パティ・ケイク$の作品情報・感想・評価・動画配信

「パティ・ケイク$」に投稿された感想・評価

ヒロ

ヒロの感想・評価

3.5
期待が過ぎた。

公開当時に観てたらもっと良かったかも。

やはり、最後にライブを持ってくる高揚感とカルタシスは「ボヘミアン・ラプソディー」には叶わないし、ラップでストリートからの這い上がりは「ストレイトアウタコンプトン」の方がリリック含め圧倒している。

どちらも、ノンフィクションだし説得力もあった。

とはいえ、ラストのライブは良かった!

このレビューはネタバレを含みます

プチサクセスストーリーな感じで、これからどうのなっていくのかを期待したくなるような終わり方でよかった

人生どう転がるかなんて自分次第だ
リスク背負えねえ奴はラッパーじゃねえってばあちゃんが言ってた

このレビューはネタバレを含みます

PBNJ!

パティもママもおばあちゃんも、みんないいキャラしてる。
ラスト、ママの曲をサンプリングしてコンテストに出るところが感動。優勝はしなかったけど、ラジオでDJがかけてくれて、ヒットの予感。
saya

sayaの感想・評価

-
ラッパーを目指すパティがチャンスを掴むために頑張ったり挫折したり。

似たような映画のガリー・ボーイを連想したけどそれとはまた違ってて、どちらもいい映画。

貧困やルッキズムなんかの描かれ方にわざとらしさがなくてじわっとリアルさを感じる。

色々あって上手くいかないことだらけなのに、パティが笑うとこっちも元気もらえる、かっこいいな。ほんとかっこよかった。

おばあちゃん最高!
え

えの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

信じていたものに壊される経験も或いは必要なのだろう
気持ちの良い結末だった、まだまだ終わらないけど
記録。
これ良いわ。ラスト、ステージ上のパティのラップはまさに魂の叫びと言えるもので、それまで彼女に感情移入し苦難を追体験してきた受け手に大きなカタルシスを与えてくれる。
単純にPBNJの楽曲がカッコいいのも良き。
WOWOW.

夢だけ求めて生きるパワー溢れる青春ムービー。
自分の人生にウソをつく生き方に気づいて大人になっていく過程は、よくあるありがちなストーリーだけど、ブラック、ホワイトの極端な争いがなく、ほどよい田舎だったのが良かったと思う。今の状況から抜け出せそうで抜けれない、そんな状況を上手く描いていて良かった。
地獄門トンネルの先に羽ばたく主人公がみえるいい作品でした。
野毛鴨

野毛鴨の感想・評価

3.7
ラップがどんな風に構築されていくか、曲が生まれる瞬間の描写が面白い。人前に出るって、本気でやればやるほど自分の逃げ道断つわけだから、嘲笑にも向き合わなければならない。いや遊びでやってるだけだし、が言えない状況って本当に心の強さが試される。自分が無敵にも思えるし、次の瞬間にはカスになったみたいにも思える。そういう不安定さには覚えがある、、、そんなもがく姿を熱く描いていて、心打たれる。そして仲間が良いやつってのはやはり財産。
OASIS

OASISの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

歌詞が滅茶苦茶下品で笑った。
ぽっちゃり主人公が時々可愛く見えるし、自然に応援したくなる。
安易に勝利を手にさせない苦味のある結末はいかにもサンダンス映画祭の客層が好みそうであった。

お母さんがラップに飛び入り参加するのはそんなのありなのか?という感じだったが、自分の過去、母親の過去すらもサンプリングしライムにするというラッパーらしさ溢れる作品だった。
>|