彼は秘密の女ともだちの作品情報・感想・評価

「彼は秘密の女ともだち」に投稿された感想・評価

涼

涼の感想・評価

4.0
パッケージを見てクリップ➡︎鑑賞。
社会における新しいカップルモデルを発見したような驚きがあったのでセクシャルミステリーとでも書いとこうか。
1歩踏み出すと言うか本人のそう言う気持ちと環境が揃ったら人間変わっちゃうんだな〜みたいなことを感じた。
でも悪い人たちじゃないから排除せずに受け入れることで社会の豊かさに繋がると思うんだ。
aya

ayaの感想・評価

3.7
初めてのパターン
ゲイとかレズとかじゃなくてこれはなんやろ
ローラがいない寂しさだけじゃこんな展開になるのはおかしいし、もともと二人ともその要素はあるもんな。
セクシャルマイノリティは難しい。
ぐり

ぐりの感想・評価

3.6
☆タイトルとちょっと違う...

取り敢えずジルが気の毒だった笑

クレールは自分の本音に
気付くのが遅すぎで、
取り敢えずローラの代わりが
必要だったのだなぁと(*´-`)

でもそれって求めてる物は
結局ヴァルジニアでなかて
ローラなんじゃ...
クレールが本当に愛したのは
ローラただ1人だったのかな。

ローラを愛したもの同士が
急速に惹かれて心の穴を埋めていった。

クレールには
ダヴィットではなくヴィルジニアでなくては
いけなかったんだ。

ローラの代わりだから。
SON

SONの感想・評価

3.5
フランス映画にしては珍しくはっきりしていてわかりやすい
sabriin

sabriinの感想・評価

2.9
んーフランス映画だからなのか?色々とカオスでした。w

主人公の女、ジルと幸せだったはずなのに
なぜ一瞬にして目覚めてしまうのか…w

それは主人公は昔から自分に対するコンプレックスとか不満があって情緒不安でしかないからかな。w

最愛なるローラが亡くなって二人とも心に穴があいたのはわかるけど、さすがに主人公が最後に選択した人生はリスキーすぎる上に、長い目で見ると上手くいくとは思えない。

お互い欲求を満たすだけの関係にしか思えなかったのだが…?それが本物の姿であればそれはそれで良いだろう。w


んーイケメンなジル、1番の被害者だからなぁw
Alice

Aliceの感想・評価

3.1
ローラとの結婚期間は女装をしていなかったのに、亡くなって遺体にドレスを着せてから欲求が戻ったのかもっていうのがゾワっとした。
たぶんダヴィッドは自分が女として、そして同性愛的な形でクレールを好きになったのかな?ありのままの自分を理解してくれる、女性としての自分を恋しいっと言ってくれた。そのことがこのありそうでない複雑な愛を生んだんだと思う。もちろん、男と女だということに変わりはないのだけど。そこがややこしい…
わたしには難しすぎたのか、ラストシーンが謎めきすぎてえーーーってなった。笑 いろんな解釈ができすぎて…これも監督の狙い??
nao

naoの感想・評価

3.0
最後のシーンに強い違和感を覚え、それまでの感想が全て吹き飛んでしまった。
yoshi

yoshiの感想・評価

3.6
タイトル詐欺…と思ったけどフランス映画なら仕方ないのかもしれない……
先が読めなかった。
林檎

林檎の感想・評価

3.2
彼が男であろうと女であろうとクレールを恋愛対象として好きという時点でお互い不誠実。クレールにはジルがいるのに。最後ジルとはどうなったんだろう。

マイノリティを描かれるとそれに同情するような風潮があるように感じるけど…これはどうなんだろう。自分らしく生きるっていいね!!ってことよりも別のとこに目がいってしまう。
>|