エル ELLEの作品情報・感想・評価

エル ELLE2016年製作の映画)

Elle

上映日:2017年08月25日

製作国:

上映時間:131分

3.6

あらすじ

ゲーム会社でCEOとして働くミシェル(イザベル・ユペール)は、ある日自宅で覆面を被った男に襲われる。自分のペースを崩さず日常生活を送るミシェルだったが、襲われた記憶がフラッシュバックし彼女を蝕み始める。犯人は身近にいるようだ。自分をもてあそんだ犯人の正体を突き止めるべく、周囲に探りを入れていくミシェルだったが、やがて自身に潜んでいた欲望や衝動に突き動かされ、周囲を巻き込み波乱を巻き起こしていく―。

「エル ELLE」に投稿された感想・評価

あおい

あおいの感想・評価

3.5
うーん。フランス人って、こんなイカれた人ばっかりなの?!ミシェルだけじゃなくて登場人物みんな!
ミシェルのレイプされても、感情的にならずにビジネスライクに処理する能力は彼女の過去の、世間やマスコミや警察に傷付けられたせいと、多少寄り添えたけれど、途中からは、理解不能。

怪我してるのにあの男、呼ぶ?!
親友に彼女の夫との不倫打ち明けたり。

だけれど、なんか笑いたくなる部分が沢山あって、人間て所詮アホなのを客観的に指摘されてるようなそんな気分になった。
これはかなり危険というかかなりのアブノーマルな感じで、、衝撃で痺れるww
嫌いではないんですがなかなかショッキングですね!!!!
冒頭間に合わなかったの残念すぎる。。
kotaro

kotaroの感想・評価

4.0
イザベル・ユペールが今作を「ポスト・フェミニズム」と語るインタビュー( https://www.vogue.co.jp/celebrity/interview/2017-08-isabelle-huppert/page/2 )を合わせて読む。
女性が性暴力に対してどのように向き合うかという部分が主軸で、そこにキリスト教・教会批判、息子の成長?的なストーリーも絡み、色々と考えさせられる映画でした。(精神的にくる描写が多いのでもう一度観たいとは全く思えないタイプの映画)
イザベルユペール綺麗ーーーーー!そして怖ーーーーーーーーー!!
監督がポールヴァーホヴェン、脚本が『ベティブルー』のフィリップディジャンなので自分には理解不能な映画だろうと思っていたら、その通りだった。

登場人物が、全員とんがっている。個性的というか、私には共鳴できない。
主人公のミシェル、そしてその母親、息子の倫理観は到底日本人には考えられない。

宗教的、性的いやあらゆる倫理観が急変しつつあるヨーロッパ。

フランス人、いやヨーロッパ人がすべてこの登場人物のようでないことは知っているが、最近のヨーロッパ社会の変貌は少し知っているわが身としては、我が国もこのような変質を遂げていくのか興味あるところ。

でも、このコンビ(監督+脚本)は十分楽しめる映画を作り出した。
見て損は無い一本だった。
ルー蔵

ルー蔵の感想・評価

4.0
母の骨を散骨しに行っても、感傷に浸らせてくれない。
次々に違う問題が出てくる。そしてそれぞれが上手く解決する訳でもない。

ただそのそれぞれが女の何かになっている。手際よく無秩序。
まず大前提として非常に面白い映画だった。
テーマや結論を考慮しないとしても、れっきとしたエンターテイメント映画だと思う。
意外な展開がまったく途切れることなく(しかも絶妙なタイミングで)起こり続けるために凄まじくテンポの良い映画だった。
しかも、ヴァーホーベン映画と聞いて大方の人が思い浮かべるであろう「露悪的」な描写や表現は殆ど無い。
登場人物の言動はかなり常軌を逸したものがあるが、それをあくまでオフビートな姿勢で描き続けていく。それゆえか、それなのにかわからないがとにかく面白い。

