パターソンのネタバレレビュー・内容・結末

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

4.0

あらすじ

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけな…

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いと共に描く、ユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。

「パターソン」に投稿されたネタバレ・内容・結末

この作品に出て来る登場人物は、みんな自分で好きなものがある。

主人公のパターソンは詩を愛し、その妻も料理やギターなど、様々な趣味を楽しんでいる。
パターソンの行きつけのバーのマスターはチェスを好み、偶然出会う男はコインランドリーで洗濯が終わるのを待ちながらラップを楽しむ。

譲れない趣味や好きなものがある私にとって、これほどまでに共感できる人々を画面いっぱいに眺めることができるのは、とてもしあわせなことだと感じた。

バスの運転手として生活しながら詩を書いているパターソンのように、私自身も日常を過ごしながら常に好きなことについて考えていて、その思考はいろんな気づきに溢れてて。

己の好奇心に抗えない者にとって、これほどまでに共感できる物語はないな、と思った。

この作品に出会えたことを幸せに思います。
ジム・ジャームッシュの映画を初めてみた。夫と妻の関係が自分の理想をそのまま映していてこんな映画これまでみたことないと思った。ブルドックが可愛いので犬好きにもオススメできます。詩の朗読・ナレーションは示唆に富んでいて美しいし全部を説明していない。全て日常に潜んでいる物語だった。


2017.10.20 HTC有楽町


いつもと同様、久しぶりの映画館。ハッピーフライデーありがとう。会社の飲み会蹴って正解でしたね。(ノー反省)
さあ。コーヒー&シガレッツ、パーマネント・バケーション、ミステリー・トレイン、ナイト・オン・ザ・プラネット…
ジム・ジャームッシュ作品、古いものは観たことがあったけど、近年の作品は観ていなかったので 楽しみにしてた〜〜。あ、そういえば コーヒー&シガレッツのレビューかいてないからもっかい観たいなという気持ち。は、おいといて。
舞台はアメリカニュージャージー州に実在する町、パターソン。主人公はそのパターソンに住む、パターソンさん…職業バスドライバー、そして役者さんのお名前がアダム・ドライバーて…偶然なのか、必然なのか。なんだかずるい結びつきだ。やらしいな、と思う。笑
そんなパターソンの穏やかな日常、一週間のおはなし。彼の一日は 毎朝、妻のローラにキスをして始まる。そして毎日、秘密のノートに詩をしたためている。ただのマッチ箱も 彼にはとても美しく見えているらしい。職場から帰宅後は、愛犬 マーヴィンの散歩。途中、バーで一杯ひっかけて家路につく。
なんでもないような日常が なんでもなくないんだよな、これが。
思うことは色々あったけど、わたしは詩に関して詳しくないし レビューだって大した上手いことかけないから これからは 自分が、おっ…!って思ったことをぽつぽつかこうと決めました。ネタバレ機能使いたくなかったけど、これからはそうしようっと…
・空想的な夢を持つ妻と、ガチガチに現実的な夫。とても正反対な性格なのに、とても幸せそうなふたりに ほっこり
・マリメッコ、もしくは草間彌生チックなカップケーキが可愛い
・マーヴィンの、毎日する小さないたずら、我らにバレる
・まさかの乗客に、サムとスージー!ジム・ジャームッシュ、ウェス・アンダーソン作品観てんのか…
・雨の詩少女もグッときたけど、コインランドリーのラッパー黒人のほうが気になって仕方なかった件
・28年ぶりの永瀬さん出演待ち遠しかったのに、いざとなったらまじアーハン?

うん、まとまりないけど こんな感じで…(笑)次回からも多分、こんな感じで…
自分だけのメモ用になりつつあるけど 映画ラブ仲間は常に求めてますから、ね!!
明日は新しい日。同じようで、繰り返しのようで、毎日少しずつ違って、良いことも悪いことも、少しずつあるんだと、強いメッセージじゃなくて、心に染み込んでくるように優しい映画でした。

私はどうにも奥さんが好きになれなかったけど、でも夫婦ってこういうちょっとした相手の気に入らない部分を、どう理解しようとするかなんだろなあと、それも感動。主人公が務めて相手を許して、好きなところを愛そうと努力している姿が素敵でした。

あとは少女の詩と、日本人が最高にグッと来た。
何か起こりそうなのに何も起きない。一見穏やかな日常だけど、とても危うくて、なんだか不安で、その不安定さを感じさせてきた監督に完全に完敗。
何も起こらない日常

淡々とした1週間を写していたけど、主人公が''退役軍人''であることが本作の何も起こらない日常描写、眩しい平凡な毎日を際立たせてくれました…

♪なんでもないようなことが
幸せだったと思う!
そんな映画でした

パイが口に合わず水ガブ飲みシーンが大好き!^ - ^

土日に双子が現れないけど、映画館それぞれのカップル、詩を愛する者同士、双子とは違うなにかに比喩表現したのかな?

自分の解釈が当たっているか分からないけど想像力を必要される映画でした。

多くの言葉を綴るが多くを語らない寡黙な男をアダムドライバーが好演してました!

パルムドッグ受賞前に亡くなった
犬のマーヴィンくんに合掌!
ゆるりと観れて音楽も穏やかで
主人公も穏やかで優しくて
あとパターソンという単語がたくさん出てくるのが楽しい
最後の永瀬さんの登場がちょっと違和感で、映画を観てる現実に戻された、、座り方とか去り方とかスーツとか英語とか全部気になる、、

真っ白なノートは無限の可能性を
秘めている

月曜日から日曜日まで
日常にフォーカスをあてた映画

多分一歩間違えたらすごくつまらない映画になるとおもう
だけどぜんぜんそんな風にはならなくて
観た後ジワジワと良さが滲み出てくるそんなステキな映画だった

妻への愛、行きつけのバー、犬の散歩、お気に入りの場所、秘密のノート、魔法のカップケーキ、芽キャベツとチーズのパイ(パイディナー)、ワンジャック、双子、
詩を書く少女との出会い(水は落ちる)

「君は魚になりたいかい?」
この一行だけが心に残る。あとの詩がどうでも良くなるくらい
☝︎
この詩と歌詞がとても印象的だった


自分の日常が愛しくなった
視界に入るものすべて見逃したくない
自分の世界、考えを大切にしたい
めっちゃ好き ぼくもニュージャージーでパターソンの運転していたNJTransitになんども乗ったことがある

配偶者が詩をしたためているノートを飼い犬が噛みちぎったとき自分のことのように悲しくなれるローラすごい優しい、というかみんな優しくていい

あと落ち込んだときに外をあるいていると誰かと会って、話をして、それで元気になるっていうことじっさいに本当に起こるんだよ、この世界ではっておもった
最後の事件に関しては、観ているこちらもなんだかしょんぼりさせられてしまった。他人から見ればなんの価値もないようなものが、自分にとっては大切だったりする。パターソンはただの言葉だしいいんだと言って、一人で散歩にいく。そのあたりの会話の間が絶妙だなと思う。この映画の魅力は、パターソンの表情や言葉、二人の会話にあるといってもいい。
>|