流れ星が消えないうちにの作品情報・感想・評価・動画配信

「流れ星が消えないうちに」に投稿された感想・評価

ガーナ

ガーナの感想・評価

2.5
嫌悪感のようなものを感じさせるので、良い映画なのかもしれない。面白いものではないと思う。
ささみ

ささみの感想・評価

2.7
なにがどうって感じではなく、ただぼんやりと観ながら、色々思い出していろんな感情に浸ってみた、そんな感じ。
riekon

riekonの感想・評価

2.0
彼が知らない女の人と一緒に
事故に遭い亡くなった…
彼のことが忘れられない主人公は
玄関に布団を敷いて寝ています🛌
お父さんが家出してきたり
妹も来て主人公の今の彼も来て
鍋パーティー🍲
何があったか知らないけど
お母さんひとりぼっちで可哀想だわ😢
ラストのプラネタリウム綺麗✨
亡くなった彼と一緒にいた女の人の
話はあんなに詳しく教えなくてもよかったのでは?😅
綺麗な作品ですが
主人公たちの気持ちが伝わりずらい
作品でした😅
みさき

みさきの感想・評価

3.5
終始切なかった…
恋人とただ別れるだけでも辛いのに、
突然の事故死&知らない女の子と一緒にいたなんて・・・
主人公が玄関でしか眠れなくなってしまったのも、恋人を失ったことで、どこか心が停止してしまったんだなぁと苦しくなりました😢

2021年145本目
観ながら自分でしっかりと考えることができれば面白く観れる。
個人的には少し中だるみする感じがあったが関係性や色々と考えさせられた。

seckey

seckeyの感想・評価

-
人はどうしたってひとりでは生きていけず、誰かからの影響や何かに依存や執着などをし、ギリギリで危ういバランスを保っているから、そのうちのひとつが無くなると当たり前に不安定になる。何かを庇うからどこかに負荷がかかり、新しい何かで補強したりも考える(間に合わせの今だけのものかもしれないし、ラッキーであれば生涯を共にする何かになるかもしれない)。
利用したとか利用されたとか、あまり良くない印象の言葉だけど人と人がなぜ接触をするか、原点は利用したいというエゴからコミュニケーションを取る。楽しい気分になりたいから気の合いそうな人と会うし、寂しい気分だから受け止めてくれそうな人と会う。これはとても自然なことで、きっと誰にでも当てはまるだろうし、利用したとか利用されたとかジャッジする人は少ないと思う。
だから、恋人や親友など近しい距離の存在が失ってしまうとすぐさまバランスは崩れ、もうどこを補強すれば良いのかわからなくなるほどだ。
.
きっと開き直ったりは出来ないけど、かけがえのない人が確かに存在した心の隙間はそのままに、時に見せ物にしたりふいに感傷的に酔ったりして、埋めるわけでもなくただ空けておきたい。堕ちるとこまで堕ちれば這い上がれるように、泣けるまで泣けば涙止まるからそれまではウジウジメソメソクヨクヨするのは自然だと思った。
ポカリ

ポカリの感想・評価

2.5
植物図鑑が実写化された時並に、実写化の事実を受け入れられずなかなか鑑賞する気になれなかった一作。

波瑠も葉山奨之も好きだから観る気になったものの…原作は台詞より主人公目線の語りが多い作品なのに、敢えて実写化する必要あったか?間延びしているようにしか感じられなかった。

加地くんに葉山奨之キャスティングされてるのは地味にハマってるなあとは思えたけど、それ以上に原作の加地くん大好きすぎて…実写化の業は深いぞ…!!!
ひ

ひの感想・評価

4.0
たまに無性に見たくなる
吉祥寺の小さめの映画館でみました
波瑠さんがせき止めていた思いが、急に言葉になって止まらなくなってしまうこと、それでも自分で前に進んでいたこと。弱さの中で見つけた強さを感じました
加地くん、たくみくんがどっちも好青年だったこと男性として憧れています
ありがち、と言われればそれまでだけど私はすごく好きだな。
奈緒子には巧がいて、巧には奈緒子が居た。二人ならお互いの傷を癒しながら、たまには悲しみながら進む事が出来ると思うし、一歩ずつ進んでいく姿が見れて良かった
Chibio

Chibioの感想・評価

2.8
飲み会でいらんこと言う同級生がとても嫌でした。
私なら挨拶しないで帰りたい場面…。
>|

あなたにおすすめの記事