セールスマンの作品情報・感想・評価

セールスマン2016年製作の映画)

Forushande/The salesman

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:123分

3.7

あらすじ

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦…

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦の感情のずれがスリリングに絡み合い、やがて物語は思わぬ展開に…。

「セールスマン」に投稿された感想・評価

フラジャイル。
セールスマンの死は残された人に自由を与えたが、喪失感を残した。パン職人の死も同様に。この二重構造の舞台装置として廃墟があり、それは壊れゆくものなのですね。
Daiki

Daikiの感想・評価

4.2
2017年公開映画80本目。

時は前にしか進まない。

2017年アカデミー賞外国語映画賞受賞作品。
冒頭でアパートに罅が入るように、二人の間にも徐々に罅が入っていく。
アスガー・ファルハディ監督作『別離』同様、ある事件をきっかけに夫婦の関係が崩壊していく様をリアルに描いた作品。

人生の落とし穴はふとしたところにあり、誰にでも起こりうる。
決して他人事ではない。
引っ越す必要がなければ。
前の住人のことを詳しく聞いていれば。
誰なのか確認もせずにドアを開けなければ。
時間を巻き戻せたらと願うような状況の描写が多い。
また、本作は事件の様子もラストの終わり方も明確には見せていない。
観客の想像に委ねる場面が多く、サスペンスとしても非常に巧みであった。

劇中に登場する舞台劇「セールスマンの死」と現実が絡み合い、絶妙にリンクする構成はお見事。
現代イランの世情を鋭く捉え、普遍的なテーマかつエンターティンメント要素もあるのに、静かで淡々と繰り広げられるギャップは素晴らしい。
あれだけ痛ましい事件があったにも関わらず、被害者の女性が見せたのは「怒り」ではなく「哀しみ」の表情だった。
どうしていいのかわからない、次第に関係性が崩れていく夫婦の切ない物語に心を打たれた。
見方がね…わからないとまでは言わないけれど、少し難しい。
それは宗教も文化も違うから。
仕方ないけれど。
見たまま簡単ではないという話。
すっごい面白い。登場人物の感情を生々しく「画」で描いてる。最後、すべての登場人物の焦燥が、ひとりひとり違う色合いをしてるのもすごい。
なんかずーっと暗い映画でした。
作中で警察は何もしてくれない、役立たず。などボロクソ言われてたけどいらんの警察ってどうなってんの??笑笑
やっぱ国民性の違いなのかよくわかんないけど、アパートの管理人さん?や生徒との会話で全く意味わからない掛け合いとか、なんでこう言われたらこう返すの?なんでこんなこと言うの?なんてのも感じてちょっと面白かった。
最後はたしかに可哀想だけど、旦那さんの気持ちもまぁわかる。
昨年のアカデミー賞でノミネートされていて気になっていた作品。
全体に感情を抑えたトーンの中、そこから静かに滲み出る怒りや屈辱、復讐心。
それぞれ小さな過ちや齟齬からそれらの感情に徐々に人間が敗北してく様は見応えありました。
Katongyou

Katongyouの感想・評価

3.7
事件の内容、加害者が被害者にどれだけの事をしたのか、それは観客の想像に委ねるっていうのがこの映画のミソだと思う。観終わった後は複雑な心境になるなんとも言えない映画だったな。
kaz

kazの感想・評価

3.0
アスガー・ファルハディ監督最新作。

とりあえず、「アスガー・ファルハディの作品は深いよね」と言っておけば、通ぶれる、でお馴染みのアスガー・ファルハディ監督作品である。

この手の通好みの作品は苦手で、私はどちらかと言うと、ドカーンバキューンという作風が好みなのだが、アスガー・ファルハディ監督作は何か面白いのだ。

この監督の作品は常に、夫婦間における、どうすることが正解なのか、を問うてくる。

いやーな触れられたくない部分をグリグリ突いてくる。多分、監督はドSだろう。

本作もどうすれば良かったのか。

やっぱ、アスガー・ファルハディ監督、只者ではない。

星は3.5くらいか。


あと、授業中に先生が携帯で話するのって海外では普通なのか。
n_kurita

n_kuritaの感想・評価

3.0
想像を超えた胸糞悪さ…衝撃的ではないし、かといって凡庸な訳では決してなく、とにかく気持ちが悪い。ハネケやトリアーやランティモスとも違って、絶妙なサジ加減で嫌な気持ちにさせてくる。それこそ、猫みたいに毛玉吐きたくなるような、胸のつかえを感じずにはいられない。

アスガー・ファルハディ作品はどれも結構好きなのだが、これはモヤモヤが止まらず、見返せないかもしれない。手のひらで転がされてるだけかも…
れじみ

れじみの感想・評価

3.7
悲劇がすれ違いを生み、そのすれ違いがまたさらなる悲劇を生む。
一度始まった負の連鎖を止めることは難しい。
先日鑑賞した「この世に私の居場所なんてない」と同じく、本来であれば安息であるはずの場所に他者が介入したことによって起きた悲劇。前者はコメディチックな語り口だったが、本作はどこまでもシリアスで闇が深い。

猫が何度か登場するが、イスラムにおいて猫は不浄のシンボルのようで、恐らく前の住人の職業のメタファーだと思われるが、さらに言えば直接的な表現がカットされている事件そのもののメタファーでもあるかもしれない。

非常に良く出来た作品ではあるが、同監督の「別離」と比較すると少々物足りなさも残る。
>|