ユメ十夜の作品情報・感想・評価

「ユメ十夜」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

暇で見てみたけど、まさに監督のオナニー映画(笑)ホラー苦手だからより無理だった。頑張ったけど、第五夜で断念。夏目漱石の夢十夜が好きだからみたのに、解釈の乖離が酷すぎて見ていられなかった〜(笑)特に、第一夜の幻想的な雰囲気が好きなのに、そんな演出一ミリもなかったな(笑)
よ

よの感想・評価

3.9
ありえん良さみが深い松ケンの和装が見れる映画。
いわゆるオムニバス形式の映画で夏目漱石の夢十夜からテーマをとってそれぞれの監督が制作しているんだけども、松ケンが主演の第十夜はなんと漫☆画太郎が脚本。本当に面白いから是非見て欲しい。そして松ケンの和装が似合いすぎて狂いそうになる。
おこげ

おこげの感想・評価

3.0
松ケンがいたから観たのに阿部サダヲしか覚えてない。wanna〜〜
ななな

なななの感想・評価

3.0
めっちゃ見に行きたかった映画だったけど結局行けなくて、 DVD借りてようやく観れました。
が、正直DVDでよかったなぁって思った(汗)

私の好きなのは2、6、9、10夜です。
特に第2夜のモノクロ&無声映画の雰囲気がすんごい好き。
赤い刀と時計の音が印象的でした。
第6夜は阿部サダヲがやっぱりいいっ。Moe!(笑)
第9夜は映像と音楽の感じがステキ♪西川監督の作品は好きです。
第10夜はやっぱり「脚色 漫☆画太郎」って感じ。
てか、本上まなみがなかなかすごいことになってる。。。

そのほか特殊メイクが多くて、ちょいエグな作品が多かったです。
nico

nicoの感想・評価

2.1
監督のオナニー映画?酷すぎて怒りさえ覚えた作品。夏目漱石に謝れ(笑)
過去鑑賞作品。
面白い!ってわけではないけどなんか好きでよく観てしまう。

ほとんど、なんの話なんだかよく分からない。不思議な世界を堪能できる。
子供が石になる話と、阿部サダヲの話が好き。

これを観てから原作を読むと、イメージ違うので先に読んだほうがいいかも。
橘

橘の感想・評価

-
実日子さんを観たく。

ホラー苦手が夜中に一人で観るものでも、俳優目当てで安易に観るものでもなかった。なんとか第五夜まで観て断念(第三夜は地蔵のあたりで断念)。あー怖かった。
夏目漱石に女が「先生の『ユメ十夜』、いつ判るのかしら…」、漱石「100年後だね」、女「じゃあ、生まれ変わらなくちゃ」といって始まるこの連作、それぞれの監督が好き勝手に映像を作っているオムニバスなので、全体的に散漫な印象。
結構頑張っている映像もあるが、残念なのもあった。
moe214

moe214の感想・評価

-
ふつうにおもしろかったけれどそれまでだなあ
夢十夜を読んで自分の頭にあったものとこれがあんまり交わらなくて微妙な気持ち
はじめに映像を観てしまったら原作のおもしろさがわからなかっただろうなー
全体を通して評価するなら2.5ぐらいだけど、松尾スズキが監督した話と松ケン主役の話が、とても面白かったのでこの評価。松尾スズキのやつは、衝撃的でしたw 笑えました。松ケン、この頃綺麗だったよなぁ。夢十夜は読んだことあるんだけど、こんな話あったっけ?っていうのばっかりでした。全く別物なんでしょうね。夏目漱石を求めて見たらいけないと思いますw 意味不明な話が大半を占めているので気楽にオススメはできない。
>|