは絶妙なバランスで成り立っている。やっぱりアダムドライバーはこういう役とっても似合う。

奥さんの女優さんは初見のような気がするが、非常に魅力的な女優さんだなと感じた。


ただ詩的な世界は私は難しくて閉口してしまう節があり、わかるようなわからないようなって感じだったので、自分にもっと感性があればと悔やんだ。

作品自体が詩的な構成で細部が響き合っていることぐらいしかわからなかったので、次回鑑賞時は考察しながら観たい。
>|