おろちの作品情報・感想・評価

「おろち」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

2つの話を1つにしてるけどそれは自然やった
おろち谷村美月いややな…

このレビューはネタバレを含みます

山本太郎の演技と木村佳乃がヒステリックに狂ってるシーンは正直笑いながら観た。個人的にヒステリックに狂う人には恐怖を感じなくて、狂ってると悟られないくら静かに狂ってる人には恐怖を感じる。ということでラストはすごく怖かった。
事実を知らされたら平常心ではいられないということを一草は身を持って知らされてしまったから、理紗に怒りをぶつけることができないし、仕事も続けられなくなって母の愛も無下にしてしまい人生を詰まされる、怖い。おろちが佳子と瓜二つだった理由はなんなんだろう。そこだけ疑問。
楳図かずお先生の最高傑作だと思っている不老不死の少女が見守る美しくも汚い人間模様を描いた漫画から姉妹に関する2エピソードを合わせて再構成した映画。最初に本作を観た時はまだ原作を読んでいなかったのだが、その時ですら全体を貫く楳図テイストの表現に感心したもの。

原作の当該エピソードで描かれていたのは美から醜への恐れと姉妹間の確執。原作では全てに置いて完璧な姉と比較され続けたために強いコンプレックスを抱く妹が描かれドラマの筋になるのだが、映画では才能に恵まれているのは妹で姉は努力の人として逆転している。そのため原作を読んでいれば当初は妹の行動に対して疑問を抱くかもしれない。真実に対しても知るのはまだ後の話。そこまで憎む理由があるのかと。しかし姉が努力の人であり、それで母に近付いた女優として妹以上に大成し、その上で真実を知ったとなれば妹の感情には合点が行き、そのことを最後の姉への告白が証明する。全く持って身勝手な逆恨みでしかなく、そこには原作以上におぞましい人間性が露わになる。これは紛れもなくホラー。鶴田法男と高橋洋という日本ホラー映画の手練れがホラー漫画の巨匠作品を再構築しただけのことがある。

脚本の点では最高の仕事。美術も素晴らしい。役者陣については少し思うところがある。木村佳乃、昭和の大女優を演じるにはちょっと不足してるように感じてしまう。尤ももはや漠とした概念化している存在を不足なく演じれる女優はあまりいないだろうから責めるのは酷。おろち役の谷村美月。棒読みなのは人ならざる者を演出したのか単に演技力の問題なのか。前者だと思いたいが後者だと思う点がいくつか。政治家になる前の山本太郎が自分本位なくだらない男の役で出てるのは今となっては面白い。

漫画は映画のエピソード以外にも戦争中に父が人を食べたと知った親子の確執や押し込み強盗によって狂わされた家族の謎など心を打つものが多いので、本作くらいのクオリティで全話ドラマ化して欲しい。

最後にどうでもいいこと。昔、井の頭公園に行ったら楳図先生があのボーダーTシャツで普通に歩いてて驚いたw それと中越典子は学校の2年先輩らしいのですれ違ったことくらいはあるのかもしれない。
女の怖さが全面に出た作品。
でもタイトルのおろちが主役ではない、、むしろいらない、、、
原作もこんな感じなのだろうか、、
結局おろちって何者?
きよP

きよPの感想・評価

3.8
原作は未読。あまり期待していなかったが、予想以上におもしろいホラーサスペンスだった。が、おろちの存在がなくても面白かったかもよ?原作でのおろちの立ち位置を全く知らないが、ストーリーがいいので見守る人がいなくてもねと。
映像がとてもきれいだった。色遣いがとても印象的。木村佳乃の美しさが際立つ作品だった。
hideharu

hideharuの感想・評価

3.1
2017.9.2 DVDを再見。

これまた楳図かずおの代表作的マンガが原作となっています。更に言えば「おろち」の中でもこのエピソードは「おろち」を全巻読んでいない自分でも読んだことのある1番映画向きな話だと思います。
脚本が高橋洋だったので心配していましてが何とか面白いものに仕上がっていました。

門前家の女は29歳を迎える頃から醜くなり発狂するという呪いのようなものがある。ただこの呪いの元となるものについては何も言及がないのは残念です。
その呪いによって引き裂かれた姉妹を「おろち」が見届ける。そう基本的に「おろち」はいつも傍観者なんだよね。

マンガの原作に姉妹物の傑作「何がジェーンに起こったか?」の要素をチョッと含ませているようです。
楳図先生はどうか分かりませんが監督や脚本家は絶対に影響を受けてるでしょう。

「おろち」のこのエピソードは有名だからオチはどうなのかと思ったらほぼ同じだったみたい。もっとも最後に「おろち」のマンガを読んだのは随分前になりますが。

木村佳乃と中越典子がなかなかいい芝居をしていたので見応えもあった。
初見の時は気付かなかったが「おろち」は谷村美月だったんだ。彼女はまだ未熟だけど元々「おろち」はそんなに喋らないから気にならない。
この映画に不要なのは山本太郎。画面に出るたびに絵が下品になる。もう芸能界に戻らないでもらいたいです。
やらぎ

やらぎの感想・評価

1.3
パッケージ借りしたら全然パッケージ関係なかった。ホラーというより昼ドラだったなと思いきやラストが衝撃的で人間の狂気って恐ろしい。しかし大正ロマンの屋敷は素敵だった
もっとこわい感じを期待してたけど人間の嫌な感じは良かった。綺麗。
sou

souの感想・評価

3.4
原作おろちから「姉妹」と「血」の二編と「洗礼」を混ぜた話で谷村美月がおろちかぁと思いましたが観ていくうちに慣れてきます。
時代設定を現代に変えたりしないのが良いですね。
セットとか色使いとか楳図作品の雰囲気が出てました。
中越典子は色気がありストッキングを履き直すところはドキッとなりましたし、木村佳乃の過剰気味な演技はこの作品に合っていたと思います。
Hirok

Hirokの感想・評価

-
木村佳乃の折檻シーンが怖かった。
原作を読んだことあるのでオチは知っていたけど、ちょいちょい違うし、血液を移すシーンは『洗礼』が入ってる?
>|