エル ELLEの作品情報・感想・評価・動画配信

エル ELLE2016年製作の映画)

Elle

上映日:2017年08月25日

製作国:

上映時間:131分

3.3

あらすじ

「エル ELLE」に投稿された感想・評価

ぎん

ぎんの感想・評価

1.9
全然話がわからない。
スローテンポ過ぎ。

熟女好きには堪らない映画。たぶん。
1101

1101の感想・評価

2.5
ジャケットに惹かれて観賞。

グレタの演技で虜になってしまい相当な期待を持って観賞しただけに残念感が、、、。

登場人物がほぼクレイジーな中で、抜きに出たクレイジーが主人公であるというある意味王道なのですが、見せ方がすごいなと感じます。

主人公だけがクレイジーであれば浮いてしまう場面も、周りのクレイジーが中和するという展開が陰湿で雰囲気作りの要を担っています。

しかし、終始よくわからない作品でした。
彩

彩の感想・評価

2.0
違う作品でイザベルユペールの演技力に魅了されて、これも面白そうだったので見てみた。
なんか、、、思ってたんとちゃう!!!!
途中ずっと早く通報すればいいのに、なんで待ってんの、、、え、みたいな感情
相変わらず演技力は半端なくてなんとか最後まで観れた
サイコすぎる笑笑
p.s.他の人のレビューを見てみると結構納得させられることも多々あり
まだまだ未熟者だと痛感させられました💥
豆onpeets

豆onpeetsの感想・評価

4.0
孤高の女とはこう言うものなか!??



ポールヴァーホーベン監督シリーズ❗️

今どんどん監督の作品を漁ってみてるのですが
この作品が難解すぎて鑑賞してから1週間以上は頭を悩ませてます😂😂💦

誰か助けて〜💦


ポールヴァーホーベン節が効きまくっていて
群像劇のはずなのに、群像劇と感じさせない演出も監督の意図を読み取りたいが為に頭を悩ませてます。
難解すぎて🥵(知恵熱)

そして本当に何故か分からないけど、涙が出て来てしまう。
そんな不思議な作品でした。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

主人公はミシェル。

この作品は強姦から始まります🤯
いい歳をした彼女が何故襲われたのか、、、。
犯人は誰なのかを主軸に話が進みます。📚


、、、しかしこの映画はポールヴァーホーベンって言う狂人の作品です。

ミシェルは終始、ロボットの様に表情を変えません。

騒ぎ立てません。。。
淡々と武器を揃えて行きます😂
アックスを買った時はカッコ良ささえ感じました。

彼女は幼い頃に心に深い傷を負う事件に関わります。
その事件により父親は服役。🚔
そして幼いミシェルはマスコミ達の餌食になっていました。📝
 


そのせいなのか、彼女は極端に被害者になる事を避けている様に感じました。

だから、何事にもフラットに接しているのかもしれません。



その後は、どう言う人生を送ったのかは分かりませんが、彼女はゲーム会社の重役となります‼︎


しかし、そこでは彼女の性格のせいなのか
スタッフからはかなり嫌われています😭
そして、嫌がらせも受けます😭

そんな事件も起きているが、彼女は淡々とスタッフの1人に金を積んで犯人を探させます。




他にも
息子の嫁が産んだ子供は肌の色が違う❗️
ってなった時も淡々とDNA鑑定をお願いします。嫁に詰め寄ったりはしません。😭



パーティーの席で母親が若い男と結婚すると言い出した時は大笑いしていたけれど軽蔑の眼差しを向けるだけ😭


彼女は感情を面に出しません。
淡々としております。
淡々と対処して行きます。。。💦



普通の映画なら山あり谷ありの起承転結作品になるのですが、

この作品はミシェルがフラット過ぎて色々ひどい事が起きているのに映画としての山場は有りません‼︎🤭🤭


ミシェルは映画みたいなソレを
「許さない!」😡

と言わんばかりにミシェルも周囲の人間達を掻き乱していきます。


ミシェルは孫も生まれた位の良い歳の方なのですが魅力に溢れています💖

そんな彼女は仕事仲間で親友のアンナの夫ロベールと、、、

浮気してます。😣😣


そしてミシェルの元夫、
リシャールに恋人ができた時もその恋人に悪戯します。ピンチョス?に爪楊枝を仕込みます💦


ミシェルは若い男が好きなのか、ロベールに飽きたのか、隣人の旦那にまで色気を使います。
靴を脱いで机の下で脚を絡ませて来ます❗️


もう、しっちゃかめっちゃかなのです❗️❗️


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   ⭐️ネタバレもあり⭐️
 何だか皆んな愛おしい気持ちになる

この作品の観賞後は何だか全てが尊く思えました。


息子は子供の肌の色も認識できないアホなやつだと思ってたのですが、
肌の色が違うけれど、自分の子供として愛そうとしていたと言う想いもわかり泣けてくる。
ミシェルも「子供の為を思ってやったのね」と理解します。


リシャールの場合も恋人と寝た時に「好きな作家は誰?」と聞いた際、同じ苗字の作家の小説が好きだと言われ、2人は別れました。
そんな時にミシェルはリシャールに「可哀想に」、、、と慰めます。


隣人のレベッカは夫のパトリックの異常性をもちろん知っていました。
彼は病的であり妻も被害にあっている事はミシェルも勘づいていた様でした。
事件の後、レベッカは「夫の相手をしてくれてありがとう」とミシェルに伝えます。


アンナの場合はロベールの浮気相手は自分だと直接伝えます。

その後、アンナはロベールと別れます。
アンナと別れたロベールは酒浸りになります。


アンナは久しぶりに会ったミシェルに問います。

アンナ「彼をどう思っていた?」

ミシェル 「別に何とも、たまたまよ、、、。
寝たかっただけ、、。」

アンナ 「そんなの言い訳にならない」

ミシェル 「最悪ね、、、。」

そこで親友は少し笑います。


ロベールはミシェルが強姦された後に身体を求めて来ていた様な夫です。
もしかすると、アンナも何かしら苦痛が有ったのでは無いのでしょうか???