ただ一つ言えるのは監督はそれでも我々に挑戦状を叩きつけてきているということだ。
実の母の遺灰を川に投げ
息子とその婚約者の仲を破壊し
レイプ犯を通報することもしない主人公ミッシェルには全くと言っていいほど感情移入ができない。
常に気丈に振る舞う彼女の心の内は知る由もない。
レイプというこれ以上ないほど愚劣な犯罪に屈しないたくましい女性というのは確かだが、彼女の持つ「強さ」はそのような一面的なものだけではない気がする。
それが端的に示されるのがラストだ。
一件落着なのは間違いないのに、どこか複雑な気分になるのはおそらく彼女の周囲の人物の様子だ。
はっきりいうと彼女に「折れた」ように見えるぐらい不自然なほど彼女と和解している。
息子にいたってはかなりそれが明白だ。
別にここでミッシェルが悪役だとか、彼女にも非があったと主張したいわけではない。
ただ、彼女があの着地に至ったのは優しさや温かさよりも強さ故だったように感じられた。
勿論それは肉体的な強靭さを指すのではない。
あるいは、例えば「テロに屈しない」という言葉が示すような態度とも違うような気がする。
少なくとも彼女は日常を壊されても冷静さを失わない強さを持っていると思う。
だから殺人犯の娘という世間からのバッシングや暴力を前にしても挫けることはなく、歯に衣着せぬ発言で周囲との関係に亀裂が生じても狼狽えることはないのだ。
そしてそのような態度であり続けた(もしくはあろうとし続けた)結果のハッピーエンドとも取れる。

ミシェルを演じたイザペルユペールは本作を「おとぎ話」と語っていた。
確かにミシェルの持つ気丈さや強さには少しファンタジックなくらいの強度がある。
そしてレイプ犯だけではなく、愛人や父親すらも振り切る彼女の姿は非常に凛々しい。
だから観客は感情移入ではなく羨望の対象として彼女を見るのではないか。
他人の評価を気にしない彼女の姿に僕なんかはかなり憧れてしまった。

本作は傷ついた人間が立ち上がる感動作ではない。
しかし、ミシェルの生き様を見て何かを持ち帰ることのできる人間は少なくはないだろう。
中庭

中庭の感想・評価

4.0
二回目のレイプシーン。
宅配で届いた孫用のベッドを、どこか放心した様子でテーブルの上で転がすイザベル・ユペールの姿と、揺れる器具の足がコトコト音を立てる絶妙な余白の間隙に背後から覆面の男がいつのまにか襲いかかってくる一連の流れはとにかく印象的。
短いショットの大量の羅列で構成された忙しい映画なだけに、そのシークエンスの呼吸と、恐ろしく前向きな二人の背中が消えて行くラスト・ショットは特に記憶に残るものだった。
buccimane

buccimaneの感想・評価

3.0
終盤の煮え切らなさよ...主人公はまぁ良いけどアンナことアンヌ・コンシニさんが気の毒。
アンナが主人公をブッ殺して終わっても良かったのに。
パーティ来てねって言った次がパーティのシーンだったり食事にしましょうって言った後が食事だったりする進行がダルかった…。ショッキングな設定に頼り過ぎじゃないかしら。
ベージュのコートめちゃかっこいい。
ナナ

ナナの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

みんな、変人。とにかくどこにも普通の人はいない。
いい夫婦に見える隣人も実は変人。
信仰なクリスチャンも裏の顔は、サイコパス。
仕事バリバリの女社長も、レイプされて可哀想な被害者にはならない。
息子夫婦の子供は明らかにDNAが違うのに、まるで気付かない。ふりなのか?
職場で、社長に楯突いてタトゥーばりばりの見るからに怪しそうな人が結局は1番平凡。

登場人物はみんな変人で、誰とも共通点を見つけられないように思うが、必ずなんだか通ずるところがあって、もしかしたら一度は誰もが抱いたことのある感情だけで出来ているのかもしれない。
実際、表ばかり全てだと思っていても、人間の裏なんてみんなこんなもんなんだろうね。

とにかく、この映画の面白さはじわじわくる。
>|