エル ELLEの作品情報・感想・評価・動画配信

エル ELLE2016年製作の映画)

Elle

上映日:2017年08月25日

製作国:

上映時間:131分

3.4

あらすじ

「エル ELLE」に投稿された感想・評価

どこまで考えているかわからない何も考えていなくて、なるようになればいいとも思える。
パウ

パウの感想・評価

3.0
なんかよく分からなかった。

ミステリーかと思って見たら、トラウマ克服系か?いや、違う。

スカッとする映画ではない。

隣人の家にあったイームズのラウンジチェアのさり気ない使い方方がお洒落だった。
不思議な感覚

深く考えずに感じる作品なのでしょうね。フランス映画でイザベル主演作品という事で観たいと思いました。
Aoi

Aoiの感想・評価

2.8
うんみんな狂っててみんな変態
フランス映画テンポ良すぎるのが短所になるときある

夜中眠れないから観る映画じゃなかったかなあ
Sayaka

Sayakaの感想・評価

3.0
サスペンスかと思ったら親や息子やら友達やらとのいざこざフランス映画であった。
んんんんんんん途中まで観て主人公のことに関しては予想がついてしまった!!!
衝撃的って言ってるけどすみません、何にも衝撃を受けなかった!!!
周りの人いっぱいいたけどううんんんん気持ち悪っとか怖っとかならずに😶て感じでとても心は一直線でした!!

多分、見る視点によってはとても味わいのある作品なのかもしれない。

このレビューはネタバレを含みます

結構好きだな、こういう映画。倒錯した愛、ラベリングの否定。被害者はいつも、被害者らしい訳ではない。
エロゲーム会社の女社長(イザベル・ユペール)は、ある日見知らぬ男に自宅で襲われてしまう、、。倒錯しているも、これぞポール・ヴァーホーヴェン。
heb

hebの感想・評価

3.3
衝撃的なオープニングから予想するこちらの勝手な筋書きを、まるで嘲笑うかのように展開するなんとも捉えようのないストーリー。
登場する主人公もその他のキャラクター達の行動も一見しただけではとても理解し難いものばかりで、とにかく頭の中を?がぐるぐると回り続けます。
決まり切った社会のシステム、モラルや特定の思想どこにも属さないようなあるひとりの人間の「生態」とでも呼べばいいのか…。

自分にはまだ早すぎる作品だと感じました。
ZOMBIETIME

ZOMBIETIMEの感想・評価

4.0
あらゆるセンシティブな問題に真っ向勝負な姿勢は痛快だったけど、その問題提起のひとつひとつの引力が強くて少し混乱した

バーチャルを介する自己投影のアプローチが良かった
>|