エル ELLEの作品情報・感想・評価

エル ELLE2016年製作の映画)

Elle

上映日:2017年08月25日

製作国:

上映時間:131分

3.6

あらすじ

ゲーム会社でCEOとして働くミシェル(イザベル・ユペール)は、ある日自宅で覆面を被った男に襲われる。自分のペースを崩さず日常生活を送るミシェルだったが、襲われた記憶がフラッシュバックし彼女を蝕み始める。犯人は身近にいるようだ。自分をもてあそんだ犯人の正体を突き止めるべく、周囲に探りを入れていくミシェルだったが、やがて自身に潜んでいた欲望や衝動に突き動かされ、周囲を巻き込み波乱を巻き起こしていく―。

「エル ELLE」に投稿された感想・評価

フランス映画〜!という感じに表はスタイリッシュでも私生活はエロスいっぱいという感じ。
出てくる人誰にも共感できない人多いんじゃないかな(笑)でもきっと誰しもがあんな一面こんな一面あると思う。気づきたくないから気づかないだけで。
ユペール様の終始真顔なところがまたしびれます。途中ちょっと長いなと思った。小説も読んだけどミステリとしては私的にはう、うーん?だった。
ユペールさまの女的サバイバル能力にはしびれるけど。
女は弱い。だから、強い。強くなる。
過去でも未来でもなく、今を生きぬくために、すべてをのみ込んで、日常にして、生きる。女たちは、したたか。
女って、怖いんです。知らなかったの⁈という映画。
KMD

KMDの感想・評価

3.3
もはや変態中年女性を演じたら他の追随を許さないイザベル・ユペール、今回もOPから飛ばす飛ばす。内容は正にフランス人って感じで理解し難い。
namuge

namugeの感想・評価

-
主人公に共感することを全力で拒んでくる、気持ちの悪さ。
マヒロ

マヒロの感想・評価

3.5
開幕早々、覆面の男に乱暴される主人公ミシェル(イザベル・ユペール)のシーンから始まるというぶっ飛びぶりが相変わらず鬼畜なポール・バーホーベン監督最新作。

イザベル・ユペールと言えば『ピアニスト』での、何が起きても「フーン…」みたいなしけた態度だけど性欲だけはやたらある、という拗らせ中年女性の役が強烈だったけど、今作で演じるミシェルがほとんど同じような性格。
冒頭のシーンの後も警察に通報するでもなく淡々と壊れた物の片付けをしたり、街中で急に見知らぬおばさんに罵声を浴びせられても(これらの不自然なシーンは映画を見ていくとだんだん理由が分かってくる)ちょっと驚いた表情を見せるだけで、やれやれといった感じでその場を立ち去るのみ。度を越したタフさだけど、バーホーベンの映画は全て男はマヌケ、女はしたたかという目線で作られているので、監督からしたら全く普通の女性観なんだろう。
今作でも変わらず、すべてを俯瞰した目線で観ているかのような女性と、それに振り回されるバカ男という構図でのドタバタが繰り広げられていて、最早コメディ的ですらある。ただ、バーホーベンの場合は「女性は強い!」みたいなフェミニズムに基づいて撮ってるわけでもなくて、ただ単にそういう女性が好きだから…という理由なだけな気がするあたりがまた押し付けがましさを感じなくて良い。

途中まではミシェルが自分を襲った男を探すミステリー風味なお話なんだけど、正体に関してはそれほど引っ張らず、中盤あたりで明らかにしてしまう。犯人もそれほど意外性のある人物ではなく、むしろ、それを知ったミシェルがどう行動するか…というところに視点が移っていく。基本彼女は何を考えているのか分からないので、犯人捜しよりもどう物語が転ぶか分からない緊張感があった。

サブのキャラクター達もミシェルに負けず劣らず妙な人ばかりで、ミシェルのアホ息子とイカれ嫁のエピソードは特に笑ったし、隣人夫婦に起こる出来事の顛末は静かながらゾッとさせる恐ろしさだった。群像劇でもない限りあまり横道には逸れてほしくないんだけど、今作は問題なかった。

