特捜部Q キジ殺しの作品情報・感想・評価

特捜部Q キジ殺し2014年製作の映画)

Fasandraeberne/The Absent One

上映日:2016年02月27日

製作国:

上映時間:119分

3.6

あらすじ

「特捜部Q キジ殺し」に投稿された感想・評価

Mino

Minoの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます


カールの心が心配

レイプシーンがこの世で最も嫌いなものの一つなのでどう映すつもりなのかずっとハラハラしていたが、自分的にはそこは何とかなっていたかと。

カールが何故そこまでキミーに肩入れするのかあんまりしっくりこなかったけど、彼が持つ正義感はアウトサイダーの為に向けられるものなんだなと納得

アサド〜〜〜😭
アサドは本当に人の寂しさを敏感に感じていてすごい。いそうで居ないキャラクターでは?
檻の中の女に引き続きみましたが、すごく良いシリーズだなって思います。
事件の行く末もですが、僕としてはパートナーとの友情や、主人公の家族関係も気になっちゃいます。
今4作出ているみたいですが、もっと続くといいなぁ。
ろー

ろーの感想・評価

3.9
前作が面白かったんで続けてみた。秘書と猫が増えてるよ。関係ない時に猫の鳴き声が入るのが聴きもの(笑)岡山の分限者はみんな連続殺人鬼ですが、北欧の金持ちはみんなド変態なんですな(偏見)救いのないラスト。そしてビックリするほど傷ついている主人公。君そういうキャラだったの?
kame1480

kame1480の感想・評価

3.8
サブタイトルの「キジ殺し」は、狩猟と関係があるのか?映画だけだと、よくわからなかった。
女生徒は、少女時代とその20年後に違和感なかったが、男生徒は、面影がなく、別人過ぎます。
chil

chilの感想・評価

3.4
テンポ良く飽きさせることなく見れる。が前作よりオープンに明かしながら進むのでミステリー要素は薄く、カールは頼れないし、ヒロインにも感情移入できないストーリーなので、最後までみてもどこかすっきりしない印象。
登場人物多いけど顔の見分けはついた。名前も言えないけど字幕なら目で覚えられる。
謎解きではないので、がっつり真剣に見なくてもよいのがいいところ。暗いし陰惨な事件だけどなんか見てしまう。
一作目のほうがテンポよかった

向こうの国の名前に親しみがないので覚えるのが大変だった
Katsu

Katsuの感想・評価

3.6
特捜部の刑事2人が、20年前の事件の再捜査を依頼した元刑事の死を皮切りに捜査を進めていく。

終始暗いトーンで淡々と進んでいくのは、個人的には『刑事ヴァランダー』を彷彿とさせる。

なんとも切ない終わり方。でも好きな感じ。
AKR345

AKR345の感想・評価

4.0
前作「檻の中の女」のテンポの良いミステリー感をちゃんと残して、今回もきっつい内容。澄んだ空気の美しさと暴力が絶妙なバランスで描かれていて、あとからじわじわと蝕まれる。
アサドの入れたコーヒー飲みたい。
ひろ

ひろの感想・評価

3.7
特捜部Qシリーズ第2弾。

前作の事件を解決したことで特捜部Qは話題となり、元警察官である男から捜査の依頼がやってくる。そして秘書のローセが今回から特捜部Qに加わる。

元警察官の男の資料から過去の関連する事件の不自然な点やある寄宿学校の生徒にたどり着き捜査をしていく。
今回の事件は結構重く、えぐい。犯人グループの過去が多く描かれており前作同様見応えがあった。
ラストは後味が悪いが個人的にはすっきりしてしまった。
>|