エル ELLEの作品情報・感想・評価

エル ELLE2016年製作の映画)

Elle

上映日:2017年08月25日

製作国:

上映時間:131分

3.5

あらすじ

ゲーム会社でCEOとして働くミシェル(イザベル・ユペール)は、ある日自宅で覆面を被った男に襲われる。自分のペースを崩さず日常生活を送るミシェルだったが、襲われた記憶がフラッシュバックし彼女を蝕み始める。犯人は身近にいるようだ。自分をもてあそんだ犯人の正体を突き止めるべく、周囲に探りを入れていくミシェルだったが、やがて自身に潜んでいた欲望や衝動に突き動かされ、周囲を巻き込み波乱を巻き起こしていく―。

「エル ELLE」に投稿された感想・評価

Chisato

Chisatoの感想・評価

2.8
フランス人が感じるおもしろいの感性が本当におもしろいと、いつも思う…
ひろ

ひろの感想・評価

3.6
変態選手権大会(´⊙ω⊙`)パッケージほどの衝撃は無かったかなあ、残念。多分、人の深層にはこういう面もあると思うし。ただ、イザベルユペールの美貌の方が恐ろしい、綺麗すぎる(ノ_<)もっと振り切った方が楽しい(о´∀`о)
誰にも恵まれないおばさんのお話。出てくる登場人物がみな猟奇的で、感情移入できなかった。特に主人公のおばさんは隣人にも家族にも、恋人にも相手にされず、友達もいない仕事人間。暴力シーンの描写から始まるカットも理解できなかった。犯人が誰か伏せられている点でミステリー映画ともとれるが、むしろホラー映画。劇場にて鑑賞したが、周りも理解できた人は少ない様子。
恐ろしい・・・。
観終わった瞬間に思ったしまう。

血は争えぬということなのであろう。
伏線は細かく張ってあり、解っていても楽しめる。

音楽を多用せずにストーリーに引き込ませるのは流石ポール・ヴァーホーヴェンだと思う。サイコサスペンス+エロチックだろうな・・・。
ロボコップが彼の作品を観た最初の作品である。
しかしその時以上の衝撃を朝から受けてしまった・・・。

しかしながらフランス人て・・・。
あんなことがあっても友達でいれるとか・・・。

ストーリーのなかであったPS4のゲームは実在するのであろうか・・・。

女の本性が一番怖い・・・。
オープニングからこの映画とミシェルの異色さを感じる。
メインキャストが全員屈折していて癖が強い、ある種変態系。なので誰が犯人か気になりながらも全員気になる。
ミシェルの心理や脳内が全く理解できないものへと進んでいく。
映画の世界観が特殊すぎて衝撃‼︎
本当にただのサスペンスなのか。否‼︎
“犯人よりも危険なのは彼女だった”
納得です‼︎
そんな強くてセクシーで謎めいたエルに心揺さぶられました。
触手。

作ってるゲームも異常なやつ。

好みの映画じゃなかった。
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

3.0
ド変態バーホーベン完全復活!(笑)。いきなり衝撃的なシーンから始まり、そして何事もなかったかのように振る舞い続けるミシェルに二度びっくりさせられるが、徐々に彼女の真の意図そしてその道中を彩る変態性?が垣間見え、何とも言えない気色悪さで満たされていく。でもよく考えたら「運命に虐げられながらも強かな女性」というこれまでバーホーベンが描いてきた図式はここでも全然ブレてなかった。まあ、その美貌の陰に芯の強さと倒錯性の両方を表現でき、年齢を重ねてどんどん凄みを増しているイザベル・ユペールがいたからこそ成り立つ図式でもある。
ずし

ずしの感想・評価

3.4
どこをどう観たらいいかわかんないんだけどなんか雰囲気で面白い
かな

かなの感想・評価

4.2
痛っ!って、しかもいろんなタイプの痛っ!って描写を観ながら、心の中で「今、すごく面白い映画観てるなー」って感じがふつふつと湧いてきた。
全体的に超人的なミシェルの行動に、時々、人間臭さを見つけるのが面白い。いくら邪魔が入っても超人的な力で、必死に自分が作り上げてきた人生を1ステージ上にもってくのがすごい。
バンビ

バンビの感想・評価

1.8
想像と違った。
もっとサスペンスっぽいのかと思ったら違っていた。
主人公かなり、クレイジー?だと思った。
>|