パティ・ケイク$の作品情報・感想・評価

パティ・ケイク$2017年製作の映画)

Patti Cake$

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:109分

3.8

あらすじ

23歳のパティは掃き溜めのような地元ニュージャージーで、呑んだくれの元ロック歌手だった母と、車椅子の祖母との3人暮らし。憧れのラップの神様O-Zのように音楽界で名声を手に入れ、地元を出ることを夢みていた。金ナシ、職ナシ、その見た目からダンボ!と嘲笑されるパティにとって、ヒップホップ音楽は魂の叫びであり、観るものすべての感情を揺さぶる奇跡の秘密兵器だった。ある日、駐車場で繰り広げられていたフリース…

23歳のパティは掃き溜めのような地元ニュージャージーで、呑んだくれの元ロック歌手だった母と、車椅子の祖母との3人暮らし。憧れのラップの神様O-Zのように音楽界で名声を手に入れ、地元を出ることを夢みていた。金ナシ、職ナシ、その見た目からダンボ!と嘲笑されるパティにとって、ヒップホップ音楽は魂の叫びであり、観るものすべての感情を揺さぶる奇跡の秘密兵器だった。ある日、駐車場で繰り広げられていたフリースタイルラップ・バトルに参加。バトル相手を渾身のライムで打ち負かし、諦めかけていた、スターになる夢に再び挑戦する勇気を手に入れる。そんなパティのもとに、正式なオーディションに出場するチャンスが舞い込んでくるー。

「パティ・ケイク$」に投稿された感想・評価

Ryosho

Ryoshoの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

なんだろう、初っ端が自分の中でずっこけてしまって入り込めなかったからザンネン。10分くらい遅れて観たら違ったかも!
なんだろう。ちょくちょくある手持ち撮影と、CG合成の組み合わせが自分には合わなかったのかな

第1印象じゃ一歩引いてしまうような感じの登場人物たちは、観ていくうちに愛おしくなった。

このレビューはネタバレを含みます

PBNJ PPBNJ!
最高でした。最後のライブのシーンで号泣です。。お母さんの曲がサンプリングされておばあちゃんのラップも入ってパティのラップも乗ったら最強じゃん。OZに結局認められなくても、もう顔つきが変わっててやりきった感じあった。で最後にリクエストでラジオから曲が流れて3人で抱き合うシーンが最高!

PがJに再結成を持ちかけた時に、Jが「もっと自信を持て!」と約束させたところが好き。

グレイテスト・ショーマンでも本物とは何か?芸術とは何か?って問われるけど、そんなものすっ飛ばして最高と思わせてくれる。
Fukui

Fukuiの感想・評価

3.7
話はわかりやすくて、どれかに振り切らない感じが良かった。
おばあちゃんがカッコ良過ぎる。
ラップに馴染みがないのもあるが、凄さがわかりずらいのは、英語の"リリック"を聞き取れないからだろう。浅学
なん

なんの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

めちゃくちゃよかった。好き!
途中、ダレたかな…とテンポ悪く感じる部分や、際限のない貧困の描写に息が詰まりそうだったんたけど、終盤弾けた。泣いた。

俯いてたキラーPがどんどん魅力的になる過程が丁寧。いつも顔を上げさせれてくれるのは親友。その関係も素敵。ひとりぼっち同士で惹かれ合うバスタードとの優しい時間も良い。
なんでもない台詞も韻を踏んでたりして面白かった。
時々お腹いっぱいにもなるファンタジー要素は、23歳の女の子の柔らかい目を通した世界を描いてるつてことなのかなと思う。

でも何故入れたの?ってシーンもいくつかある。
ピザ屋のカス男にデモあげちゃったくだり、盗作される伏線かな…?と思ったけどそんなことは無かった。
バスタードは名前と言いかけた台詞からして父親と何かしらあるんだろうけど、それも入れてよかったんじゃないかなあ。あの見せ方だとちょっと中途半端に感じてしまうから。

突っ込めば色々あるんだけど、わたしは好き。
そ

その感想・評価

3.8
度々挿入されるラップが心地よくて何度か寝てしまった

タバコふかしてるおばあちゃんの声がかっこよかった。ラップやったらばっちりハマったと思う

ドラえもんみたいにCDを取り出すパティに笑った。ピギーアゼリア!という蔑称はちょっと上手いなと思ってしまった

パティの色恋やライブ放棄を許すジェリー君の懐の広さに泣いた。「俺らの番だ」
れい

れいの感想・評価

4.2
このタイプの映画は曲が魅力的かどうかで説得力が違う。その点では大合格!グループ結成の展開と恋愛話は多少安易だけど、ラストの曲の母娘共演は胸暑だった!冒頭とエンドロールで映画の舞台でもある同じニュージャージー出身のブルース・スプリングスティーンの曲が流れた。この曲の歌詞の内容はわからないけど、映画の内容でもある貧困、挫折、夢、希望を歌っているのか?ラップ版シングストリートもいう意見にも納得!音楽映画好きにはオススメしたい。
けーご

けーごの感想・評価

3.6
8マイルと構成が似てた。
レビュー見て最後が全てを持って行ったって感想が多くて期待して見たけんど拍子抜けしてもーた。
濡場もどきいらんな。
タツキ

タツキの感想・評価

3.5
良い映画だったが、ものすごく数年前の映画を見ている感じがした。あと、この題材にして現実のヒップホップについての言及が一切ないので、フィクションに振り切った物語なのかと思えば、そこでヒロインが置かれている現状が完全に見てる側の現実なので、この物語をどう汲み取って良いか混乱する。だが、ラストの娘から母への「夢を見せてあげる」マイクパスは感動的。あそこに終着する物語としては普遍的で面白かった。
PBNJ!! PPBMJ!!
最後のラップのシーンのために観る価値あり!!
涙しながら、観てしまった。

それ以外の部分は平均点なのだが、最後はとてつもなくカッコいい!!

また、アメリカって貧困層は何か起きない限り、ずっと貧困層なんだなあと実感させてくれる。
その貧困から抜け出し、PBMJがビッグになったら、俺はファンになるぜ!!と思わせる逸品。
ふか猿

ふか猿の感想・評価

4.1
これぞ魂の叫び..

最後のライブがたまらなく最高
ぜひ爆音でみたいなあ

親子三代の関係、PBNJのキャラもよかった
>|