Sweet Rain 死神の精度の作品情報・感想・評価・動画配信

「Sweet Rain 死神の精度」に投稿された感想・評価

小説がすきでみて、映画としてのクオリティは低めで小説の方が全然おもしろいんだけど、物語はやっぱり素敵だから★4
ゆかち

ゆかちの感想・評価

3.0
死神が実際に7日間相手と接したり調査をして「実行」か「見送り」かを決めるという物語。
死神の相棒?の犬が、字幕付きで話すの凄いシュール( ¯∀¯ )

一人一人短編になってて見やすい!
クレーマーに精神的に追いやられる女性、命を狙われるヤクザ、美容師のおばあちゃん。
それぞれの人間らしい部分だったり、優しさが描かれています。
死は誰にでもやってくる。それまでどう生きるのか。

死神同士が人間界で会ったときの「よっ!」的な感じ、好き☺︎ ︎笑

主題歌が世界観に凄くあってて聞き入っちゃった♡小西真奈美の歌声良い〜♬♡
再鑑賞。
開始5分でぐぐっと世界観に引き込まれる。良い魅せ方してるなぁ〜。
静かに淡々と物語は進んでいくのに、目が離せない。常にどこか死の香りが漂っているのに、美しい。
死神同士のやりとりがコミカルで可愛い。
「生きること」や「死ぬこと」をテーマにしてるのではなく、それぞれの登場人物の人生があって、「死」はそれにちょこんと付属しているもののように感じた。
結末を知らずにこれから鑑賞する人が本当に羨ましい。
夢坊

夢坊の感想・評価

-
観たのは昔なので ストーリー自体の記憶は曖昧だが、歌が良かった様に記憶している。
もずく

もずくの感想・評価

4.0
昔好きだった映画なのに内容を忘れてしまって再視聴。10年以上も前の映画だった事に驚いた。死神が対象者をあの世に連れて行くか連れていかないか判断する話なので、暗い内容ではあるが純粋無垢な死神に癒される。死神がありのままの質問を誰かに問いかける度、なんだか優しい気持ちになる。ヒューヒューはミュージック?と質問するシーンにクスっとした。

このレビューはネタバレを含みます

CDショップで死神仲間からプロデューサーという存在について教えてもらうシーンで、『あーこれは伏線で、かずえに電話してくる謎の男はプロデューサーなんだろうなぁ』と思ったし、大森の子分の母親は有名な歌手だったという発言では、『かずえがその母親なんだろうな』って思ったし、その通りだった…笑

お婆さんになったかずえの性格が変わり過ぎてたのが気になった。
ドラマみたいに、短編1話完結系で見やすい!!と思ったら、藤木一恵の人生物語だった。

それに気づいた時、見直してしまった!
面白いっ♪

今や名俳優の方々が、ちょい役でたくさん出ててびっくり!!

この頃の金城武は、今の大谷亮平に顔も声も喋り方も似てる気がする。。


(51)
yaja

yajaの感想・評価

4.0
ミスマッチが重なり合うのが心地良いと思えるそんな作品でした。死神の千葉さんの配役がとても良かったです。
jr

jrの感想・評価

3.5
伊坂さん原作シリーズ
昔観た記憶だけどこんな話しだっけ⁈笑
こちらもこにたん登場
金城武お久しぶり~顔濃ゆ過ぎて目力とオーラ半端ないな
黒ラブちゃんかわえ~♡ラブラドールって賢く見えるよね盲導犬とかも本当に頭いいけど、個人的にそこら辺の使えない男子より賢いと思ってる笑

死神はみんかmusic好きなのね笑
そしてボーリングも上手くてフォーム綺麗でかっこいい笑
そしてラストに繋がる伊坂作品
まい

まいの感想・評価

3.2
「人間というのは眩しい時と笑う時に、
似た表情になるんだな」


死神の千葉。
彼が現れるのは不慮の死を迎える7日前。
観察期間を終え、実行か見送りか判定する。


死神と聞いて連想するのは「死」を司る神。
人間の命を取りに来るイメージですが、本作の死神は、死ぬことが決まっている人間に対し、本当に死んでも良いか判定する調査員という位置づけなのは、なかなか面白かったです。


“人類最大の発明品”として愛するミュージック!
CDショップでいつも視聴する姿が可愛い🎧◦⚬


死が近づいてるけど、皆なんだか温かかった。
特に最後の70歳のおばあちゃん美容師さん。
「例えば、太陽が空にあるのは当たり前のことで、特別なものではないよね。でも太陽は大事でしょ。死ぬことも同じじゃないかって思うんだよね。特別じゃないけど、周りの人にとっては、悲しいし、大事なことなんだ」って台詞凄くよかったです。

ずっと雨空だったのに、晴れて青空になる☀️.°
自分の判定に対して悩んでいたのが晴れたように、天気模様は千葉の心を表しているようでした。

そして金城武はただ佇んでいるだけで絵になる〜。
>|