、、、などと色々深読みしたり、考えたりしてしまいました💦

最後の展開を思うと何だか全てが尊く思えて来てしまいました。😇

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
監督はこの作品で共感させない事により、
鑑賞者の思考を動かす。。らしい。


映画の感想を読み漁ってましたら、
主人公が取り乱さないのは観客に考えさせる為、
安易に共感させない為の演出、、、。
って記事を見ました。。。。

ぇぇぇええ‼︎
監督、何処まで考えてんの‼︎

この話、本当!?ってなりました。。

だとしたら、映画から共感性を排除する事で人間の脳みそを使わせる様に仕向けるとか、、、
バーホーベン監督本当にッッ😂😂‼︎

鑑賞者の脳みそまで管理してくれるなんてッ‼︎

😱😱😱恐るべし、、、

ってなりました、、。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この作品結局、何だったのか分からない。。。🤨

この作品は結局何だったのか分からないのだけれど、
じんわりと心に響く「何か」は有りました。

その「何か」が分かるまでの歳を取れていないのかもしれませんね。。


映画の型に収まらないキャラクター像を作り上げるバーホーベンさんは本当に凄い方って事しか理解できませんでした😭😭

もっと、頭良くして出直します!😇😇

もしかすると、なのですが。
1人の女性が孤高に世間と渡り合う姿はもしかするとキャリアウーマンの方には何か響くのかもしれません。

女性が自立する事は孤独なのかも知れません。
何か女性的な物を犠牲にしているのかも知れません。

とても難しい題材だったのでとりあえず今回はここまでにしておきます。


沢山の方にお勧めできる作品では無いのですが
一風変わった作品を鑑賞されたい方にはお勧めです❗️❗️
全くもって愛すべき露悪趣味!不謹慎とか不道徳と感じる事も偏見なのだと突きつけられる。我々は予定調和と固定観念や既成概念の囚人なのだ。不愉快エンターテイメントの金字塔。私は好きです。
倫理観がどうだとか、共感できないだとか、フランス映画だからだとか、そんなレビューばかり。
正直そんなのどうでもいい。

現実は地獄で、だからって喚いても仕方がないし、その地獄を「私」として生きる。
ただそれだけなのだ。

あなたの当たり前は他人の当たり前では勿論ないので、その当たり前を押し付けず、個人的視点とは別に、そのフィルターをなるべく外せるだけ外し、客観性をもって観ることも大事なのではないか。

分からない=駄作、という意見もよく散見するが、それは自分の知識の無さ、読解力の無さを露呈させているに過ぎない。
やこ

やこの感想・評価

1.0
一人危険な熟女まつり第2弾。危険というかだいぶやばい。倫理観消し飛び。
Sinamon

Sinamonの感想・評価

3.0
賞を総なめにしていると言う事で私が期待値が高過ぎたのか同じ女性としてミシェルの行動が理解不能だった🤔
登場人物誰一人にも共感できなかった。
イザベルユペールの美しさだけが際立つ映画。
フランス映画らしい映画なのかなと思った。
だま

だまの感想・評価

-
イザベル・ユペールの強烈な存在感と凛とした美しい佇まいに圧倒される。不条理で毒を含んだミシェルの言動に翻弄され闇が曝け出される周囲の人々。緊張感と先の読めない展開に独特のユーモアが加わり最高の面白さ。痛々しくも堂々としたミシェルの姿が素敵。
ずっと気になっていた作品。

ジャケットには
『衝撃』×『絶賛』
犯人よりも危険なのは¨彼女¨だった-----

うむ。
面白そうだ。

評価も前知識もなく真っ新な状態で期待して鑑賞。



思ってたのと違った。
これが中盤までの感想。
終わってみると、自分は何を観せられたんだと。


もちろん謳い文句を見ただけで自分が勝手に『そう言う作品』として勝手に期待していたのも悪い。

が。


勘違いする言い回しでもある。
ぼやーっとしてるが『そう言う作品』と言うのは『なぜか分からないが作品性に惹かれ、カリスマ性を持つ主役をベースとした上質なサスペンススリラー』だと。

アホな事にこう言う期待をジャケットの謳い文句から抱いてしまった。
見事な釣られっぷり。
情けない。


フランス映画って僕の考えるフランスのイメージとはだいぶ違いダークな作品が多い。
そんなフランス映画は個人的に好きですが、この作品は好きにはなれないかな、、


基本的に誰にも感情が入らず、淡々と主役の女性を観るだけの作業です。
女性の過去やその思考のバックボーンは語られるもののなぜそう言う行動に出るかと言う理屈にはなっていなく、もう少しキャラクター設定を攻めてもよかったのかなと。


別に作品自体が悪いわけではないが、あまりにも謳い文句とのギャップを感じる作品。



面白いとは言えないが、暇なら観てもいいんじゃない?何も残らないけどね。って。

娯楽性があるわけでもなく芸術性も僕には感じられない。

オススメはしません。
>|