彼は秘密の女ともだちの作品情報・感想・評価

「彼は秘密の女ともだち」に投稿された感想・評価

衝撃的な内容だけど、それを受け止めて理解しようとする主人公にいつのまにか自分が寄り添っている。

人間の不思議と多様性。
Ukosaaan

Ukosaaanの感想・評価

3.8
ジャケの印象よりずっとシビアだけどLGBTの中では足取り軽めで、落とし方も潔いときた。
ローラを介しての複雑な心情から新たな一歩を踏み出すまでの過程がとても自然で(入院中の展開は無理があるけども)良い。そしてイケメン優夫が出来すぎ君。
女装が笑えてしまうのでキュンとはしないものの、ヘタなラブロマンスよか断然おすすめ。

このレビューはネタバレを含みます

「わたしはロランス」を重くせず明るく描いた作品だと思った。

この格好が自分らしいんだとローラに放つシーンは印象的。自分らしいと思う事は結局は自分にしか分からないし、それを理解するのは相手の考え方や価値観によって様々。けど、理解してくれる人がいる、いないではやっぱり変わってくると思う。

ラストは考え方によって色んな解釈が出来るから悩んだ。けど、2人共笑顔で幸せそうだった。ローラの旦那さんはどうなったのかが気がかりだけど。
Haruki

Harukiの感想・評価

4.1
おかしさのある空気感と、愛おしさのあるストーリーが魅力的。

オゾンらしいセクシュアルな題材で、少しおしゃれで寓話的なのも彼らしい。
ラストも少し謎の残る彼らしい遊び心を感じる。

オゾンの代表作だと思う。
kanikiya

kanikiyaの感想・評価

3.8
もし似たような状況になった時に、自分はどうするんだろうか。ジルが良い人なだけにそこら辺がすごくリアルに感じた。
いろんな要素含みすぎてカオス。種みたいなのがあって突然芽生えてしまうんやなあ。でもどうしても理解できないのが苦しい。突然自分の旦那さんとかが女装しだして理解出来るんかなあ。最後、何年後かは描かれてたけど旦那さんはどうなったの?はてなはてな
フランス映画は観るたびに、やっぱり理解出来ないわーと思うのに、予告やポスタービジュアルがかわいくてついつい観ちゃう。そして理解出来ずの繰り返し。
いい加減フランス映画を受け入れられる大人になりたい。笑
親友が亡くなって、その旦那が女装していることを知ってしまって女友達になるんだけど、色々他にも問題があって、女性にもなりきれない親友の旦那。
途中まで良かったけど、終わり方やだったなあ。笑
主人公の旦那さんはイケメンだし、優しくてとても理解あったよね⁈
途中フルハウスのジェシーおいたんに見えたよw
で、最後は、え?
わたしは女友達でいることを信じる。
この前観たカプチーノ〜もそうだけど、イタリア映画もフランス映画も理解しづらいなあ。
これが文化の違いか〜。
YURIA

YURIAの感想・評価

3.0
ラストシーンの捉え方によってまたドラマがあるようにも思いました、あと女の子の友情って不思議で特別な成り立ち方してますよね。
mazinbooh

mazinboohの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

コメディ映画だと思って観ましたけどちょっと違いました。

あのラストシーン。

夫と離婚したのか?

お腹の子供は誰の子供?

明確な答は無く観る者に判断を任せるラストシーンでした。

二回ある洋服を着せるあのシーンがこの映画の肝なんでしょうね。

このレビューはネタバレを含みます

私はやっぱりオゾンの映画が大好きだー。
ジェンダー以外にも、女の友情や死の悲しみや嫉妬、色々な感情が絡み合っていて
面白い映画だったー。

私には、夫が妻へドレスを着せるシーンで、妻の女性という魂や意志を吸い取って
後半、ドレスを着せられて目覚めたとき、
本当に女性として覚醒したように見えた。
最後のシーンは、え、どっち?てなりますよね、面白い映画だったー。
>|