エル ELLEの作品情報・感想・評価

エル ELLE2016年製作の映画)

Elle

上映日:2017年08月25日

製作国:

上映時間:131分

3.5

あらすじ

ゲーム会社でCEOとして働くミシェル(イザベル・ユペール)は、ある日自宅で覆面を被った男に襲われる。自分のペースを崩さず日常生活を送るミシェルだったが、襲われた記憶がフラッシュバックし彼女を蝕み始める。犯人は身近にいるようだ。自分をもてあそんだ犯人の正体を突き止めるべく、周囲に探りを入れていくミシェルだったが、やがて自身に潜んでいた欲望や衝動に突き動かされ、周囲を巻き込み波乱を巻き起こしていく―。

「エル ELLE」に投稿された感想・評価

フランス人女性って、
女として娘としても、また母親として社会人としても強いな〜(*_*)
普段ならレイプ被害のお話は避けるんですが、あらすじが気になって最後まで見てしまった。
周りの取り巻く環境(男たち)に毅然と対応していく様に胸がすっとする。この見せ方が特にドラマティックでもなくてフランス映画だな〜って雰囲気。

イザベル・ユペールめちゃくちゃ綺麗です。こんな60代になれたら最高。

やっぱ最後は女友だちですよねって和やかなラストにほっこり。
サイテーな男たちがいなくなって女たちは晴れ晴れした顔になってたのが良かった。
erk

erkの感想・評価

3.6
フランス映画やな〜〜〜!というのが鑑賞直後の感想。みんな目が死んでるし、見た目からは想像もつかない怪物を心に秘めている人が多すぎる。笑
レイプのシーンは刺激が強すぎたけどとにかくイザベル・ユペールが素晴らしかった、、撮影時64歳とは思えへん!!格好いいです。日本のポスター微妙。
ぬーの

ぬーのの感想・評価

3.0
これはちょっと理解できなかったなあ。

こいつなに考えてんの?今どういう心境?わからん教えて!
みたいな登場人物ばかりで参りました笑

自分みたいな理解力に乏しい人間は前日に8時間以上寝て、朝エナジードリンク飲んで、脳みそフル回転モードで見なきゃダメな映画笑

衝撃のサスペンスみたいな感じで宣伝されてたから楽しみにしてたんだけど、衝撃の角度が思ってたのと違った。
あとサスペンスっていうよりかはブラックコメディみたいな作りだったしなー

お父ちゃんの過去の大量殺人エピソードとか、あんまり映画に関係ない気がしたし、癇癪起こす息子の彼女は全然好きになれないし、息子はアホすぎるし…

過去の殺人事件とレイプ犯がなんらかの繋がり見せてくるとかかと思ったら関係ないし、レイプ犯が誰なのか?を楽しむサスペンスかと思ったら中盤で正体わかっちゃうし

いやー困ったね。困った映画だ。

主人公がなんかたくましかった。以上!
衝撃はそんなになく、淡々と物語は進み、フランス映画だなーと思った。
面白くなりそうでならないなあ。衝撃?衝撃はなかった。単なるサイコパスじゃないのかな。
Nene

Neneの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

結局色々と支配したい女の究極の形というか。
最後に息子に殺させてしまうところまでが計算?仕組んでいた?って解釈をしたのだけれど、凄い。賢い。
最終的に1番大切な人を手に入れるというか関係を取り戻すためにレイプ犯を利用するというか。
最後の死に際の一言まあ、そうなるよね、どうしてだよ?!って感じだよね。
自分だけは支配されたくない、けれど誰かを翻弄して支配し続けたい願望への病的な執着心て感じでした!
女の人ってここまで行かなくてもこういうタイプいない?自分から追いかけたい、追われたり束縛はされたくない、みたいな。それの究極の形だと思った。
視聴者側には一緒に混乱していく立場と見させて、実は彼女が混乱を作り出していたんだなぁって。ダークナイトのジョーカーにも重なるけど、真の狂人は混乱の支配者になるってことを思い出した。
JiroFujita

JiroFujitaの感想・評価

4.0
殺人鬼の娘であり、母親であり、成長企業のボスでもある孤独な女性の生き様をバーホーベンテイストでありのままに描いた作品。

忌わしい過去や歪んだ人間関係との決別っぷりが観ていて恐ろしくなる程あっさり且つ潔い。

主人公に最後まで寄り添う戦友とご近所の奥様が素敵です。
うちだ

うちだの感想・評価

3.0
いや、まあ、面白かったけど思ってたのと違った。しかしフランスすごいな。
なんかいろんな意味で印象度がある。鑑賞後にじわじわと思い出してくるようなインパクトもある。ヒロイン役、良くも悪くも体張って頑張っているなぁ~(*^▽^*)もう60歳を過ぎているお方。いろんな意味で印象深い女優です。
お話は何というか、殺人鬼の娘さんがトラウマを抱えたままゲーム会社の社長にのし上がったって......展開も奇想天外なのはいいし脚本も面白いものがあったが、死んだ親父やお袋が置いてきぼりになったり、雑な印象もあった。
変な人間ばっかりで感動はしなかったけど、良くも悪くもフランス映画って感じでしたね。
>|