どうでも良い点ではあるけど、イザベル・ユペールはもう還暦に到達した、言ってしまえばおばあちゃんで、それにしては美しくはあるもののやはり年齢を感じされられるシーンが多々ある(具体的に言うとおっぱい出てくる所とか)。…なんだけど、劇中で過去を語られる時、明らかに10〜12歳くらいの年齢の頃のことを確か30数年前と言っているので、劇中設定は40代〜ギリ50代くらいらしく、さすがにちょっと無理あるのでは…という気がした。
後、ミシェルがCEOを務める会社が作っているゲームが、キモいモンスターが触手で女の人の色んなところを蹂躙するというなかなかニッチな層向けのゲームなんだけど、そのゲームの完成披露会の試遊台にデカデカとPS4のロゴがあるのもずっこけた。そんなん出せないだろ!

(2017.142)[35]
たけし

たけしの感想・評価

3.2
とにかくこのイザベルさんがエロい。
それ以外ない。
襲われて平然と過ごす違和感。
何なの?何を描きたいの?
こんな人もいるよってこと?
深いテーマがあるんだろうか?
さっぱりわかりませんでした。
麻

麻の感想・評価

2.5
フランスらしい映画。
理解の範疇を超えていた。

途中まではサスペンスだと思って観ていたが、結局何だったのか中途半端な感覚だった。

ユベールの演技力に惹きつけられたのかもしれない。

結局彼女の温もりがどこかにあるかもと探してた。そこが狙いなのかと思えるが。

フランス語の語感と、ストーリーが合っていたとも言える。
ゆきな

ゆきなの感想・評価

3.7
「何で」とか「どうして」という気持ちがずっと出てくる映画。出てくる男性はダメ人間が多い。主人公は不思議な人、アンナとのシーンをもっと見たかった。

誰にも感情移入せずに、すっと話に入れた。繰り返し見れば理解度が深まるのか謎。
 ポール・バーホーベンの長編としては10年ぶりとなる作品。

 バーホーベンがやってくる。やあ、やあ、やあ。
 ポスターの無表情な女ににらまれた瞬間から映画経験は始まっているのだ。

 物語はイザベル・ユベール演じるゲーム会社の社長・ミシェルが正体不明の男に強姦されるところから始まる。
 かといって、この映画は復讐を題材にした映画に舵を取るでもなく、犯人探しのミステリーにも転がっていかない。
 事件が起こったからには、登場する男すべて疑いの目で見るほかないのだが、男はそろいもそろって駄目なやつばかり。
 つまり、このあたりは決して観客の求めるわかりやすい娯楽映画としては進んでいないわけです。まあ、それがバーホーベンなわけですが。

 僕がこの映画で特徴的だと感じたのが、最初観たとき人物の間の関係性がとにかくつかみにくいところ。
 たとえば、最初にミシェルの息子(ジョナ・ブロケ)が出てきたとき、『ピアニスト』('01)のユベールのイメージも相まって、年の離れた恋人なのかなーと思えてくる。ロベール(クリスチャン・ベルケル)との関係性も、単なるセックスフレンドなのかなと思っていたら、親友の夫との不倫だったというかなりゲスな事実が追って示される。母親のアイリーンが整形を重ねて極端な若づくりをしているがために、ミシェルと親子に見えないというのはその最たるものだろう。
 あと、関係性をつかみにくくしている理由の一つに、あまり会話が成立していないところもある。ミシェルとか、本当に人の話に答えるという話術をしていない。

 このように、関係性がつかみづらい中で、ミシェルは倫理的ではない生い立ち(殺人者の娘であり物ごころつかないうちに世間の奇異の目にさらされた)を経て、本人も非倫理的な行為の真っただ中にいる中で、非倫理的な欲望を具現化して大衆に売りつける仕事をしている、というのが大きな流れとなる。
 そのさなかで、表面化していない「非倫理的なこと」というのがいつくもあるのだけれども、それが真昼の闖入者によって白日のもとにさらされ、ミシェル自身が非倫理的なものと折り合いをつけていく、というのが物語の構造となるのだろう。

 こう考えると、ポール・バーホーベンというのは、画面に映るものの下世話さとは対比的に、倫理的な作家といえるのかもしれない。

 僕自身は、終盤に行くに従って収まっていく感じに、多少物足りなさを感じたのも事実である。
 
もう、色々と衝撃的すぎてこんなの初めて見たっていう感じでした😳
>|