パティ・ケイク$の作品情報・感想・評価

パティ・ケイク$2017年製作の映画)

Patti Cake$

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:109分

あらすじ

23歳のパティは掃き溜めのような地元ニュージャージーで、呑んだくれの元ロック歌手だった母と、車椅子の祖母との3人暮らし。憧れのラップの神様O-Zのように音楽界で名声を手に入れ、地元を出ることを夢みていた。金ナシ、職ナシ、その見た目からダンボ!と嘲笑されるパティにとって、ヒップホップ音楽は魂の叫びであり、観るものすべての感情を揺さぶる奇跡の秘密兵器だった。ある日、駐車場で繰り広げられていたフリース…

23歳のパティは掃き溜めのような地元ニュージャージーで、呑んだくれの元ロック歌手だった母と、車椅子の祖母との3人暮らし。憧れのラップの神様O-Zのように音楽界で名声を手に入れ、地元を出ることを夢みていた。金ナシ、職ナシ、その見た目からダンボ!と嘲笑されるパティにとって、ヒップホップ音楽は魂の叫びであり、観るものすべての感情を揺さぶる奇跡の秘密兵器だった。ある日、駐車場で繰り広げられていたフリースタイルラップ・バトルに参加。バトル相手を渾身のライムで打ち負かし、諦めかけていた、スターになる夢に再び挑戦する勇気を手に入れる。そんなパティのもとに、正式なオーディションに出場するチャンスが舞い込んでくるー。

「パティ・ケイク$」に投稿された感想・評価

puko

pukoの感想・評価

4.3
これ最高だから、みんな観て!

普段ラップなんて全然聴かないのだけど、自分を表現するその世界観を面白いと思えたし、なにより圧倒的なパフォーマンスで夢を実現していく姿に感動した。
友情、親子の再生と、しっかりしたヒューマンドラマが仕込まれてるのもいい。
音楽を作る過程も楽しいんだね。
おばあちゃん最高!ママもやるじゃん!
爽やかに泣けた!

スクリーンで観たかった。
Filmarks試写会にて。
アメリカのおデブのラップ系シンデレラストーリー!
ラップ好きだったらもっと楽しめただろうけど、全然聞いたことなくても普通に楽しめて良かった。おばあちゃんナナが、、切ない。
kimhou

kimhouの感想・評価

3.7
予想以上に音楽だけでなく、各キャラクターにも惹かれ、ヒューマン要素の部分にも気持ちが揺さぶられた。
個人的にバスタード役の俳優さんの雰囲気にずっと引き込まれたのがまだ印象に残ってる。
kaori

kaoriの感想・評価

3.7
【2018.4.9/09(03)】
久しぶりにfilmarksさんの試写会にて。
@ヒューマントラストシネマ渋谷

ラップが題材と聞いてちょっと戸惑ったし、
鑑賞中もその世界観にびびってしまったけど、
109分があっという間でびっくり!
きっったない言葉で罵りまくるけど、
ちゃんとシンデレラストーリーだし、その家族愛に感動。
ラストのオーディションからが最高!終わり方も好きでした!

体型、肌の色、年齢、性別の隔たりなく
自分自身を表現できる音楽の力。

マイナス思考は心の毒。
nicola

nicolaの感想・評価

3.6
重厚感のある緩やかなビートにそれぞれの言葉をのせていく瞬間が格好良い。PBNJ!PBNJ!まだ耳に残ってる。金ナシ、職ナシ、見た目はダンボ…だけれど自分の大事な夢を鼓舞してくれる友人や「あんたがスターだって知ってたよ」と言ってくれる祖母。ラストも好きな感じだった。

このレビューはネタバレを含みます

試写を観させて頂いたのに申し訳ないが・・・イマイチ。キャシー・モリアーティの存在感は圧巻。しかし、人物の背景と関係性が希薄で物足りない。デブでブスでビンボーな女性がビッグになる…というストーリーの振り幅が小さい。どうせなら、ラストのコンテストで、えらそうにふんぞり返っている大御所ラッパーを、アドリブでこてんぱんにやっつけて欲しかった。「SR サイタマノラッパー」の様なコメディ要素も欲しかったし。
病気の祖母と、酒浸りの母親と、貧乏。自分はアメリカンサイズのデブ。死にたくなるような状況だけど、ラップに気持ちを乗せて、自分なりに一生懸命生きる主人公のおかげで暗くならずに見れた。
でもラップすごいダサかったw
ニヤニヤが止まらなかったw
まるみ

まるみの感想・評価

3.2
ラップで、しかも英語に聴き慣れていなかったことから入り込むのに時間はかかりましたが、ストーリーとしては自身が鼓舞されるようなものでした。
sally

sallyの感想・評価

3.0
本作品を一足早く見せて頂きました。
実は本作品、映画館で予告編を見ていた時から見たいと思っていて、自分なりに予告編から内容などを推測して期待度を上げてしまいました・・・
で、本作品、私の想像の映画とは違っておりました。
まず、ラップの世界観が分からないとついていけないかな・・・・
台詞も歌詞も過激で、ある意味ブラックユーモアに満ちているのですが、日本人には、少々難があるかな・・・
この手の作品って、もう少し分かりやすく字幕も日本流にアレンジしても良かったかな・・・・題材は良かったので・・・・
母親役のブリジェット・エヴェレットが大変に良かったです。
ラップが好きな人や詳しい人が見れば良いのかな・・・
私も若い頃はロックバンドでデビューを夢見ていた人間なので、ある意味、アマチュアの裏側はなんか好感が持てたよな、思わず「頑張れ」と言いたくなるシーンも有ったな・・・
もう少しある意味、笑いごろげられればもっと良かったな・・・
まる

まるの感想・評価

3.6
試写会にて
「あんたがスターだって知ってたよ」ってコピーがかっこよすぎて即応募した作品。頭から終わりまで音楽ガンガン。寒い演出臭いセリフはラップでごった煮にしてくれる優秀なキラーP、きもっちええ…
ネイティブが聞き取れなくても関係なし、わかったふりしてかっこつけたい一作。
>|