エル ELLEの作品情報・感想・評価

エル ELLE2016年製作の映画)

Elle

上映日:2017年08月25日

製作国:

上映時間:131分

3.5

あらすじ

ゲーム会社でCEOとして働くミシェル(イザベル・ユペール)は、ある日自宅で覆面を被った男に襲われる。自分のペースを崩さず日常生活を送るミシェルだったが、襲われた記憶がフラッシュバックし彼女を蝕み始める。犯人は身近にいるようだ。自分をもてあそんだ犯人の正体を突き止めるべく、周囲に探りを入れていくミシェルだったが、やがて自身に潜んでいた欲望や衝動に突き動かされ、周囲を巻き込み波乱を巻き起こしていく―。

「エル ELLE」に投稿された感想・評価

劇薬映画。
イザベル・ユペール、ホントよく引き受けたな。他の女優は即レスで、拒否したのも頷ける程のサンドバッグな役。

イザベル・ユペールもそうだが、男たちが本当にどうしようもない。そんなクズ、異常者ばかりの男たちをボスラッシュの如く、撃退していていくイザベル・ユペール。

かなり気分の悪い内容だが、ブラックコメディとしてもサスペンスとしても、高水準なエンタメ作品になっていて、流石巨匠な一作。
minato10

minato10の感想・評価

2.6
まぁ〜〜いろんな性癖が男女ともにあんのよってのが率直な感想。
物分かりがよく大人しい人は、ギャップが大きくこの辺のポイントは押さえてる。主人公のネジれた人格形成が家族が起こした事件に要因がある描き方かと思うがイマイチ納得できない。ストーリーは横に置いてイザベル・ユペールの還暦を超えているのにあの色気は凄いしフランスの女優だから?か服や小物などのセンスが抜群だなぁ。色使いの破綻のなさは向こうの文化土壌が洗練されている証なんだと思う。
maki

makiの感想・評価

3.0
イザベルユペールが美しく素敵!

フランス映画はなかなか感情移入が難しい。
そしてみんな自由な人ばかり。
最近、イザベル・ユペールさんの出てる作品を見ると予告にもイザベル・ユペールさんがでてまた次に借りるのもイザベル・ユペールさんでって無限ループ感を味わっちゃって…
毎回思うけど目の表情が無さすぎて…
笑ってる時も泣いてる時もなんにも思ってなさそうで、ちょっと怖い( ´・ω・`)

この映画でもそんな感じ、でもこの映画ではそれがゾクゾクに繋がるのかも!
犯人誰だ!って思いながら見てたけどことごとく違くて、びっくりしたー!
一人の女性の映画だけど、出てる人出てる人くせが強いんじゃ~~!!
イザベル・ユペールって歪んだ性癖を持つ人を演じるイメージがあるのはハネケのせいなんでしょうかね。ハル・ハートリーにもポルノ作家役で出てましたね。

変態じゃない人はほとんど出てきません。全員の関係が歪んでますし。そんななかでも主人公のイザベル・ユペールは変態だし、行動もおかしいですが、自分のしたいように生きていてとてもまともに見えてきます。母親がおかしいことするとたしなめるあたりが矛盾しているように見えますが、そこも含めて良いなと思いました。

息子も良かったですかね。彼はバカだと思ってましたがとてもいい奴でした。あと元夫が付き合っている彼女に振られる理由が切なくも笑ってしまいました。笑っちゃうとこもありつつ、最後まで緊張感を保ってて怖かったです。
Rino

Rinoの感想・評価

2.8
フランスってこんなんなの〜?(笑)
最初はただのサスペンスかと思いきやそうじゃない
こういう映画見たことなかったから新鮮で面白かった
うめ

うめの感想・評価

3.3
そうよ
私は最低の女

でも
慎ましく
優しく
そうしたところで
私を見る
みんなの目が
変わるのかしら?

だったら
私は
唯一信じられるもの
自分の気持ちに
正直に生きるしかないじゃない

父も
母も
夫も
息子も
親友も
誰であろうと
遠慮なんかしない
たとえ
ボロボロにされても
許しを願ったりしない
負けを認めたりなんかしない
絶対に



ショッキングな冒頭
徐々に見えてくる
それぞれが抱える闇

主人公ミシェル
キャリアウーマンで
誰も頼らない
パッと思い出されたのは「女神の見えざる手」のジェシカ・チャスティン。
でも、彼女は目的の為なら情や義理に流されないだけ。
行動にはしっかりした理がある。
ミシェルには、それがない。
何故にそこまで?
そこに彼女の闇の奥の深さを感じる。
演じるイザベル・ユペール。
いろんな意味で凄い女優だ。

人間、誰しも歪んだ部分は持っていると思う。
だけど、ここまで徹底的にやられると…
極限のブラックコメディとも言えるかもしれないけど…
自分にはちょっときつかった。

コンディションが悪い時には観ない方がいい作品ですね。
nununu

nununuの感想・評価

3.6
ジョディフォスターが出ていたパニックルームを想像しながら観てみたら、途中からフランス映画全開の展開。普通そんなんなる?というオチなので、飽きはしなかったけど、個人的には後味が微妙。
最高\(^o^)/
熟女エロ・サスペンス。
「ピアニスト」を彷彿とさせるビンタFUCK✨

【業務命令よ。ペニスを見せて】
……全くもってイザベル・ユぺールは「フランスの至宝」と呼ばれるだけあって日本の「人間国宝」なんて足元にも及ばない精緻な表現で怪演しまくり。

だって涙が出ちゃう…女の子(64歳)だもん。謎の覆面男からレイプされたミシェルの悲喜交々(コモゴモ)を描く。

人間関係も家族関係もドップリ、ドロドロ💦
【ミシェルを取り巻く人間模様】
ミシェル。残虐表現を好むゲーム会社の女社長。
母イレーヌ(推定83歳)は若いツバメ(ラルフ)のペニスにメロメロ😍ラルフと結婚したい。
息子ヴァンサン。性悪の彼女との間に出来た孫は、本当に息子の子供なの?肌の色が違うじゃない。
別れた夫リシャール。若きヨガ教室のエレーヌと付き合っている。
職場の部下アンナとロベール夫妻。
アンナとレズビアン。
ロベールはセフレ。職場で『おスペ(←死語)』してあげる。
父ジョルジュ・ルブラン。古都ナントで起きた「ルガーヴ通り殺人事件」の犯人として勾留中。
隣人レベッカは敬虔な人。旦那パトリックは銀行マン。
パトリックは長身の優男(ヤサオトコ)。双眼鏡で隣のパトリックを覗きつつ…クリトリスを弄るミシェル💓
灰色猫マルティ😺可愛い✨

何度か繰り返されるレイプ・シーンで……ミシェル(64歳)のカントの【具】が見える!スロー再生してみよう💡

パトリックが自慢の暖房システムの心臓部「地下のボイラー」を見たいかミシェルに尋ねて、OKと頷くまでの数秒間!この刹那に複雑に変遷するミシェル(イザベル・ユぺール)の表情!これこそ『フランスの至宝』たる由縁!誰にも真似出来ないぞ😆💕

このレビューはネタバレを含みます

何を描きたい話だったんだろ…?
テーマ、何…?
お父さんのエピソード、必要…?
犯人死ぬ必要あった…?
友達との関係一体何…?

よく分からんことだらけ

最初の事件後の主人公の行動や反応が理解できずかなり置いてかれて、まぁそれは後で多少は理由は分かるんだけど、終始、“えなんで”ってことが多い

しかし主演の人の年齢は驚いた!
>|